勉強出来ない子の「はい!」・・【学習塾】

 

塾の先生という仕事は「ストレス」との戦いでもあります。

 

「なんで?」って言いたくなるようなことを生徒達は次々とやらかします。そして大抵の場合「やらかす生徒」って決まっています。

 

いろいろストレスがたまることがありますが、私が一番ストレスがたまるのは・・・

 

勉強出来ない子の「はい!」という返事です。

 

塾長
これ分かったの?
出来ない子
はい!

 

塾長
分からないの?
出来ない子
はい!

 

 

何を聞いても答えは「はい」だけ・・・。

 

別に分からないなら『分かりません』と言えば良いだけなのに・・・。何を聞いても『はい』だけ。

 

塾長
これ分かったの?

 

出来ない子
はい!

 

こう言われたら「じゃやってごらん!」って言うしかありません。
そして大抵の場合分からなくてモジモジしてるだけ。勉強している「ふり」が始まります。

 

はっきり言っちゃおうかな?

 

こんなの勉強以前の問題です! そもそも塾に通うとかいうレベルに達していません!

 

あのね!

 

塾って言うのは「分からない問題を分かりやすく説明してくれる場所」なんです。

 

何を聞いても「はい」なんて言うのは「勉強以前の段階」です。これを矯正してくれと言われても『塾では無理』です。

 

ところがギッチョンチョン

 

このことすら分かってない生徒が何年かに1度くらい(多い塾では毎年)入塾を希望してきます。

 

はっきり言っちゃおうかな?

 

こういう子の場合『学習塾』では無理です。こうした生徒を専門にしているところに通ってください。

 

『勉強が出来ない』というレベルではありません。

 

しかーし!

 

ここが難しいところなんですけど、このことをどう保護者の方にお伝えするか。

 

伝え方を間違えると保護者の方を怒らせてしまいますから。

 

でも私は『はっきり』お伝えすることにしています。

 

そうしないと『他の生徒の迷惑』にもなるし、『本人』も大変苦しまなければなりませんから。

 

大変申し訳ないのですが、私は『塾』『職業・商売』としてやっています。矯正施設ではありませんので。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】