「勉強全般」カテゴリーアーカイブ

成績の良い子ほど塾に来る!・・・【学習塾】

KOSHIN学院の地元の横内中学校では明日から「前期中間試験」が始まります。また来週月曜日から大住中学校の試験が始まります。

KOSHIN学院では「試験前の土日」は塾を開けています。

また試験前は普段より早い時間から塾を開けます。

そうすると・・・

勉強出来る子ほど早く来て、みんなより遅くまで残って勉強します!

反対に勉強ができない子は、試験前でもなんだかんだ理由を付けて塾を休む傾向があります。

土日の試験対策でも、勉強出来ない子は「私に叱られるから」塾に来ています。

勉強に対する意識が全然違うのです!

何度も繰り返しますが、KOSHIN学院は

一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾です。

今日もある中3の女の子が理科のイオンの問題が分からなくて、泣きそうになりながら頑張ってました。

昔の私なら、その場ですぐに教えてしまいました。

しかーし!

どんなに教えても、その問題を解けるようにならないのでした。

何十年も悩みましたが、これは「教えすぎ」が原因だと分かりました。

生徒が一生懸命頭を使う時間を与えないで、いきなり先生が解き方も答えも教えてしまうのです。

よく小学校低学年の生徒では、あまりにも我が子ができないことにしびれを切らして、全部子どもの代わりに問題を解いちゃうお母さんがいます。

これ! 最悪ですからね!

人間の脳は「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤しながら発達していくのです。

試行錯誤もさせずに、世間体を気にして答えを教えてしまうことは、自分の子どもの首を絞めているに等しいです。

成績の良い子ほど試行錯誤しています!

成績の良い子あるある

  • あっ! 先生待って! まだ答え言わないで!
  • 先生! ほんの少しだけヒントもらえませんか?
  • 先生! どうしても「ココ」が分からないので、「ココ」だけ教えてくれませんか?

すべてがこんな調子です。そして問題が分からなかったりすると勝手にひとりで頭を抱え込んでいます。分からないのが悔しいのでしょう。

反対に成績が悪い子は

  • 分からなくても質問するでもなくボーッとしたり手いたずら。
  • 問題が分からなくても、なにも悔しくない。
  • さも分かっているように見せようとする。

こんなことしてるから成績が悪いの。こうした生徒の意識改革をさせるのは本当に大変。時にはかなり強めの言葉をかけざるを得ないことも。

優しく教えてくれませんか?」という人もいましたが、そんなことを言ってたから「このひどい成績」なんでしょ?

まあ確かに、なんでもガミガミ厳しくすれば良いというものではありませんが、少なくとも「意識改革」は必要です。

さて、もう一度厳しいことを言いますよ!

  • 成績が悪い子ほど塾を休む傾向があります!
  • 成績が良い子ほど喜んで塾に来ます!

ひじょうにシンプルです。

さあ、あなたはどちらの人間になりたいですか?

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

中2の夏! 運命の分かれ道・・・【学習塾】

もう6月も中盤を過ぎました。あと1ヶ月もすると夏休みに突入します。ここが中1・中2生にとって「一番危険な時期」になります。

もう30年ほど前の話で恐縮なのですが、小学校4年生からずっと塾に通ってきてくれていた、とても真面目な女の子がいました。

小学校での成績は、全て◎でした。
当時の小学校の成績はは◎→○→△→(×)で表していました。

ところがギッチョンチョン

小学生の頃は優等生だったにもかかわらず、中学生になって成績が急降下。

中2の夏にはついに「やる気」を失い、転落人生へとおちていきました。

これには私も、当時の私の上司もかなり落ち込みました。

今でも彼女のことを思い出すと、悔しいやら申し訳ないやら。

それ以来10年近く「女の子の中2の夏」は鬼門でした。

中2の女の子は、中1ほど「子ども」じゃない。さりとて中3ほど「オトナ」でもない。非常に揺れ動く微妙な時期なんです。

中3ほど具体的な目標があるわけでもありませんしね。

中2の夏が運命の分かれ道である理由

簡単に言うと「勉強が急にものすごく難しくなる」のです。

  • 数学:一次関数・合同の証明
  • 理科:電流と磁界・オームの法則・フレミングの法則
  • 社会:歴史では江戸時代など近現代
  • 国語:用言の五段活用・形容詞・形容動詞・連体詞・副詞
  • 英語:不定詞・動名詞・受動態・比較級

各教科とも難しい単元が続々と出てきます。

なめてかかると「あっという間に落ちこぼれる」のもこの時期なのです。

勉強がものすごく難しくなるのに、小学生気分でダラダラと夏休みを過ごしたら、取り返しのつかないことになってしまいます。

夏休みを部活だけで過ごしてしまったり、毎日家でダラダラなんかしてたら大変なことになります。

しかーし!

事態はそれだけで終わりません。

夏休みは学校の宿題が大量に出るのです。

学校の提出物などは、ちゃんとやらないと絶対に良い成績は取れません。

学校の成績が悪いということは、高校に行かれなくなるということもであるのです。

毎日暑くて疲れる時期でもあります!

毎日猛暑・酷暑で、しかも部活があって・・にもかかわらず学校の宿題も大量にある。

学習塾の先生からすると、夏休みなんて「一週間」くらいに減らせば良いのにとさへ思います。

元来夏は暑くて授業にならないから「夏休み」にしたはずですが、結局毎日朝から晩まで「部活」をしています。

部活が出来るくらいなら「普通に授業すれば?」って思うんです。授業時間が足りないとか、行事が多いとか、そんなの一発で解決です。

なんで夏休みが40日もあるのでしょうね。
※子どもの頃は嬉しかったですけど(笑)

中学生にとっては、この夏休みの過ごし方はものすごく大切なんです。

中3生は受験があるのから当然なんですけどね。

中1・中2生は夏休み以降急に勉強が難しくなる時期

だということを絶対に忘れてはいけません。この夏の過ごし方を間違えると、取り返しのつかないことになってしまいます!

CM夏休み前から勉強を頑張りたい人へ

取り返しのつかないことにならないようにするのは、

お母さん!」 あなたの責任でもあるのですよ。

どこぞの金融会社ではありませんが、夏休みのご利用は計画的にです。

やるべきことをしっかりやって、充実した中学生活を送ってください!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

365日全部ガリ勉? あり得ない・・・【学習塾】

少なくともKOSHIN学院に入塾希望してくださったお母様で、自分の子どもに365日全部ガリ勉して欲しいとおっしゃった方はおりませんでした。

しかーし!

お母さん達が一番イライラしたり、不安になったりするのは「家で勉強しない」「だらだらしてばかり」なのではないでしょうか。

  • あんた学校の宿題やったの?
  • ゲームばっかやってないで勉強しなさい!

そんな言葉を子どもに言った経験があるお母さんは多いのではないでしょうか。

ちょっとこの動画(KOSHIN-TV)をごらんいただけますか???

そうなんです。自宅というのは

  • 疲れを癒す場
  • 家族団らんする場
  • のんびりボーッとする場

でもあるんですよね。

もしここで「息抜き」ができなければ、子どもだけじゃなくオトナだって参ってしまいます。

自宅は勉強できる環境ではない!

自宅は勉強できる環境ではありません。私が子どもの頃だって「テレビ」「マンガ」などがあって、なかなか勉強に集中できませんでした。

ちょっとベッドに横になったら朝になってたなんてこともありました。

今の子ども達は、そこに「スマホ」「ゲーム」があるわけですから、余程強い意志を持った子でなければ誘惑に負けてしまいます。

こうなってしまってから、「勉強しなさい!」とガミガミ言ったって無駄です。

ですから私はKOSHIN学院を毎日来ても良い塾にしたのです。

  • 勉強しなさい!」という代わりに、「こうやってごらん!
  • なんでこんな成績なの!」という代わりに、「こうするとできるようになるよ!

1日学校で授業を受け、部活もやって・・・疲れてるけど試験勉強もしなくちゃいけないし・・・

その切り替えを完璧にこなせる人間って少ないです。

ものすご~く真面目な生徒」でも、なかなか自宅では勉強出来ないからと毎日一生懸命KOSHIN学院に通ってきます。

KOSHIN学院に来たら自宅で勉強しなくて良いのか???

はっきり言います。それだけで高得点が取れるほど中学校の勉強は甘くありません。

試験前ともなれば、自宅でもかなりやらなければ高得点は望めません。

うちの生徒も試験前は、塾が終わって帰宅してから、さらに夜遅くまで勉強している子が多いです。

夜はつらいので「朝早く起きて」試験勉強している子もいます。

そこは各自に任せてますけどね。

ただ「普段家で何も勉強しない子」が試験前になって急にやれるかと言われればNOです。

ですので、KOSHIN学院では「5分」もあればできる程度の量の宿題を出しています。

この習慣を身につけると、かなり差が出てきます。

365日全部ガリ勉をする必要はありません! というより普通の中学生に、そんなことできるわけありません。

中学生は勉強だけじゃありませんから。部活も友達との遊びも、委員会なども全てひっくるめて中学校です。

ただ、「やる時はやる!」人間になるには、やはり普段から少しでも良いので自宅で勉強することを習慣づけて欲しいです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

指導の先にある笑顔を想像する・・・【学習塾】

あくまでも私の考えです。

塾作りは「授業を売ってはいけない」のです。授業の先にある「笑顔」を想像するのです。

授業の先にある笑顔を想像できない人は塾をやるべきではないと思います。

実は今日とても嬉しいことがありました。とても勉強が苦手で困っていた生徒がいるのですが、今日なんと数学の難しい問題を解けたんです!

塾に入ったばかりの頃は、勉強が分からなくてポロポロ泣くことが多かった子なんですけどね・・・

今日の笑顔は最高に素晴らしかった!

もちろん「学習塾」の使命は「入試に合格させること」です

しかーし!

その一瞬のためだけに何年も塾に通って苦しい思いをするのはイヤですよね。

今まで全く歯が立たなかった問題が「自分のチカラ」で解けたんですから、これは嬉しいですよね。

その生徒の笑顔も素晴らしかったし、その報告を受けたお母さんの笑顔も素敵でした。

学習塾は「この笑顔」を売らなくてはいけないのだと思います。

実は何度もスタッフ会議で話し合ったのですが・・・

私の基本的なスタンスとして、どんなに勉強が苦手な生徒でも「一生懸命頑張って通ってくる生徒」は決して見捨てません。

時には、その生徒だけのためにバイトスタッフマンツーマンで付けてあげることもあります。
※勉強を教えるのではなく、勉強の仕方を身につけてもらうために。

はっきり言って、こんなことしてたら大赤字でやっていけないのですが、

私はやります! 一生懸命頑張る生徒のためなら。

うちのスタッフは全員卒業生ですから、いろいろな意見や知恵を絞ってくれます。

  • 今日は私の隣に座らせてみます。
  • 質問しやすい環境を作ります。
  • 一問ずつ丸付けに来させてみます。
  • こちらから丸付けや質問にくるように誘導します。

本当にたのもしい限りです。

今日の生徒も、ここまで来るのに半年以上かかりました。正直なことを言えば、最初に断っておけば良かったと後悔したほどでした。

しかーし!

辞めないで一生懸命頑張って通ってきました。

家を出るときに泣いて嫌がった日もあったそうですが、お母さんもお父さんも一生懸命塾に連れてきてくれました。

そうしたみんなの気持ちが、今日の嬉しい出来事を引き起こしたのです。

本当に素敵な笑顔でした。

こういうことがあるから、あきらめちゃいけないのです。

私達「塾人」は、こうした笑顔を売っていきたいものです。

そのためには塾長に笑顔がないと!

塾長はもちろんですけど、教えている先生や、事務職の人、その他スタッフ全員が笑顔でいられる学習塾が理想です。

そうすれば、生徒達も自然と笑顔になります。

苦しくて挫けそうになっても、また頑張ろうという気持ちになれます。

私達塾人は「生徒達の笑顔」を想像しなければなりません。

もちろん、それは甘やかすということではありません。

苦しくて、大変だったけど、頑張ってここまで来られたね!

そういう笑顔をどんどん作っていきたいものです。

それでは今日はこの辺で。また来週!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】