『塾』が大きく変わるかも!?・・【学習塾】

 

コロナ騒ぎで学校がお休みになり、さらには『緊急事態宣言』をうけて各学習塾でじゃ『オンライン授業』をこぞって始めた。

 

これって『何十年・何百年』と続いてきた『塾のありよう』を大きく変えるものだと言って過言ではないだろう。

 

もちろん各塾では『まだ始めたばかり』で、指導の方法も『手探り状態』だ。

 

Twitterを見ていると各塾では次々と『新しい指導方法』を生み出している。

 

もし『このやり方』が世間に定着したならば、それこそ『塾は大きく変わる』かもしれない。

 

なぜならば『通塾する必要がなくなる』からである。

 

 

 

通塾しなくてよくなると・・

 

私が恐れるのは『通塾しなくてよくなること』だ。なんだかんだ38年ほど塾の仕事を本職にしてきた。KOSHIN学院を作ってから26年が過ぎた。

 

なぜこんなに『塾の仕事』を続けて来られたかと言われれば、それはひとえに『生徒が可愛いから』だ。

 

可愛い生徒達に会えることが毎日楽しみで仕方がない!

 

どんなにツラいことや悲しいことがあっても、生徒の顔を見ていると元気になれるのだ。

 

だからなんだかんだ38年も塾の仕事を続けて来られた。

 

オンライン授業で『生徒の顔が見られなくなったなら』私はもう塾をやる気力がなくなるだろう。

 

生徒の皆さんのために!

 

このことだけを考えて生きてきたのだから。

 

 

しかーし! 塾はなくならない!

 

実はKOSHIN学院の『オンライン授業』は、授業を見せたり講義を聴かせたりなどはほとんどしていない。

 

もともと『一方通行』の指導はしていないからだ。

 

 

 

現在の『オンライン授業』が、そこそこ上手くいっているのも、元を正せば『普段やってきたこと』が生徒の間で定着しているからだ。

 

私に1度も教わったことがない生徒が、いきなり「オンライン授業」に入ってきても、果たしてどこまでやれるだろうか。

 

これは何もKOSHIN学院に限った話ではない。

 

各塾で『今までやってきたこと』があるからこその『オンライン授業』なのではなかろうか。

 

  • こんなことをしたら先生に叱られるだろうな。
  • こういう時はどうすれば良いのだろうか。

 

そういうことが分かってる生徒の皆さんだからこそ、「オンライン授業」が成立しているのだと思う。

 

ただしこれ以降オンライン授業はますます普及するだろう。『やり方』を誤らなければかなり有効な指導法であるからだ。

 

少なくとも『映像で授業を見せておしまい』なんていう塾は長く続かないだろう。

 

 

 

KOSHIN学院には『今でも』通塾してくる子達がいる。
※必ず保護者の許可が必要だが

 

生徒達は『家でやるのと塾でやるのは違う』と言う。

 

おそらく『一番の違い』『目の前に私がいるかどうか』ではないだろうか。

 

まだ小中学生の子達が『誰も見張ってない場所』で集中して勉強出来るとは思えない。

 

しかーし!

 

コロナ騒ぎ収束後もオンライン授業がなくなることはないだろう。

 

まだまだ『解決しなければいけないこと』がたくさんあるが、それでも『台風や大雪』など『悪天候』の時に通塾しなくてよくなるのだから。

 

「オンライン授業」であれば『通塾できる範囲に住んでいない生徒』とも指導を受けることができる。

 

例えば私が『沖縄や北海道』、それどころか『フランスやイギリス』に住んでいる子達に指導することも可能になる。

 

だ・け・ど・さ!

 

やっぱり私は『生徒が可愛くてたまらないから塾をやってる』だけなんだよね。

 

オンライン授業は非常時だけで良いと思っている。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】