神奈川県公立高校入試まであと100日!【学習塾】

 

いよいよ神奈川県公立高校入試まで11月6日で100日となりました。このブログを書いている段階では99日です。

 

そこで本日は『中3生全員』の前でこんな話をしました。要約すると

 

      1. 神奈川県公立高校入試まで100日となった。
      2. 単純に5教科あるので、一教科あたりにかけられる日数は20日しかない。
      3. この限られた時間の中で学力を伸ばす子と伸ばせない子の差はなにか!?
      4. 頑張ります頑張りますとか言っている子が1番危ない。

 

【1】あと100日

まず1番の「あと100日」ということですが、うちの中3生はみんな『それなりに』頑張ってはいるものの、正直なところ物足りないという話をしました。上位の高校を目指す子もいるのですが、そういう生徒から私に伝わってくるモノがありません。

上位の高校を目指すような生徒は『どの塾に通っている子でも』今頃は目の色を変えて、それこそ血まなこになって頑張っている。それに引き換え君達は・・・やはり物足りません。

このままでは良くないよね!

 

【2】一教科に20日しかかけられない

さすがにこの言葉を話した時に生徒の目の色が変わりました。彼らのなかで『やばい!』という気持ちが芽生えたように感じました。競馬ではありませんが、そろそろ鞭を入れる第一段階の時期です。

誰だって不合格になんかなりたくありませんものね。

 

【3】限られた時間の中で

一教科あたり20日しかかけられないという状況は、神奈川県公立高校入試受験生全員同じ条件です。こううした状況では『効率よく時間を使えるかどうか』が、合格へのポイントとなります。

この大切な時期に『ゲームなどというくだらないもの』(敢えて厳しい言い方)で時間を潰すなんていうのは愚の骨頂です。

特に上位の高校を狙う子達は、まさに血まなこになって頑張る時期です。にもかかわらず『ちょっと部活で息抜き』なんて言ってるようでは上位校を狙う資格がありません。よほど計画的に勉強しなければ、とてもではありませんが入試で高得点なんてあり得ません。

 

【4】「頑張ります!頑張ります!」が一番危ない!

あと100日しかありません。頑張らなければいけないのは分かっています。しかーし! 勉強が手に付かない状態が続いてしまう。まさにこれが最悪のパターンです。

 

ではどうすれば良いのでしょうか。それは・・

 

  • とにかく今やってる問題をしっかり完全にできるようにする。
  • ゲームやYouTuberなどを見てる暇があったら、英語の単語を覚える。
  • 英語は結局単語が書けないと勝負にならない。
  • 何度も繰り返さなくて良いように、一発でしっかり覚える。

 

この一発で仕留めるというのがポイントです。入試まであと100日。一教科あたり20日。しかもその前に定期試験がるなどということを鑑みれば、そんなに何度も復習している時間はありません。

ですから今まで以上に今やってる問題をしっかり完璧にするすることが大切だということを話しました。

 

そこから先、どのように進めたら良いかは私が責任もって指導します。ですから生徒の皆さんは

 

  • なんとかく分かったかも。
  • だいたいこんな感じかな?
  • よく分かんないけど、まあ良いや。

 

なんていうことを絶対にしないでください!

 

今は後期中間試験直前です。この試験で成績(内申)が決まるのはもちろん、高校入試に向けて必要な勉強であるという意識をもって、悔いのない受験にしましょう。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】