「高校受験」カテゴリーアーカイブ

うちの子勉強出来ないんですけど・・・【学習塾】

KOSHIN学院に入りたいですと、お問い合わせくださるお母さんは、ほぼ皆さん「うちの子勉強できないけど大丈夫ですか?」と仰い(おっしゃい)ます。

あのね! 本当のこと言いましょうか?

そりゃぁ、「勉強出来る子だけ集めて教えてたらラクチン」なんですよ。

知ってることをペラペラしゃべれば、後は勝手に吸収してくれるんですから。

しかも、それで付いて来られない生徒には伝家の宝刀

必殺! 成績が悪かったらクラス下げるぞ攻撃!

私が以前勤めてた塾では、こんな風に生徒を脅かして勉強させていました。
※申し訳ありません。私もやってました。

そんなのが嫌だったから心を耕す学院「耕心学院」「KOSHIN学院」という名前にしたのです。

うちの子勉強できないけど塾には入れますか?

ちょっとこちらの動画をご覧ください。

さすがの私も「どんな生徒でも」というワケにはいきません。

しかーし!

「やる気のある子」なら、成績は問いません。

「今に見てろ!」という気持ちがある生徒大歓迎です。

実際KOSHIN学院には、そういう志をもった生徒が集まっています。

それは開塾してから24年間、ずっと変わりません。

そして、私が大切にしていることは

生徒が行きたい高校に行かれるように応援する!

ことです。

ですから生徒を闇雲(やみくも)に競わせて、追い込むような授業はいたしません。

できなかったらクラス下げるぞ」と言っても、教室はひとつしかありません(笑)。

KOSHIN学院に向かない生徒とは

これって、食事に例えると分かりやすいんです。

黙って椅子に座り、母親が口の中に食べものを入れてくれるのを待っているような生徒は、うちには向きません

  • この料理美味しいですね!
  • どうやって作るんですか?
  • これ自分で作ってみます!
  • ちょっとアレンジしたら、さらに美味しくなりました!

そういう生徒さんは、ぜひKOSHIN学院にいらしてください。

キャベツがなかったから、白菜で作ったんですけど、これもかなり美味しかったですよ!」なんて言えるようになったら最高です。

勉強も同じです。

私が教えてくれるのを、ただ席に座って待っているだけだと、KOSHIN学院の授業には付いてこられません。

まず自分でやってみるんだ!」という気持ちを持ってください。

他人の話を聞いただけだと一週間もすると80%忘れてしまうという研究結果もあります。

※エビングハウスの忘却曲線

そもそも成績の悪い子というのは、教師の話をうわの空で聞いています。

うわの空で聞いている生徒だと、頭には何も残ってません。ただ「先生に叱られた」ということした記憶に残らないんです。

ここまで行ってしまった生徒の場合は、かなりの荒療治が必要な場合があります。

だからこそ「自分でやってみる!」という気持ちがすごく大切なんです。

まだ、小学生・中学生なのに、もうあきらめてしまいますか?

KOSHIN学院には、塾に来た頃は壊滅的だったけど、その後歯を食いしばって頑張って、涙をポロポロ流してもあきらめずに努力して・・

その結果、自分でも驚くほど成績をあげて、見事に本当に行きたかった高校に合格した先輩がたくさんいます!

最後に!

私は「特別な勉強」なんて、まずさせません。

当たり前のことを確実にできるようになるように指導しています。

ですから、成績があがらない方がおかしいと断言できるのです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

中3生! 入試が終わるまで心の底からスッキリはないですよ!・・【学習塾】

そろそろ中3生も、かなり「受験」を意識し始めてきました。

高校受験説明会などに積極的に参加したり、家族や友人とも必然的に「入試」の話になってきますからね。

KOSHIN学院の中3生も「心の底からの笑顔」は、徐々に消えてきました。

何をするにしても、どうしても「入試」のことが気になりますもんね。しかも「真面目な子」ほど気にします。

入試のことが気になりすぎて、気持ちが重くなりすぎるのもよくありません。

入試前なんて「そんなもんだ!」と思っていると良いですよ。

ストレス解消も必要です!

部活の練習があったころは、グラウンドを走り回るだけでも気持ちが紛れるのですが、そろそろもうみんな部活も引退の時期です。

1人で悩んでいるうちに、本当に表情も暗くなってしまうので要注意です。

実は「不登校」が増えるのも、これからの時期です。どうしても入試の重圧がありますもんね。

そこで私のお勧めを紹介します。

  • 軽い散歩でも良いから身体を動かしましょう!
  • 部屋で一人きりにならないようにしましょう!
  • スマホなどのネット情報に惑わされないようにしましょう!
  • 悩んでる暇があったら、英単語のひとつも覚えましょう!

そしてなんと言っても良いのは、自宅でひとりブルーになるよりも「塾に行きましょう!」(塾にもよるけど)

KOSHIN学院のような授業スタイルの塾ならば、家でやるよりもずっと効果的です。

周りの生徒もみんな「同じ気持ち」なので、無言でも励まし合うこともできます。

そして身体を動かすことが大切です!

身体を動かせば血行も良くなります。

ストレスがたまると、血行も悪くなり、どんどん元気が出なくなっちゃうんですよ。

そうなっちゃうと、学校の体育の授業欠席とか見学ばかりになっちゃうの。

まさに悪循環になっちゃうから気をつけてくださいね。

ひとりでため込まないことも大切!

これは受験生だけではなく、そのご両親や家族の方にも是非声を大にしてお伝えしたいことです。

人間って、誰かに悩みを話すだけでも、かなり気分が落ち着きますよね。

  • 自分だけどうしてダメなんだろう。
  • どうしてうちの子だけこうなんだろう。

なんて考え始めると危険です。

そんな時は、やはり少し「外の空気」を吸いに出かけるのが良いと思います。

私が人生で一番つらかった頃に心がけたことは、

  • とにかく毎日家から出る。どこかに出かける。
  • 特に目的もなく電車に乗り、知らない町で降りてみる。
  • 毎日散歩をする。川や海、山などを見る。

すると、いろいろな人がそれぞれの形で一生懸命生きているのが見えてくるんです。

たったそれだけのことで、なんとなく気持ちが落ち着いてきました。

確かに「高校受験」って戦いではあるんですけどね、

一部特殊な高校を除けば

やるべきことを、ちゃんとやれば大丈夫!

なんですよ。

このブログを読んでくれているのが、KOSHIN学院の生徒やその保護者の方であるならば、1人で悩んでないで私や塾の先輩に話をしてみてください。

話を聞いてもらうだけでも、かなり気持ちが落ち着きますから。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

中1・中2の勉強は中3より難しい!・・【学習塾】

厳しい言い方だが、塾は中3からで間に合うと思っている保護者が少なくない。

確かに「間に合う生徒」がいるのも事実だが・・・

しかーし!

それは、中3で入塾するまでに、ちゃんと基礎学力を身につけていた生徒の場合だ。

塾に通わず「自分のチカラ」だけで、ある程度の点数を取ってきた生徒であれば、そこに「我々塾の技術」が加味されることによって、大いに成長することがある。

私はあえてそういう生徒の為に、毎年「1名分」だけは中3生枠を残している。
※おっと!これは内緒の話だった。

分数小数の計算もできない子が中3になってから塾に来ても

この時期になって分数・小数の計算もできない中3生でも、「うちに来れば大丈夫ですよ!」と言って受け容れちゃう塾があります。

はっきり言っちゃおうかな

そんな塾は、その生徒が持ってくる月謝に用事があるんです!

え?  KOSHIN学院だって生徒が持ってくる月謝に用事があるんだろうですって??

もちろんです。KOSHIN学院は営利を目的とした個人企業です。

しかーし!

それは指導に対する正当な報酬だと考えています。

どんな生徒でも良いからと受け容れて、月謝を吸い上げるようなことは絶対にしたくありませんし、していません!

ちゃんと効果を出してあげられそうもない生徒は、お預かりしておりません。

例えばこの時期に「うちの子小学生の計算もできてないんですけど」という中3生が入塾を希望してきても、お断りします。

高校入試まで「あと187日」です。約半年で小学校の復習から全てやるのは、いくら私でも不可能です。

中1・中2の勉強は中3の範囲より難しい!

何度もこのブログで書いてきましたが、中1・中2の勉強って本当に難しいと思うのです。

中学1年生に理科の問題を一問教えただけで、ぐったりと疲れてしまうことがあります。

理科だけではありません。国語歴史地理数学英語も・・・

毎年入試直前になって受験生が苦労するのは「中3の範囲」ではありません。

かなり勉強ができる受験生でも「中1の範囲が一番難しい!」と言います。

英語なら中3で習う現在完了関係代名詞よりも、中1で習うbe動詞・一般動詞の使い分けの方が中3生を悩ませます。

社会科は中3では主に「公民」を学習するのですが、入試で大変なのは圧倒的に「地理・歴史」の範囲です。

ですから毎年受験生は死に物狂いで1・2年生の範囲を勉強します。

中1・中2の範囲はものすごく難しいし、学習することも膨大な量になります。

これを「小学校の基礎もできてない生徒」が、入試までに全てやり切るなん不可能です。

高校入試を甘く見てはいけません!

なにも小学生の時から「ガリ勉しろ!」なんていうつもりは全くありません。

しかーし!

やはり「教科書に出てくること」くらいは、しっかり勉強して欲しいです。

もし中1・中2の間は部活をしっかりやって、勉強は中3からなんて思っているなら、それは大きな間違いです!

もう一度繰り返します。

学習塾の先生を四十年近くしている私でさへも、中1・中2に勉強を教えるとクタクタになるほど大変なんです!

それなのに、全然勉強してない生徒が「有馬高校」や「高浜高校」に行きたいなんて簡単に言っちゃうんです。

有馬高校や、高浜高校なら簡単に入れるとか思ってるなら、今すぐにその考えは改めてください!

うちの卒業生が、どれほど頑張って有馬・高浜に進学したか見せてあげたいです。

現在中1・中2のみなさんは元より、小学生の子達もやがてすぐに「この現実」を突きつけられることになります。

今から「やるべきこと」はしっかりやっておきましょう!

それでは今日はこの辺で。また来週お目にかかりましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

中学生!いつまでも親に食事を作ってもらえると思うな!・・【学習塾】

KOSHIN学院に入って間もない生徒のことです。

質問に来るのは良いのですが、少しでも分からないと「自分で考えようとせず」なんでも私に質問してくる子がいます。

自分で考えるって、実はとても面倒くさくて大変な作業なんですよね。

そうなんです。「自分で考えるのが面倒くさい子」がすぐに教わりに来るんです。

こうした生徒の場合、入塾して一週間くらいは様子を見てあげますが、徐々に「それではダメ」ということを教えていきます。

なんでも与えてもらえると思うな!

みなさんの大切なお子様を「動物」と一緒にするなとお叱りを受けそうなんですけどね。でも私達も「動物」なんですよ。

動物の場合生後間もない「赤ちゃん」の時は、親がエサを与えてくれます。赤ちゃん達は「口を開けて」待っていれば親が食べさせてくれます。

しかーし!

中学生」になった子達が、いつまでも親がエサを運んできてくるのを待っているだけで良いのでしょうか?

今日の授業中でも「私が教えてくれるのをじっと待っているだけ」の生徒がいました。しかも中3男子です。(仮称:定信君)

このケースでは叱っても仕方ないので、「食事」に例えた話をしました。

定信君に、「君が今していることは、食事で言えば親が料理を全部作ってくれて、全てテーブルに運んできてくれて、しかも食べさせてくれる」のを待っている状態なんだと話しました。

例えば「トンカツを食べたい」と言えば、「親が全て調理してくれて、食べやすいサイズに切ってくれて、口に入れてくる」のを待っているのと同じことななんだよね。

この話を聞いた定信君はもちろん、全生徒が真剣に私の話を聞き始めました。

私が生徒に一番伝えたいこととは!?

トンカツの話のついでなので、トンカツを例にしてみます。

私は生徒達に「トンカツの作り方」を学んで欲しいんです。

そして「自分でトンカツを作って」もらいたいんです。

さらに自分で作ったトンカツを両親や家族に食べさせてあげる人間になってほしいの。

究極の目標は「誰にも真似ができないほど美味しいトンカツを作って、そのトンカツを売って生活できるように」なって欲しいんです。

先日のブログでもゲームばかりやってて困るなんてことを書きましたが、

どうせなら「自分でゲームを作って売る」くらいの人になって欲しいんです。

ドラクエ」や「ファイナルファンタジー」くらいのゲームを作ることができれば、あっという間に数億円を稼ぐことができますよね。

もちろん全員が「とんかつ屋」や「ゲーム開発者」になる必要はありません。

  • 困っている人を助けるのが好きな人
  • 人に物事を教えるのが好きな人
  • お花を育てるのが好きな人
  • 物を売るのが好きな人

みんな違って良いんです。みんなそれぞれ「自分が得意なこと」「興味あること」「自分で出来そうなこと」で、世の中に出て活躍してもらいたいというのが、私の究極の願いなんです。

だから自分でトンカツを作れる人になろう!

お母さんがトンカツを作ってくれて、食べさせてくれるのじっと待っているだけの子が、自分でトンカツを作れるようになるはずがありません。

勉強も同じです。「先生が教えてくれるのをじっと待っているだけ」の生徒が、勉強出来るようになるはずがありません。

塩をかけすぎで、しょっぱくれ食べられないトンカツを作ってしまったら、次からは「塩の分量」をちゃんと考えれば良いだけです。

今はスマホで、レシピをすぐに調べられる時代なんだから、スマホで作り方や分量を調べて作ってみれば良いんです。

何度か作っているうちに、

  • チーズを挟んだらどうか?
  • しその葉をパン粉に混ぜたらどうか?
  • サラダ油じゃなくて、オリーブオイルを使ったらどうか?

などの工夫を加えていけば良いんです。一度もトンカツを作ったことがない人が、いきなりチーズなんか混ぜて揚げたら大変なことになりますよね(笑)。

勉強だって同じです。今はネットで「一次関数のグラフの書き方」とか簡単に調べることができます。

分からないところは、自分で調べて自分でやってみることが上達するコツです。

しかーし!

初めて揚げ物をする時には、母親が油の量や温度など気をつけていてあげないといけません

間違えた方法で揚げ物をしたら、油に引火して大変なことになってしまう危険もあります。

勉強も同じです。

分数の計算もできない子に、いきなり一次関数のグラフを書けと言われてもできません。

ですから段階的に

  • まずこれをやってごらん!
  • それができたらこれ!
  • そこまでできたら、今度はこれをやってごらん!

と道筋をたててくれる人が、そばにいてくれたらドンドン勉強出来るようになります。

KOSHIN学院の場合ですと、「もう私が道筋を立ててあげなくても大丈夫」というくらいに成長したら卒業です。

それが大体「高校入試」の終了と同じ時期なんです。
※だからうちは高校生の指導はやりません。

高校入試を終えた頃には、自分でトンカツを揚げられるような人間に成長しているのがKOSHIN学院の最大の特長です。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】