学校休みだから※※をしなさい!?【学習塾】

 

テレビやインターネットを見ていて疑問に思うことがあります。今回学校が休みになるのは『やむを得ない措置』だったはずです。

 

にもかかわらず子ども達に対して『あれをやりなさい!』『これをやりなさい!』という声が多いのが気になります。

 

だったら『オトナは何をしてるのですか?』って思うのです。子どもに「あ~しろ、こ~しろ!」という前にオトナはどうなんだろう。

 

 

例えば

  • 不要不急の外出は控えるように
  • 規則正しい生活を送るように
  • 課題をしっかりやるように

 

確かに『正論』なのかもしれませんが、そんなにちゃんとできる子ばかりじゃありません。

 

『家庭の中』というのは、基本的にリラックスしたり、学校生活での疲れを癒したりする場所でもあるわけです。そのリラックスすべき場所で『ただむやみに規則正しい生活を送りなさい』と言っても、そりゃ無理というものです。

 

子どもにあれこれ命令する前に『子どもの居場所』を作ってあげるべきです。

 

今時の子ども達は『勉強する環境を整えてあげれば』一生懸命頑張る子がすごく多いのです。

 

 

リスクはあるけれど・・

 

コロナウイルスは「感染症」ですから、感染を防ぐのは当然です。

 

しかーし!

 

だからといって『家の中から出るな!』『家の手伝いをしろ!』『ちゃんと勉強しておけ!』って・・・。

 

戦時中じゃあるまいし、そんなことってできますか?

 

こんな時こそ『子ども達が安心して勉強出来る場所』があってしかるべきです。

 

子どもに『自分1人でちゃんとやりなさい!』なんて言っても、そりゃ無理というものです。

 

コロナウイルスの問題がなくても『自分1人でちゃんとやれる子』なんて、ほとんどいませんもの。

 

大手塾では無理かもしれないけど、KOSHIN学院のような『超小規模個人塾』なら『子どもの居場所』を提供することができます。

 

塾に来るか来ないかは『各家庭の保護者の方の判断』で良いと思いますが、私は個人塾の代表として『生徒の皆さんの居場所』を確保してあげたいと思っています。

 

今日だって生徒の皆さんは真剣に勉強に取り組んでいましたもの。

 

但し『平塚市にもウイルスが蔓延』なんていうことになれば話は別ですが、現在は平塚市から感染者が出たという情報はありませんし。

 

塾の規模・地域差などがあるので一概に言えませんが、やはりできるだけ『子どもの居場所』は確保してあげたいと思うのです。しかも子どもに一方的に命令するのではなくて・・・。

 

KOSHIN学院には『生徒用のマスク』も、『アルコール消毒液』も充分に用意してあります!

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】