小学6年生! 中学準備はいつから? 【学習塾】


神奈川県公立高校入試まで「あと85日」なんていう時期になってくると、学習塾経営者は「もう一つのお祭り騒ぎ」を始めます。

 

それはズバリ

 

中学準備講座!

 

です。

 

経営者の立場からすれば、単純に中3生が卒業するわけですから、その分『新中1生』を募集しなければ来年度の経営が成り立たなくなります。

 

だからほとんどの塾が『中学の先取り学習』を始めます。すると・・・

 

保護者の方々は『塾の広告』に踊らされて、『今から中学の勉強をさせておかなければいけないんじゃないか?』という強迫観念にかられちゃうんです。

 

しかーし! ところがギッチョンチョン! それはとんでもない誤りです!

 

 

ほとんどの塾では『中学準備』と称して、中学で一番最初に習う『計算問題』(正の数・負の数)の指導を行います。

 

ここがポイント!
やるのは計算問題だけなんだよね!

 

もちろん計算問題も怪しい生徒はたくさんいます。でもそういう生徒は小学校で習う『分数・小数』の計算ができてないのです。

 

長年塾の先生をしてきた経験からすると、中学で習う

 

【正の数負の数の加法】

(+5)+(-3)
=+(5-3)
=+2

 

という問題よりも(もちろんこれはこれで大切ではあるけれど)

 

【通分・約分を含む計算】

$$\frac{1}{2} + \frac{1}{3}= \frac{3}{6}+ \frac{2}{6}$$

 

 

 

$$=\frac{5}{6}$$

 

 

 

という計算をしっかりできるようにする事の方が先です。

 

はっきり言っちゃおうかな!

小学校で習う計算が出来ない子が、なんで中学の計算ができるの?

って思いませんか?

 

しかーし!

 

それだけが根拠ではありません。

 

数学が本格的に難しくなるのは、『関数』や『図形』(特に証明問題)が出てきてからです。

 

ですから小学生の時に『進級式の計算問題をやらせる塾』で「そこそこできていた」という程度では、中学では全くと言えるほど通用しなくなります。

 

そして!

 

分からない→つまらない→面倒くさい→やらない→ますますできなくなる

 

という負のスパイラルに陥るのです。

 

先ほどの『関数』や『図形の問題』などの基本は『小学校で習う問題』に網羅されています。

 

 

ということは!

 

数学に関しては『本当の意味での中学準備とは、小学校で習うことを確実にできるようにしておくこと』なのです。

 

 

しかーし!

 

『英語』に関しては『先取りするメリット』は大いにあります。

 

小学英語と中学英語の一番の違い『単語を正しく書けるようにすること』『文法問題』です。

 

今から少しずつ慣らしておくことは大切です。

 

 

これだけは絶対に言っておきたい!

 

中学生になると「全ての生活が激変」します。

 

  • かなり厳しい練習をする部活
  • かなり難しい中間・期末試験
  • かなり忙しい学校行事

 

その生活の変化に順応しきれない生徒がかなりいます。『大手塾の脅し文句』に乗せられて、順応しきれない生徒がその塾に通ってしまったら・・・。

 

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】