暗記が苦手で困っています・・【学習塾】

暗記が苦手で困っていますという生徒は、特に中1に多いです。

原因は「小学生の頃」と比べると段違いに「覚えること」が多くなるからです。

小学生の場合学校では多くのことを暗記させる先生は少ないですが、中学校では「覚えていないことには」話になりません。

丸暗記では通用しないというけれど!

入試制度がいろいろ変わってきて「丸暗記」は通用しないと言われるんですけどね・・

覚えていないことは使えるわけがない!

のです。

丸暗記だけでは通用しなくなってきたのは事実です。

しかーし!

暗記をしなくて良いわけでは絶対にありません!

生徒によっては勝手に都合良く解釈している子もいますが、絶対にそれは違います。

丸暗記」ではダメなだけなのです。

例えば治安維持法の制定」(1925年4月公布)というのがあります。

これを単に「1925年治安維持法の制定」とだけ覚えるのがダメなのです。

なぜ治安維持法を制定する必要があったかというと、この1925年にはもう一つ大切な法律が制定されています。それが

普通選挙法の制定

です。

普通選挙法ができるまでは直接国税15円以上を納める者にだけ選挙権が与えられていました。

※参照:選挙の歴史

※参照:直接国税15円とは現在の価値でどのくらいか

要するにそれまでは「一部のお金持ち」にしか選挙権がなかったのでした。

つまり「一部の政治家とお金持ち」に都合の良い政治が行われていたとも言えます。

しかーし!

普通選挙法では「25歳以上の男子全員」に選挙権が与えられました。

ということは「誰でも政治に口を挟める」ようになったわけです。
※この時点では女性の参政権は認められていませんでした。女性の選挙権は第二次世界大戦終了後の(1945年8月15日終戦)1945年11月からになります。
※参照:女性の参政権

ただし「あまりにも自由に」政治に口を挟まれることは、当時の政府には大変都合の悪かったのです。

その頃は「社会主義」が台頭してきた頃で、明治政府にとっては認めるわけにいかない考え方でした。
※参照:資本主義・社会主義・共産主義のちがい

その都合の悪い思想や考え方を封じ込めるために「治安維持法」を制定したのでした。

という「れをちゃんと理解していれば」暗記は簡単なのです!

ですから、やはり「覚えてないことには」始まらないのです。

治安維持法・普通選挙法を知らなかったらどうにもなりませんよね。

「暗記しなさい」と言われた生徒の驚くべき行動

最近は中学校でも「憲法前文」を全て覚えなさいと指導する先生は減りました。

私が塾の先生になり立ての頃は、憲法前文を覚えるように指導している先生が多くいました。

ある日中学校で「憲法前文」を全部暗記してきなさいという宿題が出されました。

その時に当時の教え子は「驚くべき行動」に出たのです。

****憲法前文****
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ

****以上*****

これをいきなり全部「書いて」覚えようとし始めたのです。

小学生の時に教師から「漢字は何回も書いて覚えなさい」と指導されたので、それを忠実に実行しようとしらしいのです。

いやいやいや・・

この量を「何回も書いたって」覚えられるわけがありませんよね。

その生徒の親から私に電話がかかってきて「娘が学校の宿題を覚えられないと泣いているんですけど、どうしたら良いですか?」と仰るのです。

すぐに生徒に塾に来てもらって

  1. まず憲法前文の意味を教えてあげ。
  2. 書けるようになる前に言えるようにして。
  3. いきな全部言えなかったら、細かく区切って覚えて。
  4. 区切って言えるようになったら通して言えるようにして。
  5. 最後に「漢字」で書けるようにする。

と指導してあげました。するとこの生徒は1時間もかからずに全て覚えることができました。

いきなり書くのではなくて言えるようにする!

暗記のコツは「まず口で言えるように」することです。

昔はこれを「諳んじる」(そらんじる)と言いました。

私に指導して下さった先生も、よく「諳んじる」んだよと仰ってました。

そらで言えるようにすることが大切!

  1. 意味も分からない言葉は覚えられないし、覚えても意味がない。
  2. 意味が分かったら「そらで言えるように」する。
  3. 最後に書けるようにする。

このことを肝に銘じて、しっかり頑張ってください。

憲法前文のような長い文章を書く時間があれば、その間に口で言えるようにすれば何倍も何十倍も練習できるのです!

そして最後に「もうひとつ」お伝えしたいことがあります。

それは・・

暗記はすればするほど早くたくさん覚えられるようになる!

のです。

つまり訓練すればどんどん上達するということです。

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

効果的な受験勉強の仕方・・【学習塾】

効果的な受験勉強の仕方はありますか?」と時々聞かれるのですけどね・・。

塾によって違うので一概に言えませんが、普通に「公立高校進学」を目指すのであれば

まず最低限「過去問」をしっかりやることです。

神奈川県の場合ですと、あまり昔の問題を解いてもそんなに意味がありません。

下手をすると習ってないことがあったりして返って混乱してしまう危険性もあります。

今年度に関して言うならば過去問は「過去三年間」分もやれば十分です。

これにはちゃんと根拠があります。

  • 現大学2年生の時から神奈川県の入試は100点満点になった。
  • 2016年度に教科書改訂が入っている。
  • 出題傾向が以前は全然違っていた。

ですからあまり昔の問題を解いても、効果的ではないと言えます。
※もちろんやってはいけないわけではありませんが、その時間があれば他のことに時間を使いたいです。

入試にはどのような問題が出題されているか知る!

孫子の兵法に次のような言葉があります。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

簡単に言うと「勝負に勝つ」には、まず「敵を知る」ことが大切ということです。

ですから「入試に勝つ」には、まず「入試を知る」ことが大切なのです。

しかーし!

入試の過去問を回解いただけで終わりにしている生徒がすごく多いのです・・・

KOSHIN学院の中3生の場合、既に過去三年間分の入試問題を解くのが2回目に入っています。

一度全部解いて、テスト直しも「しっかりとやったつもりでも、2度目にもう一度解いても「あまり点数があがってない」ことが多いのです。

一度テスト直しをしてあっても、もう一度解き直してみると「更に分からないこと」を発見することも多いのです。

少し話が古くなるのですが、私が中学生だった頃には「今のように」大手塾などありませんでした。
※大学受験のための予備校はあったけど、公立高校入試のための学習塾などありませんでした。

そこで私は入試の過去問(当時も売ってました)を5回くらいやり直して試験に臨みました。
※全科目やり切れたわけではなかったけど・・・

ちゃんと5回くらい解き直した科目は、そこそこ点数が取れました。
※ただーし半世紀近く前の話なので・・

いろいろなことが当時よりは発展していますが、基本的な学習方法は、そんなに変わっていません。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

です。

まず敵を知らないことにはどうしようもありません。

極端なことを言えば、入試問題過去三年間分の中に「分からない語句が一字一句たりともない」状態にまず仕上げて欲しいのです。

模擬試験や、入試対策問題集を使って仕上げていくのは「過去問を完璧」にしてからです。

KOSHIN学院の中3生の場合、今年度から過去問を2冊ずつ持ってもらっています。

一冊目には、分からなかったことや自分で調べたことを、とにかくドンドン書き込んでもらっています。

もう一冊には何も書き込まずに、再度問題を解く時に使ってもらっています。

また「解答用紙」や「リスニングテスト」はここ(東京学参さんのホームページ)からダウンロードできます。

解答用紙」に書き込むメリットとしては、特に昨年度から入試問題が「マークシート方式」になったので、これに慣れることができます。

昨年度は初年度ということでマークシートも、そんなに複雑ではありませんでしたが、これから少しずつ複雑になっていくことが予想されます。

できれば年内に過去問三年間分は完璧に仕上げて、1月からは毎週土曜日に「入試模試」を行って、どんどん鍛えていこうと考えています。
※点数や時間を意識しての実践形式の学習になります。

下手に満点を取ろうなどと思わないこと!

神奈川県の公立高校で「満点」を取らないと合格出来ない高校はひとつもありません。

昨年度だと平塚江南高校で360点(500点満点中)くらいで合格している子もいます。湘南高校でも400点(8割)解ければ合格できている子もいます。

逆に言えば「あまりにも難しい問題」なんか、TOP校を狙うのでなければ触れなくても良いのです。

KOSHIN学院ではまだ「全ての問題」を解いてもらっていますが、1月になって実践形式に入ったら生徒によって

  • これは解けなければいけない問題
  • これは解いてはいけない問題

生徒1人1人に指示を出す予定です。
※志望校や生徒の学力によって違います。

入試だけは普段の試験と違います!

私は「普段の試験」では、単なる点取りゲームではなくて「しっかりとした実力」を身につけることができるように指導しています。

しかーし!

入試だけは違います!

いかに合格に必要な点数を取るか!

これに尽きると思います。

合格に必要な点数は生徒によってみんな違います。KOSHIN学院の中3生には既に「必要な点数」を言い渡してあります。

例えば偏差値下位の高校を目指す子が、偏差値最上位の高校を受験した子でもなかなか正解できなかった問題を解けるようにする必要はありません。

まず「自分ができなければいけない問題」をしっかりと確実に解けるように練習することが大切です。

そして最後に!

今週辺りから「変な熱が出る病気」が流行しています。インフルエンザではないけど、38度以上の熱が続いたりしています。

受験生の皆さん!一生懸命頑張るのは大変良いことですが、

  • しっかりと睡眠をとって
  • 規則正しい生活をして
  • ちょっとでもおかしいと思ったら早めに医者に行き

体調崩して長期寝込まないで済むように気をつけて頑張ってください。

すでに体調が悪い人は、さっさと寝て早くしっかり治して下さいね!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

 

 

効率の良い勉強法と言いますが・・【学習塾】

yahoo知恵袋などを見ていると、多くの生徒が・・

  • 効率よく勉強できる方法ありませんか?
  • 効率よく暗記できる方法ありませんか?

などと書いているのを目にします。

はい、効率よいやり方というのは存在します。私もたまに生徒に教えてあげることもあります。

しかーし!

例えば包丁を使ったこともない人に「効率の良い野菜の切り方」を教えたところで上手に切ることができるでしょうか。

私は大学生の時にレストランでアルバイトをした経験があります。その時に毎朝『段ボール10箱』ものキャベツを千切りにするように命じられていました。

プロのコックさん達は、さすがに切るのが速いくて綺麗です。

私が切ったものはゴツゴツと遅くて、しかも不揃いでまずまずしそうでした。

それでも数ヶ月間毎日のようにキャベツを切っていたら、そこそこ綺麗に切れるようになりました。
※それでもプロの料理人の足下にも及びませんでしたが。

たくさん数をこなしてきたからコソの効率!

毎日毎日たくさんのキャベツを切っていたからこそ、プロの方に「こうやって切ると速いよ!」と教えてもらうと「なるほどぉ!」って思えました。

実は勉強も同じです。

例えば「英語の単語や文章が覚えられない」生徒に、いきなり効率の良い覚え方を教えても覚えられません。

覚えようとして悪戦苦闘することを毎日続けていると、覚えるのが速く上手になるのです。

面倒なことを繰り返し練習することで速くなるのです。

暗記だけではありません!

今KOSHIN学院の中学1年生は学校で「反比例」を習っています。
※進み方が遅すぎる気もしますが

反比例のグラフ

これはY = ーX/6 のグラフですが反比例のグラフでは必ず

_____________________
x -6 -5  -4  -3・・・・・
____________________
y     +1 +1.2  +1.5   +2 ・・・・・
_____________________

と細かく計算して表にあらわしてもらいます。

面倒だけど、ちゃんと表を書いてからグラフを書くと「きちんと理解」することができます。

それを「効率が悪いから」といって「整数の部分だけ書けば良い」と最初から教えてしまうから反比例のグラフが分からなくなってしまいます。

小学生や中1のうちは効率の悪いことも大切

私は小学生や中1には、面倒くさい効率の悪いことを敢えてやってもらうことがあります。
※場合によっては中3生でも

面倒なことを繰り返し練習しているうちに、やはり「面倒だな~!」と生徒も感じるようになります。

こんな面倒なことやってたら終わらないなぁ・・もっと簡単なやり方無いかなぁ~?

このことに生徒が「自分で気がつく」ことが大切なのです。

自分で気がついてから「効率の良いやり方」を教われば、それはかなり身につくのです。

生徒が自分で苦しむ前から「効率の良いやり方」を教えようとするから、勉強が苦手な子が増えてしまうのです。

というよりも「自分で考えることができない子」が増えてしまうのです。

勉強時間を短くしたいと思っている人へ!

例えば神奈川県公立高校の入学試験の場合ですと

1科目解くのに50分かかります。

解いた問題のテスト直しに50分かかったとします。

これだけで100分(1時間40分)かかります。

それが5教科あるので、入試の過去問を1年間分やるだけで

500分(8時間20分)かかります。

分からない問題が多かった生徒は、もっと時間がかかります!

その絶対的必要時間を確保しなければなりません!

それなのに、一日に5分~10分程度勉強したくらいで「高校に合格したい」なんてね・・・

はっきり言ってふざけるな! ですよ。

特に「勉強する時間がありませんでした」とか言ってる子なんですけどね・・・

私はそんなことを言ってる子は大嫌いです。

しかーし! そんな子でも

  • ゲームをする時間はたくさんあった。
  • テレビを見る時間もたくさんあった。

わけですよ。

私の目から見て、確かに「これ以上は無理だな」と思える生徒って、ほんの少ししかいません。せいぜい百人に一人くらいじゃないかな。

あとの99人は優先順位が試験勉強よりもゲームやスマホなだけなんですよ。

しかーし!

この500分を本気で頑張っている子達は、最初は500分かかったことでも、次からはもっと短い時間で要領よくこなすことができるようになってきます。

これこそが「効率的な勉強法」だといえます。

どんどん一生懸命頑張っていれば、否が応でも効率的に学習できるようになってくるんですね。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾です!】

 

 

持つべきものは卒業生!・・【学習塾】

自分が悪いのですが、このブログwordpressというのを使って書いているのですが・・・

なんとおよそ「1ヶ月分」のブログを誤って削除してしまいました。

中2の男子が「塾長!ブログ読めないですよ!」って教えてくれたのですが、自分で間違えて消してしまっていたことに気がついた時には・・・

もはや私の力だけで復旧することは困難な状態になり、このブログを作った時にお世話になった20年前の卒業生に連絡して、窮地から救って頂きました。

いつも卒業生に助けてもらってる私

塾を始めたばかりの時は卒業生はいなかったので、何から何まで自分でやるしかありませんでした。

もとより「全て自分でやる!」という覚悟でKOSHIN学院を作りましたので、そんなにツライという感じはしませんでした。

しかーし!

塾を続けていくうちに「自分のチカラだけではどうしようもないこと」に直面し続けてしまいました。

  • 生徒の指導に関すること
  • 塾のパソコンなどの設備に関すること

その他諸々なことで卒業生の皆さんのお力をお借りしています。

先日の保護者面談では、お隣の「井筒屋さん」(和菓子店)の若旦那(同じく20年前の卒業生)に、お母様方にお配りするお菓子を作ってもらいました。

改めてそう考えてみると、KOSHIN学院は「個人塾」なので1人で頑張っているようですが、実は多くの皆さんのお力をお借りしながら今日までやってきました。

生徒や卒業生の「保護者の方々」からも色々助けて頂いております。

  • 昨日は中1生のお母様から大量のミカンをいただきました。
  • 今日は中3生のお母様から大量のリンゴをいただきました。
  • 先日はジュースだのお菓子だのの差し入れをいただきました。
  • 卒業生が自分の家の庭でなった柿をもってきてくれました。

ものを頂いたから言うわけではありませんが、こうしたものひとつひとつに、「塾長! 頑張ってねぇ~!」という気持ちが込められていることをヒシヒシと感じます。

やっぱりKOSHIN学院を続けてきて本当に良かったと思います。

そして今日またひとり「新しい生徒」が仲間に加わってくれました。

ものすごい頑張り屋さんでしてね、私はこういう生徒さんが大好きです。

KOSHIN学院は「一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾」です!

それには私が元気でないといけませんね!

これからも卒業生や保護者の皆様のお力をお借りしながら、もっともっと生徒の皆さんに喜んでいただける学習塾にしていこうと改めて決意いたしました。

みなさん! 本当にありがとうございます!

年末ジャンボ10億円当選したら、卒業生全員とそのご家族をハワイ旅行にご招待したいと思っております(*^-^)v

それでは今日はこのへんで。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾です!】

小中学生のお子さんをお持ちのお母さんを応援するブログ