活動の区切りを短くする・・【学習塾】

 

皆さんは「ADHD」という言葉をご存じでしょうか?
※ADHDとは→こちら

 

不注意、多動性・衝動性などの傾向がある人に対して使われる言葉です。これって『特別なこと』ではありません。

 

私自身にもこの傾向があります。つまり『程度の差』もかなりあるということです。

 

ADHDの人は『長い時間集中すること』が苦手です。実は私もどちらかというと苦手です。ですから『子どもの頃』はしょっちゅう先生に叱られていました。

 

ママさん
えっ? うちの子はそんなんじゃありません!

 

とおっしゃるお母様もいらっしゃると思います。でもこれは『程度の問題』であって、病気ではありません。

 

特に男の子は『落ち着きがない』『集中力がない』『そわそわしている』傾向はざらにありますから。

 

 

そういう子にはどう対処したら良いか?

 

こうした傾向がある子どもに対処するには『活動の区切りを短くする』ことが有効です。長い時間続けさせないで『3分でやる』などと『短い時間』で簡潔することを繰り返すようにします。

※詳細はこちらのHPで御覧ください。

 

・・・と分かっているのですが、なかなか学習塾だとそこまでかかりっきりになれないんですけど。でもこのことを知って指導してあげないと『ただ叱られる』だけになってしまいます。

 

大人でもADHDの人って結構いらっしゃるので、
※レオナルドダヴィンチ・トムクルーズ・マイケルジョーダン・黒柳徹子なんなど。

 

周りの人が理解してあげないと厳しいですよね。

 

しかーし!

 

ADHDの人が成功するという話も多く聞きます。→こちらを参照

 

『自分の特性』をしっかり把握して、その上で対応していきたいものです。

 

そう考えると、私もまだまだ色々なことを学ばなければいけません。

 

ということで、今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】