月日は百代の過客にして・・【学習塾】

 

月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり

 

これは有名な「松尾芭蕉の奥の細道」の最初の一文です。

 

なんでこんなことをでブログを書き始めたかというと、生徒の皆さんに少しで良いから「人生って何なのだろう?」と考えて欲しいと思ったからです。

 

 

皆さんは生徒や自分の子どもから『人生とは何なのですか?』と聞かれたらどう答えますか?

 

これに対して松尾芭蕉は「奥の細道」の中で『人生とは旅のようなものである』と言っています。

 

さすらいの旅に出たい気持ちを抑えられず、歌枕である須磨や明石(兵庫県)の海辺をさすらって、ようやく江戸に戻ってきたのだけど、今度は白河の関所(福島県)を越えたいと思うようになり、どうにも気持ちを抑えられなくなりまた旅に出るのです。

 

人生とはそのようなもので、「ひとつのことをやり遂げる」とまた「次のことをやりたくなる」のです。

 

私自身もそんな思いの繰り返しをしながら現在に至っています。

 

 

逆に言うと「ひとつのことをできないでいるのに、次のことをやろうとしてもできない」とも解釈できます。

 

ここで現代の中学生には『大きな問題』があります。

 

中学校は忙しすぎるのです!

 

例えば中3生なら1年間のうちに

  • 前期中間試験
  • 前期期末試験
  • 後期中間試験
  • 後期期末試験
  • 入学試験
  • 修学旅行
  • 体育祭
  • 文化祭
  • 音楽会
  • マラソン大会

 

さらにこれに加えて

  • 部活の練習・しかも早朝から
  • 部活の練習試合
  • 部活の大会

 

さらに追い討ちをかけるように

  • 塾通い
  • クラブチーム
  • 習い事

など枚挙に暇がありません

 

これだけ忙しいと、中学生は『自分を見つめ直す時間』ってほとんど取れないのではないかと危惧しています。

 

これだけはお伝えしたいのですが

 

『自分をしっかり見つめる』のってものすごく大切なことですよ!

 

しっかり自分を見つめ直して、悔いのない受験をしてほしいと願っています。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】