勉強出来ない子にありがちなこと

 

正直に申し上げますが、KOSHIN学院に入塾の申込に来てくださるお母様で

 

「うちの子は勉強出来るので!」

 

とおっしゃった方は過去26年間でゼロです。

 

ほとんどのお母様が「うちの子勉強出来ないので・・・」と仰います。

 

しかーし!

 

ほとんどの生徒の場合「出来ない!」のではなくて「やり方を知らない!」のです。

 

だからやり方を教えてあげれば、ある程度までならちゃんとやれるんです。

 

とまぁ、ここまではいつも言い続けていることなんですけどね。

 

 

やったらやりっぱなし!

 

うちに来た生徒で、私に注意されることで一番多いのが「やったらやりっぱなし!」です。

 

  • そもそも答えが合ってるかどうかも確かめない。
  • 丸付けをしても、間違った答えを消して正しい答えを書いてお仕舞い。
  • 本当にできるようになったか確かめもしない。

 

こんなことだからできるようにならないのです!

 

KOSHIN学院に新しく入ってきた生徒の90%以上は、まずここからやり直します。

 

 

しかーし!

 

ちゃんと教えてあげればできるのですから、それまで教えた人達の責任と言わざるを得ないでしょう。

 

 

兵庫県明石市の学習塾「尾方塾」の塾長先生が次のようにTwitterで呟いて(つぶやいて)おられます。

 

尾方先生とは昨年岡山&兵庫に遠征した際お会いしましたが、実に実直な方という印象でした。

 

その尾方先生も「特別なことをするのではない」と仰っています。

 

私はそもそも「※※式なんとか勉強法」なんていうのは相手にしてません。勝手にどうぞと思っています。

 

先ほども申し上げましたが、

 

  • そもそも答えが合ってるかどうかも確かめない。
  • 丸付けをしても、間違った答えを消して正しい答えを書いてお仕舞い。
  • 本当にできるようになったか確かめもしない。

 

こういうことをまず矯正してあげることが大切です。そして「ノートの書き方」など細かい修正をしてあげます。

 

こういうことができるようになって初めてガンガン問題演習が始まるのです。

 

まだ基本中の基本も出来てない子に「大量の宿題を出す」なんて、全く生徒のことを知らないど素人がやることです。
※はい、塾の先生になり立ての頃の私のことです(>_<)

 

えっ?「なんだぁ、今日も当たり前のことしか書いてないじゃん!」ですって?

 

はい、その通りでございます。

 

当たり前のことを確実にやる以外の方法なんかありません!

 

しかーし!

 

これが一番難しいのです。できるようになる前にあきらめてしまう子が多いのです。

 

そうした子のモチベーションを高めてあげるのも「塾の先生」のなすべきことです。

 

これ本当に難しいですが、できると生徒も私も嬉しいです♪

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】