子どもを比べるのはやめようよ!

どうしてもオトナは子どもを比べたくなるんですけどね。

 

それがどれほど子どもを傷つけているか知ってますか?

 

私自身も「弟」と比べられ、「同級生」とも比べられながら学校を卒業しました。

 

社会人になってからも「同期入社」の人と比べられ、「同年代」の人と比べられながら生きていました。

 

私はそれがたまらなく嫌でした。

 

例えば「成績で比べられた」としましょう。クラスで成績が一番だったらうれしいですよね?

 

でも学年全体だったら、それほどじゃなかったら劣等感に苛まれることでしょう。

 

学年全体で一位になっても、「平塚市全体」「神奈川県全体」「全国」レベルだったらどうでしょう。

 

最終的には「全国一位って一人しかいない」わけですから、人を比べているようじゃ「たった一人」しか尊敬できないわけ。

 

そんなのおかしいということくらい誰でも分かります。

 

比べられ続けるということは常に「勝ち続けなければいけない!」ということでもあります。

 

どんなに強いスポーツ選手でも「永遠に勝ち続ける」なんて不可能ですから。

 

 

競争するのも場合によっては楽しいでしょう。

 

でもね!

 

それを「楽しい!」と感じられる子は少ないんです。私のように苦痛でしかない子達もたくさんいます。

 

ですから・・・

 

比べるのではなくて、その子の良いところを探してあげて、それを一緒に伸ばしていく。

 

この国がそんな国になることを願って・・・。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】