「学校の先生へ」カテゴリーアーカイブ

中学理科のまとめ・・・【学習塾】

数ヶ月前に、とある塾で働いている先生と知り合いになりました。

彼は塾で主に「中学生の理科」を担当しているそうです。

とまあ、塾で理科を教えている先生はたくさんいらっしゃるのですが・・・。

私が驚いたのは「このホームページ」です。

なんと中学で習う理科に関するまとめ

中学理科のまとめ

の全範囲をご自分で作られたのだそうです。

※この画像もご自分で作られて、しかも自由に使って良いとか。
本当にすごいと思います。

自分でやったことがある人なら分かるけど

このホームページを御覧になっても、興味のない方や自分で作ったことがない方からすると

へぇ~・・・とか・・・ふぅ~ん

で終わっちゃうんですけどね。

私達実際に教材を作ったことがある人からすると、これだけのものをプリント等で作るだけでも大変ですが・・

これを全部ホームページにしちゃったというのがすごい!

なかなかこれほどのものを作れるものじゃありません。本当にすごいと思ったので、私のブログの読者の皆さんにもご紹介しようと思いました。

池田先生とおっしゃるのですが、池田先生はこのホームページをもっとすごいものにしようとしていらっしゃいます。

私もどんなホームページになるのか、とても期待しています。

しかも「誰でも自由に」使って良いと書いてあるので、中学生の皆さんや、塾の先生、学校の先生なども活用してみてください。

口で言うのは簡単だけれど!

  • もっとこうすれば良いのに
  • そこはそうじゃなくて

などと他人を批判するのは簡単です。
※私でも出来ます(笑)

お母様方に分かりやすい例を出してみましょう。

いろいろなレシピを見たり、様々な工夫をして作った「お料理」を、ご主人やお子さんが「美味しい」と言って食べてくれれば嬉しいのですが、

その「美味しい」に辿り着くまでどれほど頑張ってくれたか感謝してくれる家族って少なくありませんか?

挙げ句の果てには「この料理嫌い!」なんて言われたら、まさに怒り心頭に発すですよね。

だから・・

お母さん! これ美味しいね~! ありがとう!

と言いながら食事して欲しいですよね。

このホームページを作られた先生も、きっと「生徒の皆さん」の笑顔を想像されながら頑張ってくださったのだと思います。

プリント一枚見ればどんな先生か想像できます!

仕事柄時々学校の先生が作ったプリントや試験問題を拝見することがあります。

うわぁ! このプリントすごいなぁ~!

と思うことがチョクチョクあります。

ただ問題集をコピーして配っただけのプリントに、そんなに感動することはありませんが・・・

これだけのものを作った先生はすごいなぁ!

と驚ろいてしまいうことがあります。

自分でもプリントなどの教材を作ったりしますので、そのプリント一枚に込められた思いみたいなものはヒシヒシと伝わってくるのです。

一枚でも伝わってくるのに、「中学理科のまとめ」のホームページでは「中学理科の全範囲」が網羅してあるのですから、これはもうただただ頭が下がります。

もちろんKOSHIN学院でも、ちょくちょく利用させていただいております。

生徒達って、私が思いを込めて作ったプリントや動画はすごく一生懸命見てくれるんです。

池田先生ほどは作れませんが、私も生徒達により良いものを提供していきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

先生によって態度を変える生徒は伸びない・・【学習塾】

先日進学塾teTsuという学習塾の塾長先生(栗本先生)が、「先生によって態度を変える生徒は伸びない!」とおっしゃってました。

そう言われてみると、確かにその通りだなと思いました。

KOSHIN学院の場合は「常に私が教室にいる」ので、生徒達も態度を変えようがないんですけどね。

ちょっと気になったので、生徒達に聞いてみると「うちの塾生」の中にも、学校の授業中は・・・

  • ふざけて先生の話を聞いていない。
  • 怖くない先生の時はおしゃべりばかりしている。
  • 怖くない先生に対しては、なめた口の利き方をする。

こういうことをしていると、正直に私に言ってくれた子がいました。

ハッキリ言っちゃえば、授業を聴いてもらえないような指導をしている方が「プロの教師」としてどうなんだろうと思いますが・・・

しかーし!

私だって最初は「初心者」でした。それでも回数を重ねに重ねて今日があるわけです。

初心者の先生だから「授業を聴かなくて良い」なんてことは絶対にないです。

ちゃんと教えてもらうべきことは教えてもらわないといけません。

学校の授業の受け方について話しました

私は時々忘れた頃に「学校の授業の受け方」について生徒にお話しすることがあります。

※「学校の授業の受け方」についての詳細は、このブログをごらんください。

  • 先生に勉強を教わっているんだという謙虚さ!
  • 先生の指示に「はい!と気持ち良く」従う素直さ!
  • 勉強が大変できつくても笑顔がある朗らかさ!

こういうものを持ち合わせている子は、どんどん伸びていきます。

勉強だけでなく、野球でもサッカーでもどんどん上達していきます。

文句ばかり言ってたり、教師を批判・批評ばかりしているようじゃいけません。
※確かに教師側が悪い場合もあるけれど、それならば担当教師と納得いくまで話し合えば済むことですから。

簡単に気をつけるべきことをおさらいすると、

【女の子の場合】
ノートを取ることに夢中になって授業を聴いていない。

【男の子の場合】
先生によって態度を変えて授業を聴いていない。

このケースがすごく多いのです。

さすがに私も「学校の授業中」まで、生徒を見張っているわけにはいきません。

ただボーッと座っているなんていう生徒もいますが、こんなに意味がないことは絶対にやめて欲しいです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

それにはまず

教師によって態度を変えるようなことはしないようにする!

このことを実践するように、ご家庭でも指導して頂きたいです。

もちろん「学校」だけではなくて、大手塾のように何クラスもあるところでは、「複数の先生」が授業を担当します。

室長クラスの先生は、しっかりと生徒を指導することができても、まだその域に達しない先生が授業を担当することもあります。

もう一度繰り返します!

初心者の頃の私の授業でも、成績をあげた子はたくさんいます。

ですから先生によって態度を変えるのはやめて、どの先生からでも学べるような謙虚さを身につけて欲しいと思います。

相手によって態度を変えるような人間は「弱い人」ですよ!

あぁ、今日のブログ「かつて私を教えてくれた先生達」がお読みになったらどうしよう・・。ものすごく恥ずかしいです。そっくりそのまま「お前に言ってやる!」と言われること確実(>_<)

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

問題文を全部ノートに書いている生徒・・【学習塾】

時々「問題文を全部ノートに書いている生徒」を見つけることがあります。

遠くからこういう生徒を見ていると、「まるで一生懸命勉強しているように」見えるから要注意です。

私も塾の先生になったばかりの頃は、なかなかそれを見抜いてあげることができませんでした。

一生懸命頑張ってる(ように見える)から、きっと成績上がるだろうなと期待するのですが、結果はやはり惨憺たる(さんたんたる)ものでした。

勉強が分からないけど、叱られたくない

全然勉強分からないけど、何かしていないと「先生に叱られる」と思って自己防衛のためにそうしているのでしょう。

もうひとつの原因は、学校の先生がテスト直しを宿題出す際に、

必ず問題文や図も書いてレポートで提出!

なんていう「作業的」な宿題を出すものよくないのかと。

そんなことをするから、勉強が苦手な生徒は「問題文を綺麗に書けば叱られない」と思ってしまうのかもしれません。

はっきり言っちゃおうかな!

そんなの何の意味もないじゃん!

新しく入塾してくれた生徒達」を見ていると、本当に学校などで「勉強の仕方」を教わってきていないんだなと痛感します。

正しい方法で勉強すれば、必ずできるようになるという当たり前のことを教わってきていない子が多いのです。

そういう生徒の多くは、教師が脱線して面白い話をした時だけ授業に参加するんです。

これは「生徒だけが悪い」わけじゃなく、そういう状態にさせてしまった「教師」「」に原因がある場合が多いですね。

そんなこと言っても教師だって最初からベテランなワケではなく

今ではこうして「エラソー」にブログを書いている私ではありますが、私も最初の頃は「手探り状態」で指導していました。

私が塾の先生になった40年くらい前は、まだ「学習塾」という業態が世間に認知されていませんでした。

それでも学習塾はいくつかありましたが、今のように「指導の仕方の研修」なども充実されていない時代でした。
※今でも充実してない塾もあるようですが・・・

私が「最初に授業をした」時は酷いもので、「明日から英語の授業して!」とだけ言われてお仕舞いでした。

どうやって授業をしたら良いか教えてもらえなかったので、学生時代「学校の先生」がどんな風に授業をしていたか、思い出しながら授業をしていました。

するとしばらくして上司に呼び出され「どんな風に授業してるんだ!」といきなり怒鳴られました。

仕方ないから「自分なりに考えてやってます。」と答えたら・・・

「自分なりじゃダメだ!」

とまた大声で怒鳴られました。今だったら「パワハラ」で訴えられるのかもしれませんが、当時は「パワハラ」なんか普通に横行していました。

今になって考えてみると・・・

今になって考えてみると「当時の上司達」は、「どうやって授業したら良いか」なんて分かってなかったのではないかと思うのです。

  • こういう風にすると生徒がやる気を出すよ!
  • この問題はこうやって教えてあげると、生徒は分かってくれるよ!

まだそういうことが確立されてなかったのだと思います。

先輩がこんな風に授業しているから、それを真似する」ことが研修を受けるということだと思ってましたから。

自分自身、そんな殻を破るのはすごく大変でした!

今KOSHIN学院でしている授業の方法は、誰から教わったわけでもなく、生徒達をじっとみていて・・・

  • こうしてあげた方が良いかな?
  • ああするともっと良いのでは?

と卒業生スタッフ達と、色々話し合いながら築いてきた指導方法です。

問題文を綺麗に書いているだけの生徒に、そうではなくて「ちゃんと内容を理解するように」と指導してあげれば、ほとんどの生徒ができるようになるんです。

もう「できないことを隠さなくて良い」のです!

どこをどう間違えていて、どうすれば良いのか?」を教えてあげてこその学習塾だと思います。

最後にもう一度繰り返します!

もう「できないことを隠さなくて良い」のです!

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

学校の授業をもっと活用しよう!・・【学習塾】

もう随分長いこと塾の先生という仕事をしているんですけどね。

生徒達を見ていると「もったいないなぁ!」と思うことがあるんです。

それは「学校の授業をもっと活用して欲しい」ということなのです。

せっかく毎日学校に通ってるのに、学校の授業をちゃんと聴いてない子がいるんです。

今日の夕飯何かな~?」とか考えながら授業をなんとなく上の空で聞いていたりしてるんです。

それでいて成績があがらないとか、教え方が下手だとか・・・。

下手くそな授業でも成績があがってる子もいる!

塾の先生になり立ての頃の私は、今のように説明することもできませんでしたし、生徒の気持ちを把握しながら指導するなんこともできませんでした。

しかーし!

それでも大勢の生徒が成績をあげてくれました。

当時は「教える技術」なんてありませんでした。
※初心者だから当然なんですけどね。

それでも「私の授業」を聴いてくれた生徒達がドンドン成績をあげてました。

なぜでしょうか?

お願いだから分かって~!

と強い気持ちで授業をしていたからです。

先生:お願いだから分かってくれ~!

生徒:絶対に分かりたい!分からせて~!

こういう信頼関係を作れた生徒の皆さんの成績は気持ち良いほどあがっていました。

ということは!

先生の授業が下手だから勉強ができないというのはウソだということになります。

ですから「お願いだから分かって~!」という気持ちと、「お願いだから分からせて~!」という気持ちが噛み合うことが大切なのです。

私はこのブログで度々iPadなどを使った最先端の技術を取り入れた授業の良さについて書いています。

しかーし!

この「お願いだから分かってくれ~!」という気持ちが、生徒に伝わりにくいのが最大の問題だと思っています。

だから「iPadだけみせておけば、成績があがる」なんてことはあり得ないんです。

学校の授業をもっと活用しよう!

ほとんどの学校の先生は、一生懸命生徒の皆さんが分かるように授業をしています。
※どんな世界にも一部例外な人間はいますが。

ですから「もう一度授業を聴く姿勢を正してみる」ことをおすすめしたいのです。

  • さっきの説明よく分からなかったんですけど、もう一度教えてもらえますか?
  • どうしても文章問題になると分からなくなってしまうのですが、どんな風に勉強すれば良いですか?
  • この前の試験で英語ができなかったんですけど、次の試験に向けてどんなことを気をつけて勉強したら良いですか?

このように、もっと積極的に学校の先生に質問してみて欲しいのです。

もちろんKOSHIN学院の生徒であれば、どんな科目の質問でも私がお答えするんですけどね。

しかーし!

試験問題を作るのは学校の先生なのです!

ですから、ちょっと言葉悪いですが「学校の先生をもっと利用するべき」なのです。

ほとんどの学校の先生は、その場ですぐには無理でも「なんとかして」時間を作ってくれますから。

先生によっては試験前などに「質問タイム」を作ってくれている人もいます。

生徒達のノートなどを見ていると、

  • 「この先生の教え方すばらしいなぁ~!」
  • 「このプリントかなり気合い入ってるなぁ~!」

と思うことがよくあるんです。

せっかく毎日学校に通っているのですから、どんどん学校を活用してください。

もちろん、私も助けてあげますから。

塾に行ってるから学校の授業を聴かないなんていうのは論外です。

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう!
※このことについてブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】