質問に来ないということは・・【学習塾】

 

この1~2週間、中3生からの質問が激減してしまいました。タブレットで授業を見ている影響もあるのでしょうが、やはりかなり気になったので今日は中3生に少しお話しをしました。

 

質問がないということは次のどちらかなのです。

 

  • 本当に分かっているから特に質問する必要がない。
  • 分かってないけど、分かったようなふりをしてごまかす。

 

本当に分かっていて質問がないのであれば、私も特に何も言うことはありません。

 

しかーし!

 

そんなことがある訳がありません。

 

高校入試まであと28日となった今、そんなことではどうしようもありません。

 

そこで今日は中3生全員に「どんどん分からないことを質問しにくるように」という話をしました。

 

そういう風に話してあげればできるじゃん♪ なにか取り憑かれたように中3生がシーンとしてしまっていました。

 

こういう雰囲気を打破するのも「私の仕事」です。

 

でもね! こういう話をするタイミングってすごく難しいのです。早すぎても遅すぎてもいけません。

 

 

こんなことを聞いたら恥ずかしいかな?

 

はじめから「良い質問」をしようと思っても、なかなかできるものではありません。最初は変な質問でも構わないので、まずは「先生に質問しに行かれるようになる」ことが大切です。

 

問題が分からないのに、じっとしているだけでは絶対に出来るようになんかなりません。

 

しかーし!

 

生徒の気持ちって「こんなの質問しにいったら馬鹿にされるかな?」って思っちゃうんだろうね。

 

良いのです! 全然構わないのです!

 

どんどん質問しにきて欲しいです!

 

その質問に対しても対処法はその都度違うこともあるけれど、まずは質問しに行くことが大切。

 

生徒
先生! これ分からないんですけど!
塾長
そっか、じゃまずここの意味を調べてごらん♪

 

まずは、こんな会話ができるようになって欲しいです。

 

あのね!

 

分からないからと黙ってじっとしているから叱られちゃうの。

まずは質問してみようよ!

 

一応中3生の名誉のために言っておくと、うちの中3生は2週間くらい前まではちゃんと「質問できる子達」だったのです。

 

きっとこれも「入試のプレッシャー」なんでしょうね。なんか静まり返っちゃったの。

 

この仕事何十年やっても難しいです(>_<)

 

それでは今日はこの辺で! また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。入試が終わるまでは金曜日もお休みさせていただきます。

 

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】