「生徒の皆さんへ」カテゴリーアーカイブ

必見! 授業で聞いたこと、頭に残したいでしょ?・・・【学習塾】

小学校でも、中学校でも、教師は同じように授業をしているのに、生徒が受け止める情報量はものすごく違います。
これね、黒板の前に立って授業してみると、どうしてそんなに差が出るのかすぐに分かるんですよ。

どんどん私の話の内容を吸収する子って、こんな傾向があります。
※この話は、無料では教えたくないくらいです。

  • 「そうなのか!」
  • 「なるほど!」
  • 「おもしろい!」
  • 「やぁ、良いこと聞いたなぁ!」

と、感情をゆらし、そして「相づち」を心の中で打ちながら授業を聴くと、記憶に情報が残りやすいんです。

私の授業を頷き(うなずき)ながら授業を聴いている生徒で、成績の悪い子っていないんですよ。
※ごく稀に全然授業聴いてないのにできる子いるけど・・。こういう子は別格。

感情を揺らしながら授業を聴くこと!

  1. 誰かに情報を伝えた(教えた)時
  2. 感情が揺れ動いた際に情報が入ってきたとき。

実は私学生時代は「暗記」が大の苦手でした。

面倒くさいなぁ」と思いながら仕方なしに勉強してたから、全然覚えられませんでした。

ところがギッチョンチョン

塾の先生になってから暗記で困ったことなど一度もないんです。

え? 頭が良くなったから塾の先生になったんでしょですって?

残念でした。ぶぶー(笑)

これも本当は「秘密」にしておきたい情報なんですけどね、

他の人に教えると、いつの間にか覚えちゃうんです!

他人に説明するには、「自分の頭の中で完全に整理」できてないと教えられないんです。

この問題解けますという程度では、他人に教えられないんです。

たまに、うちのバイトスタッフの子達が、

塾長!この問題解けるんですけど、うまく教えられません!

って言ってくるんです。

それは仕方ないことなのです。プロとアマの違いですから。

例えば、問題を説明するために・・・

先にこれを理解してもらって、次にこれを説明する。そして最後にこう持って行く

という感覚が「プロの教師」なら身体に染みついてるんです。

つまり「相手」にきちんと伝えられるということは、その問題がちゃんと頭に入っているということでもあるんです。

ですから何度か授業していれば、自然と覚えちゃうんです。

ちょっと、この動画を見ていただきたいんです。これ、私が作った授業動画の一部なんですけどね。(再掲)

大部分の中学生が「中国と日本の歴史の関係」が苦手なんです。正直なことを言うと、私自身も学生時代はチンプンカンプンでした。

中国人の方が聞いたら怒られそうですけど、歴史に興味のない人にしてみれば

袁世凱・孫文・毛沢東・蒋介石

この人達の違いはさっぱり分からない生徒がほとんどなのです。

そこでこの人達のことを分かりやすく説明する動画を作りました。
※このHPの教材置き場で全てごらんいただけます。

こういうのを「自分で作る」には、ちゃんと頭に入ってないと作れません。

この動画だって、最初は私が「手書き」でまとめを作って、それをワープロで綺麗に打ち直し、さらに2種類の動画ソフトを使って、最後に音声を載せて作ったんです。

これって最初に申し上げたとおり、

  • 誰か(生徒)に情報を伝えた(教えた)時
  • 感情が揺れ動いた際(生徒に伝えたいと思った時)に情報が入ってきたとき。

に動画教材を作りましたので、もう私の頭の中では完全に

袁世凱・孫文・毛沢東・蒋介石

は整理されているわけです。

この教材を作った時の私は

  • 「そうなのか!」
  • 「なるほど!」
  • 「おもしろい!」

の連続でした。動画編集が分からなすぎて泣きましたけど。

授業を聴くときの意識を変えましょう!

そうですね! 「君達も授業の内容をしっかり頭に残したい」ですよね!

ならば皆さんも

  • 「そうなのか!」
  • 「なるほど!」
  • 「おもしろい!」
  • 「やぁ、良いこと聞いたなぁ!」

と思いながら授業を聴いてみてください!

それでは今日はこの辺で。また来週!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

気持ちばかり焦って勉強が進まない・・・【学習塾】

大切な試験になればなるほど、気持ちばかり焦ってしまい勉強が手に付かないという経験をした人も多いと思います。

KOSHIN学院でも、そういう生徒を随分見てきました。

特に「高校入試」など大きな試験の直前は「重圧」に負けて、気持ちばかりが焦ってしまうことがあります。

しかーし!

これはなにも「入試」に限ったことではありません。

普段の定期試験でも、「苦手な科目」「苦手な単元」になると気持ちばかり焦ってしまい、うまく勉強できなくなってしまう生徒がいます。

一旦原点に戻ってみる勇気!

中2数学を例にしますと、「グラフの書き方」「変化の割合とは」もよく分かってないのに、無理矢理先に進もうとして、結局さっぱり分からなくて挫折してしまう生徒がいます。

こういう基本ができてないのに、無理して進もうとすると余計に分からなくなります。

そういう時は一旦最初に戻ってやり直ししてみましょう!

いつもこのブログで書いていることですが、素直で謙虚な生徒は私の指示を守って、最初に戻って再度基礎を固めようとします。

だからできるようになるのです!

ところがギッチョンチョン

勉強がめんどくさくて仕方ない子は、元に戻るのをものすごく嫌がります。

なかには元に戻るのが嫌だからと塾を辞めた子までいました。
※ごめんね、私は辞めたら知らないですから。

だからいつまで経ってもできるようにならないのです。

分からない時は一旦基本に戻る!

これ鉄則です。

しかーし!

自分ではなぜ出来ないのかって、なかなか分からないんですよ。

だから分からないまま無理矢理進めて、ドツボにはまるんです。

ただ、素直さ! 謙虚さ! 朗らかさ!を持ってる生徒は、私の指示に素直に従って、分からなくなった原因をみつけ、そこから勉強し直します。

気持ちばかり焦ってしまう時の対処法

特に入試直前などは膨大な量の勉強をしなければなりません。

あれも、これも」で頭の中がいっぱいになっちゃうんです。

普段ワークを解いていても、不正解だらけ×だらけになってしまってパニックになる生徒はすごく多いのです。

そういう時は

一問ずつ丸付けにおいで!

と指導しています。

一問ずつ確実にやることが、結局近道なんです。

これって実は勉強だけじゃなくて、人生そのものにも当てはまります。

私だって今でも一度に「あれもこれも」と仕事が集中することがあります。

時には「あああああああああああっ!!」ってわめきたい時もあります。

しかーし!

そんな時こそ、仕事の順位を見直して、ひとつずつ片付けていきます。

パニックになったままでは、結局何も進みませんからね。

  • 分からない問題だらけになったら基本に戻る勇気を持つか。
  • 面倒くさがってそのまま進んで余計分からなくなるか。

さあ、あなたはどちらの道を選びますか?

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

成績の良い子ほど塾に来る!・・・【学習塾】

KOSHIN学院の地元の横内中学校では明日から「前期中間試験」が始まります。また来週月曜日から大住中学校の試験が始まります。

KOSHIN学院では「試験前の土日」は塾を開けています。

また試験前は普段より早い時間から塾を開けます。

そうすると・・・

勉強出来る子ほど早く来て、みんなより遅くまで残って勉強します!

反対に勉強ができない子は、試験前でもなんだかんだ理由を付けて塾を休む傾向があります。

土日の試験対策でも、勉強出来ない子は「私に叱られるから」塾に来ています。

勉強に対する意識が全然違うのです!

何度も繰り返しますが、KOSHIN学院は

一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾です。

今日もある中3の女の子が理科のイオンの問題が分からなくて、泣きそうになりながら頑張ってました。

昔の私なら、その場ですぐに教えてしまいました。

しかーし!

どんなに教えても、その問題を解けるようにならないのでした。

何十年も悩みましたが、これは「教えすぎ」が原因だと分かりました。

生徒が一生懸命頭を使う時間を与えないで、いきなり先生が解き方も答えも教えてしまうのです。

よく小学校低学年の生徒では、あまりにも我が子ができないことにしびれを切らして、全部子どもの代わりに問題を解いちゃうお母さんがいます。

これ! 最悪ですからね!

人間の脳は「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤しながら発達していくのです。

試行錯誤もさせずに、世間体を気にして答えを教えてしまうことは、自分の子どもの首を絞めているに等しいです。

成績の良い子ほど試行錯誤しています!

成績の良い子あるある

  • あっ! 先生待って! まだ答え言わないで!
  • 先生! ほんの少しだけヒントもらえませんか?
  • 先生! どうしても「ココ」が分からないので、「ココ」だけ教えてくれませんか?

すべてがこんな調子です。そして問題が分からなかったりすると勝手にひとりで頭を抱え込んでいます。分からないのが悔しいのでしょう。

反対に成績が悪い子は

  • 分からなくても質問するでもなくボーッとしたり手いたずら。
  • 問題が分からなくても、なにも悔しくない。
  • さも分かっているように見せようとする。

こんなことしてるから成績が悪いの。こうした生徒の意識改革をさせるのは本当に大変。時にはかなり強めの言葉をかけざるを得ないことも。

優しく教えてくれませんか?」という人もいましたが、そんなことを言ってたから「このひどい成績」なんでしょ?

まあ確かに、なんでもガミガミ厳しくすれば良いというものではありませんが、少なくとも「意識改革」は必要です。

さて、もう一度厳しいことを言いますよ!

  • 成績が悪い子ほど塾を休む傾向があります!
  • 成績が良い子ほど喜んで塾に来ます!

ひじょうにシンプルです。

さあ、あなたはどちらの人間になりたいですか?

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

中2の夏! 運命の分かれ道・・・【学習塾】

もう6月も中盤を過ぎました。あと1ヶ月もすると夏休みに突入します。ここが中1・中2生にとって「一番危険な時期」になります。

もう30年ほど前の話で恐縮なのですが、小学校4年生からずっと塾に通ってきてくれていた、とても真面目な女の子がいました。

小学校での成績は、全て◎でした。
当時の小学校の成績はは◎→○→△→(×)で表していました。

ところがギッチョンチョン

小学生の頃は優等生だったにもかかわらず、中学生になって成績が急降下。

中2の夏にはついに「やる気」を失い、転落人生へとおちていきました。

これには私も、当時の私の上司もかなり落ち込みました。

今でも彼女のことを思い出すと、悔しいやら申し訳ないやら。

それ以来10年近く「女の子の中2の夏」は鬼門でした。

中2の女の子は、中1ほど「子ども」じゃない。さりとて中3ほど「オトナ」でもない。非常に揺れ動く微妙な時期なんです。

中3ほど具体的な目標があるわけでもありませんしね。

中2の夏が運命の分かれ道である理由

簡単に言うと「勉強が急にものすごく難しくなる」のです。

  • 数学:一次関数・合同の証明
  • 理科:電流と磁界・オームの法則・フレミングの法則
  • 社会:歴史では江戸時代など近現代
  • 国語:用言の五段活用・形容詞・形容動詞・連体詞・副詞
  • 英語:不定詞・動名詞・受動態・比較級

各教科とも難しい単元が続々と出てきます。

なめてかかると「あっという間に落ちこぼれる」のもこの時期なのです。

勉強がものすごく難しくなるのに、小学生気分でダラダラと夏休みを過ごしたら、取り返しのつかないことになってしまいます。

夏休みを部活だけで過ごしてしまったり、毎日家でダラダラなんかしてたら大変なことになります。

しかーし!

事態はそれだけで終わりません。

夏休みは学校の宿題が大量に出るのです。

学校の提出物などは、ちゃんとやらないと絶対に良い成績は取れません。

学校の成績が悪いということは、高校に行かれなくなるということもであるのです。

毎日暑くて疲れる時期でもあります!

毎日猛暑・酷暑で、しかも部活があって・・にもかかわらず学校の宿題も大量にある。

学習塾の先生からすると、夏休みなんて「一週間」くらいに減らせば良いのにとさへ思います。

元来夏は暑くて授業にならないから「夏休み」にしたはずですが、結局毎日朝から晩まで「部活」をしています。

部活が出来るくらいなら「普通に授業すれば?」って思うんです。授業時間が足りないとか、行事が多いとか、そんなの一発で解決です。

なんで夏休みが40日もあるのでしょうね。
※子どもの頃は嬉しかったですけど(笑)

中学生にとっては、この夏休みの過ごし方はものすごく大切なんです。

中3生は受験があるのから当然なんですけどね。

中1・中2生は夏休み以降急に勉強が難しくなる時期

だということを絶対に忘れてはいけません。この夏の過ごし方を間違えると、取り返しのつかないことになってしまいます!

CM夏休み前から勉強を頑張りたい人へ

取り返しのつかないことにならないようにするのは、

お母さん!」 あなたの責任でもあるのですよ。

どこぞの金融会社ではありませんが、夏休みのご利用は計画的にです。

やるべきことをしっかりやって、充実した中学生活を送ってください!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】