親と子ども。気持ちのすれ違い・・【学習塾】

みなさんはジャネーの法則ってご存知ですか?

簡単にいうと

“50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。”

つまり「50歳に感じる1年の長さが、1歳で感じる7日分」ということなのだそうです。

親の感覚と子どもの感覚の差!

おなじ1日という物理的な時間ではあるけれど、

  • 50歳なら 18250分の1日
  • 15歳なら5475分の1日

親子で「1日」に対する意識が3分の1になっちゃうのです。

つまり「」が入試まで「あと100日だよ!」と思っても、中3生には「300日くらい先のこと」みたいに感じるということなんです。

もちろんこれは「今日の時点」での話です。

さすがに「1月」になると、中3生もかなり焦り始めます。

ですから「1月」になったら、中3生をかなり長時間勉強させても、それなりに文句も言わずに頑張るようになるのです・・・。

しかーし!

だからこそ「ある程度上位の高校」を目指すのであれば、他の生徒が余裕かましている間に差をつける必要があるんです。

つまり1月になって焦ったところで、どうしようもないということなの。
※それなりにしかできないの。

神奈川県公立高校入試まであと127日

神奈川県公立高校入試まで、あと127日です。

でもオトナからしてみたら、あと40日くらいしか無いように感じるんです。

そういう私も、そんな気持ちになりそうになることがあります。

ただ私は「プロ」ですから、すでに127日の計画は頭に入っています。

127日間「やるべきことをちゃんとやれれば」公立高校入試は必要以上にビビる必要はありません。

しかーし!

何の計画性もなく、時間に対する意識もなく、ダラダラと高校入試を迎えてしまったら大変なことになります。

はっきり言っちゃおうかな!

何も勉強しないで入試を迎えるのと変わらないんです!

何も勉強しないどころか、ただ不安な127日を過ごしてしまい、最悪の結果を招きかねないということなんです。

入試に対する意識が高い子は

  • スマホは親に預けてしまう!
  • LINEやTwitterは封印してしまう!
  • とにかく勉強に集中する!
  • とにかく勉強をやり始めてしまう!

などということを、もうすでに始めています。

入試に対する意識が低い子は

  • そもそも入試前だというのに親が平気で塾を休ませる。
  • 勉強しろ!」と子どもに言って、親はテレビを見てる。
  • 時間に対する意識もなく、ゲームやスマホばかりいじる。

これじゃ、お話になりません。それでいて「」に通ってるとか笑止千万です。

子どもに「勉強しろ!」と言うからには

だんだん中3生がナーバスになってきました。

かつて私は驚きの大失敗をしたことがあります。

中3生の英語の授業で、「秋」って英語でなんて言うか? という問題を教えていた時のことです。

答えは「autumn」そして「fall」というのもあります。

Autumn」は「収穫期」を意味するラテン語が語源だとされています。

一方、「Fall」は「fall of the leaf(落ち葉)」から生まれた言葉です。

古くはどちらも使われていましたが、次第にイギリスは「Autumn」を、アメリカは「Fall」を好んで使うようになりました。

なんていう話をしていたら、1人の中3女子が泣きながら「先生なんか大っ嫌い!」と言って塾を飛び出して行っちゃったんです。

すぐにその生徒のお母さんに電話をして、状況を説明していたら、とりあえず無事に帰宅しれくれたので、少しはホッとしたんですけどね。

あとで、その子に「泣いて飛び出した原因」を聞いてみると・・・

「だって先生が、授業中に『落ちる』とか言うんだもん!」

当時私はまだ新米で、そこまで生徒の気持ちに思いが巡りませんでした。

しかーし!

よく考え直してみれば、本当にその通りで、入試直前の生徒に「fall:落ちる」を楽しそうに話をするべきではありませんでした。
※忘れられない思い出です。クマちゃん(その子のニックネーム)、元気に頑張ってるかな? もう40代後半になってるね。あの時は本当に申し訳ありませんでした。

この時期の中3生にやみくもに「勉強しろ!」じゃダメなんです。

具体的に何月何日まではこういう勉強し、そこから年内はこういう勉強をし、1月になったらこんな風勉強するということを、ちゃんと説明してあげなくてはなりません。

しかーし!

これは、やはり「経験豊富なプロ」に任せて欲しいんです。

保護者の方は、お子さんの体調管理。精神のバランスの安定。などを心がけて欲しいです。

お子さんの話を聞いてあげるのは良いですが、必要以上にアドバイスすると混乱してしまいますよ!

最後にもう一度繰り返します。

オトナと子どもでは「時間に対する感覚が違う」のだと意識して、お子さんと接してあげてください。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

勉強とはなんだ? 子育てとはなんだ?・・【学習塾】 

数年前のことだ。今日のように雨が降っていた日があった。

中3男子数名が「雨が降って風邪気味だから塾を休みます。」と言ってきた。

その一方で中1女子数名が、雨の中カッパを着て塾にやってきて一生懸命難しい問題に取り組んでいた。

別に身体に問題があるわけではない、むしろ野球で身体を鍛えている中3男子が雨が降ったからと塾を休む。

部活も一生懸命頑張った中1女子が、雨ニモマケズ塾にやってきて頑張ってる。

なんだこれ? あべこべじゃないのか?

このブログでも、何度も「男の子が弱い」と書いてきた。

ある先生によれば「男の子なんて、そんなもんよ」なのだそうだが、私も男である。

男には男の意地ってもんがあるだろう・・・。

勉強ってなんだ?

こうした精神面の弱さも問題なのだが、今の世の中平均して女子の方が強くたくましくなっている。

勉強面でもそうだ。女子の方が好奇心旺盛なのだ。

そもそも「学問」なんていうものは、好奇心が高じたものが体型的に整理されたものである。

ちょっとこの動画を御覧いただきたい。

勉強の楽しさというのは・・

  • これどうなってるの?
  • どうやってやるの?
  • どうすればできるようになるの?

と、「好奇心」を満たしていくことにあるのではないだろうか。

その「好奇心」が、男子よりも女子の方が旺盛なのである。

私は「ひとりの男性」として、とても気になっている。

ところで「私自身は?」というと、とても好奇心旺盛である。

特に「新しい最新の技術」が大好物である。

そのせいで、KOSHIN学院には

  • windows10のパソコンが3台
  • MacBookProが1台
  • iPadProが1台
  • iPadが3台
  • iPhone7が1台
  • iPodtouchが1台
  • andoroidoタブレットが1台
  • AppleTVが2台

って、スティーブ・ジョブズが築いた罠にどっぷりハマっているではないか・・。

そして今度はApple Watchが気になってたまらない・・

とにかく「自分でいろいろいじって、いろいろなことをできるようになりたい」のである。

今までの塾であれば、パソコンはプリントが作れれば十分であった。エクセルの表計算も便利だが。

しかーし!

今、教育業界はまさに「黒船の来航」なみの大きな変革が起きている。

平たく言えば「インターネットを活用した授業」である。

まだ確立されたとはいえない分野だが、それだけに私の好奇心を大いにくすぐるのだ。

私の作った「動画授業」でも、女の子の方がすぐに飛びついてくる。その様子をみた男の子が遅ればせながら、女の子の真似をしているような感じだ。

男の子達も、もっと好奇心旺盛になって、いろいろなことに挑戦してもらいたい。

子育てとはなんだ?

雨が降ったからとすぐに休む男の子。
※危険な思いをして塾に来いと言ってるのではない。

そんな風に育った男の子が、数年後に「社会人」となり、厳しい企業戦士となって働けるのだろうか。

会社に勤めるようになった男の子が

  • 今日は雨が降って寒いから会社休みます。
  • 少し風邪気味なので会社休みます。

そんなんで、世の中やっていかれるだろうか。

自然界では「子育て」とは、「自分の子どもが自分で餌を見つけて、自分で捕まえられるようにすること」なのだ。

決して「可愛い可愛い」と過保護にすることではないはず。

最後にもう一度繰り返す。

  • 子ども達の好奇心を育てるように大人は尽力しよう!
  • 自分で餌を取ってこれるような人間に育てよう!

及ばずながら、私も若者達が「自立できるように」なるように影からサポートしていきたい。

それでは今日はこの辺で。また来週!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

勉強を教えるのは、ものすごくエネルギーが必要!・・【学習塾】

小中学生に勉強を教えるときのことなんですけどね。

成績の高い子だけ集めて授業するのは、そんなにエネルギー使わないんです。

言葉が悪いけど、こちらが「知ってること」を伝えれば、相手が勝手に分かってくれますから。

ところがギッチョンチョン

勉強苦手な子」を引きずりあげようと思うと、とてつもなくエネルギーを消耗します。ウルトラマンではありませんが「3分」もするとクタクタになります。

せっかく休日のんびりして、体力を回復しても「3分」で元通りヘロヘロになっちゃうんです。

生徒だって頭がもうろう状態に!

私がまだ大学生だったらころ、いとこの女の子が当時小学校3年生でした。

軽い気持ちで、いとこの「家庭教師」を引き受けたのですが、ちょっとお勉強が大変なことになってたんです(笑)。

ある日2時間ほど徹底的に算数の問題を解いてもらったんですけどね。

最後の方は意識朦朧(もうろう)状態になってきました(笑)。

しまいには「3+5はいくつ?」なんて聞いても、もう頭が動かないんです。

えっと20?」とかもう意味不明な答え連発でした。

しかーし!

このくらい徹底的にやったことで、いとこに大きな変化が現れてきました。

あたし算数好き! わかるようになってきた!

と言い出したのです。計算力も随分ついてきましてね。

その後は高校卒業するまで「数学だけは得意だよ♪」って言ってました。

当時の私はまだ大学生でしたので、今のようなスキルがあったわけじゃありません。

ただ若さだけで、いとこと勝負してたんです。

おそらく頭を使うということを学んでくれたのかと

私のいとこ女の子でしたし、周りのオトナから随分可愛がられて育っていました。

自分のいとこを褒めるのもなんですが、いつもニコニコしている可愛い子でした。

ですから親や周りのオトナも、そんなに「勉強しなさい!」と言うこともなかったんです。

しかーし!

小学校3年生ともなると、学校の中では「かなりの学力差」がうまれてしまっているんです。

当時の私は、そんなことを知る由もなくて、とにかく「できるようにしてやろう!」とガンガン勉強させちゃったんです(笑)。

そしたら「頭を使う」ということが分かって、それが嬉しかったようで。

その後はどんどん自分から算数の問題を解くようになってくれました。

この経験が「私には大きかった」のだと、今振り返るとそう思うのです。

だから今でも時々ガンガン勉強させちゃう時があります。

お勉強が苦手で、すぐにポケーッとしちゃう子は「いつの時代」もいます。

そういう生徒に頃合いを見計らってガンガン勉強させちゃうことは、今でもよくやっています。

私がガンガンに勉強させちゃう時は、次の2つの場合です。

  1. 今ここでガンガンやれば、この子は必ず上昇できると思った時。
  2. この子には色々なことをしたけど、もう最終的にこうするしかない判断した時。

二番の場合はつらいです・・・

この2ついずれの場合も「生徒は大変」だと思います。大変なのは分かっているけど、やはり「ここぞ!」という場面があるんです。

特に「1番」の「ここぞ!」の時は、しばらく保護者の方もツラいんです。

場合によっては、塾から「泣きながら帰ってくることもある」からです。

あっ! 

言っとくけど、私は生徒を泣かして喜んでいるようなドSな人間じゃありませんからね!(笑)

生徒が涙をポロポロ流しながら勉強する場面は、年に一度くらいはあるんです。

そんな時は、私だって心の中で大泣きしているんです。

でも、そういう大変な思いを乗り越えてくれた生徒は本当に可愛いです。

私のカラータイマーは3分で点滅をしているんですけど、それでもなんとかして生徒をできるようにしてあげたいの。

正直なことを言えば、私も「できる子だけ集まってくる塾」にしたいとは思います。

でもね!

先生助けて~!」って言われたら断れないんですよ。

そしてまた大変なことになって、カラータイマーが点滅どころか、予備電池のそのまた予備の予備の予備くらいのところで戦うの。

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

新しい生徒が入塾したら最初にチェックすること・・【学習塾】

新入塾生がきたら、私が最初にチェックすることを書きますね。

なかには「ドキっ!」としちゃう方もいらっしゃるかも知れませんが、そんな厳しいことではありません♪

  1. 挨拶はできるか。
  2. ちゃんとお返事ができるか。
  3. ノートは綺麗に書けているか。

ほとんどの子は「1番」と「2番」は大丈夫なんですけどね・・・

問題は「3番」の、「ノートは綺麗に書けているか」です。

次の写真をごらんください。

だいたい平均的なノートです。中学生の男の子で、このくらい書けていれば「まあまあ」な方です。

このノートの書き方に、私が指導を加えるとこうなります。

明らかにノートが「見やすく」なりました。字が上手とか下手とかは仕方のないことなんですけどね・・

ノートが見やすくなっていれば、「どこを間違えたか」をチェックする時も、とてもしやすくなります。

ノートを見やすくするコツは・・

行間のスペースを少し多めに取ること!

なのです。

分数の計算が苦手な子ほど、ノートに無理矢理数字を詰めて混んでいます。

約分なんかしようものなら、「どこに何が書いてあるか不明」になるほどグチャグチャになってしまっています。

だからノートの書き方は大切なんです!

ノートが滅茶苦茶汚くても成績が良い子はいます。

しかーし!

ほとんどの成績が普通かそれ以下の生徒は「ノートがグチャグチャ」で、どこに何が書いてあるか不明な状態なことが多いです。

特に男の子のノートは・・・

もうね、目眩がしそうな子が多いです(>_<)。

ノートって、その生徒の「頭の中」を表しているんです。

ノートがグチャグチャということは、頭の中も整理されてなくてゴチャゴチャなの。

私は生徒が「最初から全問正解」する必要はないと思っています。

というより、全問正解できるくらいなら塾なんか要りませんよね(笑)

大切なのは

  • 「間違えてしまったあと!」
  • 「分からなかったあと!」

どうするかです。

後で「どこが間違えていたか分かりやすくしておくこと」も、勉強ができるようになるために大切なことです。

なかなか自分の子の成績があがらなくて困っているお母さん!

お子さんのノートは綺麗に理路整然とに書けていますか?

というわけで、今日は勉強する上で大切な「はじめの一歩」について書いてみました。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

小中学生のお子さんをお持ちのお母さんを応援するブログ