いくら親子でも・・・【学習塾】

 

塾の仕事をしていると、どうしても出てきてしまうのが『親子関係のこじれ』です。

 

よく『親』はこどもに『お前のためだから!』と言います。そしてそれは大抵『正論』であることが多いです。

 

しかーし!

 

『正論だけでは』人間の心って動かないんです。

 

子ども側からすれば『いつも押しつけられている』としか受け止められないことも多々あります。

 

 

いくら親子でも正しく伝えないと伝わらない

 

私の子だったら『このくらい分かるだろう』と決めつけて、子どもにいろいろ言っちゃう親がいます。

 

しかーし!

 

幼稚園生の頃ならともかく、中学・高校・大学と進むにつれて『親とは違う考え方』を持つようになるのは自然な流れです。

 

そうなってくると『一方的にポンポン言う』だけでは、子どもに何も伝わりません。そういう傾向が強く表れ始めるのが中学生くらいの時期です。

 

 

ではどうすれば良いか?

 

これは何も『親子関係』だけのことではありません。『先生と生徒』の間でも起こることです。

 

先生って呼ばれると、どうしても上から目線になりがちです。私も何度もこれで失敗しました。

 

『相手を説得する』って、実はすっごく難しいことです。説得するためにはいろいろ資料を作ったりしなければなりません。

 

これは『社会人』であれば当然やっていることです。ある意味このブログもそのひとつなのかもしれません。

 

『私という人間』を理解していただくためにブログを書いているのですから。

 

例えばこのブログで、私が読者の皆さんに対して『上から目線』で文章を書き続けたとします。そんなブログを皆さんは読みたいですか?

 

私なら『上から目線』な文章なんかわざわざ読みたくありません。

 

相手に『自分の考え』を正しく伝えたいなら、ポンポン思いついたことを言ってはいけません。

 

お互いに冷静に話し合える場を設けて、ちゃんと『伝えるべきこと』を整理して。できれば資料も作ってから子どもを説得する必要があります。

 

あ・の・ね!

 

いくら親子でも『正しく伝えなければ』、子どもに気持ちは伝わらないのです。思いついたことをポンポン言われたら、子どもは受け止めきれませんから。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】