テスト直しはすごく重要なのに【学習塾】

 

中3生は最後の定期試験が終わり今日から『入試対策』授業に入りました。入試対策でまず大切なのは『敵を知る』ことです。敵という表現はどうかと思いますが・・・。

 

そもそも『どんな問題が出題されるか知らなければ話になりません。

 

問題を解いて解きっぱなしなのは絶対ダメなんですけどね。だから『テスト直しは重要なんだよ!』という話を中3生にしたそばから・・・。

 

 

1人の中3生が入試問題に載っている『解答解説』をノートに写し始めました。

 

カッチーン💢

 

塾長
誰が解説を写せと言った! そんなの勉強かっ!

 

生徒
違います。勉強ではありません・・・

といきなりこんな会話(・_・、)

 

今まで何度も『テスト直し』はさせてきたのですが、入試と言うことで舞い上がってしまったようです。

 

入試問題は難しいからこそ『一問ずつ丁寧に直す』ことが大切だと改めて言い聞かせました。

 

 

テスト直しでやってはいけないこと2つ

 

テスト直しでやってはいけないことが2つあります。それは・・

 

  1. 丁寧に問題をノートに書き写すこと
  2. 解説をノートに書き写すこと

 

これ『中学の先生』も悪いんですけどね。問題をノートに綺麗に書くことは単なる『作業』であって『勉強』じゃありません。それならコピーでも貼っておけば充分です。

 

テスト直しで大切なのは『どうしてその答えになるのかを徹底的に調べること』です。綺麗なノートを書いているだけでは全く勉強していないのと同じです。

 

何度も教えてきたのに、まだこんなことやってる・・・。

 

まぁ『塾の月謝なんてイライラの我慢料』だよと、ある塾の先生が言ってましたけど(・_・、)

 

と今年も戦いが始まりました!

 

それでは今日はこの辺で! また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております

 

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】