KOSHIN学院塾長 のすべての投稿

長きに渡り大手塾や中堅学習塾に勤務してきました。しかしどの塾にいても「自分の生徒」という実感がしませんでした。また企業的な学習塾では「生徒管理」「業務管理」「教室管理」「経営管理」と機械的な職務に追われていました。無論企業体としてはこれらの「管理」は重要なのは理解できるのですが、どうしても「自分のやりたいこと」ではありませんでした。 このように悶々とする日々を過ごす中、自宅近くの個人塾の前を偶然にも通りすがったときに、その塾の塾長らしき人物と子供たちが実に生き生きと楽しそうに会話をしている姿が目に飛び込んできました。 その瞬間「これだ!」とピーンときたのです。こういう塾こそが私がやりたい塾なのだ!そう思った日から僅か2ヶ月後にはKOSHIN学院を創設していました。 創立以来大手塾勤務時代の経験を生かし、「小さな大手塾」を目指して頑張ってきました。しかしやがてこれはどうも違うようだ!?と思えてきました。生徒が我がKOSHIN学院に求めているのは「大手塾」のような指導ではないということに気がついたのです。 KOSHIN学院に来てくれた生徒は、みんな塾が大好きだったはずなのです。にもかかわらず「大手塾方式」ではできない生徒はそのままになってしまうのです。 これはなんとかしなければ!と毎日暗中模索していました。時には鹿児島の塾まで日帰りで見学に行ってきたこともありました。 こうしてできた塾!それがKOSHIN学院です!

こけたら、立ちなはれ・・・【学習塾】

こけたら、立ちなはれ!

これは松下電器(現パナソニック)創業者の松下幸之助さんのお言葉です。

私のような超零細個人塾の経営者が、松下幸之助さんの言葉を語るのはおこがましいのですが、私の心にグサグサと刺さってくるんです。

たくさん好きな言葉があるのですが、この

こけたら、立ちなはれ。

という言葉は特に好きです。

頑張ったのに良い点数を取れなかった時

KOSHIN学院でも、何度かそんなことがありました。生徒本人なりに一生懸命頑張ったのに、あまり点数があがらなかったとか。

あのね! 人生なんてそんなもんなんですよ。

頑張っても、頑張ってもなかなか結果が伴わないことって、よくあるんです。

ここで大切なのは、落ち込んでふてくされてしまわないこと!

  • どんな問題が解けなかったのか。
  • なぜその問題を解けなかったのか。
  • どうすれば、次はできるようになるのか。

そういうことを「しっかり」考え直して、また立ち上がれば良いのです。

もう少し上級者?になると、ただ立ち上がるのでは面白くないので、「もっとすごいレベルで立ち上がってやろう!」と思えたら最高です。

暗くなって下を向かないことが大切です。

失敗こそが人間を成長させてくれる!

私も数え切れないほど「失敗」を重ねながら生きてきました。

決して大袈裟じゃなくて、本当に何度も死んじゃいたいと思ったことがありました。

しかーし!

怖くて死ねませんでした。

だったら「生きるしかないじゃん!」って思ったのです。

中学生だって、その保護者の皆さんだって、このブログを読んでくださってる方達だって・・・

一度も失敗したことない人なんていないんだから!

ある人が「失敗」と書いて「成功」と読むと言ってました。

本当にそうだと思います。

自分なりに一生懸命勉強したのに、良い点数が取れなかったなら

次は絶対に良い点数をとってやる!

って思えば良いのです。

良い点数を取るためにどうしたら良いのか、もっと工夫すれば良いのです。

自分のチカラだけでは、どうしたら良いか分からなかれば信頼できる先生に相談すれば良いんです。

そうしないと「次へ」行かれませんよ!

次へ行きましょう! 次へ!

これも、私が大好きな言葉のひとつです。反省は必要だけど、くよくよしてたって仕方ないじゃん。

そうやって、一歩一歩前に進めば、必ず道は開けると松下幸之助さんも仰ってました。

こけたら、立ちなはれ。

この言葉を胸に刻んでおいてください。

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

うちの子勉強出来ないんですけど・・・【学習塾】

KOSHIN学院に入りたいですと、お問い合わせくださるお母さんは、ほぼ皆さん「うちの子勉強できないけど大丈夫ですか?」と仰い(おっしゃい)ます。

あのね! 本当のこと言いましょうか?

そりゃぁ、「勉強出来る子だけ集めて教えてたらラクチン」なんですよ。

知ってることをペラペラしゃべれば、後は勝手に吸収してくれるんですから。

しかも、それで付いて来られない生徒には伝家の宝刀

必殺! 成績が悪かったらクラス下げるぞ攻撃!

私が以前勤めてた塾では、こんな風に生徒を脅かして勉強させていました。
※申し訳ありません。私もやってました。

そんなのが嫌だったから心を耕す学院「耕心学院」「KOSHIN学院」という名前にしたのです。

うちの子勉強できないけど塾には入れますか?

ちょっとこちらの動画をご覧ください。

さすがの私も「どんな生徒でも」というワケにはいきません。

しかーし!

「やる気のある子」なら、成績は問いません。

「今に見てろ!」という気持ちがある生徒大歓迎です。

実際KOSHIN学院には、そういう志をもった生徒が集まっています。

それは開塾してから24年間、ずっと変わりません。

そして、私が大切にしていることは

生徒が行きたい高校に行かれるように応援する!

ことです。

ですから生徒を闇雲(やみくも)に競わせて、追い込むような授業はいたしません。

できなかったらクラス下げるぞ」と言っても、教室はひとつしかありません(笑)。

KOSHIN学院に向かない生徒とは

これって、食事に例えると分かりやすいんです。

黙って椅子に座り、母親が口の中に食べものを入れてくれるのを待っているような生徒は、うちには向きません

  • この料理美味しいですね!
  • どうやって作るんですか?
  • これ自分で作ってみます!
  • ちょっとアレンジしたら、さらに美味しくなりました!

そういう生徒さんは、ぜひKOSHIN学院にいらしてください。

キャベツがなかったから、白菜で作ったんですけど、これもかなり美味しかったですよ!」なんて言えるようになったら最高です。

勉強も同じです。

私が教えてくれるのを、ただ席に座って待っているだけだと、KOSHIN学院の授業には付いてこられません。

まず自分でやってみるんだ!」という気持ちを持ってください。

他人の話を聞いただけだと一週間もすると80%忘れてしまうという研究結果もあります。

※エビングハウスの忘却曲線

そもそも成績の悪い子というのは、教師の話をうわの空で聞いています。

うわの空で聞いている生徒だと、頭には何も残ってません。ただ「先生に叱られた」ということした記憶に残らないんです。

ここまで行ってしまった生徒の場合は、かなりの荒療治が必要な場合があります。

だからこそ「自分でやってみる!」という気持ちがすごく大切なんです。

まだ、小学生・中学生なのに、もうあきらめてしまいますか?

KOSHIN学院には、塾に来た頃は壊滅的だったけど、その後歯を食いしばって頑張って、涙をポロポロ流してもあきらめずに努力して・・

その結果、自分でも驚くほど成績をあげて、見事に本当に行きたかった高校に合格した先輩がたくさんいます!

最後に!

私は「特別な勉強」なんて、まずさせません。

当たり前のことを確実にできるようになるように指導しています。

ですから、成績があがらない方がおかしいと断言できるのです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

中3生! 入試が終わるまで心の底からスッキリはないですよ!・・【学習塾】

そろそろ中3生も、かなり「受験」を意識し始めてきました。

高校受験説明会などに積極的に参加したり、家族や友人とも必然的に「入試」の話になってきますからね。

KOSHIN学院の中3生も「心の底からの笑顔」は、徐々に消えてきました。

何をするにしても、どうしても「入試」のことが気になりますもんね。しかも「真面目な子」ほど気にします。

入試のことが気になりすぎて、気持ちが重くなりすぎるのもよくありません。

入試前なんて「そんなもんだ!」と思っていると良いですよ。

ストレス解消も必要です!

部活の練習があったころは、グラウンドを走り回るだけでも気持ちが紛れるのですが、そろそろもうみんな部活も引退の時期です。

1人で悩んでいるうちに、本当に表情も暗くなってしまうので要注意です。

実は「不登校」が増えるのも、これからの時期です。どうしても入試の重圧がありますもんね。

そこで私のお勧めを紹介します。

  • 軽い散歩でも良いから身体を動かしましょう!
  • 部屋で一人きりにならないようにしましょう!
  • スマホなどのネット情報に惑わされないようにしましょう!
  • 悩んでる暇があったら、英単語のひとつも覚えましょう!

そしてなんと言っても良いのは、自宅でひとりブルーになるよりも「塾に行きましょう!」(塾にもよるけど)

KOSHIN学院のような授業スタイルの塾ならば、家でやるよりもずっと効果的です。

周りの生徒もみんな「同じ気持ち」なので、無言でも励まし合うこともできます。

そして身体を動かすことが大切です!

身体を動かせば血行も良くなります。

ストレスがたまると、血行も悪くなり、どんどん元気が出なくなっちゃうんですよ。

そうなっちゃうと、学校の体育の授業欠席とか見学ばかりになっちゃうの。

まさに悪循環になっちゃうから気をつけてくださいね。

ひとりでため込まないことも大切!

これは受験生だけではなく、そのご両親や家族の方にも是非声を大にしてお伝えしたいことです。

人間って、誰かに悩みを話すだけでも、かなり気分が落ち着きますよね。

  • 自分だけどうしてダメなんだろう。
  • どうしてうちの子だけこうなんだろう。

なんて考え始めると危険です。

そんな時は、やはり少し「外の空気」を吸いに出かけるのが良いと思います。

私が人生で一番つらかった頃に心がけたことは、

  • とにかく毎日家から出る。どこかに出かける。
  • 特に目的もなく電車に乗り、知らない町で降りてみる。
  • 毎日散歩をする。川や海、山などを見る。

すると、いろいろな人がそれぞれの形で一生懸命生きているのが見えてくるんです。

たったそれだけのことで、なんとなく気持ちが落ち着いてきました。

確かに「高校受験」って戦いではあるんですけどね、

一部特殊な高校を除けば

やるべきことを、ちゃんとやれば大丈夫!

なんですよ。

このブログを読んでくれているのが、KOSHIN学院の生徒やその保護者の方であるならば、1人で悩んでないで私や塾の先輩に話をしてみてください。

話を聞いてもらうだけでも、かなり気持ちが落ち着きますから。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

高校受験説明会の準備・・・【学習塾】

みなさんこんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

実は今年およそ15年振りに「高校受験説明会」を復活させます。

  • 日程:8月26日土曜日
  • 場所:KOSHIN学院
  • 時間:13時~15時

この十数年間は「高校受験相談会」として、保護者の方と個別にお話ししていました。もちろん今年も12月に最終打ち合わせの「相談会」は行います。

しかーし!

ただ「高校受験説明会」を「復活させるだけ」だったら意味がありません。

今回はKOSHIN学院史上初めての「中3生とその保護者の方」にお集まりいただいての説明会を行います。

つまり親子参加なんです。

生徒だけ」というのは、ほぼ毎日の仕事ですし、「保護者の方のみ」というのも何度も経験しています。

しかーし!

親子でというのは初めてなんです。

三連休全て出勤して資料作りをしていました

8月11日(金)が「山の日」という祭日になりましたので、KOSHIN学院も11金・12土・13日と三連休になりました。
※生徒はですけど

しかーし!

私は三日間とも出勤して、受験説明会の為の資料やプレゼンテーションの資料を作ってました。

途中どうしても「プログラミング」を使わなければならないことがあり、ずいぶん頑張ってみたのですが、どうしても高度な技術が分からなくて・・・

仕方ないので「卒業生」でプログラマーをしている子がいるので、助けてもらいました。

これで当日保護者の方達を「あっ!」と言わせることができると思います。

  • プログラムミングはできました。
  • ワープロを使うのは、元々慣れています。

そうなると、あとは「プレゼンテーション」の準備です。

今回は色々「ハイテク」を駆使してみるというのも、大きなテーマです。

15年前には、できなかった技術が今はあります。

例えば「iPad」や「AppleTV」なんかが、まさにそれです。

パソコンだって15年前のものに比べたら、大変な進化を遂げています。

せっかく「こういう時代」になったのですから・・

こういうのを使ってみたい!

と思ったのも、受験説明会をやってみようと思った大きな動機なんです。

以前にもご紹介した川崎市宮前区にある「ユニバースクール」さんでは、こうしたハイテクを駆使したイベントをどんどんやってらっしゃいます。

彼らの存在は、私に大きな影響を与えてくれました。

若い先生達が独立開業して、しかも我々「昭和のおじさん」が思いもよらなかった方法で、指導を行っているんです。

本当に「すげぇっ!」って思ったんです。

それならば、「絶対に私もやってやる!」と思ってKOSHIN-TV始めました。

しかーし!

ただ彼らの真似をするのでは面白くありません。

そこに私が長年培ってきたものをミックスしてやろうと考えています。

今回はゲストもお招きしております。

とりあえず「ミスターX」(学習塾経営者)さんとしておきます(笑)。

他塾の良いところも教わっちゃおうという企画です。

企業ではパワーポイントが当たり前に使われていますが

個人的な感情なんですけど・・・

パワーポイント」を使って「プロジェクター」から映像を出すプレゼンテーションを随分見てきましたが、正直なところ「すげぇ!」と思ったことは一度もありませんでした。

悪いけどダサいのよね・・・

その点 iPadで「Keynote」というアプリで作った資料を、AppleTVで映像化するのは、本当に格好良いんです。
※「なんのこっちゃ?」という方は、是非KOSHIN学院にいらしてください。

そういう自分自身も「Keynoteってなんのこっちゃ?」という感じだったのですけど、とにかくヒッシに勉強して、どうにか当日に使えそうなところまで来ました。

要するに、小さな個人塾でも、大手塾よりすごい説明会ができるということです。

さて、今から保護者の方や生徒のみんなが驚く顔が目に浮かぶようで楽しみです!

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】