「お母さんへ!」カテゴリーアーカイブ

頑張ってるのに成績があがらない理由・・【学習塾】

保護者の方と面談していると「うちの子頑張ってるわりには成績があがらないんです」と言われることがあります。

これ、一番可哀想なパターンですよね。

全くやらないからできないなら理解できるけど、「やってるのにできない」のですから。

ほとんどの場合原因はこれです!

今日も授業で中3生達は「入試対策」の問題を解いていました。

中3生のひとりが「このページ全然出来なかったから、もう一度やりたいのでプリントお願いします。」とやってきました。

良いですね~! こういう心がけ(*^-^)v

しかーし!

ところがギッチョンチョン

もう一度解き直したわりには不正解がたくさん(>_<)

さすがに本人もショックを受けていました。

ちゃんとやったつもりだったんだけど・・・

とその生徒が言いました。

いやいや、その生徒はとても真面目な子なので「本当にちゃんとやり直して」いたのです。

ただし・・

1回やっただけで定着できるようになるには、かなりの訓練が必要です。そんなに簡単なものではありません。

同じことを何度も繰り返してできるようになります!

生徒達に「初めて自転車に乗れるようになった時」のことをお話しすることがあります。

今でこそ毎日自転車に乗って一生懸命通塾してくる生徒達ではありますが、初めて自転車に乗ったときに「いきなり」上手に乗れた人はいないはずです。

何度も何度も繰り返しているうちに「身体が覚えた」という感じだと思います。

勉強だって同じなんですよ!

入試の過去問ひとつとっても、1回解いただけで全て頭に叩き込むことが出来る人って少ないんです。
※少ないけどいるのも事実です。

そこで今中3生は「入試の過去問を過去3年間分」を完璧にできるようになるように指導しています。

もちろん入試の問題を解けるようにするだけでは意味がありません。

これは昨年度の神奈川県公立高校入試問題の一部です。なぜこの部分だけ切り取ったかと申しますと、勉強が出来ない子は「この画像の部分」は無視して、答えは「ア」だとか「イ」だとか書いて終わりなのです。

でもできる生徒は

なぜ「日米修好通商条約がむすばれたのか」という時代背景まで調べます。もちろんそもそも「どんな条約」で「誰と誰が」締結したのかなどは言うまでもありません。

それ以外にも

  1. 地租改正って何か。
  2. 主に綿製品や生糸を作っていた工場はどこか。
  3. 工場を作ったオカネはどこから得たのか。

とドンドン突き詰めていくのです。

特に歴史は覚える量が膨大になりますが、こうして関連付けしながら勉強すればスラスラと頭に入っていきます。

人間は忘れる生き物だから・・

頭が悪いから忘れちゃうわけではありません。そもそも人間の脳は「忘れるように」できているのです。

もし「全ての出来事」を完全に性格に全て覚えていたらどうなるでしょう?

有名なところでは「昨日の夕飯何食べたっけ? 一昨日は?」と言われたらほとんど覚えていませんよね。

しかーし!

誰か大切な人とお出かけして食べた食事のメニューって、かなりの確率で覚えてますよね?

勉強ができるようになるヒントはこの辺にあると思います。

地租改正だって・・

誰が→いつ→どうして→どんな風に→何をした

と調べていくと「記憶に残りやすく」なりますし、出題傾向を変えられても動じません。

これを単に「1873年:地租改正」とだけ覚えても意味がないし、試験ができるようになるわけでもありません。

歴史は覚える量が膨大だと書きましたが、こうして覚えていけばさほど難しくありません。

最後にもう一度繰り返します

勉強って「なぜ?」「どうして?」「とうやって?」が基本です。

分からない言葉は全て調べて頭に叩き込んでください。

そして「できるようになるまで何度も繰り返すこと」が大切です!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

じくちょ~日記:その7・・・【学習塾】

今日は「個人的なこと」で、とても忙しい日でした。

実は五十肩が痛くて、数ヶ月前から苦しんでおりました。情けないのですが「シャツを脱ごう」とすると腕が痛くてたまりません(>_<)

そこで先週から、長いお付き合いをさせていただいている整体治療院(手らっくす)さんに再び通い始めました。

さすがに「プロ」って違うよなぁ~!

と治療をしてもらう度に感じます。これで3回通ったのですが7~8割くらい回復しました。

ちゃんと「この筋肉とこの筋肉がつながっているので・・・」などと説明してくれるんです。

私にとっては困った時の「手らっくす」さんです。

午後は地元の幼稚園で打ち合わせ

たまたま地元の商店会の中では、私が他の店主さんより少しだけパソコンの操作が詳しかったので、数店の店主さんから

「塾長! パソコンの調子がおかしいんだけど見てくれる~?」

なんて声をかけていただくことが多々ありまして、そんな関係で地元の神田幼稚園の前園長(故人)と知り合いになりまして、もうかれこれ十数年ほど幼稚園のホームページを担当させていただいております。

毎週幼稚園の先生が写真を撮っておいてくれるので、それをホームページにUPしたり、「園のたより」などをUPしたりしています。
※全て幼稚園の指示通りに行っています。

幼稚園に行くときは「バイク」で行くのですが・・

ところがギッチョンチョン・・ここで問題発生

塾に置いてある、私の125ccのバイクのバッテリーがあがってしまい、バイクが動きません。

すぐに卒業生でバイク屋を営んでいる子に連絡して、バッテリーの点検をお願いしました。

というわけで我がバイクはとりあえず入院。

帰塾後は事務用品の会社と打ち合わせ

KOSHIN学院を作った時からお付き合いさせていただいている事務器機の販売会社さんがあるのですが、そこの営業担当の方と「新しいホワイトボード」設置の件で打ち合わせ。
※生徒の皆さんが見やすいものを探してました。

とても気に入ったものがあったので本日契約!

来週には新しいホワイトボードがやってきます!

さらにところがギッチョンチョン

一瞬ですが冷たい雨がぱらり・ぽろり・・

この寒さだと、雨が降ったら「」になってしまうかもしれません。

雪が積もった塾に通勤してくることができません(>_<)

慌てて先ほどバイクの修理を依頼した卒業生に電話したら、すぐに私のクルマのタイヤを「冬タイヤ」に履き替えておいてくれました。
※本当に助かります。持つべきは卒業生です♪

そうこうしているうちに生徒が来始めて

KOSHIN学院の授業は基本的には夕方5時開始なんですけどね・・

この時期は中3生が学校終わったらすぐに塾に来て勉強を頑張り始めます。

本当にエラいと思います。中学生ではありますが、私はこの子達のことを尊敬しています。

入試という恐怖に真っ向から立ち向かって、毎日努力を積み重ねています。

私はこういう生徒が大好きです!

そして五時になって「小学生達」がやってきました。この寒いのに半袖でやってきた男の子。

昔は私も冬だって半袖だったなぁ~、などと懐かしんでいる間もなく、小学生達から質問や丸付けなどの猛ラッシュ。

中3生からも怒濤のごとく質問の雨あられ・・。

あっという間に時間が過ぎていきます。

後半戦からは中1・中2生もやってきます。

後半戦は部活を終えた中1・中2も勉強しに来ます。中3生が緊迫した雰囲気で勉強しているのをみて、中1・中2も刺激を受けて頑張ります。

中1くらいだと、まだ「勉強の仕方」が確立できない子もいるので、こちらである程度ペースを作ってあげなければなりません。

こうして今日も怒濤のごとく1日過ぎていきました。

本当はやらなければいけないのにできてないこと

はい、最近サボってることがあります。それはKOSHIN-TVの作成です。

動画は自宅では撮影できないので、塾でやるしかないのですが、なかなか撮影する時間が取れていません。
※生徒みたいな言い訳ですね(>_<)

しかーし!

もっと大切なことができていません・・・。

それは「冬期講習生徒募集」の広告作成・・・。
※これはもはやあきらめモード

新年度生募集の広告は絶対に作ります!

生徒と同じで気が重い仕事は、なかなか進みません(>_<)。

生徒の気持ちは分かります。なかなか「家では勉強出来ない」ってね。

だったら塾においで!

と生徒に声をかけてから「塾経営者としての仕事」ができないと後悔する毎日(笑)。

なんだかんだ24年!

KOSHIN学院を作って24年目です。24年間ほぼ毎日こんな生活をしています。

これ以外に「毎日の掃除」「玄関まわりの掃除」「駐車場・駐輪場の草むしり」「トイレの掃除」なども「塾長の仕事」です。

なかなか泣きたいですよ(笑)

でも塾を綺麗にして、生徒の皆さんに気持ち良く使ってもらいたいですからね。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

中学理科のまとめ・・・【学習塾】

数ヶ月前に、とある塾で働いている先生と知り合いになりました。

彼は塾で主に「中学生の理科」を担当しているそうです。

とまあ、塾で理科を教えている先生はたくさんいらっしゃるのですが・・・。

私が驚いたのは「このホームページ」です。

なんと中学で習う理科に関するまとめ

中学理科のまとめ

の全範囲をご自分で作られたのだそうです。

※この画像もご自分で作られて、しかも自由に使って良いとか。
本当にすごいと思います。

自分でやったことがある人なら分かるけど

このホームページを御覧になっても、興味のない方や自分で作ったことがない方からすると

へぇ~・・・とか・・・ふぅ~ん

で終わっちゃうんですけどね。

私達実際に教材を作ったことがある人からすると、これだけのものをプリント等で作るだけでも大変ですが・・

これを全部ホームページにしちゃったというのがすごい!

なかなかこれほどのものを作れるものじゃありません。本当にすごいと思ったので、私のブログの読者の皆さんにもご紹介しようと思いました。

池田先生とおっしゃるのですが、池田先生はこのホームページをもっとすごいものにしようとしていらっしゃいます。

私もどんなホームページになるのか、とても期待しています。

しかも「誰でも自由に」使って良いと書いてあるので、中学生の皆さんや、塾の先生、学校の先生なども活用してみてください。

口で言うのは簡単だけれど!

  • もっとこうすれば良いのに
  • そこはそうじゃなくて

などと他人を批判するのは簡単です。
※私でも出来ます(笑)

お母様方に分かりやすい例を出してみましょう。

いろいろなレシピを見たり、様々な工夫をして作った「お料理」を、ご主人やお子さんが「美味しい」と言って食べてくれれば嬉しいのですが、

その「美味しい」に辿り着くまでどれほど頑張ってくれたか感謝してくれる家族って少なくありませんか?

挙げ句の果てには「この料理嫌い!」なんて言われたら、まさに怒り心頭に発すですよね。

だから・・

お母さん! これ美味しいね~! ありがとう!

と言いながら食事して欲しいですよね。

このホームページを作られた先生も、きっと「生徒の皆さん」の笑顔を想像されながら頑張ってくださったのだと思います。

プリント一枚見ればどんな先生か想像できます!

仕事柄時々学校の先生が作ったプリントや試験問題を拝見することがあります。

うわぁ! このプリントすごいなぁ~!

と思うことがチョクチョクあります。

ただ問題集をコピーして配っただけのプリントに、そんなに感動することはありませんが・・・

これだけのものを作った先生はすごいなぁ!

と驚ろいてしまいうことがあります。

自分でもプリントなどの教材を作ったりしますので、そのプリント一枚に込められた思いみたいなものはヒシヒシと伝わってくるのです。

一枚でも伝わってくるのに、「中学理科のまとめ」のホームページでは「中学理科の全範囲」が網羅してあるのですから、これはもうただただ頭が下がります。

もちろんKOSHIN学院でも、ちょくちょく利用させていただいております。

生徒達って、私が思いを込めて作ったプリントや動画はすごく一生懸命見てくれるんです。

池田先生ほどは作れませんが、私も生徒達により良いものを提供していきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

私、失敗しちゃった・・・【学習塾】

私としたことが生徒に教えてあげる時に失敗してしまいました・・・。

バイトスタッフの卒業生にフォローしてもらって事なきを得ましたが・・申し訳ないです。

安心してください、別にビール瓶やカラオケのリモコンで殴ったわけではありませんので・・。

生徒によって理解するスピードが違う!

つい最近入塾してくれた子がいるのですが、「新入生」ということもあり、ちょっと気にしてみていたのです。

すると「他の生徒」よりも「手が止まっている時間」が長いのです。

私は「これは分かってないのではないか?」と思って、繰り返し教えてあげていました。

でも途中で、その生徒は「明らかにいっぱいいっぱい」な感じになってしまいました。

もう「ひと言ふた言」言ったら泣いちゃいそうな感じでした。

そこでうちのスタッフの女性(大学生)に指導を代わってもらいました。

すると・・・

その生徒は少し時間がかかりましたが、ちゃんと問題を解き始めて無事に正解に辿り着くことができました。

女の子の気持ちは女の子の方が分かるんでしょうか・・

そして授業終了後、そのスタッフから

「あの子なら大丈夫ですよ! ちょっと頭の中で消化する前に指導されてしまって混乱しちゃっただけみたいです。放って置いたらちゃんとできてました!」

という報告を受けました。

これって完全に私の失敗じゃん(>_<)

新入生だからと、私が焦ってしまったのがいけませんでした。

明日ちゃんと謝ろうと思います。

指導には自信があるつもりでしたが、今日はかなり凹み(へこみ)ました。本当にごめんなさい。

何十年やっても「生徒の気持ち」を分かってあげるのは本当に難しいと、改めて痛感しました。

そもそもバイトスタッフをお願いした理由

もうかれこれ20年近く前のことです。

当時小学校6年生だった女の子が数名いたのですが、そのうちの2人が・・・

  • 塾に来るときはニコニコと嬉しそうに笑顔で来る。
  • 塾から帰るときは勉強が分からなくて泣きながら帰る。

そんな状態の日が続いていました。

勉強が分かってないみたいなので教えてあげようとすると泣いちゃうんです。

その頃私は真剣にKOSHIN学院を閉鎖しようかと悩んでいました。

だって「こんなに喜んで塾に来てくれる子が、いつも帰りは泣きべそで帰る」のですから。

神様っているんだなと思った!

そんな時にひょっこり卒業生が遊びに来てくれて・・

先生!1ヶ月に一万円で良いからバイトさせてくれませんか? お昼ご飯を買うオカネがないの!

それまでは「アルバイトは使いません! プロの授業を体験してください!」と公言していた私ですが、彼女に授業を手伝ってもらうことにしました。

すると「いつも泣きべそかきながら帰ってた2人」が見違えるように勉強頑張り始めたのです。

私と違って生徒に対する「圧力」がないのが良かったのでしょう。もうその2人は卒業生から離れないで、楽しそうに勉強して、しかもどんどん成績もあがり始めました

その時に思いました。

KOSHIN学院を卒業生に手伝ってもらう塾にしよう!

20年近く前に、そういうシステムに変えておいたおかげで、「今日の生徒」を泣かせないで済みました。

しかーし!

いつも反省することあるのですが、これほど反省させられた日も久しぶりです。

この寒い中一生懸命塾に通ってきた生徒を、私の指導のまずさで泣きそうになる寸前まで追い込んでしまったのですから。

原因はハッキリしています。

生徒によって理解するのにかかる時間に差があるのに、こちらのペースで指導しようとしたこと。

まだあまり塾のペースに慣れていないのに・・・。本当にごめんなさい。

明日また元気に笑顔で塾に来てくださいね!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】