「置き勉」って知ってますか?【学習塾】

 

「置き勉」:今時のお母様方ならご存知かもしれません。はい、『学校に勉強道具を置いてくる』ことです。私が学生時代には無かったことです。毎日『教科書を持って帰る』のが当たり前でしたから。

 

確かに教科書とかワークとか重たいですからね(・_・、)

 

しかーし!

 

来週から試験だというのに『学校に勉強道具一式全部置いてくる』生徒がいます。

 

実は『うちの中1男子にひとり』いました・・・。

 

今日はこんなやりとりがありました。

塾長
学校の提出物とかやったの?
生徒
終わってません
塾長
だったら今やってしまいなさい!
生徒
持ってきていません・・
塾長
だったら家に帰って持っておいで!
生徒
家にありません。学校に置き弁しています

 

 

こうしてその生徒が『学校の教科書も課題のワークも』何も家に持ち帰っていないことが判明しました。

人間的に悪い子じゃないんですけどね、『勉強に対する意識』が足りなすぎます。そもそも彼は『試験前なので教科書を持って帰らなくては』という気持ちが無かったようです。

 

こういうのって男の子に多いんだよね(・_・、) 

 

さすがに今日は少し強く叱りました・・・。

 

 

そもそも勉強に対する意識が・・・

 

毎年『この時期の中1男子』とか、『新しく入ってきた中学生男子』にはよくある話です。

 

こうした生徒はそもそも

 

  • これが無ければ家で勉強出来ない。
  • 今日は家で何と何を勉強しなくては。

 

こうした心構えがありません。・・そもそも私の世代の人間からすれば『置き勉』なんてあり得ないことなんだけど。
※その代わりしょっちゅう忘れ物をして叱られてたけど・・

 

これって『勉強する以前の問題』ですよ。

 

それでもアホな教育評論家は『叱らない教育』とか言うんですけどね(・_・、)

 

こんなの叱らなければ直るわけないじゃん。

 

中学生に勉強を教えるというのは、「こういうこと」から教えなければいけないという見本です。数はそんなに多くないけど、けっこうあちこちで見られる光景です。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】