「学校の先生へ」カテゴリーアーカイブ

中学生ほど難しい時期はない?・・【学習塾】

もう随分長いこと中学生を中心に指導してきました。

その影響もあるのでしょうが、「中学生」ほど難しい時期はないのではないかと思うのです。
※あくまで私の主観です。それぞれの年代で大変なことがありますから。

  • 小学生に比べるとすごく大人である。
  • 中1と中3では大人と子どもほど体格も違う。
  • 小学校の学習内容から格段に難しくなる。
  • いわゆる思春期、ぐっと大人に近付く時期。

大人扱いし過ぎてもダメ!
子ども扱いし過ぎてもダメ!

なんとも難しい時期です。

だから何十年も「塾の仕事」をしていても「これで良い!」というのが見えないんです。

難しい時期の生徒達にどう接するか?

若い頃から他の先生達と、侃々諤々(かんかんがくがく)と議論を戦わせてきました。

大手塾に勤めていた頃は議論する相手もいましたが、独立してしばらくは議論を戦わす相手もおらず、いつもひとりで悶々としていました。

卒業生達が私を手伝ってくれるようになってからは、「女の子の気持ち」「男の子の気持ち」などについていろいろ話し合いました。

どれほど議論を重ねたか分かりません。随分悩みました。

しかーし!

あるひとつの結論にたどり着きました!

同じ人間じゃないか!

老いも若きも、男も女もなくてみんな人間なの!

そう思えるようになってから、生徒達との接し方がかなり変わりました。

生徒を「ひとりの人間」として接するのです。

すると「生徒達の反応」もすごく変わってきました。

それまでと同じようなことを話していても、ものすごく真剣な表情で聞いてくれるようになったのです。

政治の世界などでも「話し合いで解決」する方法を模索するなんて言ってますけどね・・・

話し合いって「侃々諤々」するものであって、「喧々囂々」(けんけんごうごう)するものではないんですよ。

  • 侃々諤々正しいと思うことを堂々と主張するさま。また、盛んに議論するさま。
  • 喧々囂々多くの人々が銘々勝手の発言をして、やかましいさま。

同じように言葉を発していても、相手に伝わるのは随分と違ってきます。

生徒達と侃々諤々話し合うのは、すごく良いことです。

しかーし!

生徒達と喧々囂々やりあったのでは、何も伝わりません。

もう一度繰り返します。

生徒を「ひとりの人間」と認め、私の気持ちを正しく伝えたいと思って話せば、生徒達に伝わる確率が格段に高くなるんです。

それを「頭ごなしに、上から目線」で、「おめーら!」なんてやっちゃったら、伝わるものも伝わりません。

どうしたら相手に伝わるかを考えましょう!

はっきり言っちゃうけど、どんなに頑張っても話が通じない人もいるのも事実です。なんか言えばすぐにミサイルだの核弾頭だのと騒ぎ立てる人もいます。

しかーし!

ほとんどの人」は、誠意を持って話せば「ちゃんと」受け止めてくれます。

もちろん「中学生」もです!

ただ中学生だと「頭では分かっても行動が伴わない」ということが往々にしてあります。

これがまさに「大人扱いし過ぎてもダメ」という部分なのです。

ではどうするか?

中学生が失敗しても、ある程度までそれを受け容れて「同じことを伝える」ことが大切です。

などと「エラソー」なことを書いている私ですが、若かりし頃は「同じ失敗」を何度も繰り返していました。

それを当時の大人が受け容れてくれて、何度も私を諭してくれたおかげで今日の私があります。

ですから根気強く、生徒に心底伝わるまで諭し続けるしかないのではないかと考えます。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

勉強出来ない子は、まず音読を!・・【学習塾】

ちょっと生徒を指導したことがある人なら、生徒に文章を読ませればすぐに「生徒の学力」が分かると言っても過言ではありません。

勉強出来る子は、ほぼ例外なく「文章を一字一句間違えずに」しかも「感情を込めて」読むことができます。

だから「ちょっと」勉強を教えただけで、その子の実力がある程度把握できてしまうのです。
※これを読んだお母さんは、背筋がぞっとしたかもしれませんね

勉強が苦手な子は音読もメチャクチャ!

もしかしたら「音読」(声を出して読む)のは「国語の時だけ」大切だと思っていませんか?

ではまずこの写真をごらんください。

これは「小学校3年生の算数」の問題です。
※私の字が下手なのがバレます(>_<)・・取り急ぎのメモなので

オレンジ色の○がついている漢字が、生徒が読めなかった漢字です。

例えば①の「朝食」ですが、生徒は「あさごはん」と読みました。

そこで漢字辞典の使い方を教えて、自分で「読み方」をしらべてもらいました。

最初は全く漢字辞典の使い方が分かってませんでしたが、ちょっと教えてあげたら自分で調べることができるようになりました。

そうですね! 答えは「ちょうしょく」です。

調べた読み方をワークに書いておくように指示し、もう一度①の問題を読ませてみました。

ところがギッチョンチョン。

ここで問題が・・・①の文章を・・

  • 「みさきさん」を「みきさん」と読んでしまう。
  • 「時こく」を「じかん」と読んでしまう。
  • 「起きた時こくは7時」を「起きた時こくは7時です」と書いてないことを勝手に発音してしまう。
  • せっかく調べた「朝食」をいつの間にか「ちゅうしょく」と読んでる。
  • 「何時何分後」の「」を抜いてしまう。反対もあり。

全てがこの調子です。

ですから、これらの問題を全然解けずに「勉強しているふり」をしてごまかしていました。

別に私は驚きませんけどね。こういう生徒は何百人も見てきましたから。

しかーし!

このまま放って置いたらと思うとぞっとします!

え? 「それは小学3年生だからでしょ?」ですって?

いやいやいやいや・・・ところがギッチョンチョン

こんな感じの中学生」も結構いるんですよ!

正直なところ「中3生」でこの状態だと、「全日制普通科高校」はあきらめてくださいと言わないといけなくなります。
※定員割れしていると合格できてしまうんですけど・・

さてこの生徒ですが、その後は・・

ここまでの文章だけ読むと、かなり問題のある生徒のようですが、私は「この生徒」が大好きでして。

それは「小学校3年生」なのに、絶対に塾を休まないで来るからなのです。

勉強がちょっとでも分からないと、すぐに泣いちゃうし、分からないと上を向いてボーッとしちゃうんですけどね。

それでも「叱られると」我に返って、涙こぼしながらでもまた一生懸命頑張るんです。

頑張らないなら、私も「知~らない!」って言っちゃうけど、こんなに一生懸命頑張る子を見捨てるなんて私にはできません。

前置きが長くなりました。(ごめんなさい)

私はこの子を私の前に座らせて「何度も音読」してもらいました。

読めない漢字は漢字辞典で調べて、それをノートに書き出させて。

そして「つっかえずにスラスラ読めるようになるまで」何度も繰り返し読んでもらいました。

何回も繰り返して読んだだけで、①~⑥番の問題は解けちゃったんです!

つまりこの子は決して頭が悪いわけじゃなくて、「勉強の仕方」がまるでなってなかっただけなのです。

その状況をそばで見ていた中学生数名が、その生徒が問題を解けたのを見てすごく驚いてました。

中学生達は「何回も繰り返し問題を読むことが、いかに大切か分かった」と言ってました。

その後中学生達も、問題の意味が分からない時は、何度も繰り返して読むようになりました。
※めでたしめでたし

少し長い文章になりましたが、それだけ「声を出して読む」ことが大切だということをお伝えしたかったのです。

もしこのブログを読んでくださってるのが、小学生のお子さんを持つお母様でしたら、ぜひあなたのお子さんに「音読」をさせてみてください。

最初は「短い文章」で構いません。今日掲載した写真の問題程度の短い文で構いませんから、「正確にスラスラ」読めるようになるまで、練習させてあげてください!

そしてスラスラ読めるようになったら、

  • 「朝食」ってナニ?
  • 「登校」「下校」ってナニ?

と質問してあげて、今度は「国語辞典」で意味を調べさせてください。

よくお母様方から、「うちの子は文章題になると手が止まるんです」という相談を受けることがあります。

そんな時は「問題の解き方を教えるのではなく」て、

まず「正しく読めてるか」チェックしてください。そして何度も読ませてあげてください。

そうです!

読めもしない問題を解けるわけがないんです!

全部文章を間違えて、しかも「意味も分からず」テキトーに読んでる生徒、意外と多いですよ!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

まともな授業ができない教師・・・【学習塾】

KOSHIN学院を今年卒業したばかりの高校一年生が、授業が終わった頃ふらりと遊びに来てくれました。

現役だった頃は、あまり話をしてくれない生徒でしたが、今日はいろいろなことを話してくれました。

こんな時にも「卒業生の成長」を感じるんです。

彼の話によると、彼が通う高校に「ほとんどの生徒から嫌われている教師」がいるのだそうです。

なんでそんなに嫌われてるの?」と聞くと、要するに授業が成立していないのだそうです。

  • 生徒が分かっていようがいまいがお構いなし。
  • 生徒が問題を解く時間を与えない、まだみんな解いてるのに答えを言っちゃう。
  • 「このくらい分かってるよね!」と言って先に進んでしまう。

こういう人はもはや「プロの教師」とは呼べないと思うのです。

生徒達に「勉強を教えること」を生業(なりわい)にしているのに、こんな授業をしてるなんて・・・。

とりあえず与えられたコマ数を消化すれば良いと思っているのでしょうか。
※私が学生の頃にもそんな教師が何名かいました。

塾が尻拭いしてしまうのがいけないのか?

今日は「高校生」の話ですが、時には「中学生」からも同じような苦情が来ることがあります。

それでも、その科目をできないとマズいから「塾の先生」がカバーしちゃうんです。

結果として生徒達は「その先生の科目」の試験も、そこそこ点数を取ってくる。

その先生」は、これで良いのだと勘違いするという悪循環。

少なくとも「プロの教師」を名乗ってるのだったら、こういう「生徒の気持ち」を考えない指導なんてあり得ないですよ。

しかーし!

こういう教師は一部の人間であって、ほとんどの先生が色々工夫して生徒の為に頑張ってくれています。

このことを忘れちゃいけませんよね!

生徒から信頼される教師になるためには!

ここからは「」も「学校」も同じなんだけど、生徒から信頼してもらえる先生になるためには・・

  • まずきちんと授業が成立していること
  • プロなんだから「分かりやすい授業」なんて当たり前
  • 生徒達に興味や関心を持ってもらえる授業
  • 生徒達の学力を伸ばす授業

最低限「これくらい」はできなければ、プロの教師を名乗って欲しくありません。

生徒達に信頼されたかったら、まず「しっかりとした授業」をすることは基本中の基本です。
※指導の方法はいろいろあって良いと思います。

私が高校生の時の英語の教師は「酷い奴」でして、教科書なんか全然説明してくれない。自分の知識をひけらかすだけ。

私がいくら「先生!ちゃんと教科書の授業してください!」と言っても無視。

最後は私もその教師の授業をボイコットしてしまいました。

その時「担任教師」に呼び出され、いろいろ言われましたが・・・
卒業して何十年かしてから「担任教師」にお会いしたのですが、担任もそのことを覚えていて、

あの時は立場上言えなかったけど、あいつはひどかったな。すまなかった。

と謝罪してくれました。私は担任だった先生のことを益々大好きになりました。

教師といえど間違いはあるかもしれないけど、間違いに気付いたなら、相手が学生だと舐めないで真剣に謝罪するべきですよね。

その点「私の元担任」は実に素晴らしい人だったと、今でも感謝しています。

私も常に反省しています!

いろいろな生徒と、いろいろな会話をしていると無意識のうちに生徒を傷つけてしまうことがあります。

何十年この仕事をしていても「ゼロ」にはなりません。

でも、自分が間違えたと思ったら、生徒達に正直に真っ正面から謝罪します。

そうすると、生徒達もちゃんと分かってくれますもん。

しかーし!

これ、特に「若い先生」に言いたいんですけどね、一度「口から出した言葉には責任を持たないと」いけません。

生徒から見て最悪のパターンはこんな時です

先生が生徒を叱ったあと、生徒に機嫌を直して欲しいからと叱ったことを謝罪しちゃうこと。

これは、生徒に嫌われる近道です。

そんなに簡単に謝罪するくらいなら、最初から叱らなければ良いの。

しかも「本当に悪かった」と思って謝罪するのではなく、「生徒のご機嫌をとる」ために謝罪するの。

実は私自身、若かりし頃この失敗をしたことがありました。

生徒達から「総スカン」を喰らわされました。

その時1人の女子生徒が

「先生に叱られたことは、私も もっともだと思いました。だからそれは良かったけど、あたし達のご機嫌を取るために謝ったのは、すごく嫌でした!」

と私に言ってくれました。

彼女のその言葉は、今でもしっかりと私の心に刻まれています。

だから謝罪しないということではなくて、「ご機嫌取り」みたいなことはしないということです。

あとは「感情的に叱る」のもいけませんね。

現在の私」は、叱る時は「心で叱る」ようにしています。

叱っても生徒がついてきてくれるようになりたければ

今の私なら、少々厳しく生徒を叱っても生徒達は真剣な表情で付いてきてくれます。

私の言葉を受け容れて、一層の努力をしてくれます。

しかーし!

いくら私でも、「知らない中学生」を呼び止めて、いきなり叱ったら絶対に反発されるか下手すれば反対にボコボコにされてしまうかもしれません。

KOSHIN学院の生徒が、私の言葉に真剣に耳を傾けてくれるのは、私と生徒の間にしっかりとした信頼関係があるからです。

  • 塾長が言ってるのだから間違いない!
  • 塾長の言ったことを信じてやってみよう!
  • 今までだって塾長の言った通りにやったらできたし!

って生徒に思ってもらえることが大切です。エラソーに書いたけど、私だって100%できてるわけじゃありませんが。

ではKOSHIN学院の生徒は、なぜ私を信頼してくれているのでしょうか。

自分で言うのもなんですが・・

やはり生徒達にちゃんと結果を出させてあげてるから!

だと思うのです。

今日遊びに来てくれた卒業生も、

  • 「塾長が言ってる通りにやって、成績があがらないわけがない!」
  • 「KOSHIN学院の授業のやり方で、できるようにならない方がおかしい!」

と言ってくれました。

決して自慢したいわけじゃなくて、自分でも本当にそうだと思うのです。
※自慢に聞こえたら申し訳ありません。でも本音です。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

 

 

 

部活は生徒にとって大切ですが、死亡例も・・【学習塾】

みなさんこんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

ただ今2017年8月8日午前0時03分です。台風5号は滋賀県辺りにいるようです。

こちら平塚では時折強い雨が降ることもありましたが、無事に今日の授業を終えることができました。
※さほど大きな影響もありませんでした。

いつも台風や大雪などが来ると、「今日の授業できるかどうか」すごく悩みます。天気予報から目が離せなくなります。

KOSHIN学院の生徒の保護者の皆様、各家庭の事情により大変さが違いますので、各ご家庭の判断で無理して通塾しなくても大丈夫です。

KOSHIN学院は「毎日」通える学習塾ですから、そんなに無理する必要ないと思います。

夏の部活動で死亡例が。悲惨な現状も

まずは、こちらのホームページをご覧ください。

死亡例も…「夏の部活動」の現状が悲惨すぎる

何度も繰り返しますが、私は部活は良いことだと思っています。
※ただし嫌な生徒は入らなくて良いようにして欲しいけど。強制されるのはいかがなものかと。

しかーし!

それは「健全な肉体や精神」を育てるためであるはずです。生徒を殺してしまうような部活は、もはや部活動とはいえません。

私が言うまでもないことですが、部活の顧問は十分に健康管理・体調管理をしっかりと行ったうえで練習させてください!

一歩間違えたら死ぬ!

このことを忘れないでください。

勉強し過ぎて死んだというのは聞かないけど

さすがに「勉強し過ぎて死んだ」という話はないだろうと思われるかもしれませんが、実はそうでもないんです。

あれは私がまだ「塾の先生になって1年目」の時でした。

とっても勉強が苦手だという「中2の男子」が授業を体験しに来てくれた時のことです。

数学の問題を解き始めて5分ほどした時、突然泡を吹いて後ろにドドーンと倒れてしまったのでした。

目は白くひっくり返っているし。

すぐに呼吸しているか、心臓は動いているかチェックしましたが、呼吸と脈拍はそこそこしていました。

すぐに保護者に連絡して、救急車の手配!

と思ったら、お母様から衝撃の事実を伝えられました。

「うちの子勉強させようとすると、よくこういう状態になるんです。」

そしてお母様が迎えに来られて、連れて帰りました。

この時生まれて初めて「勉強すると死ぬ」人間もいるのだと思いました。

それ以来「極端に勉強が苦手」な生徒が入塾の問い合わせに来られたときは、特に入念に保護者の方と話をするようにしています。

※そういえば、思い起こせば色々な生徒がいました。

血液中には

  • 赤血球:酸素を運ぶ
  • 白血球:殺菌をする
  • 血漿(血しょう):栄養分の運搬・体温調節etc
  • 血小板:空気に触れると固まり、止血作用がある

※参照:血液の成分と働き

実は血液の働きは「中2理科」で学習します。もちろん入試にも何度も出題されているのですが・・

今から30年ほど前、この「血小板が病気」という小学生の男の子がいました。

大変成績の良い子だったのですが、入塾の際にお母様から

「うちの子血小板の病気で、血が出ると固まらなくなって流れっぱなしになってしまうのです。ですからちょっとでも血が出たらすぐに救急車を呼んでください!」

と頼まれたことがありました。

こうした生徒は特別かもしれませんが、それでも私が勤めていた塾に通ってくれました。
※今はどこでどうしているのか連絡の取りようもありませんが。

他にも「ぜんそくの発作が強い子」「アレルギーで食べてはいけないものがある子」など、いろいろな生徒をお預かりしたことがあります。

私は時々「飲み物や食べ物」を生徒にあげることがあるので、今でも入塾の際には、こうした気をつけるべきことがあれば必ず伺っております。

中学生くらいになれば、ある程度「自分で食べてはいけないもの」が分かりますが、小学生なんかだと食べてしまう危険もありますので。

ちっぽけな個人塾でも、こういうことは常に気をつけています。

生徒が嘔吐した時などは、完全除菌するまで生徒を近づけませんし、台所などは、いつも綺麗に掃除しています。もちろん除菌も欠かしません。

でもそれは「生徒を預かる身」としては当然のことだと思います。

まして真夏の炎天下で行う部活では!

学校には熱中症対策などのマニュアルが存在します。

しかーし!

そんなのお構いなしに、狂ったように練習をさせている顧問がいるのも事実です。

ですから現在中学生のお子さんを持つ保護者の方はもちろん、これから中学生になるお子さんを持つ保護者の方も!

部活選びの際に「ただ好きだから」とか「強いから」だけで部活を選ぶのではなくて、こうした安全管理をどのようにしているのかを確認してください。

最後に「これから台風が接近してくる」地域のみなさん(もちろん平塚もそうですけど)、くれぐれも気をつけてくださいませ。

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】