学問に王道なし【学習塾】

学問に王道なしとは、学問を修めるのに、安易な方法はないということ。と辞書などで調べると書いてあります。

ここでいう『王道』とは『近道』のことを指しています。

 

何度も繰り返しこのブログで書いていますが、まずは『当たり前のことを確実にやる』と言うことに尽きます。

 

つい最近入塾してくれた新中3生が、is  am are の使い分けもいい加減なまま問題を解こうとして、大変苦戦していました。

 

分からなかったのは仕方ありません。大切なのはこれをしっかり分かるようにすることです。

 

私が一番嫌なのは、せっかく塾に来てくれたのに分からないまま帰らせてしまうことです。

 

 

出来ない生徒の行動パターン

 

  • 分からない問題があっても、質問もせず分からないことを隠そうとする。
  • 分からなかったら 、ただボーッとして時間が過ぎるのを待つ。

これではいくら塾に通っても成績があがるはずがありません。

塾によってはこういう生徒は置き去りにして、出来る子ばかり指導しているところもあります。

 

私は『せっかくKOSHIN学院に来てくれた子』にそんな思いをさせたくありません。

 

  • 分からなかったら、分かるようになれば良い。
  • そのためには、今よりちょっとひと手間加えれば良い。
  • 分からない時は、こうすれば良いんだよ!

 

そういうことを教え続けてきましたし、これからも続けて行くつもりです。

 

学問に王道があるとするならば、それはまず『当たり前のことを確実にやる』ということに尽きると思います。

 

特に新入塾生が多いこの時期は、このことを指導しました。徹底しなければと思いながら授業をしています。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】