「学校の先生へ」カテゴリーアーカイブ

まともな授業ができない教師・・・【学習塾】

KOSHIN学院を今年卒業したばかりの高校一年生が、授業が終わった頃ふらりと遊びに来てくれました。

現役だった頃は、あまり話をしてくれない生徒でしたが、今日はいろいろなことを話してくれました。

こんな時にも「卒業生の成長」を感じるんです。

彼の話によると、彼が通う高校に「ほとんどの生徒から嫌われている教師」がいるのだそうです。

なんでそんなに嫌われてるの?」と聞くと、要するに授業が成立していないのだそうです。

  • 生徒が分かっていようがいまいがお構いなし。
  • 生徒が問題を解く時間を与えない、まだみんな解いてるのに答えを言っちゃう。
  • 「このくらい分かってるよね!」と言って先に進んでしまう。

こういう人はもはや「プロの教師」とは呼べないと思うのです。

生徒達に「勉強を教えること」を生業(なりわい)にしているのに、こんな授業をしてるなんて・・・。

とりあえず与えられたコマ数を消化すれば良いと思っているのでしょうか。
※私が学生の頃にもそんな教師が何名かいました。

塾が尻拭いしてしまうのがいけないのか?

今日は「高校生」の話ですが、時には「中学生」からも同じような苦情が来ることがあります。

それでも、その科目をできないとマズいから「塾の先生」がカバーしちゃうんです。

結果として生徒達は「その先生の科目」の試験も、そこそこ点数を取ってくる。

その先生」は、これで良いのだと勘違いするという悪循環。

少なくとも「プロの教師」を名乗ってるのだったら、こういう「生徒の気持ち」を考えない指導なんてあり得ないですよ。

しかーし!

こういう教師は一部の人間であって、ほとんどの先生が色々工夫して生徒の為に頑張ってくれています。

このことを忘れちゃいけませんよね!

生徒から信頼される教師になるためには!

ここからは「」も「学校」も同じなんだけど、生徒から信頼してもらえる先生になるためには・・

  • まずきちんと授業が成立していること
  • プロなんだから「分かりやすい授業」なんて当たり前
  • 生徒達に興味や関心を持ってもらえる授業
  • 生徒達の学力を伸ばす授業

最低限「これくらい」はできなければ、プロの教師を名乗って欲しくありません。

生徒達に信頼されたかったら、まず「しっかりとした授業」をすることは基本中の基本です。
※指導の方法はいろいろあって良いと思います。

私が高校生の時の英語の教師は「酷い奴」でして、教科書なんか全然説明してくれない。自分の知識をひけらかすだけ。

私がいくら「先生!ちゃんと教科書の授業してください!」と言っても無視。

最後は私もその教師の授業をボイコットしてしまいました。

その時「担任教師」に呼び出され、いろいろ言われましたが・・・
卒業して何十年かしてから「担任教師」にお会いしたのですが、担任もそのことを覚えていて、

あの時は立場上言えなかったけど、あいつはひどかったな。すまなかった。

と謝罪してくれました。私は担任だった先生のことを益々大好きになりました。

教師といえど間違いはあるかもしれないけど、間違いに気付いたなら、相手が学生だと舐めないで真剣に謝罪するべきですよね。

その点「私の元担任」は実に素晴らしい人だったと、今でも感謝しています。

私も常に反省しています!

いろいろな生徒と、いろいろな会話をしていると無意識のうちに生徒を傷つけてしまうことがあります。

何十年この仕事をしていても「ゼロ」にはなりません。

でも、自分が間違えたと思ったら、生徒達に正直に真っ正面から謝罪します。

そうすると、生徒達もちゃんと分かってくれますもん。

しかーし!

これ、特に「若い先生」に言いたいんですけどね、一度「口から出した言葉には責任を持たないと」いけません。

生徒から見て最悪のパターンはこんな時です

先生が生徒を叱ったあと、生徒に機嫌を直して欲しいからと叱ったことを謝罪しちゃうこと。

これは、生徒に嫌われる近道です。

そんなに簡単に謝罪するくらいなら、最初から叱らなければ良いの。

しかも「本当に悪かった」と思って謝罪するのではなく、「生徒のご機嫌をとる」ために謝罪するの。

実は私自身、若かりし頃この失敗をしたことがありました。

生徒達から「総スカン」を喰らわされました。

その時1人の女子生徒が

「先生に叱られたことは、私も もっともだと思いました。だからそれは良かったけど、あたし達のご機嫌を取るために謝ったのは、すごく嫌でした!」

と私に言ってくれました。

彼女のその言葉は、今でもしっかりと私の心に刻まれています。

だから謝罪しないということではなくて、「ご機嫌取り」みたいなことはしないということです。

あとは「感情的に叱る」のもいけませんね。

現在の私」は、叱る時は「心で叱る」ようにしています。

叱っても生徒がついてきてくれるようになりたければ

今の私なら、少々厳しく生徒を叱っても生徒達は真剣な表情で付いてきてくれます。

私の言葉を受け容れて、一層の努力をしてくれます。

しかーし!

いくら私でも、「知らない中学生」を呼び止めて、いきなり叱ったら絶対に反発されるか下手すれば反対にボコボコにされてしまうかもしれません。

KOSHIN学院の生徒が、私の言葉に真剣に耳を傾けてくれるのは、私と生徒の間にしっかりとした信頼関係があるからです。

  • 塾長が言ってるのだから間違いない!
  • 塾長の言ったことを信じてやってみよう!
  • 今までだって塾長の言った通りにやったらできたし!

って生徒に思ってもらえることが大切です。エラソーに書いたけど、私だって100%できてるわけじゃありませんが。

ではKOSHIN学院の生徒は、なぜ私を信頼してくれているのでしょうか。

自分で言うのもなんですが・・

やはり生徒達にちゃんと結果を出させてあげてるから!

だと思うのです。

今日遊びに来てくれた卒業生も、

  • 「塾長が言ってる通りにやって、成績があがらないわけがない!」
  • 「KOSHIN学院の授業のやり方で、できるようにならない方がおかしい!」

と言ってくれました。

決して自慢したいわけじゃなくて、自分でも本当にそうだと思うのです。
※自慢に聞こえたら申し訳ありません。でも本音です。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

 

 

 

部活は生徒にとって大切ですが、死亡例も・・【学習塾】

みなさんこんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

ただ今2017年8月8日午前0時03分です。台風5号は滋賀県辺りにいるようです。

こちら平塚では時折強い雨が降ることもありましたが、無事に今日の授業を終えることができました。
※さほど大きな影響もありませんでした。

いつも台風や大雪などが来ると、「今日の授業できるかどうか」すごく悩みます。天気予報から目が離せなくなります。

KOSHIN学院の生徒の保護者の皆様、各家庭の事情により大変さが違いますので、各ご家庭の判断で無理して通塾しなくても大丈夫です。

KOSHIN学院は「毎日」通える学習塾ですから、そんなに無理する必要ないと思います。

夏の部活動で死亡例が。悲惨な現状も

まずは、こちらのホームページをご覧ください。

死亡例も…「夏の部活動」の現状が悲惨すぎる

何度も繰り返しますが、私は部活は良いことだと思っています。
※ただし嫌な生徒は入らなくて良いようにして欲しいけど。強制されるのはいかがなものかと。

しかーし!

それは「健全な肉体や精神」を育てるためであるはずです。生徒を殺してしまうような部活は、もはや部活動とはいえません。

私が言うまでもないことですが、部活の顧問は十分に健康管理・体調管理をしっかりと行ったうえで練習させてください!

一歩間違えたら死ぬ!

このことを忘れないでください。

勉強し過ぎて死んだというのは聞かないけど

さすがに「勉強し過ぎて死んだ」という話はないだろうと思われるかもしれませんが、実はそうでもないんです。

あれは私がまだ「塾の先生になって1年目」の時でした。

とっても勉強が苦手だという「中2の男子」が授業を体験しに来てくれた時のことです。

数学の問題を解き始めて5分ほどした時、突然泡を吹いて後ろにドドーンと倒れてしまったのでした。

目は白くひっくり返っているし。

すぐに呼吸しているか、心臓は動いているかチェックしましたが、呼吸と脈拍はそこそこしていました。

すぐに保護者に連絡して、救急車の手配!

と思ったら、お母様から衝撃の事実を伝えられました。

「うちの子勉強させようとすると、よくこういう状態になるんです。」

そしてお母様が迎えに来られて、連れて帰りました。

この時生まれて初めて「勉強すると死ぬ」人間もいるのだと思いました。

それ以来「極端に勉強が苦手」な生徒が入塾の問い合わせに来られたときは、特に入念に保護者の方と話をするようにしています。

※そういえば、思い起こせば色々な生徒がいました。

血液中には

  • 赤血球:酸素を運ぶ
  • 白血球:殺菌をする
  • 血漿(血しょう):栄養分の運搬・体温調節etc
  • 血小板:空気に触れると固まり、止血作用がある

※参照:血液の成分と働き

実は血液の働きは「中2理科」で学習します。もちろん入試にも何度も出題されているのですが・・

今から30年ほど前、この「血小板が病気」という小学生の男の子がいました。

大変成績の良い子だったのですが、入塾の際にお母様から

「うちの子血小板の病気で、血が出ると固まらなくなって流れっぱなしになってしまうのです。ですからちょっとでも血が出たらすぐに救急車を呼んでください!」

と頼まれたことがありました。

こうした生徒は特別かもしれませんが、それでも私が勤めていた塾に通ってくれました。
※今はどこでどうしているのか連絡の取りようもありませんが。

他にも「ぜんそくの発作が強い子」「アレルギーで食べてはいけないものがある子」など、いろいろな生徒をお預かりしたことがあります。

私は時々「飲み物や食べ物」を生徒にあげることがあるので、今でも入塾の際には、こうした気をつけるべきことがあれば必ず伺っております。

中学生くらいになれば、ある程度「自分で食べてはいけないもの」が分かりますが、小学生なんかだと食べてしまう危険もありますので。

ちっぽけな個人塾でも、こういうことは常に気をつけています。

生徒が嘔吐した時などは、完全除菌するまで生徒を近づけませんし、台所などは、いつも綺麗に掃除しています。もちろん除菌も欠かしません。

でもそれは「生徒を預かる身」としては当然のことだと思います。

まして真夏の炎天下で行う部活では!

学校には熱中症対策などのマニュアルが存在します。

しかーし!

そんなのお構いなしに、狂ったように練習をさせている顧問がいるのも事実です。

ですから現在中学生のお子さんを持つ保護者の方はもちろん、これから中学生になるお子さんを持つ保護者の方も!

部活選びの際に「ただ好きだから」とか「強いから」だけで部活を選ぶのではなくて、こうした安全管理をどのようにしているのかを確認してください。

最後に「これから台風が接近してくる」地域のみなさん(もちろん平塚もそうですけど)、くれぐれも気をつけてくださいませ。

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

楽しい授業? ちょっと待ってよ!・・【学習塾】

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

すみません、昨日は昼間に「大雨」でびしょ濡れになってしまったせいか、疲れて寝てしまいました。

さて、今日「とある小学校の先生」のブログを読んでいたら、「ちょっと待ってよ!」と思うことがありました。

一部引用します。

引用:今日の授業は大いに盛り上がって楽しかった。やはり授業は楽しくなくてはいけません。

正直なところ「この先生大丈夫だろうか?」と不安になりました。

この教師に教師として力量があって、先生の手のひらの上で生徒が盛り上がって楽しかったなら良いのですが、この先生はまだ「若手の新人」みたいなんです。

かつて私の部下だった先生も同じことを・・・

以前勤めていた塾でのできごとです。毎日授業終了後反省会をするのですが・・・当時まだ新人だった講師が・・・

「今日はすごく盛り上がって楽しかったです。生徒もみんな喜んでました!」

と私に報告してきたのです・・・

しかーし!

翌日大変なことになってしまいました。

生徒達から猛抗議がきたんです(>_<)

  • あの先生おしゃべりばかりして勉強教えてくれない!
  • つまらないギャグを言って、ひとりでウケてた!
  • これからずっとあの先生なの?

当時は、私も「教室長としては新米」だったので、生徒からの苦情に対処するのに大変困りました。

結局その講師が原因で、退塾者が出る始末。私がその講師に「きちんと指導」できなかったのも大きな原因でした。

以前勤めていた塾では、そんな経験を何度か経験してしまいました。

もちろん、塾と学校では授業スタイルは違うでしょうが、「今日の授業は盛り上がって楽しかった!」という言葉を聞くと、当時のことを思い出してしまうのです。

本当の意味での授業の楽しさとは!

特に新人教師に多いのですが、楽しい授業の意味を勘違いしている人がいるんです。

本当に楽しい授業とは

  • なるほど~! とよく分かってもらえる授業
  • 僕にもできた!と喜んでもらえる授業
  • 学問に興味をもってもらえる授業

なのだと思います(学校では)
※塾では少し違います。

例えば「電池の仕組み」について授業するとします。面白い授業をする先生は、「導入」がすごく上手なんです。

生徒達が

  • ぇ~? どうして?
  • なるほど~!
  • それで、それで次は?

と生徒を引きつける授業が「本当の意味で楽しい授業」です。

一番勘違いしているなと思う授業は・・

とにかく「はい! はい! はぁ~い!」とまるでドリフターズのコントみたいにうるさい授業です。クイズ大会じゃないんですから。
※これを意識的に使いこなしているなら全く問題ありません。

KOSHIN学院の授業のおもしろさとは

KOSHIN学院の授業で一番「おもしろい」と思ってもらえるのは、なんと言っても「自分でやったみたらできた!」という喜びを感じてもらう瞬間だと思います。

それと「自分で調べてみる楽しみ」です。

今日も中1の英語で「see・look at・watch」(いずれも見るという意味)の違いが分からないと質問しに来た生徒がいたんですけどね。

私はその生徒に「iPad」を渡して、自分で調べるように言いました。

なんか生徒達ってiPadが大好きなんですよ。

調べ方だけ教えてあげると、自分どんどん調べてきます。

しかーし!

調べさせっぱなしでは意味がありません。

ここでようやく「私の説明」が入るんです。

  •  :see・look at ・watch ってどう違った?
  • 生徒:seeは見るで、look atとwatchはじっと見るでした。
  •  :ではlook atとwatchはどう違うの?
  • 生徒:もう一回調べて来ます。

KOSHIN学院の授業は、こんな具合で進んでいきます。

ちなみに
see:自然と目に入る
look at:(静止しているものを)じっと見る
watch:(動いているものを)じっと見る

なんですけどね、これを「最初から私が言ってしまうと」、生徒達は「ふぅ~ん」で終わっちゃうんです。

だから「生徒の頭に残らない」のです。

先生がいくら分かりやすい授業をしても、生徒の頭に残らなければ意味がありませんよね。

頭に残るような指導をするには、「印象を強くする」のが一番だと思います。

ですから「まず生徒に自分で調べてもらう」方式を採用しています。

先述の「小学校の新人先生」が、果たしてそこまで考えて授業されているかどうか・・・。

彼の説によると「楽しい授業」をしておけば、不登校の生徒は減るというのですが、楽しいの意味をはき違えると真面目な子が学校を嫌いになります。

学習塾だったら、そんなウルサい授業をしてたら真面目な子はみんな辞めちゃいます。
※繰り返しますが、教師がうまくコントロールしているなら話は別です。私もたまにわざと盛り上げることがあります。ただしかなり高度な技術です。

学習塾では静かな授業が基本です

何度も繰り返しますが、力量のある先生が「コントロール」しながら盛り上がるなら構いません。

しかーし!

まだ新人の先生が「うるさい授業」をしているようでしたら、その塾に通うのはどうかと思います。

  • :今日の授業どうだった?
  • :すごく楽しかったよ!
  • :それで勉強分かったの?
  • :うん!
  • :なんの勉強したの?
  • :え~と、なんだっけ?

こんなことにならないように、しっかりと塾を選んでくださいね!
それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

KOSHIN学院塾長が一番好きな言葉・・・【学習塾】

皆さんも「好きな言葉」をいろいろお持ちなのではないでしょうか。私にもいろいろあります。

結構好きな言葉は「次へ行きましょう!次へ!」という言葉です。

嫌なことやつらいことがあっても、心の中で「次へ行きましょう!次へ!」と唱えると、かなり気持ちが落ち着いてきます。

それでは「一番好きで大切にている言葉」を発表します。

まずはこちらをごらんください。


※KOSHIN-TVより

はい。私が一番好きな言葉は「」という文字です。

歴史がお好きな方は戦国武将の「直江兼続」の兜が有名ですね。

恋愛ではなくて「」です。

そしてここから派生してもうひとつ好きな言葉があります。

人間は他人を好きになることなく愛することができる!

正直に言えば、世の中の人全てを好きなわけじゃありません。

  • 悪口ばかり言う人
  • 文句ばかり言う人
  • 噂話ばかりする人

は好きじゃありません。

しかーし!

では「好きじゃないから攻撃して良いか?」と言われればそんなことはありません。それも「」なのだと思うのです。

塾の先生も学校の先生も生徒への「愛」が足りない!

こんなことを書くと、「いやいや私は生徒のことをちゃんと考えてるよ!」とお怒りになる方もいるかもしれません。

本当にそうですか?

例えばこの時期の中3生に対して、

  • 受験生なんだから勉強しなさい!
  • 最上級生なのだから部活の試合で勝て!

このどちらの言葉にも「」なんか感じられません!

ほとんどの中3生は「両方ともちゃんとやりたい」のです。

そういう生徒の気持ちを考えて指導していますか?

と言われれば、そうでもない先生もいるんだよね。

部活で試合に勝つことこそ正義だとか、勉強して良い高校に受かればそれで良いとか・・・

そんな姿勢に愛なんて微塵(みじん)も感じないんですよ。

何が何でも優勝してプロの選手を目指すんだというなら話は別ですけど、そういう生徒は少数派ですよ。
※本当にプロになりたいなら塾なんか行ってないで練習して欲しいです。

でも実際は「部活もやるし」「塾にも通う」という生徒がほとんどです。

うちの生徒も「本気で両方頑張りたい」と思っている子がたくさんいます。

こういう生徒のために

  • 部活の顧問は「勉強も大切だから頑張れよ!」
  • 塾の先生は「部活は一生の思い出になるから悔いを残すな!」

と生徒に声をかけてあげるのが「」なんじゃないでしょうか。

生徒によって「大切にしているもの」は違うと思います。

生徒が「大切にしているもの」を一緒に大切にするのも「」だと思うのです。

生徒を叱るにしても、そこに「」がなければ、生徒に何も伝わりません。

少しでも良いから相手の気持ちを考える!

これも「」です!

自分の気持ちばかりを押しつけるのは愛ではありません。

私はこれからも「」を大切にして生きていきたいです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】