不登校の大敵は「父親?」・・【学習塾】

かれこれ十数年前の話です。ひとりの生徒が学校に行きたがらない時期がありました。

 

お母様は何度か私に相談に来られたので・・

 

塾長
そんな時は無理強いすると逆効果ですから、少しのんびりさせてあげてください。少し落ち着いたら専門の先生を紹介致しますから。

 

とお伝えしたところとても納得してくださって、様子をみると言ってくださいました。

 

しかーし!

 

ここで「大きな問題」が起こりました。

 

なんとその生徒の父親が、子どもを無理矢理引っ張って学校に連れて行ったのでした。

 

子どもは泣き叫びながら拒否したのですが、父親の腕力にはかないません。

 

 

 

その結果ますますその子の不登校はひどくなり、父親と家族の関係もめちゃくちゃになってしまいました。

 

 

その時私は「しまった!」と思いました。

 

 

お父さんが強い口調で子どもを攻撃する前に、お父さんと面接をしておけば良かったと思ったのでした。
※以後大きな問題が起きたときは、必ず両親別々に面談させていただいております。

 

結局お父様も私の話を分かってくださり、態度を改めてくださいました。

 

 

「どうしても学校に行かれない!」

 

このことに対して「なぜだ?」「どうしてだ?」とまくしたててはいけません。

 

生徒本人だって「なんでだか分からない」のですから。

 

 

まずはとにかく「心の疲れを癒してあげる」ことをおすすめします。

 

今の学校って「誰が不登校になってもおかしくない」ほど、いろいろなことが起こっています。

 

不登校って昔は「わがまま病」と言われてました。ですからこの子の父親のように「無理強い」してしまうことがあります。

 

ましてや「ひっぱだいたり」「髪の毛を掴んで」無理矢理学校に連れて行こうとするなんて、子どもに死ねと言ってるようなものです。

 

決してこうした無理矢理なことはなさらないでください。

 

KOSHIN学院の生徒の保護者の皆様でしたら、ぜひ私に相談していただきたいと思います。

 

最後にもう一度!

 

決して無理強いしてはいけません!

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

 

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】