英語はまずちゃんと訳せること!【学習塾】

英語に関して色々な人がなんだかんだ言うのですが・・・

 

中学生の英語においてまず大切なことは

英文を正しく訳せること!

 

です。だって英語で何が分からないって

 

  • なにが書いてあるのか分からない。
  • なんと言っているのか分からない。

 

これでしょ!

 

これって何も『長文読解』とかに限ったことではなくて、『英文法』にもつながることなのです。

 

 

意味も分からずテキトーに文をつなげてくる子

 

例えばこんな問題があります。

 

The girl is Mary. + She is playing the piano.
(関係代名詞を使って2文を一文にしなさい。)

 

するとこんな答えを平気な顔をして書いてくる子がいます。

The girl is Mary who is playing the piano.

 

これってまさに英語をちゃんと訳せていない証拠なのです。これを無理矢理訳すと

その少女はピアノを弾いているマリーです。

 

となります。ここで『ちゃんと訳せている生徒』ならば、これは言葉としておかしいと気がつくはずです。

 

『ちゃんと訳せていないから』こんな変な文を書いて平然とした顔をして

 

生徒
先生! 丸付けお願いします。

 

なんて言って持ってくるのです。

 

文の意味も文の形も文法も分かっていない証拠です。

 

正しくは

The girl is Mary. + She is playing the piano.

the girl と sheが共通している。
sheは主格の代名詞である。
だからshe を関係代名詞whoに置き換えて。

 

まず主語動詞が何かをとらえる

The girl( ←ピアノを弾いている  ) / is Mary.

⇊  ⇊

The girl who is playing the piano is Mary.

ピアノを弾いている少女はマリーです

 

このように『文の意味』『文の形』『文法』をしっかりとらえて訳せれば、もう英語は意味不明なものではありません。

 

KOSHIN学院の授業で『本文訳』を教師サイドで丸つけするのは、こういうことがしっかり出来ているかCHECKするためでもあるのです。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

ちゃんとやってよ!(イチローさん風に)

 

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】