説明しすぎる先生・・【学習塾】

 

私がまだ塾の先生になったばかりの頃のことです。当時は『上手に説明出来る先生』『良い先生』だと思っていました。

 

確かに『学校の先生』だったら『上手に説明できる=良い先生』だと思います。

 

塾だって『若手のうち』『上手に説明できる』ことが何より大切です。

 

しかーし!

 

塾の先生になって何年かしてきたら、あるいは『役職』によってはそれだけじゃダメなんだと思います。

 

うちのような『地域密着型』の塾だったら『いかに生徒をその気にさせて頑張らせることができるか』が勝負の鍵になってきます。
※もちろん『上手に説明できる』のは当然なんですけどね。

 

しかーし!

 

KOSHIN学院ではもう一歩進んでいて『いかに自分で考えて行動出来る生徒になってもらうか』を目標にしています。

 

しかーし!

 

これを口にするのは簡単ですが、実際にやってみると本当に難しい。なかには『勉強以前の段階』で躓いている子がいますから、こうした生徒に『自分で考えて行動』なんて言っても全然分かってもらえないこともあります。

 

そういう生徒をどうするか・・・。

 

生徒によって対応を変えるしかありません。『こうすれば絶対!』なんていうものはありません。

 

 

しかーし!

 

しかーし! 私がバイトスタッフの皆さんに言い続けていることがあります。

 

『出来ない子は誰でも目につくんだけど、出来る子こそ伸ばしてあげて欲しい!』

 

同じお金を払ってくるんだったら『一生懸命頑張ってる子』の方をしっかり面倒みてあげるべきだと。

 

出来ない子は放っておけということではありません。出来ない子を引き上げるのは『勉強以前の段階』をなんとかしないといけなということなんです。

 

それは『塾長』の仕事ってことで良いのではないでしょうか。

 

勉強する前の段階をアルバイトの先生が指導できるとは思えないからです。
※私の手にも余る子もいるのですから。

 

冷たいと思われるかもしれませんが、やはり『一生懸命頑張ってる子をトコトン面倒みてあげる』のがKOSHIN学院の基本方針です。

 

 

説明しすぎる先生

 

勉強が分からない生徒に一生懸命説明するのはとても良いことです。これはうちのバイトスタッフにもいつも伝えています。

 

塾長
分からないんだったら分かるようになるまで付き合ってあげてください!

 

 

といつも伝えています。

 

しかーし!

 

生徒がその気になっていないならば教えても無駄です。

 

読者の皆様が学生だった頃『誰も聞いてないのに一生懸命説明している先生』っていませんでしたか?

 

こんな無駄なことはありません。

 

塾でも生徒が聞いてないのにベラベラ一生懸命教えている先生がいます。

 

あのね!

 

そんなの『教える以前の段階』のことです。

 

はっきり言っちゃおうかな?

 

そんな生徒は塾になんか通うべきじゃないと思います。

 

だって『オカネの無駄』じゃん・・・・。

 

KOSHIN学院では『お金を無駄にしているような生徒』はお預かりいたしません。だってそんな子から指導料を受け取れるわけないじゃないですか。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】