中3生! 受験の重圧がじわり【学習塾】

 

だんだん中3生達にプレッシャーが重く乗りかかってきました。見ていて可哀想なくらいです。

 

そのプレッシャーと正面から向かい合える生徒ばかりなら良いのですが・・・

 

受験だから頑張って勉強しなくてはいけない・・・

 

頭では分かっていても、身体(からだ)が反応しない生徒も出てきてしまうのがこの季節です。

 

まさにそれこそが『プレッシャー』なんですけどね。

 

 

恐怖の原因を探る

 

重圧や恐怖を感じる原因はなんだろう? え? 「それは入試があるからだろう?」ですって?

 

もちろんそれは正解ではあるのですが・・

 

しかーし!

 

恐怖や重圧というのは、得体の知れないものに対して強くなるのです。

 

そして『自信がない時にプレッシャーが強く感じる』のです。

 

頑張らなくちゃいけない!・・・

 

でも『何をどこまで頑張らなくちゃいけないのか?』が分からないから重圧が大きくなるのです。

 

 

重圧を克服するための重要なポイント2つ!

 

【ポイント1】

今日うちの中3生達に『入試で何点取れれば合格できるのか』ということについて話しました。

 

平塚市のTOP校である『平塚江南高校』だって、500点満点で370点も取れば合格できます。各教科80点平均いかなくても合格できるってことなの。

 

今の入試問題を各科目50分で満点を取れる子なんてほとんどいません。それなのに『満点取れないと落ちちゃう』みたいな感情が強くなりすぎると危険です。

 

ですからまず『自分は何点取れば合格できるのだろう』という目標をはっきり決めることです。KOSHIN学院の生徒であれば私に聞いてくださればすぐにお答えします。

 

最近では中学校にもいろいろ資料が置いてあって、生徒達はその資料も参考にして志望校を選んでいるようです。

 

参考までに入試で何点取れば良いか計算するフォームをこのHPにも置いてあります。
※入試目標得点計算フォーム

 

このフォームに自分の内申点と目標値(af+bg)を入力すれば、凡その目安を計算することができるようになっています。
※実際にはもう少しいろいろな条件が加わるので詳しくは私に聞いてください。

 

つまりまずは『敵を知り己を知る』ことが、重圧に立ち向かうためのポイントです。

 

 

【ポイント2】

 

もうひとつ大切なことがあります。それは・・

 

つべこべ言わずに勉強を始めてしまうこと! まずやり始めちゃうこと!

 

です。

 

私だって本当は一日中仕事して帰ってきて、もうバタンキューと寝てしまいたいところではありますが、『私の考えや気持ち、勉強に役立つ情報』を保護者の皆様にお伝えしたいので、とにかくブログを書き始めてしまうことにしています。
※とは言え体調を崩してしまっては元も子もないので調子悪い時はお休みさせていただきますけど。

 

こうしてブログを書き始めると結構書けるもんなのです。このブログを保護者の方が読んでくださってると伺うと、『よし! また頑張ろう!』という気持ちになります。

 

昨日中3男子の一人が、土日を使って『入試までに残りの数学の範囲を全部やってくる』と言って、実際に本当にやってきました!

 

正直なことを言うと『Σ(‘◇’*)エェッ!? この子が?』という感じでしたが、でも本当にちゃんとやってきました。

 

大変素晴らしいことです。

 

きっと彼だって休みの日はダラダラしたいという気持ちがどこかにあったと思います。

 

しかーし!

 

彼はとにかくやり始めました!

 

そして全部やらないと気持ち悪いという精神状態になったのだと思います。

 

そうなんです!

 

プレッシャーに打ち勝つ2つ目のポイントは『ごちゃごちゃ言ってないで、まずやり始めちゃうこと!』なのです。

 

別な言い方をすると『できない理由を考えない!』ことです。

 

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】