第一回土曜模試・・・【学習塾】

高校入試まであと1ヶ月となりました。中3生の表情を見ていると、どんよりしています。受験生達はものすごいプレッシャと戦っています。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

KOSHIN学院では1月からは毎週土曜日に「高校入試模擬試験」を行っています。先週は「全県模試」という業者テストでしたが、今週からは「入試模試」となります。

土曜模試が始まると「点数」という現実を突きつけられます。生徒達の話を聞くと「もっと点数取れると思ってた!」と言います。

ところがドッコイ!

入試というのは中1~中3の全範囲から出題されるので、やってもやってもなかなか思うように点数があがってきません。

しかーし!

ちゃんとやれば必ず点数はあがります。それは卒業生達が実証済みです。

模擬試験をやって、そのテスト直しを徹底的にやって、似たような問題を解いて練習し、また次の土曜日に模擬試験という繰り返しをします。

普段の勉強と違って「1点・2点」の醜い争いです。

神奈川県の入試は各教科100点満点で五教科行います。500点満点でどれだけ取れれば合格できるか、生徒達には伝えてあります。

12299311_1205621646120459_1145259187302640944_n

なかなか思うように目標点に届かなくて、生徒達の表情が曇るのです。

でもね!

毎年のことだけど、入試が終わった瞬間「生徒達の表情」は一気に明るくなります。そして合格した時には「天にも昇る」ような気持ちになります。

本当に嬉しいですよ~!

合格できるように、もう一踏ん張り! 明日も塾を開放します。 みんな頑張ってください!

KOSHIN学院の生徒だけでなく、日本中の受験生みんな頑張ってください。そういえば今日はセンター試験でしたね。うちの卒業生達はできたのかな?

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、高校受験専門の学習塾です】

俺にやらせてください!・・・【学習塾】

これは、生徒達数名にカレーライスを作ってあげた時の話です。数名の男の子が食べようとしませんでした。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

私は彼らに「カレーライスは好きじゃないのか?」と尋ねました。

すると驚く返事が返ってきました。

「スプーンがないから食べられません。」

頭にくるやら情けないやら・・・悔しいから「お前たちは食べなくて良い!」と怒ってしまいました。

せめて「先生、スプーンどこにありますか? 俺取ってきます!」くらいのことは言って欲しかったのです。しかもその生徒は昨日や今日塾に来た子じゃなかったのですから。

塾の先生が、こんなことを言ってはおかしいのですが、「勉強はできなくても死にはしない」し、「勉強できなかった人でも、立派に働いている人」は大勢います。

しかーし!

挨拶ができなかったり、自分から積極的にお手伝いできない人に立派な人はいません。

若さって素晴らしい!」という人がいます。私もそう思います。

それは「どんどん身体が動くから素晴らしい」のですし、「どんどん色々なことを吸収するから素晴らしい」のです。

「先生! 俺がやってあげますよ!」「俺にやらせてください!」

このような気持ちの良い若者に育って欲しいのです。

就職してからだって、「上司の指示があるまで動かない」ような社員は使い物になりません。

あ! それ私にやらせてください!」って言える人が出世していくんだと思います。

実は私も若かった頃「俺にやらせてください!」って言えないでいました。ある時に上司に消極的な態度でいたことを、こっぴどく叱られました。

確かに私がいけませんでした。それじゃ生き残れないと思いました。

勉強」だって同じことだと思います。

やれ!」と言われるまでやらないようじゃ、できるようになんかなりません。

やれ!」と言われる前に、もうどんどんやっちゃってる生徒は必ず伸びます。

そういう「やったるで! という気持ち」のある若者が大好きです。

で、なぜだかそういう気持ちが溢れているのは「女の子」の方が多いという・・・。

僕は「男の子にも頑張ってもらいたい」のですけど・・・。

そういう話を時々生徒にすることがあります。

すると「生徒の目がキラキラ輝いてくる」ことがあるのです。

そんな瞬間に「あ! この子達またひとつオトナになったな!」って思うのです。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の目がキラキラ輝く学習塾です】

塾の先生の限界・・・【学習塾】

随分と昔の話なのですが、当時中3の男の子のお母様から「息子の暴力」に悩んでいますという相談を受けたことがあります。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

野球をやっている子で、野球の先生の言うことは聞くのですが、家に帰ってくると荒れるのだそうです。姉や母親にひどい暴力を振るって大怪我させることもあったそうです。

そのお母様から「どうしたら良いでしょうか?」と相談を受けましたが・・・・。

それは「私の守備範囲」から大きく逸脱しています。どうにかしてあげたいけど、「専門家」ではないので、どうにもなりませんでした。

しかしなんとかしてあげたかった・・・。

そこで私は「平塚市」や「神奈川県」などの「児童相談所」に電話してみました。

そして後は担当の方が「お任せください!」ということでしたのでお願いしました。その結果そのご家庭はその後良い方向に向かってくれました。

この様に「私の専門外」のことで相談されたことも何度もありました。なんとかしてあげたいけど、どうにもならない『限界』を感じました。しかしその「限界」を超えると、またひとつ引き出しが増えるのです。

私がなんとかしてあげられなくても」、「私の知人なら」どうにかしれくれることもあります。勇気を出して声に出して相談されてみることを強くお勧めします。

自分で言うのもなんですが、長いこと塾の先生をしているうちに「いろいろな引き出し」が増えてきました。普段は全く使うことがない引き出しでも、在る日突然使うことがあります。

こうした家庭内暴力なんていうのも、引き出しのひとつかも知れません。

時々「千と千尋」に出てくる「釜爺(かまじい)」になりたいなと思うことがあります(笑)。

釜爺の引き出しの数ってすごいですもんね。

もしこのブログを読んで下さってるお母様が、家庭内暴力で悩んでいたら、絶対に一人で悩まないで「専門の機関」に相談してください。

家庭内暴力だけじゃなく、デートDVとか色々あるみたいです。とにかく一人で悩むのが一番よくありません!

高校入試や勉強方法などの悩みでしたら、私は専門家ですので、どうぞご相談ください。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、悩めるお母様の味方の学習塾です】

不登校に鍼(はり)が効く?・・・【学習塾】

みなさん「鍼治療」ってご存知ですか? そう「鍼灸院(しんきゅういん)」でやっているあれです。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

この前の日曜日に企業セミナー・異業種交流会がありまして、十数年ぶりにセミナーに参加してきました。昔は「塾業界のセミナー」などよく参加したのですが、内容がナイヨーって感じだったので行くのやめていました。

今回は塾とは関係なく「中小企業」の集まりだったので、気まぐれと言っては失礼なのですが、そんな感じで参加してみました。

セミナーの方は「このブログ」で書く内容ではないのですが、その後の「懇親会」で面白い方達と知り合いになりました。

その方達は「鍼灸治療院」を経営している方達で、KOSHIN学院からクルマで行けば、そう遠くない方達でした。

私ぐらいの年齢になると、やはり「アチコチ痛いんですよね」という話になるんですけど。

鍼灸院の先生方が、鍼を打つと「心や体がラクになりますよ~!」と仰ってました。

へえそうなんだ、行ってみようかなと思った次の瞬間!

もしかしたら不登校の子にも効果ありますか?

と聞いてみました。

すると複数の鍼治療の先生方が「治ります!」とキッパリと言い切ったのです。

だいたい不登校などの場合、学校や塾に行こうとすると頭が痛くなったり、お腹が痛くなったりすることが多いのです。

しかし「医学的」には問題ないと言われて、クスリを出されます。そのクスリも効かないとなると更に強いクスリを処方されます。

でも「強いクスリ」って、当然副作用があります。(もちろんお医者様は分かってて処方されますが)。

頭が痛い→医者に行く→痛みが止まらない→さらに強い薬を処方する→目眩などがひどくなる→ますます学校に行かれなくなる

という負のスパイラルに陥っている人も少なくありません。(私は医師ではないので、迂闊なことは言えませんが)

いろいろな医者に行っても治らなくて、困り果てて「鍼灸院」に来る患者さんは少なくないそうです。

鍼というのは基本的には「血液の流れを良くする」ものですから、血液の流れが良くなれば内臓の具合も良くなるり、気分もスッキリしてくる。だから身体が動くようになってくる。ますます血行が良くなる。結果学校に行かれるようになるというケースがあるそうです。

(もちろん不登校の原因はひとつではありませんので、一概に言えないのでしょうが)

でもだいたい「私に不登校の相談をしてくる子」は、青白い顔をして見るからに血行の悪そうな感じの子が多いのも事実です。

不登校だけでなく「」なんかにも効果があるそうです。 

専門的な医学知識はありませんので、「絶対治る」とまでは、私には言えません。

しかも身体に鍼(はり)を打つなんて、少し怖いんですけどね。

でも取りあえず入試直前なのに、なかなか思うように学校に行かれなくなっている人は試してみる価値ありそうです。

でも鍼治療院って、塾以上に「どこでも良い」というわけにいかない業種ですよね。 

私が知り合った先生で良ければご紹介いたしますので、ご連絡ください。

あ! 鍼をうったけど効果がなかったという苦情は受け付けません。

あくまで「こんな方法もありますよ!」というご紹介です。知っておいても損ありませんよね。

それではまた明日!  See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の心のケアーを真剣に考える学習塾です】

小中学生のお子さんをお持ちのお母さんを応援するブログ