相手の気持ちを考えられる人間

私の周りにも「自分の言いたいは思いっきり言う」タイプの人がいます。自分はそれでスッキリするかもしれませんが、「言われた方の人の気持ちを考えたことがあるのでしょうか?」と言いたいです。

 

自分の主張を通すこと自体は悪いことではありません。

 

しかーし!

 

多くの場合そういう人は「相手がそれを聞いたらどう思うか」なんて考えていません。

 

はっきり言っちゃおうかな!

 

私はそういう人とはお付き合いしたくありませんし、いくらお金を払ってくれるからと言っても塾の雰囲気が悪くなるので、そういう方のご子息の入塾はお断りしています。

 

しかーし!

 

そういう人が「身内」とか「社内・校内」にいる場合は面倒くさいですよね(>_<)

 

 

相手の気持ちを考えられる人間に育って欲しい

 

ちょっとエラソーな見出しを付けてみたんですけどね。私自身100%相手の気持ちを考えてあげられているかと言われれば・・・・なかなかそうはいきません。

 

でもね!

 

私は大切な可愛い生徒の皆さんをお預かりする塾長です。できるだけ生徒の皆さんの気持ちを分かってあげたいと常に思っています。

 

時には厳しく叱ることもありますが、その根底には「しっかりして! こうすれば君はもっと素晴らしい人間になれるんだから! そうすればもっと勉強もできるようになるんだよ!」という気持ちがあります。

 

もし私が「私の気分」で生徒を怒鳴り散らすであれば、もはや塾の先生失格です。絶対にそんなことにはならないようにと気をつけています。

 

しかーし!

 

若かりし頃は、気分で叱っちゃったことも何度もありました。申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

だからこそ、KOSHIN学院に来てくれた子達は「勉強が出来る」だけじゃなく、他人の痛みを察してあげられる人間に育って欲しいと願っています。

 

ところがギッチョンチョン

 

KOSHIN学院の「生徒・卒業生・及び保護者の皆様は本当に良い方達ばかり」です。

 

私は本当に素晴らしい生徒達に恵まれています。それこそが私が25年間も塾を続けてこられた原動力です。

 

そして今年もまた新しい仲間がKOSHIN学院に来てくれました。

 

どの生徒さんも「ついつい私が夢中になって教えてあげたくなっちゃう」ような素晴らしい子達です。

 

新しくKOSHIN学院に入ってくれた子達は、この「一生懸命頑張る子達」の中に入っていくのですから、最初は大変かもしれません。

 

一生懸命頑張れる子は人間的にも成長していきます。

 

最後の苦しい高校受験を乗り越えた子達は、人間的に一回りも二回りも大きくなってくれます。

 

今通ってきてくれている子達も、これから来てくれるであろう子達も「先輩達に負けないような」素晴らしい人間に成長して欲しいと願っていますし、そうなれるように私も全身全霊をかたむけて指導にあたらせていただきたいと思っています。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】