中3です! 将来の夢が決まりません・・・【学習塾】

中3生もそろそろ志望校を意識し始める時期ですね。すでに決めている子もいれば、まだこれからの子もいます。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

ところでEU離脱問題は「離脱」になりましたね。そのこともすごいのですが、こうした大切な議案を「国民投票」で決めたというのもすごいと思います。

これだけインターネットが普及してきたら「直接民主制」も夢ではないかも知れません。
※これについてはまた後日。

将来の夢の決め方

さて本題です。「将来の夢」を決めるのは難しいですよね。私は中学生の頃、まさか自分が「塾の先生」になるなんて考えたこともありませんでした。それに塾自体が「産業」として、そんなに成立してしませんでした。

私は幼い頃は「東横線の運転手か車掌さん。もしくはバスの運転手」になりたかったんです。

小学校高学年になると「野球の選手・お相撲さん・プロレスラー」に憧れました。

中学・高校時代は「歌手」になりたかった(笑)。沢田研二さんみたいな歌手になりたかったの(笑)。

大学生になっても、特にやりたい仕事があったわけじゃなくてね。取りあえずどっかに就職しなくっちゃなんて感じだったんです。世の中を甘く見てたんです。

そんな私がどうして「自分の塾」を作ったのでしょうか。

KOSHIN学院を作る前に大手塾に勤めていたんですけど、「これは一生をかけてやれる仕事じゃない」と思ってたの。なんせブラックだし、ハードだし、まるで奴隷扱いされてましたから。

それで命からがら逃げてきたんです。

もう2度と塾なんかに勤めないと決心して逃げてきました。

ところがギッチョンチョン

30過ぎた未経験者の男を雇ってくれるほど世の中は甘くありませんでした。なんせ「塾しか」やってきてないんですから。

そりゃもうスゴく悩みましたよ。

でも「ものすごく悩んだ」ことが良かったんです。

いったん塾から離れて世の中を見回した時に、世の中の仕組みが見えてきたんです。その時に初めて世の中の厳しさも知りました。

いったい僕は何をやりたいんだろう?

それまでは毎日塾の仕事に追われてましたから、世の中を眺めている時間なんかありませんでした。正直なところ「生きてるのがやっと」でしたから。

でも仕事をしなかったので、時間だけはたくさんありました。

色々な説明会にも参加しました。とにかく今までお会いしたことがない方とたくさん会ってみようと思ったんです。

すると世の中には「実に様々な生き方」があるんだと知りました。

浅草の浅草寺の前で「大道芸人」をして生きている人がいたり、真鶴半島で小さなプレハブ小屋で料理屋をしているオヤジさんとか。

ああ! こんな生き方もあるんだね!

世の中には自分が知らない世界がたくさんあるんだと知りました。

だから夢はコロコロ変わっても良いの

だってさ、中学生がですよ、世の中のこといろいろ知ってたら気持ち悪いじゃん。いくらお父さん・お母さんがいるといってもですよ、そのお父さん・お母さんだって世の中のこと何でも知ってるわけじゃないんだよね。

だから大人になるに従って「新しい人」と出会った時に、「へぇ~!こんな生き方をしている人もいるんだ!」「こんな職業もあるんだ!」って影響を受けることってたくさんあるんだと思うの。

私もKOSHIN学院を作ることを最終的に決心する前に、いろいろな方と出会いました。

不動産屋・教材屋・事務器機屋・保険屋、それ以外にも多くの方と出会いました。

実は「塾の先生」って、そんなに「名刺を交換する」ことってないんです。

でもこの時はオモシロイほど名刺が集まりました。

そのためには「毎日歩こう!」って決めてたのです。

するといつもの散歩コースに、田んぼの端の崖に「個人塾」を見つけましてね。
※もちろんその先生は見ず知らずの方でした。

けっこう年配の塾長さんでしたが、とにかく生徒と楽しそうに話しているんです。なんというか底抜けの笑顔っていう感じ。

大手塾出身の私は、「あんな素敵な笑顔の先生」って見たことありませんでした。

その瞬間びびーん!と来ました。

これだ!これ!俺がやりたいのはこれだ!

衝撃的な出会いでした。

そう思ったのが6月の終わり。そして10月15日にはKOSHIN学院に「最初の生徒」が来てくれたのです。

もうね、毎日嬉しくてたまらなくてってね。これこそが私の生きる道だと思いました。

そんな気持ちのまま22年間経ってしまいました。

特に中学生の場合、出会うオトナって「親と学校教師」くらいですよね。せいぜい親戚とか。

だんだんオトナになって、いろいろな人と出会って、いろいろなお話しをして、そうして「自分の道」を探してみて欲しいんです。

え? どうすれば素敵なオトナと出会えるかですって?

中学生が一番安心して行かれるのは「学校説明会」や「高校の文化祭」です。

ぜひいろいろな高校を見学しに行ってください♪ そして素敵な出会いをしてください!

私だって、今でもいろいろな方と知り合って、お互い刺激をうけあってますよ。

それでは今日はこのへんで。また来週!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、希望にあふれた学習塾です!】

塾長には塾長のレベルで難しい問題がたくさん・・・【学習塾】

生徒が問題を解いている時に、なかなか解けなくてイライラする気持ち! 私にはよく分かるんです。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

今週は「パソコン」のことで頭をかなり使いました。

月曜日に神田幼稚園に行ったら、園長先生に呼び止められて「私のパソコンの調子がおかしいのでみてもらえませんか?」とお願いされました。

園長先生の椅子にドッカと腰掛けて、パソコンを見てみたんですが、確かにいろいろ調子が悪いんです。

なにしろ遅いんですよ。私が選んで買ってきたパソコンなので、そんなにスペックは悪くないんですけどね。

メモリーを増設したら少しは良くなったのですが、私としては不満だらけ。でも園長先生は喜んでくださいました。

すると今度は私のパソコンが壊れた!

ここ数日なんか挙動不審な感じだったのですが、本日ついに完全におかしくなっちゃったんです。授業終了後いろいろ悩んだのですが、どうにもなりません。結局今日はあきらめて帰ってきました。

別にパソコンの話をしたいんじゃないのです。

分からなくて悩んでいる」のは、生徒の皆さんと一緒だなということなんです。

色々な原因をネットで調べて(生徒だったら教科書や参考書でしらべる)、原因を探っていくんです。

これね、世の中にWindows95なるものが出てから、ずっと悩んで頭を使いまくってることなんです。

こういうのを弄る(いじる)の大好きなんで、ついついはまっちゃうの。

時間が経つのを忘れて何時間も悩んじゃうんです。

そうこうしているうちに、素人にしてはかなりパソコンに詳しくなってしまいましてね、おかげで近所の商店主さん達からパソコンに関する色々な質問が来るようになりました。

幼稚園の園長先生も、そんな感じで知り合いになって、いまだにお付き合いさせていただいております。

よく「芸は身を助ける」って言います。

パソコンに詳しくなっておいて良かったなと思います。

私には私のレベルで分からないことがあります。

今回の私のパソコンの故障は、まさにそんな感じなのです。明日もう少しいじってみて、どうにもならなかったら「卒業生先生」にお願いしようと思っています。

卒業生の中には「パソコン」を職業にしている人達がいます。SEやプログラマーもいれば、ハードウエアに強い人もいます。

そもそも私のパソコンの知識って、彼らから教わったものなのです。

ですから「パソコン」に関しては師弟関係が完全に逆転するんです。

このホームページを作った時も、分からないことがたくさんありまして、十年以上会ってない卒業生に電話をかけまくって、だいぶ迷惑をかけてしまいました。

おかげで、なんとか無事にこのホームページ作れましたけど。

難しくて分からないことだらけなんですけど、できると嬉しいんです!

まさにこのことが、私が生徒の皆さんにお伝えしたいことなんです。

できると嬉しいよ~!

ですから生徒の皆さんも一所懸命脳みそに汗をかかせて頑張って下さいね♪

それでは今日はこの辺で。 また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、分からないと悔しい学習塾です!】

中学生にも分かるイギリスのEU離脱問題・・・【学習塾】

中学校の試験には「時事問題」が出題されます。今回は伊勢志摩サミットや、オバマ大統領の広島訪問。熊本県の大地震などが出題されていました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

試験には宗教的な問題はあまり出題されないようです。生徒の保護者の方の中には様々な宗教に属する方がいらっしゃいますから、問題にすることを避けているようです。

また舛添都知事の問題なども、あまり出題されません。もしかしたら舛添さんの親戚が学校にいるかもしれませんからね。

今回は少し世界経済に目を向けたいと思います。

イギリスのEU離脱問題について

私は「国際政治学者」ではありませんので、あまり細かいことまでは分かりませんが(皮肉です・笑)

今イギリスではEUのそのまま残るか、それとも離脱するかでもめています。

そもそも欧州連合(EU)の前身である欧州共同体(EC)は当初、6か国が加盟して発足しました。この時はそれで良かったのです。

その後2013年7月にはクロアチアが加盟したことにより28か国が欧州連合に加わっています。
※参考:EU加盟国情報はこちらから
この増えたことが今イギリスの世論を二分することになっちゃったのね。

【EUに残るメリット】
EU加盟国の中は、人の移動が自由です。するとクロアチアなどの元東欧諸国から、安い人件費で人を雇うことができます。これは企業経営者からすると有利なことですね。

【EUに残るデメリット】
逆にクロアチアなどの元東諸国の人達は、高賃金の職業を求めてイギリスに移民してきます。実際クロアチアにいたときの何倍もの収入を得ている人がたくさんいます。さらにイギリスは「社会保障」が手厚いので、他のEU諸国よりも人気があるんです。

しかし、このことがイギリス人から職を奪うことになっています。失業者が増大しているんです。

離脱派の最も端的な主張としては、表向きには「国としての主導権を回復する」としていますが、実際のメッセージとしては「これ以上移民・難民を受け入れられない」ということなんですね。

イギリス人のキャメロン首相はEU残留派なんですけどね。
6月16日には残留派のジョー・コックス下院議員が銃で撃たれ死亡するという衝撃的な事件も発生しました

どちらもそれぞれ言い分があるわけなんです。

そこで今日6月23日(結果発表は日本時間24日)に国民投票が行われ、残留か離脱かを決めるんです

※参考:3分でわかるイギリスのEU離脱問題とその影響について

さて、どんな結果になるのでしょうか。

生徒の皆さんもゲームばかりしていないで、こうした問題に日々触れて欲しいと思います。

単にテストに出るからだけではなくて、こういう言い方もイギリスの方に失礼ななんですけど、なかなか興味深いことです。

いつも言ってるんだけど、勉強ってわかってくるとオモシロイのです。このイギリスのEU離脱問題も分かってくると興味深くなるんですね。

そういう姿勢をもって勉強に取り組んで欲しいです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、時事問題にも精通した学習塾です!】

神奈川県立高採点ミス 県がマークシート導入へ・・・【学習塾】

今日のTVK(テレビ神奈川)ニュースに高校入試でマークシート導入という記事が載っていました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

マークシート導入」でどうなるんだろう?

と不安に思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

まぁ、条件はみんな一緒ですから!

神奈川県の教育委員会から見本が出るそうです

あまり心配しないでください。タイトルの通り「見本」を出す方向で検討していると、記事にも書いてありました。

KOSHIN学院でも、もちろん既に手を打ってあります。

信頼すべき情報筋が、もうすでにいろいろ動いてくれています。
※長いこと塾の先生やってると、情報屋さんみたいな人が何人かいるんです。刑事ドラマみたいですね(笑)

そして答案のコピーをいただけるということですから、入試の結果が出た後でも我々塾業界は忙しくなりそうです。

この改革案には個人的に賛成です。

しかーし!

マークシート対策なんかやるのは、12月からで十分です。

それよりも中3生は、この夏休みに「1・2年の復習」「二学期の内申点対策」をしっかりやりましょう。上位校を習う生徒はできれば夏休みに中3の範囲を終わらせてしまうと良いでしょう。

そうすれば「入試対策」をする時間がたくさん取れますから。

ただーし!

やみくもに今から難しい問題に挑戦すれば良いというものでもありません。

まずしっかりとした土台を作っておくことが大切です。

各教科ごとの入試対策は追々書いていきますので、今日はやめておきます。

志望校のランクによっても勉強の仕方が変わります

確かに勉強の仕方は変わるんですけど、「基本的なこと」は同じです。しっかりとした基礎を作ることです。

基礎ができないのに、応用問題に挑戦しても時間の無駄ですし、なんの意味もありません。

「頑張ります!頑張ります!」と言ってる生徒が一番危ない!

口先でがんばりますと言ってる生徒は、しっかりとした土台を築くことができません。

とりあえず問題をを解いている「ふり」をしているくらいが関の山です。

ひどい子になると、問題集を「解いている」のではなくて、「答えを写している」だけの子がいます。

実は毎年のように「答えを写している」生徒が1人はいるんです。

数年前入試直前にもかかわらず、答えを写している子がいて、

そんな意味のないことしてるなら、塾なんかやめちまえ!

って叱ったら、その生徒のお父さんが私に「やめちまえ!とはなんだ! カネ払ってるだろ!」とエライ剣幕で文句言ってきました。

私ももう少しで売り言葉に買い言葉で喧嘩をしてしまうところでした。

ちゃんと状況を説明して分かってもらいましたけどね。

はっきり言っちゃおうかなぁ~!

入試直前だというのに、答えを写してきて「宿題やってきた」と平然とウソをつくような生徒は面倒みません!

甘く見てもらっちゃ困ります。

私この仕事30数年やってるんですから。そんな「くだらないウソ」なんか、一発で見破れるんですから。

そのお父さんにも

自分のお子さんがなぜそこまで叱られたかご存知ですか?

って少し落ち着いたところで言いましたけどね。

理由は簡単ですよ。答えを写してくるような弱虫でも、私の生徒だからですよ!

絶対に不合格にさせたくないから叱ったの。

話が完全にそれた!

マークシートですよ! マークシートね!

そういうことで、KOSHIN学院ではちゃんと準備していますから、ご安心ください。

それではまた明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、入試情報に精通している学習塾です!】

中3生! 夏休みにやっておくべきこと・・・【学習塾】

KOSHIN学院の地元では今度の水曜日で全ての中学の中間試験が終了します。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

どうしても複数の中学校から生徒がきてくれると、試験対策が延々と続きます。修学旅行の日程の絡みで仕方がないのでしょうね。学校の先生もお疲れ様です。

地元「神田中学校」では、ようやく中間試験が終わり、中3生は待ちに待った「修学旅行」に行きます。

私は「どんなことでも一生懸命やると楽しいよ!」と生徒の皆さんに常々お話ししています。

なのでKOSHIN学院には「どんなことでも一生懸命やる生徒」がたくさんいます。

ですから毎年中3生は、この修学旅行を本当に楽しみにしていますし、私としても「一生思い出に残るような楽しい修学旅行」になってもらえたら嬉しいです。

しかーし!

今から4年ほど前の中3生の話です。あの子達は「遊ぶの大好き」「野球大好き!」。毎日明けても暮れても「野球!遊び!野球!遊び!野球!」でした。

彼らは修学旅行が終わっても、部活を引退しても、クラブチームなどで相変わらず野球三昧。それどころか修学旅行で盛り上がった気分が、そのまんま夏休みになっても続いてしまい。

結局一向に「入試への意識」が高まりませんでした。

私も本当に参りました。結局野球少年数名、入試を前にした大切な時期に塾をやめていきました。

野球推薦で高校に進むことになったので仕方ないのですけど。

完全にKOSHIN学院が「野球に負けた」感じでした。

今日生徒にお話しした内容から

中3生全員に次のようなお話しをしました。

修学旅行は本当に楽しいので、ぜひ一生懸命楽しんできて欲しい。ただその前後が問題です。(数年前の野球少年の話を少し)。要するに切り替えが大切ということです。

おそらくこの時期ですと、どの塾の先生も「切り替えが大切ですよ!」というお話しをされていると思います。もちろんKOSHIN学院でも言い続けています。

今日の中3生の表情からすると、私の言ってることを理解してくれたように思います。

楽しすぎて、ボケ~っとなっちゃう生徒が毎年いますから、十分に気をつけてください!

しかーし!

ただむやみに頑張るというほど無意味なことはありません。

塾の先生」がやってはいけないことのひとつは、ただ「頑張れ!」と声をかけることです。

何を、どのように、どのくらい、どうやっってやれば良いのかを示してあげなければなりません。

KOSHIN学院ではすでに中3生全員に、この夏休み何をどのようにやるのか示しています。もうすでにその「夏休みの課題」を始めている生徒もいます。

では中3の夏、何をすれば良いのか?

非常にシンプルの次のふたつです。

  • 中1・中2の内容の復習。入試には中1・中2の内容が3分の2でます。
  • 二学期(後期)の内申点を稼ぎに行く勉強! 神奈川の入試では内申がすごく重要です。

志望校によっても勉強の仕方が違ってきます。

  • 上位校を狙うなら、1・2年の復習は当然のことながら、できれば中3の履修内容をこの夏休みで一通り終えてしまうと良いでしょう。
  • 中堅クラスの高校なら、1~2年の復習と、二学期(後期)の内申を稼ぎにいく勉強が大切です。
  • 下位クラスの高校なら、とにかく「まず学校の夏休みの宿題」を必ず提出することです。提出物を出さないと、絶対に内申点があがりません。

大雑把な分け方ですが、これを「口で言う」のは簡単ですが、実際にやり続けるのはなかなか大変です。

KOSHIN学院は「毎日通っても月謝が増えない定額制」の学習塾ですから、この夏休みはこの制度を利用しないなんてありえません。
※数年にひとりくらいなんだかんだと理由をつけてサボる子がいますが、今年はそういう中3は退塾処分にします。厳しいようですが、これが私の精一杯の愛情です。

一生懸命頑張れば、行きたい高校に合格できる可能性が高くなります。

しかーし!

ただ塾にいて座っているだけでは絶対にダメです! 当たり前だけど。

修学旅行ボケしない!

このことを肝に銘じて、楽しい修学旅行に行ってきてください。

それでは今日はこのへんで。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、何をどのようにやればよいのかきちんと示す学習塾です!】

人生がつらくなったら焼肉だね!・・・【学習塾】

本当は土曜日はブログお休みしたいんですけどね、ある方がとても落ち込んでいらっしゃったので励ましブログを書きます。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

あるお母様が、どうしたことかとても落ち込んでいらっしゃました。

決してふざけてるワケじゃなくてですね、こんな時は「焼肉」が効果的だと思っています。

その前にまず「寝る」ことが大切なんですけどね。

イヤなことがあったり、苦しくてつらい気持ちになった時は、やっぱり焼肉なんです。

というよりも「誰かと集まって食事する」ということが、すごく精神的によいことだと思います。

家族と食事をすることは大切です!

家族揃って食事をすることを邪魔している職業をしている私が言うのもなんですが、やはり家族揃って食事って「幸せ」な時間だと思います。

私にはそういう時間はありません。でも生徒や卒業生達と食事をするのは本当に幸せです。

そしてとても不思議なんですが、他の食事をした時より「焼肉」を食べた時が一番「幸せ」って思うのです。

うちの生徒や卒業生も「焼肉」って聞くだけで「幸せ」な表情をしちゃうんです。

今日悩んでいたお母様にも、「そんな時は焼肉ですよ!」って言ったら一変に元気になっちゃって(笑)。

さて、明日は日曜日です。ぜひ家族で楽しい食事を楽しんでくださいませ♪

家族が楽しいと、生徒の精神状態も落ち着きますよ♪

それではまた来週!
【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、食事の時間をたいせつにする学習塾です!】

塾の仕事で一番イヤだったこと・・・【学習塾】

私は基本的に「自分がやられたらイヤなこと」は、他人に対して絶対にしないことにしています。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

そう思って生きて来たんですけどね、知らず知らずのうちに他人が嫌がることをしてしまっていたっていうことは数え切れないほどあります。

さて、タイトルの「塾の仕事でイヤだったこと」なんですけどね。

  • 生徒募集の電話をかけること(電話セールス)。
  • 中学校や小学校の前でチラシを配ること(校門配布)。

以前勤めていた塾では「毎日のように校門配布・チラシのポスティング」をやらされました。

学校の門の前でチラシを配るのはイヤでした。

以前勤めていた塾では「上から強制」されましたから、やらなければどんな目に遭うか分かったもんじゃありませんでした。

パワハラなんて、普通だった時代でしたから。

最初の頃は「いつかこいつらぶっ飛ばしてやんべ」と思ってましたが、パワハラを受け続けている間に、だんだん自分で物事を考えられなくなってしまいました。

ですから「意にそぐわない仕事」でも、だまってやるしかありませんでした。

ある時同僚と数名で中学校の門の前でチラシを配っていたら、なんと「警察」を呼ばれてしまいました。

いろいろ取り調べられまして、罪名は「道路交通法違反」なんだそうです。

その時は「注意」だけで終わったのですが。上司に報告すると・・・。
※上司からお前の人相が悪いからだと言われました。

今思い出しても腹が立つよね。まあ、その塾は私が退職した後すぐに潰れましたけど。当然だと思います。

反対の立場で、私が中学校教師でしたら、塾や予備校・教材セールスの連中が校門の前でウロチョロしてたら、決して気分の良いものではありません。

ですから、KOSHIN学院を作ってからは一度も校門の前でビラを配ったことはありません。

しつこい勧誘の電話もイヤです!

無料体験講習や、夏期講習などに参加してくれた生徒の家に、「ぜひ継続して塾を続けてください!」という電話をかけろと上司に再三言われたんですけどね。

私は電話セールスが世界で1・2を争うほど嫌いなの!

もちろんかけるのも嫌いだし、かかってくるのも大嫌いです。

塾をしていると「どんなコピー機をお使いですか?調子はいかがですか?」なんていう電話が、朝から晩までかってくるんです。

どんな機械を使おうがこっちの勝手だろ!お前に教える必要あるのか!

って思います。

時々面倒くさいので、「責任者の方か代表の方いらっしゃいますか?」って言われると、「ああ、あいつなら今頃ハワイでバカンス中だよ!」とか言ってやるの。

そうすると相手も「いつ頃お戻りになられますか?」としつこく食い下がってきます。

そんなことどうしてお前に教えなきゃいけないんだ!

って感じですよね。

特に「授業中」なんかにセールス電話をかけてきた人には

授業中の忙しいときにセールス電話をしてくるなんて失礼だろ! 塾と取引したかったら、そのくらいわきまえた方が良いですよ!

とはっきり言っちゃいます。

だから!

KOSHIN学院ではしつこい勧誘は一切しないことにしています!

ここで今日の格言!

セールスの電話をしてくる塾にろくな塾なし!

これハッキリ言い切れます。ですから何処かの塾から生徒勧誘の電話があったら、キッパリ断ることをお勧めします。

それでは今日はこの辺で。また来週!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、しつこい勧誘は一切しない学習塾です!】

塾長を怒らせた母親の話・・・【学習塾】

私は生来気が小さいので、「本気でキレた」ことってほとんどないんですね。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

最初っから少し話がそれるんですけど、「気が小さくて良かった」って今になると思うんです。

むやみに相手に喧嘩を売ったりすることもないですし、何か腹が立つことがあっても、その場で言い返すということもあまりありません。
※ただし攻撃されれば防御の姿勢はとりますよ!

少々のことだったら「神のご加護がありますように!」とかつぶやくと、気持ちが静まってきます。
※私はいかなる宗教にも属していません。

そりゃ何十年も塾の先生をしていますから、何回か腹が立ったことはあります。でもそのほとんどが今となれば「どうでも良い」んです。

昔のことでイライラしても仕方ありませんよね♪

私が怒るのは、こんな時

そもそも喧嘩とか大嫌いなので、「私の悪口」を言われても、「可哀想なお方ですことオホホ♪」でおしまい。そんな人と喧嘩をする値打ちもありませんから。

ただ「私の身の回りの人の悪口」を言われたら絶対に許しません。KOSHIN学院の生徒や卒業生の悪口が、私の耳に入ったら大変ですよ!

直接悪口を言うのではなくても、次のようなケースは本気で怒ります。

うちの生徒の勉強を邪魔する行為をした場合!

かつて猪瀬さん(仮称)という方が入塾を希望されてきました。最初から少し変だと思ったので、一応「一ヶ月間の体験生」ということにしました。

この猪瀬君は集中できない、多動性の傾向が強い子でした。そのことがいけないのではありません。

ただ多動性があるので、勉強に集中できなかったり、他の生徒の迷惑になることがありました。

もちろん猪瀬君のお母様もそのことはご存知なのですが・・・。

毎日のように「今日はどうでしたか?」という内容のメールを大量に送ってきます。返事をしないと返事を催促するメールがきます。

無視すると毎回塾まで様子を見に来ます。そして私に面談を求めてきます。

私は「これから授業なので、お断りします!」と言っても、「では何時なら良いですか?」としつこく食い下がられます。

正直なところ、猪瀬君のお母様が塾に来ると、他の生徒も嫌な顔をするんです。

授業中だろうがなんだろうが、「自分の子のことばかり」ですから。

はっきり言っちゃおうかなぁ~!

その時点では猪瀬君はまだ体験扱い。まだ入学金も月謝も1円も払ってない状態なの。

オカネを1円も払ってないのに、ものすごい量の要求なのね。

続きがあります。

ちょうど試験期間でしたので、土日の「サービス試験前特別授業」をしたのです。

ちゃっかり猪瀬君も来たんですけどね。

授業が終わってみんなが帰宅するころ、猪瀬ママが登場。

今日で塾をやめさせていただきます

あのね~、やめるも何もあんたまだ1円も払ってないでしょう?

しかも土日サービス試験前特別授業まで受けといて、終わったところで、そんなこと言いますか?

あれほど頭にきたことはありませんでした。まさに「神のご加護がありますように!」です。

なぜ猪瀬君のお母さんの例をあげたのか

お客様は神様なんかじゃないんです!

お客様」って「店員さん」よりエライのでしょうか?

  • 店員:「買って頂いてありがとうございます。
  • お客:「良い商品を売ってくれてありがとうございます。

こういう関係が良いのではないでしょうか。

猪瀬君のお母さんのようになってくると、結局困るのは息子さんです。学校行っても何しても、きっとママがくっついてきて、学校の先生にもいろいろ文句をつけてってね。

ちょっと愚痴になっちゃいましたね。ごめんなさい。

それ以来KOSHIN学院では、こうした「自分のことしか考えないお母様のお子様」の入塾はお断りしております。

個人塾とはいえ「利益を目的とした社会集団」ですから、「他の生徒の迷惑」になる方の入塾希望はお断りしております。

全国のお母様方、くれぐれもこんなことはなさらないでくださいませ。

最後に全国の「猪瀬様」。変な例でお名前を使ってしまい申し訳ございません。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、不条理な要求は断固拒否する学習塾です!】

競馬の予想屋みたいな学習塾・・・【学習塾】

大手塾に勤めてた頃ものすごく驚いたことがありました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

その勤めていた塾では、塾の先生が「学校の先生の試験問題」を予想するんです。

こういうのテストに出るからしっかりやろうね~!

くらいなら塾だったら普通だとも思うのですが・・・。

その塾では例えば「舛添先生対策プリント」なんか作っちゃうんです。
※仮称:舛添先生は中学校の理科の教師とします。

舛添先生が作った試験問題を集めて、切り貼りしただけのプリントです。

その塾の方針だから、私ごときがやいのやいの言っても踏みつぶされるだけだったんですけどね。

逆の立場だったら気分悪いよね~!

つまり中学校教師である桝添先生からしてみれば、自分が一生懸命頑張って作った試験問題が、そのまま塾の教材として使われちゃうわけですよ。

実際その塾では表面化はしていませんが、複数の中学校と訴訟沙汰になっています。

まあ、どんな汚い手を使っても良い点数を取らせたいんでしょうが、私はイヤでたまりませんでした。

そんなことだから、卒業しても塾に通わなければならない。

塾の先生がそこまでやっちゃうと、生徒は自分で考えることをしなくなっちゃうんです。

この程度の勉強では、舛添先生のテストには太刀打ちできない。だったら次はどうしてやろうか!

それは「生徒」が考えなくてはいけないと思います。

お母様は既にご存知でしょうが、中学校教師には「ティーチャーマニュアル」がありまして、

  • この単元はこんな風に指導してください。
  • ここでの参考資料はかくかくしがじかです。
  • 定期試験での出題例

などが載っています。

そういえば、中学生の時先生が持っていた分厚い教科書みたいのがそれです。酷い先生はそれを読むだけという授業をしている人もいました。

ところでこの「ティーチャーマニュアル」なんですが、ちょっとした裏技を使うと我々塾業界の人間でも手に入ります。
※すごく値段が高いので、KOSHIN学院では購入していません。

少し暴露してしまうと、我々塾業界が使っている問題集・ワークなどは、この「ティーチャーマニュアル」を参考にして作ってあります。

ですから「塾のワーク」をちゃんとやれば、定期試験の問題はかなりできちゃうんです。

それと「中学校で配られるワーク・ドリル」です。塾のワークと学校のドリルをちゃんとやれば、テストはできるのです。
※これをバラしちゃったらどこかから叱られるのかな?

かつて酷い事件がありました

これはあきらかに中学校教師の怠慢なのですが、音楽教師の「阿倍先生」(仮称)という方がいました。

この阿倍先生が出題した音楽の定期試験が、「去年と全く同じ問題」だったのです。

私が勤めていた塾では、舛添先生対策プリントだけでなく、「阿倍先生対策プリント」も作っていました。

さらに、阿倍先生対策として試験前日に「昨年阿倍先生が出題した試験問題」をそっくりそのままやらせたのです。

すると、私が勤めていた塾の生徒は「答えを覚えていた」ので、ほぼ全員満点をとってしまいました。

この時はさすがに、他塾の保護者からクレームがついて「試験やり直し」となってしまいました。

これね、塾も塾なら学校も学校ですよ!

生徒の信頼・信用を裏切っちゃいけませんよ。

KOSHIN学院の生徒の皆さんは、私のことを信用してくれているんですね。だから、すごく叱られたり厳しいことを言われたりしても歯を食いしばって頑張ってくれるんですね。

でも私が生徒のみなさんに信頼されてなければ、私の指示なんか誰も従いませんよ。それどころか「こんな塾誰が通うか!」って思われてしまいます。

だから「こんな汚い手段」なんか使ったら、どんどん信用を失っちゃうよね。

しかも「生徒が自分で考える機会を奪ってる」わけですよ。

するとどうなるか!

高校生になっても塾に通わなければ何もできない子が続出するんです!

そんなことしてるから、その塾の卒業生が高校進学後は成績下位を独占しちゃうんだよね。

大切なことを言いそびれました!

私はその塾の批判をしたいのではありません。その塾に喜んで通ってる生徒さんがたくさんいますから。

それで満足されているならば、私がとやかくいうことではありません。

しかーし!

そんな汚い手を使う塾」に、私だったら自分の子を預けたくないということなんです。

あえて「塾業界の黒い裏側」を、皆さんに暴露して、皆さんの大切なお子さんを「正しい道」に導きたいと思ったのでこの記事を書きました。

それでは今日はこの辺で。 また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒に汚い手段は絶対に教えない学習塾です!】

臨時お知らせ(公立高校入試情報)

昨日神奈川県教委から、県立高入試でマークシート方式を2017年春から導入する方針(案)が発表されました。
(これまでの報道は改善委員会から提案があったというもの)

案によると、採点済み答案のコピーを、合格発表以降に全受検生に配るとのことです。

詳細はこちらからご覧いただけます。(カナロコ新聞)

神奈川県教育委員会発表はこちらから

いずれも現時点では「案」ということで、成績発表は6月末になる見通しです。

尚教育委員会のHPでは、各高校の選考基準(案)も掲載されています。

尚神奈川県教委は、2017年春の公立入試日(予定)を公表しています。
  共通選抜学力検査 2/15(水)
  共通選抜合格発表 2/28(火)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f160600/

塾に通えば頭が良くなると思っていませんか?・・・【学習塾】

たまに「塾に通えば頭が良くなる」と思っている方がいます。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

塾に通えば頭が良くなるのでしょうか?

答えはもちろんNOですよね。

KOSHIN学院に来て、ニコニコ座っているだけで頭が良くなるなら、冗談抜きで月謝は百万円にして、年会費1200万円にします。きっとそれでも平塚駅の方まで行列ができるんじゃないでしょうか。

と馬鹿な妄想をしている場合ではありませんよね(笑)。

塾に通って苦しい思いをして、一生懸命勉強して初めて勉強ができるようになるんです!

それなりの覚悟を持って塾に入りましょう。

耳障りの良い言葉を並べる学習塾

新聞折込広告をみると、もう6月だというのに、いろいろな塾の広告が入ってきます。

  1. うちの塾に入れば成績上がりますよ~♪
  2. 成績があがらなかった月謝をお返ししますよ~♪
  3. ※※高校合格◇◇名で~す♪
  4. あなたのお子さんも必ずできるようになりま~す♪

ってなことがズラーっと並んでるの。

はっきり言っちゃおうかな~!

そんなの絶対あり得ない!

ですよ。そんなに簡単に成績があがるわけないじゃん。だったらうちの生徒なんか全員ALL5になっちゃいますよ。

だめです! そんな言葉に惑わされては!

塾に入れば頭が良くなる」なら、私はとっくに大金持ちになってますよ。「塾に入って一生懸命ヒッシこいて頑張ったら成績があがる」のです。

たま~に世の中をナメてる生徒が塾にきて、塾に通えば高校に行かれると思ってることがあるんですけどね。私はそういうナメた態度の生徒はお引き取り願っています。

でなければ一生懸命頑張っている生徒が可哀想じゃん。

※※高校合格◇◇名で~す♪ とかうたってる塾

これ結構私の持論なんですけどね。「◇◇名合格してるんだけど、◆◆名不合格になってます!」ということを広告に書いて欲しいんですよ。

例えば募集定員300名の高校があります。受験者数は350名でした。ここで一つの塾から250名が受験したとします。

するとどんなに少なく見積もっても、その塾からは200名合格するわけ。

だってさ、不合格になる生徒は全部で50名。250名受験してるんだから 250-50=200で 最低でも200名合格するわけ。

広告には間違っても「うちは50名不合格になりましたよ~♪」なんて書かないわけ。

一番気の毒なのは、「そうんなんだ! この塾に通えば200名も合格者がいるんだ! きっとうちの子もその高校に入れるんだろうな!」って思っちゃった人達ね。

ちゃんと自分のお子さんの立ち位置をしっかり把握してくださいませ。

それからあれね! 成績があがらなかったら月謝をお返ししますとかいう胡散臭い塾ね。本当なんでしょうか。

必ず絶対毎回点数があがるなんて、私には信じられません。もちろん点数をあげたいと思う気持ちは人一倍ありますけど。

競馬の予想屋みたいな塾もイヤですね。あ!これについては明日以降に書きます。

【予告】「競馬の予想屋みたいな学習塾

最後にもう一度繰り返します塾に来て座ってるだけで成績があがるなんて、絶対にありえませんよ~!

それでは今日はこのへんで。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒をお客様には絶対しない学習塾です!】

 

1度問題を解いただけで終わりにしていませんか?・・・【学習塾】

KOSHIN学院には、すごく真面目で素直な生徒がたくさん通ってきてくれています。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

素直で真面目な良い子ですから、それにともなって「成績」「点数」もあがっていきそうなものですが、そう簡単なことでもありません。

これは授業中に実際にあった話です。しかも毎日のように繰り返されていることです!

とても真面目な中2の女の子がいます。仮に名前をサリーちゃんとします(古いなぁ)。

サリーちゃんは、本当に真面目な子で、部活でどんなに疲れていても塾にきます。そのうえ毎回宿題も「こちらが要求した量より遙かにたくさん」やってきます。

さらにサリーちゃんの良いところは、私が「こういうふうにやってごらん!」と言ったことは、絶対に守ろうとします。

ここまでこのブログを読んで下さったお母様方! 「サリーちゃんってすごいなぁ!」って思ってくださったと思います。

うちの子もサリーちゃんみたいに素直で笑顔が絶えない子だったら良かったのにとかね(笑)。

ところがギッチョンチョン

サリーちゃんにも弱点があるんです。

とにかくたくさん量をこなして先に進みたがる

これがサリーちゃんの欠点です。悪いことではないのかもしれませんが、この気持ちがサリーちゃんの点数をあげるさまたげになっているんです。

1度解いた問題は、「もう1回やってごらん!」と言うと、サリーちゃんは素直にやってくれるんですけどね、でも何度繰り返しても「同じ問題を間違える」のです。

もちろん

  • 間違えた問題は、ちゃんとやり直ししています。
  • しかも何回もやり直ししています。

だけど、次の日に同じ問題をやるとできないんです。

なんでだろう。どうしてなんだろう。」と私も随分悩みました。

ある時ふと気がついたことがありました。

もしかしたら、この子は真面目に勉強も部活もやって、それで満足しているのではないか?

本当に分かりたい!絶対に解けるようになりたい!」という意識で、問題を解いていないのではないかと思ったのです。

そこで、サリーちゃんが勉強しているところを観察するために、私のすぐそばの席に座らせてみました。

ずっと見ているとあることに気がつきました。

間違えた問題をやり直ししているのですが、やり直ししたらすぐに次の問題に進みたがるんです!

つまり
できるようになりたい先に進みたい

なんですね。

そういえば私にもそんな時期がありました。

私はこんな顔をしているのですが、4歳から20歳までピアノを習っていたんです。
※ごめんなさい。想像できませんよね(>_<)

中学生の頃だったと思うのですが、同級生に他にもピアノを習ってる男子が2~3名いました。

私は彼らに負けたくなくて、どんどん先に進みたがったんです。

すると先生は「あっちゃんは、まだここが完璧じゃないから、もう少しできるようになってからね!」と言うのです。

私はそんなことは良いから、とにかく彼らより先に進みたかったんです。

私とサリーちゃんを比べるのは、サリーちゃんに失礼なんですけどね、「とにかく先に進みたい」という部分は同じなんだと思うんです。

ましてピアノは「点数」が出るわけじゃないので、自覚症状がないんです。

話を戻します!

サリーちゃんが、一生懸命頑張っているわりに点数があがらない原因はこれでした!

非常に真面目な子なので、分からないとよく質問にもきました。私も一生懸命教えました。

しかーし!

これがいけなかった(>_<)

サリーちゃんが成績があがらない原因は「」だったのでした。

非常に真面目な良い子ですから、私としても一生懸命教えてあげたかったんですけどね、このことがサリーちゃんが「自分で考える」ということを少しおろそかにしてしまったんですね。

こんがらがっちゃった問題を、自分のチカラで整理させなければいけなかったのでした。

大手塾出身の私の悪い癖で、とにかく「教えたい」んですよ(笑)。

でも「教えちゃいけない」んです。

こういう真面目な生徒には「分からない問題を教える」のではなくて、「こんがらがっちゃった時の整理の仕方」を教えてあげなければならなかったんです。

こうして言葉でいうのは簡単なんですけどね、実はこれかなり難しいことなのです。

ここをクリアーしないと、一生誰かに教えてもらわないと何もできない人間になっちゃうんです。

はっきり言っちゃおうかなあ!

日本人って、なぜだか習い事が大好きじゃん!

私の母も60歳を過ぎてから「フラダンス」「韓国語」などいろいろ習いにいってました。

若い頃は「英会話」だの「生け花」だのを毎週のように習いにいってました。

父も定年退職後は「弓道」だの「詩吟」だのと、毎日のように出かけていました。

私の親世代の方でも、こうした方をたくさんお見かけします。

幼い子でも「スイミング」「ピアノ」「習字」「そろばん」。最近では「サッカー」「野球」も習いに行きますよね。

中学生になると「」ですよ・・・ごめんなさい(>_<)

中学を卒業しても「高校」「専門学校」「大学」と習い事ばかりでしてね。うちの卒業生には「料理教室の講師」になった子もいます。

良いとか悪いとかではなくて、これが現実なんですね。

習い事には「仲間を作る」という利点もあるので、一概に否定しませんが、

いったい何歳になるまで習い事を続けるんですか? 

他人に教わるばっかりじゃなくて、少しは自分で考える人間に育てる(育つ)ことを考えてみませんか?

それが証拠に赤ちゃんは、なんでも自分でやってみたがるではありませんか!

塾に通わないと勉強できない人間を育てちゃったのは「我々塾業界の人間」なんですよ!

だから私は断じてそんな指導はしたくありません!

それでは今日はこのへんで。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、「自分で考える」ことを大切にする学習塾です!】

暗記すれば良いだけの問題を外してはいけません!・・・【学習塾】

神奈川県の公立高校入試が各教科百点満点になったあたりから、問題がすごく難しくなってきました。暗記すれば良かった時代は終わったのですけどね。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

とは言うものの、それは中堅から上位の高校の話です。中間より上を狙うなら・・という話は明日以降にして、今日は「とにかく公立高校に行きたい・行かせたい」という方に向けてのお話しです。

KOSHIN学院に来る生徒の中には、「うちはとにかく公立高校に行かせたい。公立ならばどこでも良い。」とおっしゃる方が毎年1~2名いらっしゃいます。

単純に私立は費用が高いですから、できれば公立高校というお気持ちはよく分かります。

とにかく公立高校に行きたいならば!

  1. 暗記すれば良いだけの問題は絶対に外さないこと!
  2. 数学などは難しい問題をやるよりは、とにかく計算問題などの基本をしっかりやること!
  3. 内申書(学校の成績)から「1」「2」をなくすこと!

これに尽きます!

(1)暗記すれば良いだけの問題

暗記が苦手とか言ってる子は、単なる努力不足です。暗記ってね、練習すれば必ずできるようになります。慣れてくると早くたくさん覚えられるようになります。

こういう練習を怠っているから、いつまでも暗記が苦手とかいってるわけ。

例えば学校の先生が「これテストに出るから必ず覚えておくように!」と言ったことを、覚えもしないでテストを受けてる子達がいます。うちにも毎年1~2名います。

そんなことやってるからいつまで経っても成績があがんないの!

暗記問題は絶対に外さないのが最低限のことなの! それがイヤなら無理して高校行く必要ないんですけどね。
※厳しすぎる発言かな? でも本当のことです。

(2)計算問題などの基本だけでもしっかりやる!

もちろんそんな程度じゃ、中堅より上の高校なんか望めないんですけどね。でも「どこでも良いからとにかく公立」というならば、計算問題などの基礎的な問題だけでもしっかりできるようにすることです。

底辺レベルの高校ですと、こうした基本もやってない子が受験してきます。そういう子にちょっと差を付ければ良いんですから、絶対にあきらめてはいけません!

ワークや問題集の「基本問題」だけでもしっかりやってください!

(3)内申書から「1」「2」をなくすこと!

これ意外と簡単なんです。

提出物をちゃんと出せば良いの!

提出物で成績が決まるのは正直なんだかなぁ~と思いますが、しかしそれが現実なんです。

KOSHIN学院でも成績下位の生徒には口うるさく提出物を出すように指導しています。

はっきり言っちゃおうかな~!

提出物を出さないから「1」とか「2」とかついちゃうんだよね~!

提出物をしっかり出して、基本的な問題だけでも解けるようにして、暗記問題は絶対に覚えて!

そうすれば公立高校には行かれるんだから、せめてそのくらいは頑張って下さい。それもしないような生徒は、申し訳ないけどKOSHIN学院ではお預かりできません。

だからしっかりやってください!

それでは今日はこの辺で! また来週! 土日のブログはお休みさせていただきます。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、やるべきことをしっかりやる学習塾です!】

梅雨になりましたね。生徒の体調が心配です!・・・【学習塾】

ここ数日はっきりしない天気が続いています。皆様いかがお過ごしでしょうか。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

あまり弱音をはきたくないのですが、今日はなんか身体が重いんです。

え? 体重じゃなくてです・・σ(^_^;)アセアセ…

湿気が多いせいでしょうか、なんか血の巡りが悪い感じです。

というわけで、毎年この時期になると生徒も、ダルそうにしている子がチラチラといます。

元々体調が優れない子には、けっこう厳しい時期ですよね。

梅雨のジメジメで、すでに体調が優れないのに、梅雨明けと同時に真夏のカンカン照りが一気にやってきます。

私が小学生くらいの時は、30度を超える日が夏休みの間に2~3回くらいしかありませんでした。

しかも今と違って「」がたくさんありましたので、木陰にいると結構涼しくて気持ち良かったんですけどね。

エアコンなんか無い時代ですから、びっしょり汗をかいて新陳代謝も良かったし。

そこでお母様にお願いです!

お子さんの体調管理をぜひしっかりとしてあげてください!

特に「睡眠不足」が一番よくありません。夜遅くまでゲームやスマホをいじってることがないように指導して欲しいです。

特に最近は「いつも疲れている子ども達」が増えています。

  • しっかりとした睡眠!
  • しっかりとした栄養!

身体が元気でなければ、お勉強も頑張れませんものね!

それではまた明日! 私も寝ます♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、元気があればなんでもできる学習塾です!】

いかにも自主的にやってるように思わせる指導・・・【学習塾】

生徒の皆さんに今日のブログを読まれちゃうとネタばれになっちゃうので、少々具合が悪いのですが。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

生徒に限らず我々オトナだって、サボれるものならサボりたいというのが本音ではないでしょうか。私も「3ヶ月間休暇をあげるからハワイでも行っておいで~!」なんて言われたらホイホイ行ってしまうと思います(笑)。

戻ってきたら塾がなくなってると困るので休暇は返上します(笑)。

生徒の皆さんだって、できればラクをして、そのうえで行きたい高校に行かれるなら、そうしたいんじゃないかな。

もちろん「それほど甘くない」くらいのことは分かってるから、私に叱られても一生懸命頑張ってるんですけどね。

やらされてる感 満載の指導はイヤですよね~!

私もまだ自分の指導に自信が持てなかった頃は、「無理矢理やらせて」いました。

自信がありませんから「これでもか~! これでもか~!」と大量の問題を用意しましてね。

でも本当にそんなに大量の問題が必要なんでしょうか?

  • すごい量の問題をこなさなければ合格できない高校がある!
  • いい加減に適当にやるくらいなら、基礎的な問題をしっかりやれば合格できる高校もある。

ですから、「どんな生徒にもやみくも大量の課題」を出すのは間違ってると思うんです。

ただ成績が良いからという理由だけで大量の課題を与え、成績が悪いからと量を減らすというのは間違っています。

生徒個々に相談しながら目標を「一緒に決める」スタンスが必要です。
※こういうところがプロの塾長の指導だと思います。

誤解してはいけません!「一緒に決める」っていうのは生徒に迎合することではありません。

本当は私の心のなかでは「やらせたい量」は決まっているんです。

生徒が自発的にやれる量よりは遙かに多い量です。

「※※高校くらいのところに行くんだったら、最低でもこのくらいはやって欲しいんだけど、どうだろう? やってみないか?」

という聞き方をすると、うちの生徒でしたらほぼ全員納得して、「やってみます!」「やります!」って言ってくれます。

きっと本当は心の中で「え~、そんなにやるの~? でも確かに塾長の言うとおりだもんな。やっぱりやるしかないよな~!」なんて思ってるんでしょうけどね(笑)

でも、そうした一手間を加えておくと、同じ量を学習するにしても、意識も違ってくるし、もちろん身に付き方も全然違ってきます。

中3は夏休みが一回目の正念場です

神奈川県公立高校入試は、100点満点になってから急激に問題が難しくなってきました。あのテストで高得点を取るのためにはかなり頑張らなければなりません。

入試で気をつけて欲しいことは

1・2年生の問題が大量に出題される!

ということです。ですから1・年生の復習をしっかりやる必要があります。

ところがギッチョンチョン

普段学校の授業がある時は、なかなか1・2年の復習まで手が回りません。中3の内容を学習するだけでも、かなり大変なのですから。

ならば復習をできる時期は夏休みしかないじゃん!

ということなんです。

二学期のことを考えれば、中3の二学期の内容も学習しておく必要があります。学校の宿題もたくさんあります。

でも1・2年生の内容をここでしっかり学習しておく必要があるんです!

だからすごい量になるんです!

あのね、すごい量を学習させるのはKOSHIN学院だけじゃないんですよ!

他の塾の先生も、当然そんなことは分かってますから、この夏休みはかなり馬力をかけてきます。

  • うちも負けちゃいられないんですよ! 
  • 負けたくないじゃん!

ちゃんと生徒にそう話してあげれば、中3生は高校に行きたいですから、一生懸命頑張ってくれます。

そこでお母様にお願いがあります!

ついつい親って小言を言いたくなりますよね。叱っても良いし、小言を言っても良いと思うんですけど。

お子さんのやる気を削ぐようなことだけはやめていただきたいのです!

ふざけるな!しっかりやれ!」と言った方が良い生徒もいますし、そんな言い方をしたら萎縮したり反抗的になるだけの生徒もいます。

お母様のお子さんが「どちらのタイプ」かくらいは、お母様が一番分かっていらっしゃるはずです。

KOSHIN学院に通っている生徒ならば、

  • 勉強は私が責任をもって面倒みます!
  • お母さんは子どもの健康管理をサポートしてください!

役割を分担して、ぜひ来春笑顔で高校に通えるようにしてあげましょう!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、自発的に頑張っているように思わせる学習塾です!】

塾の先生からみて一番困る生徒・・・【学習塾】

私は「神様」ではないので、どんな生徒でも勉強できるようにしてあげるなんてことはできません。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

タイトルの通りなのですが、塾の先生からみて困る生徒は概ね次の通りです。

  • 他の生徒の迷惑になる生徒。
  • 嘘をついて塾をサボる生徒。
  • 全くやる気のない生徒。

KOSHIN学院ではこれらの生徒は「退塾処分」にしますから、別に困りません。やめていただくだけです。うちは慈善事業ではありませんから。

そもそもこういう子達は最初から入塾を許可しません。ですから扱いには困りません。そこは絶対に譲りません

ではどんな生徒が扱いに困るのでしょうか

塾の先生にもよるかもしれまんせんが、私が一番面倒くさいと感じるのは

勉強をしている振りをしている生徒です。

ただ何かをノートに書いては消しゴムで消しているだけの作業を繰り返している生徒は結構います。

こうした生徒達は何度注意しても同じことを繰り返します。

遠くから見ると、まるで真剣に勉強しているように見えるのが面倒くさいんです。

そこでKOSHIN学院ではこうした生徒には次のルールを設定します。

  1. 問題が分からないときは鉛筆やシャーペンを持たない!
  2. 消しゴムは一切使わない! 絶対に消させない!

これだけでも「勉強している振り」はかなり減ります。

ところがギッチョンチョン。

それでも毎回同じことを繰り返す生徒がいます。

一生懸命何かを書いては消しているだけで、全く「頭を使っていない」生徒。

うちみたいな小さな塾で、しかも「塾長である私の授業」を、そんな感じで授業を受けているのですから、おそく「学校の授業」なんか完全に上の空で、幽体離脱しちゃってるんじゃないかな。

黙って見ていると1時間経っても2時間経っても同じことを繰り返します。ただ何かを書いては消しているだけ。

こうした生徒に「大丈夫? 分かってる?」と聞くと100%「大丈夫です!」と返ってきます。
※全然大丈夫なんかじゃないんですけどね(>_<)。

普通の感覚からすれば

  • 月謝払って塾に来ているのにモッタイナイ!
  • どうしてそんなになっちゃったの?

って感じです。

そういう生徒はどうした良いでしょうか?

残念ながら「これ!」という特効薬・決定打みたいなものはありません。

その生徒があくまでも幽体離脱を繰り返すのか、私が引きずり戻すのか。もう毎日が戦いです。
※ちゃんと塾には来る生徒の話です。来ない子は知りません。というよりもどうしようもありません。

私は常々生徒達に次のことを伝えています。

問題が分からないのは絶対に叱らない。ただし問題が分からなくてボーッとしているのは思いっきり叱る!

KOSHIN学院に入塾すると、必ず全員このことを私に言われます。もちろん保護者の方にもご説明します。

それがイヤだったらKOSHIN学院には入らないことをお勧めします。

この「幽体離脱」って、男女関係なくあるんです。心ここにあらずみたいな。

現時点での対策は

  • 丸付けは一問ずつ来る。
  • 闘魂を注入する。
  • 消しゴム禁止令。

くらいしかありません。時代が違いますから殴ったりなんかはしませんが、しかしやはり厳しく接します。これはKOSHIN学院のルールですから苦情は受け付けません。

苦情を言うくらいなら、最初から何をしても叱られない塾をお探しください。

しかーし!

1年以上このことを徹底していると、だんだん幽体離脱しなくなってきます。

さらに「勉強が分かるようになってくる」と、ほとんど幽体離脱しなくなります。

そうなってくれば、公立高校には合格できます。

高い学費を払って私立に行って、そこでまた勉強している振りなんかされたんじゃ、お母様方も泣くに泣けませんよね。

それでは今日はこのへんで。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の幽体離脱を許さない学習塾です!】

勉強を教えるのか、勉強の仕方を教えるのか。

Give a man a fish and you feed him for a day, teach him how to fish and you feed him for a lifetime.
―人に魚をあげれば彼は一日食べさせられる。彼に魚の釣り方を教えれば一生食べさせられる―

ということわざがあります。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

私の理想とする指導は「これ!」です。

私が「問題の解き方」を教えてあげれば、生徒は「その問題」は解けるようになります。

でも「勉強の仕方」を教えてあげれば、生徒は「どんな問題」でも自分で解けるようになります。

若い頃は教えるのが大好きでした。

他人に物を教えるのって、結構快感なんです。

どうだ!お前こんなの知らなかっただろう!」みたいな優越感があるんです。

教えているうちに、だんだん自分がエラい先生だと錯覚してきちゃうの。私も思い上がってしまった時期がありました。
※当時の生徒の皆さん本当にごめんなさい。

分かりやすい授業」とか「楽しい授業」とかって、生徒ウケが良いんです。

保護者面談なんかでも、お母様から「瀬下先生の授業とても分かりやすいと息子が喜んでいます。」なんて言われちゃうと、もう有頂天になっちゃって。

ところがギッチョンチョン。それで成績があがったかというと・・「教えた問題しかできない」のでした。

だからドンドン教える量を増やし、大量のプリントを作り、さらに宿題も増やしてと、まるで底なし沼に落ちていくような感じでした。

だから「一斉授業」をやめちゃったんです。
※一斉授業を否定しているのではありません。KOSHIN学院には合わないと判断したのです。

今はできるだけ教えないようにしています

誤解されると困るのですが、面倒をみないということではありません。

私が教える量を減らせば、生徒が自分で考えるしかなくなるということなんです。

ところがギッチョンチョン。

このやり方は時間がかかるし、効率が悪いし、手間も掛かる、そして儲からないという指導法なんです(>_<)。

でもね!「生徒が自分で考えて、自分のチカラで問題を解けるようになると」、あとはある程度放っておいてもドンドン勉強するようになります。

少しくらい難しい問題とぶつかっても、どうにかして自力で解けるようになっちゃうんです。小学生でもそうです。

お勉強が苦手な子ほど「自分で考えるのが苦手」なんですけどね、「自分のチカラ」だけでできるようになると、見違えるほどできるようになってきます。

口で言うのは簡単なんですけどね、なかな生徒の皆さんに飲み込んでもらうのが大変です。

時には「ああ! めんどくせ~! 私が解いて教えちゃおうか!」と思うこともあるんですけどね、そこをぐっと堪えて我慢するんです。

私が教えるということは、生徒から考えることを奪うことになっちゃうから。

水戸黄門の印籠ではありませんが、さんざん生徒にやらせておいて、頃合いをみて御老公ならぬ塾長が登場するんですね。

生徒達も自力だけではどうしようもない問題も当然あるわけですから、その時はもちろん「分かりやすく」教えてあげるんです。

でもね! 私はいきなり「分かりやすく説明」なんかしません。最初は「簡単なヒント」くらいしか与えません。

実際それだけで、半数以上の生徒は解けるようになっちゃうんです。

ですから、生徒の皆さんにしてみれば「自分のチカラで解いた」感じになるんです。

それが「大きな自信」になってくれるんですね。

教えたい気持ちをぐっと堪えて我慢するのは、かなり大変なことですし、そのタイミングは「プロの技」「職人技」です。

もう三十数年塾の仕事をしていますが、「これで完成」というところには、まだまだほど遠いですけどね、それでもみんな随分できるようになってきました。

ある程度できるようになった頃には、みんな卒業しちゃうのが寂しいですけど。

それではまた明日! 今日はこの辺で。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、魚の釣り方を教える学習塾です!】

授業では見られない生徒の表情・・・【学習塾】

お勉強はできないし、発言もはっきりしないし。この子をどう指導したら良いだろうかと悩んでいたことがありました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

申し訳ない言い方なのですが、勉強では全然輝けない子がいました。ある日生徒のみんなに「草むしり」のお手伝いをお願いしたところ、このお勉強では輝けない生徒の手際が良く見事だったのです。

普段はどちらかというと、周りの生徒から「いじられる」ことの多い男の子だったのですが、一転して周りの生徒達から注目を浴びてしまいました。

「デンちゃんすごぉ~い♪」
※この生徒のニックネームです。伝助っていうの(笑)。

その後みんなに「デンちゃんは草むしりをするために生まれてきたような男だね~♪」なんて言われて笑っていました。

ある日デンちゃん達を連れてBBQに行ったんですけどね。

ここでもデンちゃんが大活躍! 魚の下ごしらえの仕方を教えてあげると、嬉しそうに全員の分をさばいてくれました。準備も片付けも実にキビキビと動いてくれました。

教室で勉強している時のデンちゃんからは、考えられないほど、機敏によく動いてくれました。

授業中には見られない生徒の表情

デンちゃんは授業ではない時は生き生きしてました。しかしその逆の生徒もいました。

お勉強はそこそこ真面目にやる生徒なのですが・・・。

ある日みんな長い時間試験勉強を頑張って可哀想なので、ラーメンを作ってあげたのです。

すると男子生徒達は一向に食べようとしません。

私が「どうしたの? 食べたくないの?」と聞くと、

お箸がないから食べられません。」と返ってきました。

もうね、頭にくるやら情けないやら。あんたらどんだけお坊ちゃまなの?

塾には大量の割り箸や紙コップが常備されています。
※業務スーパーのおかげです(笑)

お箸がなかったらさ、「先生お箸どこにありますか? 俺取ってきますよ!」くらいの言葉が言えないのでしょうか。もう中学3年生ですよ!

私はどんなに勉強ができたとしても、こういう人間は好きません。「人として」ダメでしょ。

わんぱくで困ったちゃんの男の子の話

反対に普段はわんぱくで困ったちゃんだった男の子がいました。なかなか手が焼ける生徒でした。

ある日女子生徒の自転車が盗まれてしまいました。
※この生徒駐輪場に自転車をおくときに鍵をかけていなかったんです。

するとこの「わんぱく少年」は、「先生!俺みんながチャリを乗り捨ててるところ知ってるから見てきてやるよ!」と言い出しました。

けっきょく自転車は見つからなかったんですけどね、そのひと言で女の子達が彼を見る目が一気に変わりました。

ある女子生徒は「なんだかんだ言って、マシ(彼のニックネーム)が一番女の子の気持ち分かっている気がする。」とまで言い出しました。

このように、授業だけしていたのでは絶対に見られない生徒の表情に触れたときは、なんか嬉しいです。

なので、KOSHIN学院ではこういうイベントをたまにやります。

今日は試験が終わった日で、生徒は「中1男子1名」しか来なかったんですけどね。私達スタッフが掃除をしていたら、ものすごくよく手伝ってくれました。

もうね、男の子とは思えないほど教室を綺麗に掃除してくれまして、簡単に片付けをする予定だったのですが、とうとう「大掃除」になってしまいました。

この生徒の授業中には見られない素晴らしさを感じた一日でした。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒が授業中に見せない表情を見るのが大好きな学習塾です!】

塾長風カレーライス・・・【学習塾】

大学生の頃にバイトしていたレストランの総料理長がオモシロいことを言ってました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

「プロのコックなら、オカネをかけりゃ誰だってそこそこの料理を作れるんだよ。

冷蔵庫にあるもので美味しい料理を作るのが「プロの技術」ってもんだ。」

って言ってました。なるほど~!と学生ながら思いました。

実は我々塾業界もオカネをかけりゃ、誰だって立派な塾を作れんだよね。

オカネをかけないでやるのが「プロの塾教師」ってもんだと思います。

プロなら絶対にやらないことを素人ならできる。

いよいよ明日で神田中学校の中間試験が終わります。ということで今日は昼間から中3生が勉強しにきました。

本当にエラいと思います。自分が中学生の時は、先生に命令されない限りそんな長い時間勉強したことはありませんでした。

それを自発的に昼間からきて、夜の規定の時間までずっと頑張って試験勉強していくんですから。

そうなると、お腹が空いて倒れるんじゃないかと心配なわけでσ(^_^;)…

昨日は運悪く(よく?)私が昼食を食べているところに生徒達がやってきました。学校の帰りに直接塾に来たんですけどネ☆

私が食事をしているのを見て「お腹空いた~!」と言われてしまいました(笑)

仕方ないので近所の「ほっともっとに行ってお弁当買っておいで!」とお弁当をご馳走するハメに(>_<)。

そして今日は間違いなく昼間から来ると思ったので、「塾長特製カレーライス」を大量に作っておきました。

案の定中3女子達が「お腹空いた~!」と騒ぎながら塾にやってきました(笑)。

すかさずカレーライスを出してあげると、「めっちゃ美味しい~♥」なんて良いながらペロリと食べてくれました。

時々こうしてカレーライスを作るのですが、なんか毎回味が違うんだよね(笑)。プロの料理人なら毎回同じ味を出すんですけど、悲しいかな素人です。

でも不思議と毎回美味しいの(笑)

ところがギッチョンチョン、今日はさらに続きがありまして・・

塾の隣が和菓子屋さんなんですけどね、時々売れ残ったお菓子をたくさん差し入れしてくださるんです。

一個何百円もする「いちご大福」を何十個もくれるんです♥

生徒達は大喜びで、ガッツいています。他にも柏餅やらお団子やらたくさんいただきました。

おそらく、あんな高級な和菓子を腹一杯ガッツリ食べられるのは、全国あまた塾ある中で、KOSHIN学院くらいのものでしょう。

なんせ食べ盛りの子達ですもんね。

でね、「女の子」の方がよく食べるんですよ。

  • 女の子達に「何が食べたい?」と聞くと「焼肉~♥」と返ってきます。
  • 男の子達に「何が食べたい?」と聞くと「パスタ」とか言っちゃってんのよ(▼O▼メ) !!

草食系男子って言うけど本当なんですよ。元肉食系男子の私としては寂しい限りです(>_<)。

私なんか大学生の頃3人でファミレスに行って「4万5千円」も食べてきましたから(笑)。バイトでもらったお給料がものの1時間で胃袋におさまりまりた(笑)

暴飲暴食はいかがなものかと思いますが、若いときはしっかりと栄養を摂りましょう!

そんなことやってるから、生徒が月謝を持ってきてくれるとき「はい!給食費!」なんて手渡されてしまうんですけどねσ(^_^;)アセアセ…

それでは今日はこの辺で。明日の試験頑張ってね~♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、プロじゃない料理長がいる学習塾です!】

授業のデジタル化・・・【学習塾】

KOSHIN学院は「個別指導」なので、黒板で授業をすることはありません。開塾当初は一斉授業でしたが、地域の特性に合わないのでやめました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

もしKOSHIN学院が、黒板で授業をする一斉授業だったら、今以上にデジタルを使いまくると思います。

当然「電子黒板」なんか絶対使っちゃうんだかから。ただ百万円近くするんで買えないんですけどね(>_<)。

百万円も払って買っても、個別指導だと使う場面があまりないんですよ(>_<)。

しかし、あったら良いなと思うものは、すぐに導入しています。電子辞書やiPadはゴロゴロ塾にあります。

明日から地元の中学生は中間試験なのです。そして中3生は明日「社会科」の試験があります。

社会科の試験では毎回「時事問題」が出題されます。

インターネットがなかった時代は、「時事問題対策プリント」を毎回作っていました。

最近では見なくなりましたが「イミダス・知恵蔵」は塾の必需品でした。

毎回新聞の切り抜きをストックして、イミダスを見ながら解説を書いて・・

インターネットが普及するにつれて、私の手間が大いに省かれるようになりました。

iPadで全部簡単にできちゃうんです。

便利なものは使えば良いじゃん!

かつて電子辞書が出始めた頃、塾のセンセ達は「あんなの使っちゃダメだ!」とか「便利なものは使えば良い!」とか口角泡を飛ばして議論していました。

私は最初から「便利なものは使えば良いじゃん」って考えていました。

一番笑っちゃったのは「電子辞書を使ったことがないオジサン先生」が、「あんなものは邪道である。正式には紙の辞書を使いなさい!」なんてエラそうな口調で若い先生を説教してたことです。

私は、まったく逆で「まず自分で使ってみたい」のです。とりあえずイジってみて不要ならオークションで売っちゃえば良いの(笑)。
※私の場合は他人に売るのは好きでないので、だいたい卒業生にあげちゃうんですけどね。

私の基本的に、自分でやってみてオモシロイことしか、生徒に教えたくないんですね。

だから真っ先にパソコンなんか飛びついちゃったし、スマホだって発売されるやいなや手に入れました。

iPadも発売されるとすぐに手に入れて、授業でどんどん使っています。

  • まず自分が使ってみせること。
  • 自分が使い方をマスターすること。
  • 分からないことは逆に生徒に教えてもらうこと。

生徒達に「時事問題について調べる時は、こうやると良いよ!」ってアドバイスできることが大切なの。

少し難しいのですが、今日の授業で生徒が、

塾長! 社会主義と共産主義ってどう違うんですか?

と質問してきました。

私はすぐには答えを教えないんです。まずiPadを渡して「とりあえず自分で調べてごらん♪」って言います。

でも中学生にも分かるようなホームページを探すのは、慣れないと難しいんです。

当然生徒も悪戦苦闘しています。

頃合いをはかって、「どう、わかったか~?」て聞いてあげます。やはりよく分からない感じの時に

「こうやって調べると簡単だよ!」って教えてあげます。知恵袋などには中学生にも分かるように説明してくれている記事がたくさんあります。

そして私が「社会主義と共産主義」の違いをホームページを見ながら少し解説を加えてあげるんです。

あまり詳しい説明は混乱するので、実際に一生にホームページを探してあげます。その上で生徒に応じて分かりやすい説明をします。
※どこまで教えるかが問題で、今日は明日試験にでる歴史の内容の話ですから、簡単に分かる程度で十分です。

逆にスマホのアプリのことで、生徒の方が詳しいことがあれば、どんどん教えてもらっちゃえば良いの。

中学生の方が吸収が早いんだから、教えてもらっちゃえば簡単なんです。

これからの世の中は

こういう時はこうすると便利。こんな時はあれを使うと良い!

ということを瞬時に判断することが大切です。

生徒達を見ていると、スマホにしても電子辞書にしても見事に使いこなしています。

その生徒達の「一歩先」を私達塾のセンセは進んでおかないといけないと思うのです。

本当はAちゃんに教わったばかりでも、B君に「これ知ってる~?」なんてエラそうに言っちゃうんです(笑)

ただし電子辞書にしてもiPadにしても値段が高いのが難点です。

でもさ、生徒達のほとんどがiPhone持ってるじゃん。

iPhoneがあれば、電子辞書もiPadもいらないんだよね。

まあ、しかしだからと言ってスマホを出しちゃうと、違うことに使っちゃうからあまりお勧めしないけど。

切り替えができる子は、わざわざ買うことはないけど、持ってるなら使えば良いじゃんって思います。
※だいたいゲームやTwitterなどにハシっちゃうから要注意ね!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、便利なものは使ってみる学習塾です!】

中3です。マジで時間が足りません。・・・【学習塾】

KOSHIN学院の地元神田中学校では、明日・明後日で中間試験が行われます。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

KOSHIN学院では生徒の「座席」は決めていません。早く来た人から好きな席に座って良いことにしています。

そうすると「やる気のある生徒」は、少しでも私の近くの席に座ろうとします。近くにいれば、それだけ面倒をみてもらえることを知っているからです。

そこまでの意欲がない生徒」は、なるべく私から遠いところに座ります。

同じ月謝を払っているのにモッタイナイことでございます。

早く来れば誰でも「良い席」をGETできるんですけどね。

私の近くはプレミアシートです!

一生懸命頑張って成績をあげたいと本気で思っている生徒にとっては、「塾長のすぐそば」は是非座りたい席なんですね。

そうすると、毎年必ずと言って良いほど女の子達が私のそばに集まります。
※私がイケメンだから仕方がないんです。(ウソです)

ですから、時々強制的に「※※君と、△△さん席をチェンジ!」なんてやっちゃうんです。

そうしないと「やらない生徒」はいつまでもやりませんから。

まあ、それでもやらない子は、うちでは面倒みません。叱れば雰囲気が悪くなります。まさに「他の生徒の迷惑」になる行為です。

今日はそんなことはどうでも良いんです!

私のそばに座ることを望んでいる生徒がたくさんいます。明日から中間試験ですから、それはもう一生懸命頑張ってくれています。

私は常々「一生懸命頑張っている生徒を贔屓する」と公言していますから、こうして頑張っている生徒はトコトン面倒みます。

今日も中3生は一生懸命頑張っていました。特に女の子達は、ものすごく頑張っていました。

するとその「超頑張ってるグループ」の子達が、

やばい!全然時間が足りない!」と浮き足立っていました。

時間は無限にあるわけじゃないんです!

中間試験は、もう明日に迫っているんですけどね、実は

2017年公立高校入試(予定)まであと258日なんです!

そんなにあるんだなんて思っちゃいけません。

258÷7=36.85714・・・・

あと37週間を切ったんですよ!

たったの37週で、あの難しい入試問題を解けるようにならなければならないんです。

本当に時間が足りないんです!

だから「時間の使い方をうまくやること」がとても大切なんです。入試はもうとっくに始まっているのです。

いくら真面目な頑張り屋さんの子達でも、24時間寝ないで勉強するなんてできるはずがありません。

学校にも通うわけだし、寝る時間も必要だし、たまにはノンビリする時間も必要です。

どの科目に何時間かけられるか計算し、計画的に勉強することが大切ですよね。

そのために大切なことは!

何度も口を酸っぱくして言ってるんですけど、勉強の仕方が甘いんですよ。

とりあえず一通りやって終わりじゃ、良い点数なんか取れっこないんです。

剣道の試合に例えるなら、刀を抜いたからには必ず斬るイメージです。斬らなければ斬られるくらいの覚悟を持って欲しいの。

問題を解いたからには、必ず1回で頭に叩き込んでしまうんです!

頭に叩き込む前に次の問題に進んでしまうから、また何度もやり直さなければならない。

だから時間が足りなくなるんですね。

しかーし!

私がこうして口で言うのは簡単ですが、なかなか生徒には大変なことです。

しかーし!

うちの頑張り屋さんの子達は、一生懸命私の言ってることをできるようになるように努力しています。

1回で頭に入れちゃうことができるようになった子から順にオモシロイほど成績があがっていきます。

そうすれば同じ時間勉強しても、効率が全然違ってきますから。

さて! 私も明日もがんばろう!

何としても良い点取ってやる!」という強い気持ちをもって頑張ってもらいます!

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張ることを徹底的に応援する学習塾です!】

「先生」と名のつく人に言いたい!・・・【学習塾】

私は幼稚園時代の記憶が全くないんです。母親に「俺って幼稚園行った?」と聞いたら「失礼なこと言うんじゃない!ちゃんと行かせたよ! あんたの所為でお父さんは白バイに捕まったんだからね!・・・(延々と続く)・・・」と言われました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

私が幼稚園に通っていた時、「オモラシ」をしてしまい、父親が焦って幼稚園までバイクを飛ばしてきたんだけど、焦りすぎてスピード違反で捕まったそうです。・・う~ん・・記憶にないなぁσ(^_^;)アセアセ…

いきなり話が脱線してしまいました。

というわけで幼稚園の先生のことは何一つ記憶にないんですけどね。

小学校・中学校・高校の先生のことは色々と覚えています。大学は・・う~。。あまり授業出てなかったから記憶にございません。

思い起こせば、ずいぶんいろいろな先生にお世話になりました。出会った先生の影響を今でも受けているような気がしています。

だから「塾のセンセ」になっちゃったんだろうなとも思います。
※結果論なんですけどね。

実際に先生になってみて思ったこと。

ある日元勤めていた塾の同僚達と「ファミリーレストラン」に食事に行ったんです。当時私は20代の小僧でした。

同僚も全員20代でした。その中のリーダー格の人が店員さん(中年くらいの女性)に対して、

おい!ビールくれぇ~!

って言ったのです。

いくら客だからって、年上の方に対して、その口のききかたはないだろうと思いました。尊敬している先輩でしたが、一気に幻滅しました。

まあ、今の私だったら、そいつのこと張り倒しているかも知れません。
※暴力はいけません。暴力はダメよ~!

実はこんな感じの先生が意外と多いんですよ!

若くして「先生・先生!」と言われているうちに、勝手にエラくなっちゃったんでしょうか。

他にもいますよ!

神奈川県の某所で塾を経営している塾長先生。最初に知り合った頃は感じの良い人だと思ってたんですけどね。

数年後、突然その先生から電話が掛かってきて、

お前んところで、うちの教材買わないかね!

とかなり上から目線の言葉。一瞬「どうしちゃったんだろう」と思ったけど、こんなバ※ヤロー相手にしてもつまんないので、「申し訳ございません。必要ありません失礼致します。ガチャ」と切ってやりました。

別に私は「あなたの部下」じゃないんですけどね。きっとこの方はどこへ言ってもそんな口のききかたなんでしょう。

いつの間にかエラくなっちゃった典型でしょう。

もちろん以後一切お付き合いはいたしておりません。ヤダモン!

ある日某中学校に電話をしたことがありまして

塾の近所で不審人物が出たという情報があったので、一応学校にもお知らせしておこうと思いました。

すると「生活指導担当」なる教師が電話に出てきたのですが、

いきなり私にむかって

そういうときは、すぐに学校に連絡しなさい! それとすぐに警察にも連絡しなさい! 」

と「超・上から目線」のお言葉をいただきました。

こいつ馬鹿か~?

塾でも学校でも、こういう人種はいるんですよ。

生徒に教える立場にある先生が、その程度の口のききかたしかできないんですか!

あとで「生徒達に※※先生ってどんな感じの人なの?」とそれとなく聞いてみたのですが、生徒の評判は最悪でした。

もう「驕る平家」になっちゃった先生に何を言っても無駄でしょうが、これから先生になる方や、まだまだやり直す気持ちのある先生は、驕る平家にはならないで欲しいです。

そもそも、そんな人間に生徒は付いてきてくれませんから!

エラソーなことを書いている私ですが・・

実は私も30代・40代のころは「エラい先生」に知らず知らず知らずのうちになってまっていたことがありました。
※この未熟者めが! たわけ!

まあ、自分の技量の無さを隠すために「背伸び」をしなければならなかった時代なんですね。当時の生徒のみなさんには本当に申し訳ないことをしてしまいました。

ただ、当時の生徒の皆さん「ひとりひとり」にお詫びして歩くことは、もはや不可能なので、「今きてくれている生徒」や「これから来てくれるであろう生徒」のみなさんに、お返ししたいと思っています。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、驕る平家には絶対にならない学習塾です!】

塾長の善意を踏みにじる生徒part2・・・【学習塾】

おとといのブログで「塾長の善意を踏みにじる生徒」について書きました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

おとといのブログが「私の本当の気持ち」であることは事実ですが、少し配慮を欠いた部分があるので追記します。

土日の休日を利用した「特別授業」や、「ジュースやおやつ」などの差し入れは、あくまでも「塾長である私の善意」だと書きました。

この気持ちにうそ偽りはありません。

しかーし!

書き足りないことがありましたので追記します。

塾長の善意はすごくよく分かっているけど、どうにも身体が動かない生徒がいるのです!

このブログでも再三にわたり「不登校」について書いてきました。

不登校って、なにも「学校だけ」のことではなくて、「塾でも」あることなのです。

なかなか体調や精神状態が優れなくて、塾を休みがちなんだけど、塾を辞めさせられたくないので一生懸命月謝をもってきてくださる方がいます。

学校にも行かれない。塾にも行かれない。でも・・・

KOSHIN学院の瀬下先生ならなんとかしてくれるのではないか!という切ない気持ちの方が、おとといのブログを読んだら悲しい気持ちになったでしょう。

言い訳がましいですが、私が厳しいことを書いたのは「だらしなくて、いい加減な生徒」に対してのことであるとご理解いただけるとありがたいです。

特に体調が悪いわけでなく、ただ勉強サボりたいという生徒に対するメッセージでありました。

子どもって、あるいは中学生って、「みんなと同じである必要」はないんだと思います。

私も小学生の頃には「お友達と仲良くしましょう」とか「みんなと一緒にやりましょう」とか教わってきました。

それは大切なことではあるけど「絶対条件」じゃないんです。

背が高い子・体重が多めの子・髪の毛の茶色い子・運動が苦手な子・・・・

それらは「いけないこと」なのでしょうか? 絶対にそんなことはありませんよね。

KOSHIN学院では「他の生徒の迷惑になる行為」は禁止しておりますし、注意しても改めない場合は退塾処分にします。

しかーし!

塾に行きたくても、行かれないというのは他人に迷惑をかける行為ではありませんので安心してください。
※サボって良いということではありません。

サボる」のと「行きたいけど行かれない」のは、ものすごく意味が違うことです。

みんなと同じことは恥ずかしいことなのかもしれません

少々古い話ですが、松田聖子さんがスゴく売れていた頃、当時の女学生はこぞって「聖子ちゃんカット」にしました。私より少し年下の世代の話です。そんなのつまらないと思います。第一あなたの雰囲気に「聖子ちゃんカット」は似合わないでしょう!

  • なんでも、みんなと同じことがしたい。
  • みんながiPhoneを持っているから自分もiPhoneにする。
  • どこどこのお店がテレビで美味しいと言ってたから自分も行ってみる。
  • 女子高生がみんな短いスカートを穿くから自分のスカートも短くする。

ちょっときつい言い方だけど「ばっかじゃなかろうか」って思います。

私だったら

  • みんなの同じことをしてもつまらない。
  • 持ち物は自分に必要な機能があれば良い。自分の気に入ったデザインが良い。
  • 美味しい店は自分で開拓してみたい。
  • TPOはあるけど、みんなと同じ服装はつまらない。自分の気に入ったものを着たい。

って思いますよ。

だいたい全ての同級生と仲良くする必要なんかありません。

私は神奈川県立藤沢西高第1回卒業生です。一期生は180人しかいなかったんですけどね、ついに在学中一度も言葉を交わしたことがないまま終わった人がかなりいるんです。

それでも全員仲良くしなければいけないのでしょうか?
※敵対することもありませんが。

私は「かなり変わった子」だったと思います。

男の子なのに野球じゃなくてピアノを習ってたし、権力を振りかざす人間には徹底的に抗戦したし。
※いつも負けてましたけど・・

そもそも「みんなと同じ」なんて考えてませんでした。ですからサラリーマンにはなれませんでした。

サラリーマンになれなかったから、「自分ひとり」で生きることを考えて、「個人塾」を作りました。

もしKOSHIN学院を作っていなかったら、今まで来てくれた生徒や卒業生、そのご家族にも出会うことはありませんでした。

そして私がKOSHIN学院塾長でなければ、このブログを書くこともなかったので、皆さんと出会うこともなかったでしょう。

変人」だっから、ここまでやって来られたんだと思います。

みんなと違って良いんです。

人生で一番大切なことは「生きてる」ということだと思います。

そりゃ生きてれば喧嘩もするし、心に傷をおっちゃうこともあるでしょう。

でも「生きていれば」、新しい出会いもあるだろうし、他人とは違うけどそれなりの人生もあるでしょう。

中学生だってそうだと思うんですよ。

いくら義務教育でも、危険をおかしてまで学校に行く必要ないし、まして塾なんか況(いわ)んやをやです。

他人と違ってても良いじゃない!

私の塾長仲間で大磯で学習塾を営んでいるPS学習塾の塾長先生なんか、手も足も不満足で、自分の手で字を書くこともご飯を食べることもできないんです。

でも彼は高校生はおろか、大学生にだってほぼ全教科を教えちゃうくらいの頭脳を持っているんです。
※この塾長さんが人生で初めて喧嘩した相手が私なんです(笑)

みんなが全員同じ職業に就くわけじゃないでしょ?

みんなそれぞれ「得意なこと」で勝負すれば良いんです。

今は心が疲れていて困っている人はさ、将来同じような悩みを抱える人の味方になってあげることができるじゃん!

自分が辛(つら)さを経験した人じゃなければ、本当の気持ち分かってあげられないじゃん!

だからさ、学校や塾に来たくても行かれなくて悩んでいる人はさ、ものすごく素晴らしい経験をしている最中なんだと考えて欲しいんです。

その気持ち、私には痛いほどよく分かります。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の心の痛みを分かってあげられる塾でありたい学習塾です!】

中1です。頭が悪くて困っています。

頭が悪くて困っている・・・。塾の仕事をするようになってから「生徒の数だけ」聞かされてきました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

塾の仕事を始めて三十数年。KOSHIN学院を作って22年目になりますが、

うちの子は頭が良いです!

と言って塾に申込ききてくれた人は・・。あ! 一名だけいました。

某進級式計算教室に通っていて、小6で微分積分まで終わっているので、うちは東大を狙っていますとおっしゃられた方が一名だけいらっしゃいました。

その生徒のその後の人生は酷い悲劇でしたが・・・。

うちの子大丈夫でしょうか?

ほとんどの「お母様」は「うちの子勉強できないんですけど大丈夫でしょうか?」とおっしゃって塾に来られます。

成績があがらないのは「勉強の仕方を知らない」ケースがもっとも多いです。

学校や塾で配られた問題集やプリントを意味も分からず、とりあえずやっているだけでは成績があがらないのは当然です。

数年前に、かなり成績が悪い生徒がいました。この生徒に「学校の先生に出された問題集だけでもやりなさい!」と指示を出しました。

うちのスタッフにお願いして、「学校の課題」をほぼマンツーマンで面倒みさせたところ、なんと50点満点のテストで25点も取ってきました。

25点平均取れれば、平塚市の生徒なら「公立高校」には十分手が届きます。

学校の勉強だけしっかりやるだけでも公立高校に行かれるんです!

その上で塾のワークをやれば偏差値中位の高校に進学できます。

さらに「もうワンランク上」の問題集をちゃんとやれば、偏差値上位の公立高校に合格できます。

ですから「まずやりましょう!

できる・できる・やれば必ずできる!

すみません。明日も朝早くから「特別授業」(試験対策)なので、今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、やれば必ずできる学習塾です!】

塾長の善意を踏みにじる生徒・・・【学習塾】

私が「どんな気持ち」で生徒と接しているのか、まるで分かっていない生徒がたまにはいるんです。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

明日・明後日と「土日の休日」を利用して、来週にせまった中間試験対策特別授業を行います。

最初にお断りしておきたいことがあります!

あくまでも「特別授業」です。追加費用等は頂いておりません。全くの私の善意です!

そんな私の善意を踏みにじる生徒が、毎年何名かいるのです。私だって疲れていないわけじゃないです。土日くらい世間巷の方と同じようにお休みしたいです。

そういう私の善意を踏みにじって「特別授業」を平気な顔をして「病院に行く」などのウソをついてサボる子がいます。

これはまさに他の生徒の迷惑になる行為ですから退塾処分に相当します。

昨年も何名かこれに該当する生徒がおりましたが、保護者の方が一生懸命詫びてくださったので退塾だけは勘弁してあげました。

何度もこのブログで書いていますが、KOSHIN学院は「頑張る生徒を贔屓」します。

そんな見え透いたウソをついてまで塾をサボりたいなら、どうぞお辞めください。辞めれば叱られませんよ~♪

とても不思議なんですけど、こういう子ってなかなか辞めないんです。私が甘いのでしょうか。
※私には理解できません。

土日の特別授業だけじゃない!

生徒が私の気持ちを踏みにじるのは、「特別授業」だけではありません。

生徒達が長い時間一生懸命頑張っているのをみると、「我が子のように」可愛いと思うことがあります。

暑い夏には汗だくになって塾に来て、寒い冬はブルブル震えながら塾に来て。

そういう姿を見ていると、本当に生徒が愛(いと)おしくなります。そんな健気(けなげ)な姿はたまらんですよ。

だからつい、冷たいジュースの一本も買ってあげたくなっちゃうのです。長時間勉強頑張っている子には、パンのひとつも買ってあげたくなっちゃうのです。

時にはチャーハンだの、麻婆豆腐だの作って食べさせてあげちゃうのです。
※断っておきますが、飲食費なんか「びた一文」もらっていません。

私はあまりインスタント食品を生徒に与えたくないので、それだったらご飯を炊いて「おにぎり」とか食べさせてあげたいんですね。

ところが今日ものすごく頭にくることをした生徒がいました。

私が善意であげた飲み物やパンを邪魔者扱いしたんです。

私は食べものや飲み物を粗末にするのが大嫌いなんです。そんなことはKOSHIN学院の生徒なら全員知ってるはずです。

なのに、あまったジュースを生徒2名が粗末な扱いをしたのです。

久しぶりに大きな声を出して怒鳴りました。
※私が怒鳴るということは他の生徒の迷惑になる行為です。彼らは他の生徒の迷惑になる行為をしたのです。

「お前たちには今後いっさい飲み物も食べものもあげないからな!」

せっかく先生がくれた飲み物も食べものを粗末にするなんて許せません。

無料」で補習してあげて、「無料」で飲み物も食べものをあげて、このざまですから。

誰がなんと言おうと、私はこういうことは絶対に許しません。

他人の優しさや、善意が分からん子に、勉強なんか教えたくありません。

月謝を払えば誰でも教えてもらえると思ったら大間違いです!

うちは生徒を選びます!

一生懸命頑張る生徒しか、入塾資格はありません。そして「他人の優しさや善意」がわかる生徒しか教えません。

学習塾って、公教育ではありません。みんな平等なんかじゃ断じてありません。
一生懸命頑張っている生徒ほど、たくさん面倒みてもらえる場所です。

挨拶もできない。御礼も言えない。片付けもできないような子が来る場所ではありません!

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、人間の優しさや善意を大切にする学習塾です!】

中1です!来週は初めての中間試験です!

いよいよ来週は地元にある神田中学校の中間試験が始まります。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

塾の先生がこんなことを言ったら驚かれるかもしれませんが、中学1年生の最初の試験は「少しコケた」方が良いと思っています。

最初にあまりにも良い点数を取ると、中学の勉強を舐(な)めてしまい、その後あまり勉強しなくなってしまった子が何名もいたからなのです。

この時期の中1は素直ですから、ガンガンに勉強させれば、それなりに良い点数を取ってきてしまいます

だって英語はアルファベットが書ければ満点みたいなテストですし、数学だって計算問題だけですから、塾でガンガンにやれば点数を取るのは難しいことではありません。

しかーし!

三学期の「学年末試験」ともなると、問題の難しさが段違いなんです。舐めてかかった生徒は、その時期には急降下することがよくあります。

だから、中1の最初は「それなりに」点数を取るくらいが良いと思っています。

学年によってやるべきことが違います!

私も昔は「鉄は熱いうちに打て」ではありませんが、中1のこの時期は特にガンガンにやって、それこそ全員TOP高に合格させてやろうかくらいの勢いで勉強させました。

その結果どうなったと思いますか?

5月・6月と月日が経過するにつれ、部活も厳しさを増してきます。うなるほどの炎天下で運動をしている子達がいます。

中1の場合は、中3生のように「テキトーに手を抜いて」練習することができません。

勉強も部活も塾も全部真面目にやろうとし過ぎると、どこか破綻します!

私にも「新人時代」がありました。まだ自分の授業に自信が持てなかった頃、あまり言うことを聞いてくれない中3生よりも、フレッシュな中1生徒を厳しく仕付けようとし過ぎてしまったことがありました。。

その結果、スゴい数の生徒が塾をやめてしまいました。
本当に申し訳ないことをしてしまいました。

塾を辞めた理由は「やり切れない」でした。特に真面目な子ほど本当に悩んでしまって、真面目な子ほど退塾してしまいました。

生徒って「厳しくなりすぎない程度に厳しくしてほしい」と思っているんです。

このあたりの匙加減がものすごく難しいのです。

そもそも「この時期」(5月)だと、中3生でも、まだエンジン全開というわけにはいきません。

それを中1・中2をガンガンにやり過ぎるのは・・・。特殊な超難関私立でも目指すなら別でしょうが。

同じ「中1」と言っても、すでに勉強に対する「意識の差」はものすごくあります。

ですから「みんな平等」なんて、ちゃんちゃらおかしくて、へそで茶が沸いちゃいますよ。

意識レベル」によって、目標をかえてあげることが平等だと思います。

  • 中1の今回の試験は、まず受けてみることに意味があると思います。
  • 中2は試験勉強のやり方を身につけて、こうすれば点数が取れるという方法を身につけて欲しい。
  • 中3は自分で考えられる全ての努力をして、なんとしても良い点数をとってきてほしい。

生徒によって課題が違うのです。偏差値上位の高校を狙う子もいれば、どこか公立に入れれば良いという子もいます。その子達が全員一律に同じ課題をこなすのではダメですよ。

KOSHIN学院は「小さな塾」なんて、私が直接、生徒ひとりひとりと課題を話し合ってきめています。

でも「大きな塾」だと、見逃されてしまう生徒も出てきます。そんなことにならないように、お母様方も気をつけてあげてください。

簡単ですよ。塾のセンセに「うちの子ちゃんと質問できてますか? できたら先生からもひと言声をかけていただけると嬉しいのですが。」って相談しちゃえば良いんですから。

うちではそんなことはしません」なんていう塾だったら、さっさと辞めちゃえば良いじゃん!

塾なんかそこいら中にゴロゴロあるんだから。

ところで「良い塾」の定義ってなんでしょうね?
※それはまた別の機会に!

まあ、塾数だけ定義も違うのかもしれませんね。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は、小手先のテクニックではなく真の実力を追い求め学習塾です!】

 

中3です。中間テストで良い点数が取れませんでした・・・【学習塾】

よく「ケアレスミス」をしたとか、「凡ミス」をしたとか、「計算ミス」をしたとか、いろいろご託を並べている生徒がいます。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

今日もいきなりきつーい一撃から!

勉強不足なんだよ~っ! 

練習量も足りてないし、正確に理解することもしていない。もちろん暗記もできていない!

まあしかし、やってない子ができないのは当然です。

GIANTS元監督の原辰徳氏ではありませんが「論ずるに値しません」ね。

一生懸命頑張ったのに点数が悪かった場合

今日は「一生懸命頑張っているのに成績があがらない」生徒についてのアドバイスです。

よく「計算ミス」をしたという生徒がいます。

でも本当に「ミス」なのでしょうか? ほとんどの生徒の場合「ミス」ではなくて、まだ「あやふや」なだけなことが多いのです。

KOSHIN学院の生徒で多いのは、「とりあえず一通りワークをやった」でお仕舞いにしているケースです。

次のことをちゃんとやりましたか?

  1. 一問一問、なぜそういう答えになるかちゃんと理解しましたか?
  2. 正解した答えにマルをつけて終わりにしていませんか?たまたま当たってただけではありませんか?
  3. 「できた!」と思って、すぐに次の問題に進んでいませんか?
  4. 本当にできるようになるまでやりましたか?

繰り返しますが、試験範囲のワークや学校の課題もやらない子は論ずるに値しません。そういう子はKOSHIN学院では面倒みません。
※なかには「試験範囲がどこからどこまでかも分かってない」子もいます。そういう子は他の生徒の迷惑になるのでお辞めいただきます。

一生懸命頑張っているのに、点数があがらないのは「上記の1~4のことが原因」の場合がほとんどです。

とにかく先に進みたい気持ちが強く、同じ問題をもう一度繰り返すのを嫌がる子がいます。

テストの点数が良い子でも

  • 問題が分からない・解けない。
  • わからないから先生に聞いてみる。

ここまでは同じなのです。

では点数が良い子はどこがちがうのでしょうか。それは、

  • ちゃんと頭に入っているか、もう一度繰り返して確認している。
  • 頭に入っているのを確認するまでは、次の問題に進まない。

という点です。

さらにケアレスミスなどをしないようにするために、時間を決めて試験範囲を一気にもう一度「全問正解するまで」やってる子は、間違いなく点数があがります。
※しかし、なかなかそのレベルまで到達するのは大変ですが、やれば必ずできます。

ケアレスミスをしたとか言ってるあなた! ここまで徹底的に勉強しましたか?

公立中学校の定期試験問題程度なら、ここまでやれば十分です。
このくらいできる子なら、間もなくやってくる高校入試だって頑張れます。
※入試の勉強の仕方は少し違うので、それはまた別の機会に。

いよいよ来週は神田中学校の中間試験です!

たまに「アタシ毎日勉強してるもん。試験前は毎日1時間やってます。」とかいうスカンタコメラベラマッチョなんだ?)なことを言ってる生徒がいます。

松田優作ではありませんが「冗談は顔だけにしろよ!」という感じです。

KOSHIN学院の生徒で成績が中以上の子は、この時期でも毎日塾にきて、夕方5時から夜の9時半まで勉強しているんです。

そして帰宅してからも、夜遅くまで一生懸命頑張ってるのです。

今の時期にすでに勉強が遅れていて、点数が取れなかった子が「1時間」だなんて、ちゃんちゃらおかしくて、へそで茶が沸いちゃいますよ。
※元大阪市長「橋下徹」さん風に。

そのくらい毎日ヒッシに勉強して、やっと高浜高校くらいなのよ。
※このくらいやってれば、高浜高校には余裕で行かれるけど。

それをさぁ!

ろくに勉強しないで、しかもなんだかんだ屁理屈をこねてサボってる子が「高浜高校行きたい!」なんて、Twitterなんかでつぶやいてるのを見ると、本気で頭にきちゃうんですよ。

そんなんで高浜高校に進学できるんだったら、塾なんかいらないですよ。

うちの卒業生達は、本当に「限界と戦う」くらいの勢いで頑張って合格してくれたんだから。
※それなりに楽しくやってましたけど(笑)。

やることもやらないで、ご託を並べている人とは「お付き合い」いたしません!

やるべきことは、やろうよ!

最後にもう1度!

1度問題を解いたくらいで、できるようになったなんて思わないでね!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、ちゃんとできるようになるまでやる学習塾です!】

子どもを送り出すとき怒鳴ってしまいます・・・【学習塾】

今日は本当に「お母さん」に向けたメッセージです。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

お母さん」と言っても「ひとりの人間」です。そりゃあ頭にくることもあれば、イライラすることもあるでしょう。

子どもが言うことを聞かなかったり、勉強しないでゲームばかりやっていたり。

以前「うちの子は本当にイライラするんですけど!」と、保護者面談でおっしゃってたお母様がいらっしゃいました。

そこで、そのお母様に「イライラする原因を全部行ってみてください!」とお話ししました。

お母さんのイライラの原因

正確には覚えていませんが、お母様がおっしゃってたのは概ね次のような感じです。

    1. 勉強しないで漫画ばっかり読んでる。
    2. 家に帰ってきたらすぐに弁当箱を出せと言ってるのにしない。
    3. ゲームばっかりやっていて部屋の掃除もしない。

以下延々と続く・・・・・

126.汚い服のママベッドに寝転がる。

私はお母様がおっしゃったことを全てメモをしたら、A4のコピー用紙何枚分にもなってしまいました(笑)。

そこで、お母様が自分で言った言葉が傑作でした。

こんなに言われたって、子どももできるわけないですよね♪

もうね、おかしくてお母様と大笑いしてしまいました(笑)。

その百項目の中から、「これはどうしても親として譲りたくない!」ということを3つだけピックアップしてもらいました。

それでお母様も、かなり反省してくださいました。

絶対にやってはいけないこと!

親じゃなければ叱ってくれないことって、たくさんありますよね。親ですから子どもを叱るのは当然のことだと思います。

例えば

  • 勉強しないから成績が悪い。
  • 行動がグズグズしている。
  • 宿題もやらない。
  • お弁当箱を水につけておかない。
  • 玄関に靴下を脱ぎっぱなしにする。

ありゃ、これはいっぱい出てきそうなので、この辺にしておきますね(笑)。

でも、テストの点数が悪くても「隣の家のおばさん」は叱りませんよね。「いいじゃないの、元気があって!」なんて感じですよ。

ただし、私がお母様に絶対にして欲しくないことがひとつだけあります!

お子さんが学校や塾などに出かける前に怒鳴りちらしたり大声で叱ることです。

そんなことをしたら、あなたのお子さんはイライラした状態で家を出ることになります。

そんな状態で自転車に乗って通塾したらどうなるでしょうか。

危な~い!

最悪の場合、あなたのお子さんが死んでしまうかもしれませんよ!

ですから、お子さんが出かける前に叱るのは絶対にやめてください。

どうしても叱らなければならないことがあれば、1度深呼吸をして冷静になってから叱ってあげてください。

それでは今日はこの辺で。 また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の命を第一に考える学習塾です!】

勉強できない子ほど部活を理由にしたがる・・・【学習塾】

君は勉強がすごく遅れてるから、もっと塾に来なさい!」というと、ほとんどの子が「部活があるから来られません」と答えてきます。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

おかしいなぁ。「部活があるから」と言ってる生徒のほとんどが部活もさぼってるんだよね。

それで何をしているかと言えば「スマホでゲーム」ですよ。

どうして親が許しているのか不思議ですよ。

勉強を全て終わらせてからゲームなら良いと思います。もっとも私はゲームは「するもの」じゃなくて「作って売るもの」だと思っていますが。やらされてる感満載だもん。

しかーし!

  • 塾には「部活があるから」と言って休んだり、補習に来なかったり。
  • 学校には「塾があるから」と言って部活をさぼったり。

教育は根性論じゃない」と、どっかのオカマキャラの教育評論家さんが言ってましたけどね、あんた何も分かってないじゃん!

だってさ、「受験勉強」なんて大変に決まってるじゃん!

なんでも大変なことや、イヤなことから逃げ回っててさ、それで「高校に行きたい」とか「大学行きたい」とかさ、ちゃんちゃらおかしくて、へそで茶が沸きそうですよ。

うちから高校行った生徒達なんか、「もうこれ以上できない!」というくらい頑張って高校合格しているのです。

一生懸命頑張って合格した高校だから、みんな高校が楽しいと言ってくれてるのです。

これじゃ成績がひどすぎて高校に行けないから補習をやる」と言ってるのに逃げ回るならさ、はっきり言っちゃうけど塾なんか行かなければ良いと思うんだよね。

いつも書いてるけど、高校なんか行かなくたって立派に働いている人はたくさんいるんだから。

今日中3の女の子とこんな会話をしました。

  • 塾長:「そんなに勉強するのがイヤなら塾なんかいかなければ良いのにね~♪」
  • 生徒:「アタシもそう思う~!。アタシだってこう見えても一生懸命頑張っているんだから~!」
  • 塾長:「そうだよね! 本当によく頑張るようになったね。見違えるほどだよ♪素晴らしっ!」
  • 生徒:「わぁ~い♥。随分叱られたけど(笑)」
  • 塾長:「そんなに叱ってないよ~(笑)。優しいお兄さんじゃん(笑)」

そこで生徒からびっくり発言!

  • 生徒:「でも塾長に勉強の仕方を注意されたとき、本当にそうだと思ったの。アタシ教科書の内容をノートに写してだけだったもん。塾長が叱るのは当然だと思った。」

この生徒は最近目に見えて成績があがり出したんです。

会話はさらに続きました。

  • 塾長:「実は生徒を全く叱らない塾もあるんだよ!」
  • 生徒:「そんな塾あるわけないじゃん!」
  • 塾長:「ところがそんな塾があったの。とっくに潰れちゃったけど(笑)。生徒様は「オカネ」を持ってきてくださるのだから、私は叱りません。と先生に言ったんだよ。あれは驚いた。」
  • 生徒:「アタシそんな塾行きたくない! だって意味ないよ~!」

時々このブログでも書いているのですけど、

生徒って時々叱って欲しそうな目をしている時があるというのは、まさにこういう時なのです。

度を超した部活があるのも事実だけど

良いとか悪いとかではなくて、かつてKOSHIN学院の地元の中学でも「全国大会レベル」の部活がありました。部活が終わるのは夜9時なのです。もちろん中学校にそんな遅くまでいることはできません。

下校時刻を過ぎると、公民館でさらに練習でした。

その部活に入ってる生徒は、どの塾でも入塾を断られていました。

KOSHIN学院を作ったばかりの頃、そうとは知らず、その部活の生徒を2名お預かりしたことがありました。

9時から30分だけでも良いから塾に通わせてもらえませんか?」と保護者の方に泣きつかれました。
※KOSHIN学院の授業終了時間は9時30分です。

でもその2名は、本当に9時に来るんです。「宿題だけでもみてください!」ってね。

本当に驚くほど頑張っていたので、入塾を許可しました。そんな子達でしたから部活引退後は、それはもう「全国大会レベル」に勉強を頑張ってくれました。

「これから江南(TOP高)行かれるよ!」と言うと、
「あたし大磯(2番手高)に行きたい!」という会話をするほどの頑張りでした。

そこまでできる生徒は、そういるもんじゃありませんけど、あの2人は今思い出しても「すげ~なぁ~!」って思います。

  • 勉強頑張る子は、決して部活のせいになんかしないんです!
  • できない子に限って、部活だなんだと屁理屈をくっつけるんです!

だって実際、ほとんどの生徒が部活をしていて、ほとんどの生徒が両立できてるわけ。

今日も厳しい発言でしたけど、「これが現実」です(>_<)。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、頑張る子をトコトン応援する学習塾です!】

中学生のお子様をお持ちのお母さんを応援するブログ