まともな授業ができない教師・・・【学習塾】

KOSHIN学院を今年卒業したばかりの高校一年生が、授業が終わった頃ふらりと遊びに来てくれました。

現役だった頃は、あまり話をしてくれない生徒でしたが、今日はいろいろなことを話してくれました。

こんな時にも「卒業生の成長」を感じるんです。

彼の話によると、彼が通う高校に「ほとんどの生徒から嫌われている教師」がいるのだそうです。

なんでそんなに嫌われてるの?」と聞くと、要するに授業が成立していないのだそうです。

  • 生徒が分かっていようがいまいがお構いなし。
  • 生徒が問題を解く時間を与えない、まだみんな解いてるのに答えを言っちゃう。
  • 「このくらい分かってるよね!」と言って先に進んでしまう。

こういう人はもはや「プロの教師」とは呼べないと思うのです。

生徒達に「勉強を教えること」を生業(なりわい)にしているのに、こんな授業をしてるなんて・・・。

とりあえず与えられたコマ数を消化すれば良いと思っているのでしょうか。
※私が学生の頃にもそんな教師が何名かいました。

塾が尻拭いしてしまうのがいけないのか?

今日は「高校生」の話ですが、時には「中学生」からも同じような苦情が来ることがあります。

それでも、その科目をできないとマズいから「塾の先生」がカバーしちゃうんです。

結果として生徒達は「その先生の科目」の試験も、そこそこ点数を取ってくる。

その先生」は、これで良いのだと勘違いするという悪循環。

少なくとも「プロの教師」を名乗ってるのだったら、こういう「生徒の気持ち」を考えない指導なんてあり得ないですよ。

しかーし!

こういう教師は一部の人間であって、ほとんどの先生が色々工夫して生徒の為に頑張ってくれています。

このことを忘れちゃいけませんよね!

生徒から信頼される教師になるためには!

ここからは「」も「学校」も同じなんだけど、生徒から信頼してもらえる先生になるためには・・

  • まずきちんと授業が成立していること
  • プロなんだから「分かりやすい授業」なんて当たり前
  • 生徒達に興味や関心を持ってもらえる授業
  • 生徒達の学力を伸ばす授業

最低限「これくらい」はできなければ、プロの教師を名乗って欲しくありません。

生徒達に信頼されたかったら、まず「しっかりとした授業」をすることは基本中の基本です。
※指導の方法はいろいろあって良いと思います。

私が高校生の時の英語の教師は「酷い奴」でして、教科書なんか全然説明してくれない。自分の知識をひけらかすだけ。

私がいくら「先生!ちゃんと教科書の授業してください!」と言っても無視。

最後は私もその教師の授業をボイコットしてしまいました。

その時「担任教師」に呼び出され、いろいろ言われましたが・・・
卒業して何十年かしてから「担任教師」にお会いしたのですが、担任もそのことを覚えていて、

あの時は立場上言えなかったけど、あいつはひどかったな。すまなかった。

と謝罪してくれました。私は担任だった先生のことを益々大好きになりました。

教師といえど間違いはあるかもしれないけど、間違いに気付いたなら、相手が学生だと舐めないで真剣に謝罪するべきですよね。

その点「私の元担任」は実に素晴らしい人だったと、今でも感謝しています。

私も常に反省しています!

いろいろな生徒と、いろいろな会話をしていると無意識のうちに生徒を傷つけてしまうことがあります。

何十年この仕事をしていても「ゼロ」にはなりません。

でも、自分が間違えたと思ったら、生徒達に正直に真っ正面から謝罪します。

そうすると、生徒達もちゃんと分かってくれますもん。

しかーし!

これ、特に「若い先生」に言いたいんですけどね、一度「口から出した言葉には責任を持たないと」いけません。

生徒から見て最悪のパターンはこんな時です

先生が生徒を叱ったあと、生徒に機嫌を直して欲しいからと叱ったことを謝罪しちゃうこと。

これは、生徒に嫌われる近道です。

そんなに簡単に謝罪するくらいなら、最初から叱らなければ良いの。

しかも「本当に悪かった」と思って謝罪するのではなく、「生徒のご機嫌をとる」ために謝罪するの。

実は私自身、若かりし頃この失敗をしたことがありました。

生徒達から「総スカン」を喰らわされました。

その時1人の女子生徒が

「先生に叱られたことは、私も もっともだと思いました。だからそれは良かったけど、あたし達のご機嫌を取るために謝ったのは、すごく嫌でした!」

と私に言ってくれました。

彼女のその言葉は、今でもしっかりと私の心に刻まれています。

だから謝罪しないということではなくて、「ご機嫌取り」みたいなことはしないということです。

あとは「感情的に叱る」のもいけませんね。

現在の私」は、叱る時は「心で叱る」ようにしています。

叱っても生徒がついてきてくれるようになりたければ

今の私なら、少々厳しく生徒を叱っても生徒達は真剣な表情で付いてきてくれます。

私の言葉を受け容れて、一層の努力をしてくれます。

しかーし!

いくら私でも、「知らない中学生」を呼び止めて、いきなり叱ったら絶対に反発されるか下手すれば反対にボコボコにされてしまうかもしれません。

KOSHIN学院の生徒が、私の言葉に真剣に耳を傾けてくれるのは、私と生徒の間にしっかりとした信頼関係があるからです。

  • 塾長が言ってるのだから間違いない!
  • 塾長の言ったことを信じてやってみよう!
  • 今までだって塾長の言った通りにやったらできたし!

って生徒に思ってもらえることが大切です。エラソーに書いたけど、私だって100%できてるわけじゃありませんが。

ではKOSHIN学院の生徒は、なぜ私を信頼してくれているのでしょうか。

自分で言うのもなんですが・・

やはり生徒達にちゃんと結果を出させてあげてるから!

だと思うのです。

今日遊びに来てくれた卒業生も、

  • 「塾長が言ってる通りにやって、成績があがらないわけがない!」
  • 「KOSHIN学院の授業のやり方で、できるようにならない方がおかしい!」

と言ってくれました。

決して自慢したいわけじゃなくて、自分でも本当にそうだと思うのです。
※自慢に聞こえたら申し訳ありません。でも本音です。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

 

 

 

中1・中2の勉強は中3より難しい!・・【学習塾】

厳しい言い方だが、塾は中3からで間に合うと思っている保護者が少なくない。

確かに「間に合う生徒」がいるのも事実だが・・・

しかーし!

それは、中3で入塾するまでに、ちゃんと基礎学力を身につけていた生徒の場合だ。

塾に通わず「自分のチカラ」だけで、ある程度の点数を取ってきた生徒であれば、そこに「我々塾の技術」が加味されることによって、大いに成長することがある。

私はあえてそういう生徒の為に、毎年「1名分」だけは中3生枠を残している。
※おっと!これは内緒の話だった。

分数小数の計算もできない子が中3になってから塾に来ても

この時期になって分数・小数の計算もできない中3生でも、「うちに来れば大丈夫ですよ!」と言って受け容れちゃう塾があります。

はっきり言っちゃおうかな

そんな塾は、その生徒が持ってくる月謝に用事があるんです!

え?  KOSHIN学院だって生徒が持ってくる月謝に用事があるんだろうですって??

もちろんです。KOSHIN学院は営利を目的とした個人企業です。

しかーし!

それは指導に対する正当な報酬だと考えています。

どんな生徒でも良いからと受け容れて、月謝を吸い上げるようなことは絶対にしたくありませんし、していません!

ちゃんと効果を出してあげられそうもない生徒は、お預かりしておりません。

例えばこの時期に「うちの子小学生の計算もできてないんですけど」という中3生が入塾を希望してきても、お断りします。

高校入試まで「あと187日」です。約半年で小学校の復習から全てやるのは、いくら私でも不可能です。

中1・中2の勉強は中3の範囲より難しい!

何度もこのブログで書いてきましたが、中1・中2の勉強って本当に難しいと思うのです。

中学1年生に理科の問題を一問教えただけで、ぐったりと疲れてしまうことがあります。

理科だけではありません。国語歴史地理数学英語も・・・

毎年入試直前になって受験生が苦労するのは「中3の範囲」ではありません。

かなり勉強ができる受験生でも「中1の範囲が一番難しい!」と言います。

英語なら中3で習う現在完了関係代名詞よりも、中1で習うbe動詞・一般動詞の使い分けの方が中3生を悩ませます。

社会科は中3では主に「公民」を学習するのですが、入試で大変なのは圧倒的に「地理・歴史」の範囲です。

ですから毎年受験生は死に物狂いで1・2年生の範囲を勉強します。

中1・中2の範囲はものすごく難しいし、学習することも膨大な量になります。

これを「小学校の基礎もできてない生徒」が、入試までに全てやり切るなん不可能です。

高校入試を甘く見てはいけません!

なにも小学生の時から「ガリ勉しろ!」なんていうつもりは全くありません。

しかーし!

やはり「教科書に出てくること」くらいは、しっかり勉強して欲しいです。

もし中1・中2の間は部活をしっかりやって、勉強は中3からなんて思っているなら、それは大きな間違いです!

もう一度繰り返します。

学習塾の先生を四十年近くしている私でさへも、中1・中2に勉強を教えるとクタクタになるほど大変なんです!

それなのに、全然勉強してない生徒が「有馬高校」や「高浜高校」に行きたいなんて簡単に言っちゃうんです。

有馬高校や、高浜高校なら簡単に入れるとか思ってるなら、今すぐにその考えは改めてください!

うちの卒業生が、どれほど頑張って有馬・高浜に進学したか見せてあげたいです。

現在中1・中2のみなさんは元より、小学生の子達もやがてすぐに「この現実」を突きつけられることになります。

今から「やるべきこと」はしっかりやっておきましょう!

それでは今日はこの辺で。また来週お目にかかりましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

そろそろ前期「期末試験」の準備を!・・・【学習塾】

 

KOSHIN学院のある平塚市の公立中学校では、一年を前期と後期に分ける二学期制を採用しています。

二学期制について、言いたいことがあるんですけどね。

しかーし!

ここでガチャガチャ言っても、急に制度が変わるわけじゃないので・・

とにかくあと1ヶ月くらいで「前期期末試験」が始まるということなんです。

地元の神田中学校・横内中学校などでは9月中旬に「運動会」があります。その準備などに気を取られていると、すぐそのあとにやってくる「期末試験」の準備ができなくなってしまいます。

ではいったい期末試験の準備はいつやれば良いのでしょうか?

今でしょう!

と、どこぞの予備校の先生のパクリで申し訳ないけど、これ本当の話です。

期末試験の準備をするためには!

うちの生徒には、毎日のように確認しているのですが・・・

学校の宿題は終わりましたか?

ということなんです。うちの生徒はほぼ全員終わっているとか、あともう少しとかいう状態のようです。

部活で関東大会まで進んだ生徒が、大会が終わって今ヒッシにやってますけどね。それでも今週中に終わらせると張り切ってます。

小学生も「もう終わった!」と言ってましたが、本当かな(笑)。

でもうちの小学生は「やるべきこと」はちゃんとやる子達なので、多分大丈夫でしょう。

試験直前になって、まだワークが終わってないなんてことのないようにしっかり勉強して欲しいです。

もう8月9日です!

だらだらしていると、今度の試験悲惨なことになりますよ!

ちゃんと計画的に勉強してください!

そうは言ってもなかなか自分では勉強出来ない・・・

これが一番問題ですよね。自分で計画的ちゃんと勉強出来る子って、本当に少ないんですよ。
※真面目な生徒でもなかなかできません。

こんな時にはやはり我々「学習塾」を利用していただくのがよろしいかと思います。

あのね! ここでちょっと衝撃の事実を!

お母様の中には、「うちの子全くやる気がないから塾じゃなくて、家庭教師にお願いしようかしら?」と軽く考えている方もいらっしゃるんですけどね・・・。

私の知人に「プロ家庭教師」をしている方が何名かいます。
※学生アルバイトではなく、家庭教師を生業としている人

そのプロ家庭教師の先生方でも

全くやる気のない生徒はどうにもなりません!

とブログやホームページで、たびたび訴えておられます。

この点は学習塾と同じなんですよね。

勉強するのは本人ですから。

やる気はあるけど、なかなか自宅では勉強出来ない!

KOSHIN学院は、そういう生徒のお役に立ちたいと思っています。

やらなくちゃ! 頑張らなくちゃ!

と思っている生徒なら、「現在の学力」は気にしません。

生徒ひとりひとりに合わせた処方をします。
※無理難題を言われても困りますけどね。オール1の生徒を湘南高校に合格させてくれとか・・・

しかーし!

KOSHIN学院は小さな個人塾ですので、すぐに定員になってしまいます。

KOSHIN学院では生徒の募集は「先着順」とさせていただいておりますので、頑張ってみようかなと思う方はお早めにお申し込みください。

現在の空き状況(8月9日現在)

  • 小学生:空席3名
  • 中1:空席2名
  • 中2:空席3名
  • 中3:空席1名

となっております。

それでは今日はこの辺で! また明日!
【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

中学生!いつまでも親に食事を作ってもらえると思うな!・・【学習塾】

KOSHIN学院に入って間もない生徒のことです。

質問に来るのは良いのですが、少しでも分からないと「自分で考えようとせず」なんでも私に質問してくる子がいます。

自分で考えるって、実はとても面倒くさくて大変な作業なんですよね。

そうなんです。「自分で考えるのが面倒くさい子」がすぐに教わりに来るんです。

こうした生徒の場合、入塾して一週間くらいは様子を見てあげますが、徐々に「それではダメ」ということを教えていきます。

なんでも与えてもらえると思うな!

みなさんの大切なお子様を「動物」と一緒にするなとお叱りを受けそうなんですけどね。でも私達も「動物」なんですよ。

動物の場合生後間もない「赤ちゃん」の時は、親がエサを与えてくれます。赤ちゃん達は「口を開けて」待っていれば親が食べさせてくれます。

しかーし!

中学生」になった子達が、いつまでも親がエサを運んできてくるのを待っているだけで良いのでしょうか?

今日の授業中でも「私が教えてくれるのをじっと待っているだけ」の生徒がいました。しかも中3男子です。(仮称:定信君)

このケースでは叱っても仕方ないので、「食事」に例えた話をしました。

定信君に、「君が今していることは、食事で言えば親が料理を全部作ってくれて、全てテーブルに運んできてくれて、しかも食べさせてくれる」のを待っている状態なんだと話しました。

例えば「トンカツを食べたい」と言えば、「親が全て調理してくれて、食べやすいサイズに切ってくれて、口に入れてくる」のを待っているのと同じことななんだよね。

この話を聞いた定信君はもちろん、全生徒が真剣に私の話を聞き始めました。

私が生徒に一番伝えたいこととは!?

トンカツの話のついでなので、トンカツを例にしてみます。

私は生徒達に「トンカツの作り方」を学んで欲しいんです。

そして「自分でトンカツを作って」もらいたいんです。

さらに自分で作ったトンカツを両親や家族に食べさせてあげる人間になってほしいの。

究極の目標は「誰にも真似ができないほど美味しいトンカツを作って、そのトンカツを売って生活できるように」なって欲しいんです。

先日のブログでもゲームばかりやってて困るなんてことを書きましたが、

どうせなら「自分でゲームを作って売る」くらいの人になって欲しいんです。

ドラクエ」や「ファイナルファンタジー」くらいのゲームを作ることができれば、あっという間に数億円を稼ぐことができますよね。

もちろん全員が「とんかつ屋」や「ゲーム開発者」になる必要はありません。

  • 困っている人を助けるのが好きな人
  • 人に物事を教えるのが好きな人
  • お花を育てるのが好きな人
  • 物を売るのが好きな人

みんな違って良いんです。みんなそれぞれ「自分が得意なこと」「興味あること」「自分で出来そうなこと」で、世の中に出て活躍してもらいたいというのが、私の究極の願いなんです。

だから自分でトンカツを作れる人になろう!

お母さんがトンカツを作ってくれて、食べさせてくれるのじっと待っているだけの子が、自分でトンカツを作れるようになるはずがありません。

勉強も同じです。「先生が教えてくれるのをじっと待っているだけ」の生徒が、勉強出来るようになるはずがありません。

塩をかけすぎで、しょっぱくれ食べられないトンカツを作ってしまったら、次からは「塩の分量」をちゃんと考えれば良いだけです。

今はスマホで、レシピをすぐに調べられる時代なんだから、スマホで作り方や分量を調べて作ってみれば良いんです。

何度か作っているうちに、

  • チーズを挟んだらどうか?
  • しその葉をパン粉に混ぜたらどうか?
  • サラダ油じゃなくて、オリーブオイルを使ったらどうか?

などの工夫を加えていけば良いんです。一度もトンカツを作ったことがない人が、いきなりチーズなんか混ぜて揚げたら大変なことになりますよね(笑)。

勉強だって同じです。今はネットで「一次関数のグラフの書き方」とか簡単に調べることができます。

分からないところは、自分で調べて自分でやってみることが上達するコツです。

しかーし!

初めて揚げ物をする時には、母親が油の量や温度など気をつけていてあげないといけません

間違えた方法で揚げ物をしたら、油に引火して大変なことになってしまう危険もあります。

勉強も同じです。

分数の計算もできない子に、いきなり一次関数のグラフを書けと言われてもできません。

ですから段階的に

  • まずこれをやってごらん!
  • それができたらこれ!
  • そこまでできたら、今度はこれをやってごらん!

と道筋をたててくれる人が、そばにいてくれたらドンドン勉強出来るようになります。

KOSHIN学院の場合ですと、「もう私が道筋を立ててあげなくても大丈夫」というくらいに成長したら卒業です。

それが大体「高校入試」の終了と同じ時期なんです。
※だからうちは高校生の指導はやりません。

高校入試を終えた頃には、自分でトンカツを揚げられるような人間に成長しているのがKOSHIN学院の最大の特長です。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

 

小中学生のお子さんをお持ちのお母さんを応援するブログ