退塾月の翌々月まで月謝を請求する塾

皆さんこんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

 

中3生はだんだん入試が近付いてきて、そろそろ本格的に不安になる時期です。

 

そうなってくると「今通っている塾で大丈夫なのだろうか?」という不安がよぎってきます。

 

 

時々まるで「駆け込み寺」であるかのごとく、私に助けを求めて来られる生徒・保護者の方がいらっしゃいます。

 

いろいろ相談にのらせていただくと、「KOSHIN学院に入りたいです!」とおっしゃっていただくことが多いのです。

 

 

今までいた塾を辞める時のトラブル!

 

かつて「塾を辞めるなら百万円の違約金を払え!」と言われた生徒さんがいました。
※この塾現在は存在していません。

 

この生徒さんの場合ご両親が「南米からの移民」で、日本語もまだカタコト程度しか話せませんでした。それを良いことに百万円もの違約金を請求するなんて塾業界の恥さらしです。というよりも「人間の所業」とは思えません。

 

これは極端なケースですが・・・

 

 

私がここで塾名を言えば「あっ! その塾あちこちにありますよね!」という個別指導塾のお話しです。

 

その塾を辞めてKOSHIN学院に転塾しようとした生徒さんなんですけどね。辞める月の月謝をお支払いするのは仕方ないと思います。

 

しかーし!

 

辞めた次の月の月謝も支払うように言われたというのです!

 

私には全く理解出来ません!

 

しかーし!

 

事態はそれで終わりませんでした。

 

なんと!

 

翌々月の月謝も支払うように言われたのです!

 

私からしたら「はぁ~っ??」という感じなのですが、「契約でそうなっている」の一点張りだったそうです。

 

理由を問い詰めると、既に翌月の講師の手配が済んでおり、その分のお給料を支払わなければならないからという返事があったそうです。

 

だったら!

 

どうして翌々月の月謝まで請求するのでしょうか!?

 

私に言わせれば「そんなの塾じゃねぇ~! ただの詐欺集団じゃぁ!」という感じです。

 

けっこうあちらこちらにある某フランチャイズ系学習塾です。
※フランチャイズ塾が全てそうであるわけではありません。私の知り合いにとても真摯にフランチャイズ塾を経営されている方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

こんな塾に引っかからないためには

 

甘い言葉で誘ってくる塾に良い塾はなし!

 

そう思っていただければ間違いないと思います。そして「退塾の際の取り決め」しっかりCHECKしておいてください。

 

そんな詐欺集団みたいな塾にだまされてはいけません。

 

世の中にはそんな塾もゴロゴロあるというお話しでした。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】