塾に通ってれば良いというもんじゃありません!・・【学習塾】

すみません(>_<) また昔話です・・

十数年前くらいまでは「塾に入って安心しちゃって勉強しなくなった」という声をお母様方からいただくことがありました。

KOSHIN学院ではその後、全くそういう声は出なくなりましたけど、そんな風に言われてしまった時は本当にショックでした。

もうすでに塾に通っている子のお母さんや、塾の先生でそんな経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも・・

塾に入ったからもう大丈夫!

と思われてしまう方はいらっしゃるんじゃないでしょうか。

塾に入るのはスタートに過ぎない!

このブログで何度も書いてきましたが、KOSHIN学院の教室に座っているだけで「頭が良くなる」なんていうことは絶対にありえません。
※そんなことができるなら月謝を百万円にします(笑)

塾に入って「いかに勉強するか」が大切ですよね。

しかーし!

塾に入っても、ほとんど勉強しない生徒って意外と多いのです。

ちゃんと時間通りに塾に来て座って、いつも通り「作業」が始まります。

どんな作業でしょうか?

  • とりあえず鉛筆を動かす。
  • 何かを書いては消している。
  • 問題文なんか全く頭に入ってない。
  • ひたすら終了時間まで勉強している振りをしている。

こういう生徒は「勉強していない」のと全く同じか、むしろそれ以下です。

そういう子達の意識改革をするために、いろいろなお話しをします。ですからどうしても説教をせざるを得ないこともあります。

高田純次さんがおっしゃる通り、極力「説教・昔話・自慢話」はしないように努力していますが、どうしてもしないと仕事にならないんです。

今日は中3男子に注意をしました!

この生徒(仮称:高田君)は、とても素直で真面目な子なのですが、自分が『受験生』であるという自覚が少し欠けていました。

良い高校に進学したいと口で言う割りには、学習内容がともなっていません。

自分がやりたいことを優先させているのです。

もちろん「やりたいことを全て我慢しなさい」なんて言うつもりはありません。

しかーし!

高田君が進学したいと言っている高校に進学した卒業生達は、どれほど苦労して頑張って勉強したことか・・・。

卒業生達のその血のにじむような努力を見てきた私からすれば、高田君の生温い(なまぬるい)考えは改めてもらうしかありませんでした。

こういう話をすると「部活なんかやってないで塾に来い!」と言ってるように思われてしまうかもしれませんが、そうではありません。

かつて塾には週に2回2時間ずつしか来ない。しかも中3の夏休みには2週間ほどカナダにホームステイで塾を休んだ子がいました。

それでも彼は、神奈川県でもかなり偏差値上位の高校に合格しました。

ご推察通りです。彼は「自宅」でもすごく勉強する子でした。

ですから週に2回「分からない問題だけ教えてもらいに来る」だけで十分成績があがったのでした。

反対に朝から夕方までずっと塾にいたのに、一問か二問しか解かないで帰ってしまった子もいました。
※もちろん何度も注意もしましたし、説明もしました。

これでお分かりいただけたと思います。

塾に来ただけではダメなんです!

このことを分かってもらえないなら、塾に通う意味ないですもん。

はっきり言っちゃおうかな!

ほとんどの塾に「座ってるだけに等しい生徒」っているんです。

もう少し付け加えると、それが「いけないこと」だとさへ思ってない生徒も意外と多いのです。

そういう生徒は「意識改革」をしない限り、成績の向上など望めるわけがありません。

しかーし!

この「意識改革」って、そんな簡単なものじゃありません。

95%以上の生徒は、私の言葉を素直に聞き入れて、その後勉強を頑張り始めますが・・・
※100%じゃないんです。

幸い今日注意した高田君は「自分の考えが甘かったこと」を素直に反省し、「これからどうして行くか」について私に話してくれました。

こういう謙虚さのある生徒! 必ず伸びますから!

この高田君、その後「夏休みどんな問題をやれば」良いか聞きに来ましたので、彼に適する問題集をプレゼントしました(*^-^)v

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

えんぴつの持ち方が変ですよ!・・・【学習塾】

ずっと気になっていたのですけど、「えんぴつの持ち方」がおかしい子が多いんですよ。

※参考:鉛筆の正しい持ち方

そこで文房具店で矯正グッズを買ってきました。

※これで150円くらいだったかと。塾の近くのカーマホームセンターに売ってました。

一緒に買いに行ってくれた子達は、進んで使ってくれましたが、特に男子達は「え~・・」とか「ぶぅ~」とかいってなかなかやってくれません。

それでも「やろうよ!」と言うと渋々使い始めてくれました。

最初のうちは生徒も「直さなければ」とは思うものの、つい面倒なので今まで通りにしちゃうんです。

そこで生徒達にこんな言葉を投げかけてみました。

君達が将来「お父さん・お母さん」になった時に、自分の子どもがそんな持ち方をしてたらどうする???

意外や意外なんですけどね!

この話をしたら渋ってた男子も、全員真剣な顔して「正しい鉛筆の持ち方」の画像を見ながら矯正グッズを使って一生懸命練習してくれました。

中学生はちゃんと将来のことを意識しているんですね。

正直「昔から使われている手法」で、こんなに生徒が真剣に練習してくれるようになるとは思ってませんでした。

やはり「鉄は熱いうちに打て」と言いますが、本当にそうなんだと思います。

やはり教育って「あとで! じゃダメ」なんですよね。

でも確かにオトナになって、

  • えんぴつの持ち方がおかしい
  • お箸の持ち方がおかしい

のは、子どもの教育だけじゃなくて、ビジネスの世界でも恥ずかしいですもんね。

もっともえんぴつの持ち方は変だけど、すごく綺麗な字を書く子もいるので、一概にダメと言い切れない面もありますけど。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

KOSHIN学院塾長が一番好きな言葉・・・【学習塾】

皆さんも「好きな言葉」をいろいろお持ちなのではないでしょうか。私にもいろいろあります。

結構好きな言葉は「次へ行きましょう!次へ!」という言葉です。

嫌なことやつらいことがあっても、心の中で「次へ行きましょう!次へ!」と唱えると、かなり気持ちが落ち着いてきます。

それでは「一番好きで大切にている言葉」を発表します。

まずはこちらをごらんください。


※KOSHIN-TVより

はい。私が一番好きな言葉は「」という文字です。

歴史がお好きな方は戦国武将の「直江兼続」の兜が有名ですね。

恋愛ではなくて「」です。

そしてここから派生してもうひとつ好きな言葉があります。

人間は他人を好きになることなく愛することができる!

正直に言えば、世の中の人全てを好きなわけじゃありません。

  • 悪口ばかり言う人
  • 文句ばかり言う人
  • 噂話ばかりする人

は好きじゃありません。

しかーし!

では「好きじゃないから攻撃して良いか?」と言われればそんなことはありません。それも「」なのだと思うのです。

塾の先生も学校の先生も生徒への「愛」が足りない!

こんなことを書くと、「いやいや私は生徒のことをちゃんと考えてるよ!」とお怒りになる方もいるかもしれません。

本当にそうですか?

例えばこの時期の中3生に対して、

  • 受験生なんだから勉強しなさい!
  • 最上級生なのだから部活の試合で勝て!

このどちらの言葉にも「」なんか感じられません!

ほとんどの中3生は「両方ともちゃんとやりたい」のです。

そういう生徒の気持ちを考えて指導していますか?

と言われれば、そうでもない先生もいるんだよね。

部活で試合に勝つことこそ正義だとか、勉強して良い高校に受かればそれで良いとか・・・

そんな姿勢に愛なんて微塵(みじん)も感じないんですよ。

何が何でも優勝してプロの選手を目指すんだというなら話は別ですけど、そういう生徒は少数派ですよ。
※本当にプロになりたいなら塾なんか行ってないで練習して欲しいです。

でも実際は「部活もやるし」「塾にも通う」という生徒がほとんどです。

うちの生徒も「本気で両方頑張りたい」と思っている子がたくさんいます。

こういう生徒のために

  • 部活の顧問は「勉強も大切だから頑張れよ!」
  • 塾の先生は「部活は一生の思い出になるから悔いを残すな!」

と生徒に声をかけてあげるのが「」なんじゃないでしょうか。

生徒によって「大切にしているもの」は違うと思います。

生徒が「大切にしているもの」を一緒に大切にするのも「」だと思うのです。

生徒を叱るにしても、そこに「」がなければ、生徒に何も伝わりません。

少しでも良いから相手の気持ちを考える!

これも「」です!

自分の気持ちばかりを押しつけるのは愛ではありません。

私はこれからも「」を大切にして生きていきたいです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

問題が頭に入ってないんだよね!・・・【学習塾】

私がまだ「駆け出し」の先生だった頃のことです。

先輩教師の前で「模擬授業」をする機会がありました。詳しいことは忘れましたが、多分理科の問題を解説するんだったと思います。
※模擬授業:生徒がいないところで、研修担当などの前で授業をすること。

それまで私は「問題が解けていれば説明ができる」などと安易に考えていました。

ところがギッチョンチョン

そんなに甘いものではありませんでした。

瀬下君は問題が全く頭に入ってないんだよ!

と先輩にダメ出しされてしまいました。

最初はそれがどういうことなのか戸惑いましたが、すぐに「なるほど~! 確かにそうだな!」と思いました。

例えばこんな問題を解説するとします。


※平成28年度神奈川県公立高校入試問題より抜粋

分かりやすく言うと、生徒の前に立った時には、この問題が完全に頭の中で理解しきっている状態になっていないといけないということなんです。

  • これはどういうことを問う問題なのか
  • どこから考えていけば良いのか
  • どうやって答えを導くのか
  • 生徒にどう説明したら良いのか
  • 生徒がどんな質問をしてくるのかシミュレーションしたか

これらのことが完璧になっている状態でなければ「頭に入っている」とは言えないということなんです。

休憩時間などに、生徒同士で教え合っている時があるんですけどね、こっそり彼らを見ていると「本当に理解できている生徒」は、上手に友達に教えています。
※こういう姿を見ていて「この子は!」という子をバイトスタッフとして採用しています。

ところがギッチョンチョン

中途半端にしか理解していない生徒は、すぐに「じくちょ~!なんとなく分かるけど教えられない~! 助けて~!」とやってきます。

その程度にしか理解していなかった生徒は、試験で似たような問題がでると、やはりできないんです。

本当に頭に入ったかどうか確かめる方法

これは生徒には難しいのですが、時間があるならば「友達に説明」してみて、ちゃんと教えられるかどうか試してみるのが良いです。
※但しこればっかりになると、自分の勉強ができなくなるから気をつけてください! 私のようにコントロールしてくれる人がそばにいると良いのですけど。

※ちなみにKOSHIN学院では授業中に生徒同士で教え合うことは禁止しています。教えている子が自分の勉強ができなくなりますから。

中学生くらいの場合、そもまま遊びになってしまう可能性もあるし、勉強出来ない子に頼られすぎて「自分の勉強ができない!」なんてことになる危険があるから気をつけてくださいね。

だとすると中学生の場合だったら、類題をたくさん解いて「ちゃんと分かっているか」チェックする方が無難ですね。

それなら「」や「先生」に説明してみたら良いかもしれません。

ちなみに私が生徒に教えられるのは「問題がちゃんと頭に入っている」からなんですけどね・・・

生徒達に教えていると「頭に入っちゃう」というのもあるんですけどね。

もしこのブログを読んでくださっている方が「新人先生」でしたら、ぜひ今日のブログの内容は「頭に入れておいて」ください。

分かりやすくて良い授業をしたいなら「絶対条件」です。

生徒の皆さんも「ちゃんと頭に入ったか」を常に意識して勉強してください。

KOSHIN学院の授業では、時々生徒に対して私が「この問題が頭に入っているかどうか」確認しています。

  • なんでそうなるの?
  • この単語どういう意味?
  • それ、どこに書いてあったの???

とドンドン質問します。その質問に答えることが出来れば「頭に入っている」と言えます。

全国小学生・中学生・高校生の皆さん!

ちゃんと頭に入っているか確認しながら勉強しましょう!

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

小中学生のお子さんをお持ちのお母さんを応援するブログ