休校で一番困る学年は?・・【学習塾】

 

今日はあくまで「KOSHIN学院」の場合ということで話を進めさせて頂きます。

 

さて学校休校も早くも『3ヶ月目』になりました。KOSHIN学院として一番困っている学年はというと・・・

 

ずばり中1です!

 

多分皆さん『受験があるから中3でしょう?』と思われたと思います。もちろん中3も困っています。なんと言っても来年の入試が普通に行われるか心配ですものね。

 

しかーし!

 

私の悩みで一番大きいのは『中1』です。

 

 

なぜ中1が一番困っているのか?

 

中学1年生と言っても、実際に中学に通ったのは入学式の1日だけだからです。

 

すなわちほとんどの中1生は『中学生になった』という自覚がない(>_<)

 

それでも親がある程度付きっ切りで面倒をみることができればまだ良いのですが・・。なかなか夫婦共稼ぎなどでそうもいきませんよね。

 

ですから『中学生としての自覚』なんか育たないんです。

 

例年であればそろそろ『中間試験』が始まります。この試験で『中学校の厳しさ』を思い知るのですが、今はそれができません。

 

それでも『塾に通ってきていれば』なんとか生徒達に厳しさをお伝えすることができるのですが・・・。

 

 

中1のこの時期は

 

私は中1生の皆さんに、この時期を利用して『中学での勉強の仕方』をしっかり学んでもらうようにしています。

 

中1のこの時期は『勉強仕方』を身につける方が、点数が上がった下がったよりもずっと大切です。

 

こう言っちゃなんだけど、『点数』なんてテストが難しければ下がるし、優しければ上がります。

 

そこに一喜一憂するのではなくて、『しっかりとした勉強方法』を身につけて頂くことが最優先です。

 

しかーし!

 

困ったことに『コロナ休校』のせいで、中1生達は通塾することができません。オンライン授業も中2や中3ほど参加してくれる子が多くありません。
※ご自宅にWi-Fiがないという方も結構いらっしゃいます。

 

そうなると『なんとかしてあげたい』と思ってもなかなか・・・・・。

 

もちろんあきらめずになんとかしてあげたいと思いますが。

 

 

それに比べて中2・中3は

 

すでに中学生活を経験しているというのは大きなアドバンテージです。経験しているので『ある程度何をどうすれば良いか』を分かっています。
※中1から継続して通ってきてくれている子達はですが

 

小学校・中学1年生からKOSHIN学院に通ってきてくれる生徒の場合は、『ある程度勉強の仕方』が分かっています。

 

ですから『オンライン授業だろうが対面授業だろうが』ある程度問題なくこなすことができます。

 

ただなかなか『オンライン授業』だけで『勉強の仕方』を徹底的に理解してもらうのはなかなか難しいです。

 

ましてや『小学生気分が抜けない中学1年生』に、勉強の仕方をしっかり伝えるのはなかなか大変なことです。

 

これが私が『中1が一番困っている』と書いた理由です。

 

学校の授業を受けたり、部活をやったりなどいろいろなことを経験しながら生徒達は成長していきます。

 

こんなこと言っても仕方ないかもしれんが、やはり早く学校が始まって欲しいと思います。

 

それでは今日はこの辺で! 生徒の皆さん頑張ってネ♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】