「定期試験」カテゴリーアーカイブ

気持ちばかり焦って勉強が進まない・・・【学習塾】

大切な試験になればなるほど、気持ちばかり焦ってしまい勉強が手に付かないという経験をした人も多いと思います。

KOSHIN学院でも、そういう生徒を随分見てきました。

特に「高校入試」など大きな試験の直前は「重圧」に負けて、気持ちばかりが焦ってしまうことがあります。

しかーし!

これはなにも「入試」に限ったことではありません。

普段の定期試験でも、「苦手な科目」「苦手な単元」になると気持ちばかり焦ってしまい、うまく勉強できなくなってしまう生徒がいます。

一旦原点に戻ってみる勇気!

中2数学を例にしますと、「グラフの書き方」「変化の割合とは」もよく分かってないのに、無理矢理先に進もうとして、結局さっぱり分からなくて挫折してしまう生徒がいます。

こういう基本ができてないのに、無理して進もうとすると余計に分からなくなります。

そういう時は一旦最初に戻ってやり直ししてみましょう!

いつもこのブログで書いていることですが、素直で謙虚な生徒は私の指示を守って、最初に戻って再度基礎を固めようとします。

だからできるようになるのです!

ところがギッチョンチョン

勉強がめんどくさくて仕方ない子は、元に戻るのをものすごく嫌がります。

なかには元に戻るのが嫌だからと塾を辞めた子までいました。
※ごめんね、私は辞めたら知らないですから。

だからいつまで経ってもできるようにならないのです。

分からない時は一旦基本に戻る!

これ鉄則です。

しかーし!

自分ではなぜ出来ないのかって、なかなか分からないんですよ。

だから分からないまま無理矢理進めて、ドツボにはまるんです。

ただ、素直さ! 謙虚さ! 朗らかさ!を持ってる生徒は、私の指示に素直に従って、分からなくなった原因をみつけ、そこから勉強し直します。

気持ちばかり焦ってしまう時の対処法

特に入試直前などは膨大な量の勉強をしなければなりません。

あれも、これも」で頭の中がいっぱいになっちゃうんです。

普段ワークを解いていても、不正解だらけ×だらけになってしまってパニックになる生徒はすごく多いのです。

そういう時は

一問ずつ丸付けにおいで!

と指導しています。

一問ずつ確実にやることが、結局近道なんです。

これって実は勉強だけじゃなくて、人生そのものにも当てはまります。

私だって今でも一度に「あれもこれも」と仕事が集中することがあります。

時には「あああああああああああっ!!」ってわめきたい時もあります。

しかーし!

そんな時こそ、仕事の順位を見直して、ひとつずつ片付けていきます。

パニックになったままでは、結局何も進みませんからね。

  • 分からない問題だらけになったら基本に戻る勇気を持つか。
  • 面倒くさがってそのまま進んで余計分からなくなるか。

さあ、あなたはどちらの道を選びますか?

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

365日全部ガリ勉? あり得ない・・・【学習塾】

少なくともKOSHIN学院に入塾希望してくださったお母様で、自分の子どもに365日全部ガリ勉して欲しいとおっしゃった方はおりませんでした。

しかーし!

お母さん達が一番イライラしたり、不安になったりするのは「家で勉強しない」「だらだらしてばかり」なのではないでしょうか。

  • あんた学校の宿題やったの?
  • ゲームばっかやってないで勉強しなさい!

そんな言葉を子どもに言った経験があるお母さんは多いのではないでしょうか。

ちょっとこの動画(KOSHIN-TV)をごらんいただけますか???

そうなんです。自宅というのは

  • 疲れを癒す場
  • 家族団らんする場
  • のんびりボーッとする場

でもあるんですよね。

もしここで「息抜き」ができなければ、子どもだけじゃなくオトナだって参ってしまいます。

自宅は勉強できる環境ではない!

自宅は勉強できる環境ではありません。私が子どもの頃だって「テレビ」「マンガ」などがあって、なかなか勉強に集中できませんでした。

ちょっとベッドに横になったら朝になってたなんてこともありました。

今の子ども達は、そこに「スマホ」「ゲーム」があるわけですから、余程強い意志を持った子でなければ誘惑に負けてしまいます。

こうなってしまってから、「勉強しなさい!」とガミガミ言ったって無駄です。

ですから私はKOSHIN学院を毎日来ても良い塾にしたのです。

  • 勉強しなさい!」という代わりに、「こうやってごらん!
  • なんでこんな成績なの!」という代わりに、「こうするとできるようになるよ!

1日学校で授業を受け、部活もやって・・・疲れてるけど試験勉強もしなくちゃいけないし・・・

その切り替えを完璧にこなせる人間って少ないです。

ものすご~く真面目な生徒」でも、なかなか自宅では勉強出来ないからと毎日一生懸命KOSHIN学院に通ってきます。

KOSHIN学院に来たら自宅で勉強しなくて良いのか???

はっきり言います。それだけで高得点が取れるほど中学校の勉強は甘くありません。

試験前ともなれば、自宅でもかなりやらなければ高得点は望めません。

うちの生徒も試験前は、塾が終わって帰宅してから、さらに夜遅くまで勉強している子が多いです。

夜はつらいので「朝早く起きて」試験勉強している子もいます。

そこは各自に任せてますけどね。

ただ「普段家で何も勉強しない子」が試験前になって急にやれるかと言われればNOです。

ですので、KOSHIN学院では「5分」もあればできる程度の量の宿題を出しています。

この習慣を身につけると、かなり差が出てきます。

365日全部ガリ勉をする必要はありません! というより普通の中学生に、そんなことできるわけありません。

中学生は勉強だけじゃありませんから。部活も友達との遊びも、委員会なども全てひっくるめて中学校です。

ただ、「やる時はやる!」人間になるには、やはり普段から少しでも良いので自宅で勉強することを習慣づけて欲しいです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

中1です! 今回の中間試験できませんでした。・・・【学習塾】

今の時期中学生は「中間試験」が終わった学校もチラホラとありますね。これからという学校もありますが。

特に「中学1年生」は、小学生の時とは「勉強量」が全然違うことに気がついた人も多いのではないでしょうか。

自分としては一生懸命やったつもりだったが・・

中学1年生で、自分としては一生懸命頑張ったつもりだったけど、全然試験で良い点数を取れなかったとガッカリしている生徒も多いのではないでしょうか。

はっきり言っちゃおうかな!

そんなに簡単に良い点数取れるくらいなら、こんなに日本中に塾が存在するわけがないんですよ!

もう少し付け加えましょうか!

夏休み明けくらいから、各教科の勉強内容も急にすごく難しくなります!

この夏休みを全部楽しく遊んでしまったり、部活ばかりになって勉強しなかったりすると、取り返しの付かないことになります!

中学1年生もそろそろ学校に慣れてきた頃です。ただこれからの時期特に「運動部」に入っている生徒は、部活がとてもきつくなる時期です。

くそ暑い炎天下で、グラウンドを何周も走るんですから、身体の弱い子や、体調が良くない子の場合、下手をすれば「死ぬ」危険さえあります。

特に中1生は、先輩の目が光ってますからサボれませんし。

にもかかわらず学校行事もいろいろあって・・・。

この時期の中学1年生には、丁寧なケアが必要!

冒頭に申し上げましたとおり、中学の勉強は小学校とはレベルが違います! かなり勉強したつもりでも、実際には全然足りてないということを痛感している生徒も多いはず。

しかーし!

部活動もすごく厳しい。そんなに厳しい運動部じゃなくっても、この炎天下☀で走りまわるのだから、かなり厳しいはず。
※部活の批判をしたいわけじゃありません。生徒の心配をしているだけです。

これを両立しなければいけないのだから、中1は本当に大変だと思います。

こうしたケースでは、生徒の気持ちだけではどうにもならないことがあります。

そこで「お母さん!」。あなたの出番です。

勉強面で困ったなら、ぜひ私にご相談ください。中学1年生の現状を考慮しながら指導していきます。

今のうちに最低限これだけは!

というポイントが存在します。でもどんな塾でもポイントを押さえているわけではありません。私だって、このポイントを掴むのに何十年もかかったのですから。

勉強は私にご相談いただくとして、問題は体調面です。

これは塾の先生が全て管理するのは無理です。
※できるだけケアーしますけど。

お子さんの健康面は、やはりお母さんが一番詳しいはずです。

KOSHIN学院の場合でしたら、「あまりも疲れていて危険」とお母様が判断されたなら、私に連絡してください。そんな時はさっさと寝て元気回復してもらった方が良いですから。
※もちろん、中2・中3生もです。中3は部活が最後の追い込みですし。

いつもさぼってばかりで、ダラダラして勉強をやらないのは厳しく叱っても良いと思います。

しかーし!

真面目に頑張っている子が「休みたい」なんて言った時は、休ませてあげて欲しいです。

お子さんの体調管理をできるのは、お母さんしかいませんからね!
※お父さんもいますけど、仕事で子どもと一緒にいる時間短いお父さんが多いですから。

私は部活反対論者ではありません。ただ公立中学校での「行き過ぎた指導」には疑問を抱いています。

試験前でも練習試合とか組んでくる顧問の先生!
あなたの「本職」は何ですか???

どうか真面目な生徒を苦しめるようなことだけはなさらないでください!

そしてお母さん! あなたのお子さんを守れるのは、あなたしかいません!

みんなで生徒を守ってあげましょう!

勉強も・部活も・学校の授業も・試験も、全部併せて中学校ですから!

そうそう最後になりましたけどね、中学1年生の皆さん、困ったら私相談してくださいね!

※全国から相談がきたらどうしよう・・・。

自分が通っている塾の先生、学校の担任の先生、そして両親に相談してみてください。ひとりで悩まないでね!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

そもそも試験範囲も分かってないまま試験を受けた・・【学習塾】

KOSHIN学院の地元の中学校「神田中学校・横内中学校・大住中学校」などでは、遅くとも定期試験の一週間前には「試験範囲表」を印刷して生徒に配っています。

良い成績を取るような生徒は、「試験範囲」がちゃんと頭に入っていて、しかも「勉強漏れ」しているところがないか細かくチェックしています。

これ別段スゴイことではなく「普通」のことなんですけどね。

ところがギッチョンチョン

そもそも

  • 試験範囲なんか気にもしていない。
  • 試験範囲表なんかどっかいっちゃった。
  • 試験範囲と関係ないところを勉強している。
  • 明日の試験の科目と関係ない科目を勉強している。

こういう生徒が「毎年ひとり」はいるんです。

もうね、頭にくるを通り越して、脳梗塞をおこしそうになります。クラクラしてきちゃうの。

はっきり言っちゃいますね!

うちはそういう生徒はお預かりしませんからね!

と言い続けているんですけど、なぜか毎年「ひとり」はそういう子がいるんです。

とまあ、ここまでは「どの塾」でもよくある話なんですけどね。

問題は親の方なんですよ!

私が過去に親を叱ったのはこんなケースです。

試験直前だというのに!

  • 今日は家の用事で休ませます。
  • 家族で食事に行くから休ませます。
  • 本人が疲れたと言ってるので休ませます。

はっきり言っちゃうけど、こういう親御さんのお子さんは、うちでは絶対に預かりませんから。

だって、こんなんじゃ「責任もって高校に合格させる」なんてできませんから!

何も具合悪いのに塾に来いと言ってるのではありません。本当に調子が悪いなら試験前でも、さっさと寝て早く回復するようにするべきです。

家族で食事の件ですが、例えば「単身赴任している父親が帰ってきて、この日しか子どもと会えない」とかいうなら別ですけどね。

親が「今日は夕飯作るの面倒だから塾なんか休んで食事に行っちゃおう。」なんてこと言ってたら、子どもは「勉強」なんか絶対にしませんよ。

もちろん「家庭の中」のことに口出しするつもりはありませんが、「だったらなんで高いオカネ払って塾なんか通わせるの?」と聞きたいです。

そのくせ「塾に行っても成績があがらない」とか言い出す始末。

ごめんなさい、こういう親御さんの子はうちではお預かりしません。無理です勘弁してください。

試験範囲も分かってないまま試験を受ける子

いろいろな塾の先生とお話しすると、ほとんどの塾でこういう生徒の一人や二人はいるようです。

しかーし!

こういう生徒は全員勉強できないか?」と言われると、そうでもないんです。

なかには「試験範囲なんか全部終わっちゃったから、自分の勉強してます。」なんていう子もいるんです。

こういう生徒は、本当に「素晴らしい点数」取ってくるんです。しかも涼しい顔して「こんなの普通です」って言うの。

しかーし!

やはりこういう生徒は例外なんです。試験範囲も分かってないような生徒で、成績が良いなんて子は、まずいませんから。

当たり前のことを確実にやろうよ!

私は生徒に、無理難題を要求していません。ただ「やるべきことやろうよ!」と言っているのです。

もちろんまだ幼い子ども達が、全員完璧にやり切るのは難しいことだと思います。

ただ、そこに向かって挑戦して欲しいんです。

そして挑戦した結果「本当に出来たときの喜び」を味わって欲しいの。

その喜びこそが、明日への活力になるのですから!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】