やはり酷い結果でした・・【学習塾】

 

やはり酷い結果でした。中1の中間試験試験の結果の話です。

 

実は『こうなることは予測できていた』のでした。こんなんじゃ出来るわけないよなぁ・・・って。

 

ですから少しずつチクチク生徒達には小言を言ってたのですが、残念ながら私の小言が生徒の心に響いていなかったのでした。

 

もっと響くように『ガツーン!』と伝えることもできたのですが、やはりここは『痛い目に遭ってもらう』のが一番と考えました。

 

私が口で100回言うよりも、一度『酷い目に遭ってもらう』方が後々のためになると考えました。

 

中1生達もさすがに心に染みたようです。

 

試験終わってからの方が、ずっと勉強の仕方が良くなりました♪

 

 

お宅の坊ちゃん欲がないんだよな~!

 

「お宅の坊ちゃん欲がないんだよな~・・」←この言葉は私の母が学校の先生に言われ続けた言葉でした。

 

はい、「お宅の坊ちゃん」とは私のことであります(・・;)

 

今になって思い出すと、当時の先生方の言わんとすることがよく分かります。

 

しかーし!

 

『欲がない』という言葉は、抽象的過ぎて私の心には響かなかったのでした。

 

そこで私が生徒の皆さんに次のように伝えています。

 

  • 何が何でもこの問題を解けるようになってやる!
  • 絶対に今日のうちにここまで終わらせてやる!

 

このくらい強い気持ちを持たないと、中学校の『定期試験』で良い点数なんか取れるわけがありません。ましてや『高校入試問題』なんか絶対にできるようになるはずがありません。

 

うちの中1生の名誉のために言っておきますが、うちの中1生は『磨けば光るダイヤモンドの原石』みたいなものなのです。

 

頭脳はかなり良いものを持っているのですが、それを生かし切れてないの。

 

本当は頭が良いのだけど『欲がない』のです。

 

ところがギッチョンチョン

 

だからといってあまりにも無理やりやらせたら、この子達パンクしちゃいます。

 

あくまでも『本人達がその気になる』ということが大切なのであって、無理やりやらせたのでは効果は期待できません。

 

うちの中1生達はようやく『その気になり始めた』ところです!

 

そうなんです!

 

もう次の試験の対策は始まっているのです!

 

それでは今日はこの辺で。また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】