浮き足立つ中3生・・【学習塾】

 

中3生は実質的に最後の定期試験を終え、あとは『入試本番』に向けて頑張るのみの時期となりました。

 

KOSHIN学院でも『入試の過去問』に取り組み始めました。

 

しかーし!

 

中3生の中には『入試に向けて頑張らなくちゃ』気持ちばかりか空回りする子が出てくるのもこの時期です。

 

やはり『高校入試』というのは、ほとんどの中3生にとって『大きな重圧』です。そりゃ誰だって不合格になんかなりたくないですもんね。

 

まさに『生まれて初めて』『大きな重圧』です。

 

 

この時期に大切なこと

 

この時期に大切なことは『気持ちばかり焦って勉強が手につかない』状態にならないことです。

 

実は今日中3生を1名叱りました。

 

この生徒は『気持ちばかり焦って』しまい、『自分がやるべきこと』すら見失っていました。そこで・・・

 

 

塾長
そんなことをしていてどうする! やらなくてはいけないことを1つ1つ確実にやりなさい!

 

 

とまあ、ざっと言うとこんな感じのことを言いました。

 

まだ習ってもいない範囲が分からないとパニックになってました。

 

 

塾長
まだ習ってなかったらどうすれば良いのだ?

 

 

と言ってもなんだかパニックになって、完全に浮き足立っていたので少しピシャリと注意しました。

 

 

ならばどうすれば良いのだ?

 

入試だけは他の定期試験とは決定的に違うことがあります。

 

それは・・・

 

合格に必要な点数を取れば良い!

 

入試問題の中には『すっごく難しい問題』もあります。

 

あのね!

 

ほとんどの高校では、そんな問題できなくても構わないんです。

 

それよりも・・・

 

できなければいけない問題をしっかり確実に得点できるようにする!

 

このことが大切です。

 

そのために今なすべきことは・・

 

  • まずはどんな問題が出題されるのかを知る
  • どの問題ができるのかできないのかを知る
  • 自分が合格するのに必要な点数を取るにはどうするかを知る

 

浮き足立って勉強が手につかないなんていうのは『最悪』です。

 

一問ずつ確実に解けるようにしていくことが大切です。そのために何をすれば良いのか。このことをしっかり考えて勉強してください。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】