「お父さんへ」カテゴリーアーカイブ

指導の先にある笑顔を想像する・・・【学習塾】

あくまでも私の考えです。

塾作りは「授業を売ってはいけない」のです。授業の先にある「笑顔」を想像するのです。

授業の先にある笑顔を想像できない人は塾をやるべきではないと思います。

実は今日とても嬉しいことがありました。とても勉強が苦手で困っていた生徒がいるのですが、今日なんと数学の難しい問題を解けたんです!

塾に入ったばかりの頃は、勉強が分からなくてポロポロ泣くことが多かった子なんですけどね・・・

今日の笑顔は最高に素晴らしかった!

もちろん「学習塾」の使命は「入試に合格させること」です

しかーし!

その一瞬のためだけに何年も塾に通って苦しい思いをするのはイヤですよね。

今まで全く歯が立たなかった問題が「自分のチカラ」で解けたんですから、これは嬉しいですよね。

その生徒の笑顔も素晴らしかったし、その報告を受けたお母さんの笑顔も素敵でした。

学習塾は「この笑顔」を売らなくてはいけないのだと思います。

実は何度もスタッフ会議で話し合ったのですが・・・

私の基本的なスタンスとして、どんなに勉強が苦手な生徒でも「一生懸命頑張って通ってくる生徒」は決して見捨てません。

時には、その生徒だけのためにバイトスタッフマンツーマンで付けてあげることもあります。
※勉強を教えるのではなく、勉強の仕方を身につけてもらうために。

はっきり言って、こんなことしてたら大赤字でやっていけないのですが、

私はやります! 一生懸命頑張る生徒のためなら。

うちのスタッフは全員卒業生ですから、いろいろな意見や知恵を絞ってくれます。

  • 今日は私の隣に座らせてみます。
  • 質問しやすい環境を作ります。
  • 一問ずつ丸付けに来させてみます。
  • こちらから丸付けや質問にくるように誘導します。

本当にたのもしい限りです。

今日の生徒も、ここまで来るのに半年以上かかりました。正直なことを言えば、最初に断っておけば良かったと後悔したほどでした。

しかーし!

辞めないで一生懸命頑張って通ってきました。

家を出るときに泣いて嫌がった日もあったそうですが、お母さんもお父さんも一生懸命塾に連れてきてくれました。

そうしたみんなの気持ちが、今日の嬉しい出来事を引き起こしたのです。

本当に素敵な笑顔でした。

こういうことがあるから、あきらめちゃいけないのです。

私達「塾人」は、こうした笑顔を売っていきたいものです。

そのためには塾長に笑顔がないと!

塾長はもちろんですけど、教えている先生や、事務職の人、その他スタッフ全員が笑顔でいられる学習塾が理想です。

そうすれば、生徒達も自然と笑顔になります。

苦しくて挫けそうになっても、また頑張ろうという気持ちになれます。

私達塾人は「生徒達の笑顔」を想像しなければなりません。

もちろん、それは甘やかすということではありません。

苦しくて、大変だったけど、頑張ってここまで来られたね!

そういう笑顔をどんどん作っていきたいものです。

それでは今日はこの辺で。また来週!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

ものスゴく勉強ができない生徒が入塾希望してきたら・・・【学習塾】

数年に1人くらいの割合で「ものスゴく勉強ができない子」が入塾を希望してくることがあります。

成績が悪いどころの騒ぎじゃなくて、もうすぐ中学生になるというのに、二桁の足し算引き算もおぼつかない子がいるんです。

例えば小学校4年生の男の子で、「曜日」(日~土)を言えない子もいました。

塾長:「今日は月曜日だから、明日は何曜日だ?
生徒:「??? 分かりません。

あの時は本当に驚きました。結局その生徒は入塾しませんでした。

さて、こういう生徒が入塾を希望してきたときは本当に悩みます。

果たしてKOSHIN学院で効果を出してあげられるのか? 

それとも「学習しょうがい」がある生徒専門の先生をご紹介するか。

こうしたケースでは、私はお母さん(お父さん)と昼間の空き時間に個人面談をします。

その時の保護者の方の姿勢で、入塾を許可するか、他の先生を紹介するか決めます。

ただひとつ言えることは

お母さんも、本人もすごくやる気がある場合!

こういう時はお預かりすることにしています。

こういう言い方したら失礼なんですけどね。勉強できない生徒って、できる生徒の何倍も手がかかるんです。

しかーし!

手がかかるのは良いのです。それが「私の仕事」ですから。

ただ「本当に効果があるかどうか」が問題なのです。

※ただし、成績の如何を問わず他の生徒の迷惑になる子の入塾はお断りしております!

勉強が遅れてる子は、できる子の何倍も努力しなくちゃいけない

これが問題なんです。単純にすごく遅れているワケですから、なんとか人並みに追いつこうとするならば、普通の生徒の何倍も努力しなくちゃいけないんです。

要するにそれだけの覚悟が、お母さんにも子どもにもあるかどうかが問題なのです。

発達障害や不登校の場合を除けば、成績が悪いということは、それだけ勉強してこなかったということです。

そういう生徒が他の生徒の何倍も努力する覚悟があるかどうかは大きな問題です。

KOSHIN学院にも「他の生徒の何倍も勉強をする覚悟」を決めて、努力している子もいます。

どうしても勉強できないと「ボーッとしちゃう」ことがありますが、注意すると我に返ってまた頑張り始めます。

時には問題がさっぱり分からなくて、ポロポロ涙をこぼしている時もあるのですが、それでも決してあきらめようとはしません。

こういう生徒だったら、どんなに成績が悪くても、絶対にお断りしたりしません。

確かに他の生徒の何倍も手がかかるけど、手をかけてあげればドンドンできるようになっていきますから。

なによりも「あきらめない」で、「成功するまで」やるのですから失敗なんかあり得ません。

できない子は他の生徒の何倍も時間もかかります。でもKOSHIN学院は毎日来ても月謝が増えない塾です。

覚悟を決めて入塾を希望されるなら、どんなに成績が悪くても断りません。もちろんその前にトコトン話し合いましょうね!

それほどではないけど、やはり遅れている子の場合

ある著名な評論家の先生が、「勉強が苦手な子には優しく接してあげてください」などとくだらないことを言っています。

私に言わせれば「そうやって甘やかしてきた結果が今の成績なんでしょ?」って感じなのね。

勉強できない生徒の多くは、そもそも勉強以前のことができないことが多いのです。

  • 教科書もワークも持たずに塾に来る。
  • 塾に来ても挨拶もろくにできない。
  • 宿題を出すと、友達に答えを聞いて写してくる。
  • 叱ればふてくされる。さらに強く叱れば泣き脅しをかけてくる。

あげればキリがありません。私は「勉強以前」のことができてない場合は、結構きつく叱ります。

悪しき習慣を絶ちきらなければ、その生徒は永久に上昇できませんから。

むしろそれは「本当の愛情」だと考えています。

ほとんどの生徒は、それで立ち直ります。小中学生は素直ですからね。
※ごく一部どうにもならない子もいますけど。

こうして、ある程度「勉強以前のこと」ができるようになってきたら、そこで初めて優しく指導してあげます。

確かに怖いままだと、質問に来るのもためらってしまいますからね。でも何事も初めが肝心ですもんね。

しかーし!

できれば、そこまで追い込まれる前に何か手を打っておくべきだと思います!

中学校の問題は本当に大変なんですから。

え? まだ疑いますか?

それならなんでこんなに日本中あちこち塾があるのでしょうか?

そうなんです。塾に通って教わらないとできないほど大変だからなのです。

小学校の先生の中には、小学生のうちは遊ばせてあげてくださいなんて言っている人もいます。

遊ぶことは大賛成です。

しかーし!

やるべきことをやってからですよ!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

家庭環境も成績に影響する!・・・【学習塾】

もしかしたら今日のブログは気を悪くされる方がいらっしゃるかもしれません。あらかじめお詫びしておきます。

同じ時間」勉強しているのに、成果が現れる子と、現れない子がいます。この違いはどこから来るのでしょうか。

もちろん何度も繰り返しお伝えしているとおり「勉強の仕方」に問題があるのですが。

もうひとつ大きな原因があります。それは・・まずこちらの動画をご覧ください。

動画の中でお話ししたとおり、「家庭環境」にも大きな原因があるのです。

家族の会話が「どうしてだろう? なんでだろうね?」となっていると、子ども達の「好奇心」が育(はぐく)まれるんです。

そもそも「学問」なんて「好奇心」から始まったことですから。

日本の教育は減点法が多い!

私は保護者面談で絶対にお母さん達に言わないことがあります。

それは・・

  • お宅のお子さんは、こういうところが良くないので家庭で注意してください。
  • 特に算数の計算ができません。ご家庭で指導してください。
  • 授業中落ち着きがないので、ご家庭で指導してください。

いかがですか? もしかしたら小学校や中学校の面談で、こんなことを言われたお母さんは多いのではないでしょうか。

自分の子の欠点なんか分かってんだよ!

って言いたくなったこともあるのではないでしょうか。

これがまさに「減点法の教育」なんです。あれができない、これができないというね。

もしこんなこと言われ続けたら親子共々やる気が失せてしまいますよね。

だから私は面談で「減点法」的なことは、できるだけ言わないことにしています。

それだったら、「1年前はわり算が全くできなかったけど、今は少数のわり算もできるようになりましたよ!」って言ってあげたいです。

成績の良い子の親は、あまり減点法的なことを子どもに言いません。

なんでお前は走るのが遅いんだ!

という代わりに

随分早く走れるようになったね! とか

走るのは遅くても、あなたは算数がとても得意じゃない!

とか言ってあげたいですよね。

私だって生徒を叱ることがあります。

どうしてちゃんとやらないでボーッとしてるんだ!」などと叱ることもあります。

しかーし!

その後に「阿倍君は、ちゃんと毎日休まず塾に来てるじゃないか、それは本当に素晴らしいことなんだ。でもボーッとしちゃってたら、せっかくの素晴らしさが台無しじゃないか!」って伝えます。

こうして叱るだけでなく、良い点も指摘してあげるんです。

そして、

  • わぁ!これできるようになったじゃん!
  • おお! すげぇじゃん、随分ノートが綺麗に書けるようになったなぁ!

などと「加点法」で生徒に接していきたいものです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

中1です! 今回の中間試験できませんでした。・・・【学習塾】

今の時期中学生は「中間試験」が終わった学校もチラホラとありますね。これからという学校もありますが。

特に「中学1年生」は、小学生の時とは「勉強量」が全然違うことに気がついた人も多いのではないでしょうか。

自分としては一生懸命やったつもりだったが・・

中学1年生で、自分としては一生懸命頑張ったつもりだったけど、全然試験で良い点数を取れなかったとガッカリしている生徒も多いのではないでしょうか。

はっきり言っちゃおうかな!

そんなに簡単に良い点数取れるくらいなら、こんなに日本中に塾が存在するわけがないんですよ!

もう少し付け加えましょうか!

夏休み明けくらいから、各教科の勉強内容も急にすごく難しくなります!

この夏休みを全部楽しく遊んでしまったり、部活ばかりになって勉強しなかったりすると、取り返しの付かないことになります!

中学1年生もそろそろ学校に慣れてきた頃です。ただこれからの時期特に「運動部」に入っている生徒は、部活がとてもきつくなる時期です。

くそ暑い炎天下で、グラウンドを何周も走るんですから、身体の弱い子や、体調が良くない子の場合、下手をすれば「死ぬ」危険さえあります。

特に中1生は、先輩の目が光ってますからサボれませんし。

にもかかわらず学校行事もいろいろあって・・・。

この時期の中学1年生には、丁寧なケアが必要!

冒頭に申し上げましたとおり、中学の勉強は小学校とはレベルが違います! かなり勉強したつもりでも、実際には全然足りてないということを痛感している生徒も多いはず。

しかーし!

部活動もすごく厳しい。そんなに厳しい運動部じゃなくっても、この炎天下☀で走りまわるのだから、かなり厳しいはず。
※部活の批判をしたいわけじゃありません。生徒の心配をしているだけです。

これを両立しなければいけないのだから、中1は本当に大変だと思います。

こうしたケースでは、生徒の気持ちだけではどうにもならないことがあります。

そこで「お母さん!」。あなたの出番です。

勉強面で困ったなら、ぜひ私にご相談ください。中学1年生の現状を考慮しながら指導していきます。

今のうちに最低限これだけは!

というポイントが存在します。でもどんな塾でもポイントを押さえているわけではありません。私だって、このポイントを掴むのに何十年もかかったのですから。

勉強は私にご相談いただくとして、問題は体調面です。

これは塾の先生が全て管理するのは無理です。
※できるだけケアーしますけど。

お子さんの健康面は、やはりお母さんが一番詳しいはずです。

KOSHIN学院の場合でしたら、「あまりも疲れていて危険」とお母様が判断されたなら、私に連絡してください。そんな時はさっさと寝て元気回復してもらった方が良いですから。
※もちろん、中2・中3生もです。中3は部活が最後の追い込みですし。

いつもさぼってばかりで、ダラダラして勉強をやらないのは厳しく叱っても良いと思います。

しかーし!

真面目に頑張っている子が「休みたい」なんて言った時は、休ませてあげて欲しいです。

お子さんの体調管理をできるのは、お母さんしかいませんからね!
※お父さんもいますけど、仕事で子どもと一緒にいる時間短いお父さんが多いですから。

私は部活反対論者ではありません。ただ公立中学校での「行き過ぎた指導」には疑問を抱いています。

試験前でも練習試合とか組んでくる顧問の先生!
あなたの「本職」は何ですか???

どうか真面目な生徒を苦しめるようなことだけはなさらないでください!

そしてお母さん! あなたのお子さんを守れるのは、あなたしかいません!

みんなで生徒を守ってあげましょう!

勉強も・部活も・学校の授業も・試験も、全部併せて中学校ですから!

そうそう最後になりましたけどね、中学1年生の皆さん、困ったら私相談してくださいね!

※全国から相談がきたらどうしよう・・・。

自分が通っている塾の先生、学校の担任の先生、そして両親に相談してみてください。ひとりで悩まないでね!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】