あれから75年が過ぎて・・【学習塾】

 

本日8月6日は広島に原爆が投下された日です。そしてそれから75年が過ぎました。

※広島原爆の画像(閲覧注意)

 

原爆が投下されたのは昭和20年(1945年)です。私が生まれたのは1958年ですから、私は原爆を知りません。ただテレビなどでいろいろな映像を見る度に『戦争なんて絶対にしてはいけない!』と思ってきました。

 

あれから75年。かなり『平和な世の中』になったかと思いましたが、現在は『コロナウイルス』による大きな災害が襲ってきています。

 

こうした禍根『今の子達』『これから生まれてくる子達』には絶対に残したくありません。

 

そのためにも『教育』ってとても大切なのだと思います。

 

 

今は亡き父の言葉

 

私の父は今から4年前に他界しました。父との思い出で一番心に残っているのは、父の中学生の頃の夢についてです。

 

俺は中学生くらいの頃、一度で良いから白いご飯を腹一杯食べてみたかった!

 

この言葉はどうしても私の頭から離れません。父の人生を語るなら『この一文』で充分な気がするのです。

 

今の子達にこの話をしてもピンと来ないかもしれません。でもたまにこの話をすると生徒は真剣な表情で聞いてくれます。

 

恐らく生徒の皆さんの心にも、この言葉は響いているのだと思います。

 

 

終戦から13年後に生まれた私

 

私が生まれたのは昭和33年です。終戦から13年が経って『高度経済成長』が始まった頃でした。昭和33年には『東京タワー』『明星チキンラーメン』など新しい時代のものが登場しました。また

 

  • 原辰徳:現巨人軍監督
  • 山口百恵;元歌手
  • 桜田淳子;歌手
  • 森昌子:歌手
  • 石川さゆり:歌手

 

などの有名人が生まれたのもこの年でした。

 

ただし・・どこかまだ『戦争の傷跡』が残る時代でもありました。その一例は『浮浪児』と呼ばれる子ども達でした。

 

私は横浜市鶴見区で生まれましたが、子どもの頃鶴見駅に行くと、こうした浮浪児達がいたのを覚えています。

 

結局『弱い人が犠牲になっちゃう』のですよね。

 

今の子達に『この気持ち』を分かれと言っても難しいでしょう。でもこれ以上『弱い人が犠牲になる』世の中なんて真っ平です。

 

子ども達にこんな思いをさせてはいけません!

 

子どもは健やかにノビノビ育って欲しいと願っています。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】