「小学生」カテゴリーアーカイブ

必見! 授業で聞いたこと、頭に残したいでしょ?・・・【学習塾】

小学校でも、中学校でも、教師は同じように授業をしているのに、生徒が受け止める情報量はものすごく違います。
これね、黒板の前に立って授業してみると、どうしてそんなに差が出るのかすぐに分かるんですよ。

どんどん私の話の内容を吸収する子って、こんな傾向があります。
※この話は、無料では教えたくないくらいです。

  • 「そうなのか!」
  • 「なるほど!」
  • 「おもしろい!」
  • 「やぁ、良いこと聞いたなぁ!」

と、感情をゆらし、そして「相づち」を心の中で打ちながら授業を聴くと、記憶に情報が残りやすいんです。

私の授業を頷き(うなずき)ながら授業を聴いている生徒で、成績の悪い子っていないんですよ。
※ごく稀に全然授業聴いてないのにできる子いるけど・・。こういう子は別格。

感情を揺らしながら授業を聴くこと!

  1. 誰かに情報を伝えた(教えた)時
  2. 感情が揺れ動いた際に情報が入ってきたとき。

実は私学生時代は「暗記」が大の苦手でした。

面倒くさいなぁ」と思いながら仕方なしに勉強してたから、全然覚えられませんでした。

ところがギッチョンチョン

塾の先生になってから暗記で困ったことなど一度もないんです。

え? 頭が良くなったから塾の先生になったんでしょですって?

残念でした。ぶぶー(笑)

これも本当は「秘密」にしておきたい情報なんですけどね、

他の人に教えると、いつの間にか覚えちゃうんです!

他人に説明するには、「自分の頭の中で完全に整理」できてないと教えられないんです。

この問題解けますという程度では、他人に教えられないんです。

たまに、うちのバイトスタッフの子達が、

塾長!この問題解けるんですけど、うまく教えられません!

って言ってくるんです。

それは仕方ないことなのです。プロとアマの違いですから。

例えば、問題を説明するために・・・

先にこれを理解してもらって、次にこれを説明する。そして最後にこう持って行く

という感覚が「プロの教師」なら身体に染みついてるんです。

つまり「相手」にきちんと伝えられるということは、その問題がちゃんと頭に入っているということでもあるんです。

ですから何度か授業していれば、自然と覚えちゃうんです。

ちょっと、この動画を見ていただきたいんです。これ、私が作った授業動画の一部なんですけどね。(再掲)

大部分の中学生が「中国と日本の歴史の関係」が苦手なんです。正直なことを言うと、私自身も学生時代はチンプンカンプンでした。

中国人の方が聞いたら怒られそうですけど、歴史に興味のない人にしてみれば

袁世凱・孫文・毛沢東・蒋介石

この人達の違いはさっぱり分からない生徒がほとんどなのです。

そこでこの人達のことを分かりやすく説明する動画を作りました。
※このHPの教材置き場で全てごらんいただけます。

こういうのを「自分で作る」には、ちゃんと頭に入ってないと作れません。

この動画だって、最初は私が「手書き」でまとめを作って、それをワープロで綺麗に打ち直し、さらに2種類の動画ソフトを使って、最後に音声を載せて作ったんです。

これって最初に申し上げたとおり、

  • 誰か(生徒)に情報を伝えた(教えた)時
  • 感情が揺れ動いた際(生徒に伝えたいと思った時)に情報が入ってきたとき。

に動画教材を作りましたので、もう私の頭の中では完全に

袁世凱・孫文・毛沢東・蒋介石

は整理されているわけです。

この教材を作った時の私は

  • 「そうなのか!」
  • 「なるほど!」
  • 「おもしろい!」

の連続でした。動画編集が分からなすぎて泣きましたけど。

授業を聴くときの意識を変えましょう!

そうですね! 「君達も授業の内容をしっかり頭に残したい」ですよね!

ならば皆さんも

  • 「そうなのか!」
  • 「なるほど!」
  • 「おもしろい!」
  • 「やぁ、良いこと聞いたなぁ!」

と思いながら授業を聴いてみてください!

それでは今日はこの辺で。また来週!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

ものスゴく勉強ができない生徒が入塾希望してきたら・・・【学習塾】

数年に1人くらいの割合で「ものスゴく勉強ができない子」が入塾を希望してくることがあります。

成績が悪いどころの騒ぎじゃなくて、もうすぐ中学生になるというのに、二桁の足し算引き算もおぼつかない子がいるんです。

例えば小学校4年生の男の子で、「曜日」(日~土)を言えない子もいました。

塾長:「今日は月曜日だから、明日は何曜日だ?
生徒:「??? 分かりません。

あの時は本当に驚きました。結局その生徒は入塾しませんでした。

さて、こういう生徒が入塾を希望してきたときは本当に悩みます。

果たしてKOSHIN学院で効果を出してあげられるのか? 

それとも「学習しょうがい」がある生徒専門の先生をご紹介するか。

こうしたケースでは、私はお母さん(お父さん)と昼間の空き時間に個人面談をします。

その時の保護者の方の姿勢で、入塾を許可するか、他の先生を紹介するか決めます。

ただひとつ言えることは

お母さんも、本人もすごくやる気がある場合!

こういう時はお預かりすることにしています。

こういう言い方したら失礼なんですけどね。勉強できない生徒って、できる生徒の何倍も手がかかるんです。

しかーし!

手がかかるのは良いのです。それが「私の仕事」ですから。

ただ「本当に効果があるかどうか」が問題なのです。

※ただし、成績の如何を問わず他の生徒の迷惑になる子の入塾はお断りしております!

勉強が遅れてる子は、できる子の何倍も努力しなくちゃいけない

これが問題なんです。単純にすごく遅れているワケですから、なんとか人並みに追いつこうとするならば、普通の生徒の何倍も努力しなくちゃいけないんです。

要するにそれだけの覚悟が、お母さんにも子どもにもあるかどうかが問題なのです。

発達障害や不登校の場合を除けば、成績が悪いということは、それだけ勉強してこなかったということです。

そういう生徒が他の生徒の何倍も努力する覚悟があるかどうかは大きな問題です。

KOSHIN学院にも「他の生徒の何倍も勉強をする覚悟」を決めて、努力している子もいます。

どうしても勉強できないと「ボーッとしちゃう」ことがありますが、注意すると我に返ってまた頑張り始めます。

時には問題がさっぱり分からなくて、ポロポロ涙をこぼしている時もあるのですが、それでも決してあきらめようとはしません。

こういう生徒だったら、どんなに成績が悪くても、絶対にお断りしたりしません。

確かに他の生徒の何倍も手がかかるけど、手をかけてあげればドンドンできるようになっていきますから。

なによりも「あきらめない」で、「成功するまで」やるのですから失敗なんかあり得ません。

できない子は他の生徒の何倍も時間もかかります。でもKOSHIN学院は毎日来ても月謝が増えない塾です。

覚悟を決めて入塾を希望されるなら、どんなに成績が悪くても断りません。もちろんその前にトコトン話し合いましょうね!

それほどではないけど、やはり遅れている子の場合

ある著名な評論家の先生が、「勉強が苦手な子には優しく接してあげてください」などとくだらないことを言っています。

私に言わせれば「そうやって甘やかしてきた結果が今の成績なんでしょ?」って感じなのね。

勉強できない生徒の多くは、そもそも勉強以前のことができないことが多いのです。

  • 教科書もワークも持たずに塾に来る。
  • 塾に来ても挨拶もろくにできない。
  • 宿題を出すと、友達に答えを聞いて写してくる。
  • 叱ればふてくされる。さらに強く叱れば泣き脅しをかけてくる。

あげればキリがありません。私は「勉強以前」のことができてない場合は、結構きつく叱ります。

悪しき習慣を絶ちきらなければ、その生徒は永久に上昇できませんから。

むしろそれは「本当の愛情」だと考えています。

ほとんどの生徒は、それで立ち直ります。小中学生は素直ですからね。
※ごく一部どうにもならない子もいますけど。

こうして、ある程度「勉強以前のこと」ができるようになってきたら、そこで初めて優しく指導してあげます。

確かに怖いままだと、質問に来るのもためらってしまいますからね。でも何事も初めが肝心ですもんね。

しかーし!

できれば、そこまで追い込まれる前に何か手を打っておくべきだと思います!

中学校の問題は本当に大変なんですから。

え? まだ疑いますか?

それならなんでこんなに日本中あちこち塾があるのでしょうか?

そうなんです。塾に通って教わらないとできないほど大変だからなのです。

小学校の先生の中には、小学生のうちは遊ばせてあげてくださいなんて言っている人もいます。

遊ぶことは大賛成です。

しかーし!

やるべきことをやってからですよ!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

家庭環境も成績に影響する!・・・【学習塾】

もしかしたら今日のブログは気を悪くされる方がいらっしゃるかもしれません。あらかじめお詫びしておきます。

同じ時間」勉強しているのに、成果が現れる子と、現れない子がいます。この違いはどこから来るのでしょうか。

もちろん何度も繰り返しお伝えしているとおり「勉強の仕方」に問題があるのですが。

もうひとつ大きな原因があります。それは・・まずこちらの動画をご覧ください。

動画の中でお話ししたとおり、「家庭環境」にも大きな原因があるのです。

家族の会話が「どうしてだろう? なんでだろうね?」となっていると、子ども達の「好奇心」が育(はぐく)まれるんです。

そもそも「学問」なんて「好奇心」から始まったことですから。

日本の教育は減点法が多い!

私は保護者面談で絶対にお母さん達に言わないことがあります。

それは・・

  • お宅のお子さんは、こういうところが良くないので家庭で注意してください。
  • 特に算数の計算ができません。ご家庭で指導してください。
  • 授業中落ち着きがないので、ご家庭で指導してください。

いかがですか? もしかしたら小学校や中学校の面談で、こんなことを言われたお母さんは多いのではないでしょうか。

自分の子の欠点なんか分かってんだよ!

って言いたくなったこともあるのではないでしょうか。

これがまさに「減点法の教育」なんです。あれができない、これができないというね。

もしこんなこと言われ続けたら親子共々やる気が失せてしまいますよね。

だから私は面談で「減点法」的なことは、できるだけ言わないことにしています。

それだったら、「1年前はわり算が全くできなかったけど、今は少数のわり算もできるようになりましたよ!」って言ってあげたいです。

成績の良い子の親は、あまり減点法的なことを子どもに言いません。

なんでお前は走るのが遅いんだ!

という代わりに

随分早く走れるようになったね! とか

走るのは遅くても、あなたは算数がとても得意じゃない!

とか言ってあげたいですよね。

私だって生徒を叱ることがあります。

どうしてちゃんとやらないでボーッとしてるんだ!」などと叱ることもあります。

しかーし!

その後に「阿倍君は、ちゃんと毎日休まず塾に来てるじゃないか、それは本当に素晴らしいことなんだ。でもボーッとしちゃってたら、せっかくの素晴らしさが台無しじゃないか!」って伝えます。

こうして叱るだけでなく、良い点も指摘してあげるんです。

そして、

  • わぁ!これできるようになったじゃん!
  • おお! すげぇじゃん、随分ノートが綺麗に書けるようになったなぁ!

などと「加点法」で生徒に接していきたいものです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

KOSHIN学院は中学生だけじゃない!・・・【学習塾】

KOSHIN学院は少数ですが「小学生」の指導も行っています。

なぜ「少数限定」なのか!?

それは小学生を指導するには、中学生の何倍もエネルギーが必要だからです!

小学生の場合理屈で攻めても通じないことが多いんです。

例えば
5-□=3

という問題を解かせると、平気でって答えてくる子がいるんです。つまり算数の概念ができてないの。
※算数と数学の違い参照

中学生だったら、これを理論で説明できるのですが、小学校低学年の生徒では、理論で攻めてもチンプンカンプンなことがあります。

教えるにはあの手この手なの!

おはじきを使って説明したり、実際にワークをコピーして図を切り抜かせてみたり。

漢字辞典や国語辞典の使い方を教えたりと、小学生の指導では、やることがたくさんあります(>_<)。

はっきり言っちゃおうかな!?

本当は中3よりも小学生の方が月謝を高くしたいくらいなんです!

これはかなり本音なんです。さすがにそれはしませんけど。

今日2枚の写真をUPしたんですけどね。どちらも生徒の真剣な表情がお分かりいただけると思います。

小学生と言えど甘やかしません!

小学生だって「お月謝」を払って来てるわけですから、私は勉強に関しては甘やかしません。

この子達の保護者の方は「学校ではふざけちゃって仕方ないんです」なんておっしゃってましたけどね。

KOSHIN学院で勉強している時は、こちらから笑わせない限り私語なんか絶対にありません。みんな真剣に私の指導したことを守ろうと頑張っています。
※100%できてるとは申しませんが、それに向けて頑張ってます。

こうして一生懸命頑張っていれば、必ずできるようになります!

先ほども申しましたとおり、小学生はとても手がかかるので、あまり大勢面倒みてあげられません。

しかーし!

小学生のうちから勉強の仕方を学べば、勉強ができるようにならないわけがありません!

もっと恐ろしいこと言っちゃおうかな

塾なんて「中学生になってから」で良いやと思っているお母さんはいませんか?

はっきり言っちゃおうかな

小学校2年生くらいで、もう既にかなり学力差が大きくなっているんですよ!

しかも手遅れなくらいに・・。

やはいよ、やばいよ~!

そんな風に手遅れになっちゃった生徒が、中3になって塾に来ても間に合うわけがありません。簡単に高校に行かれるだろうなんて思わないでください!

小学生はまだ素直ですから、今のうちになんとかしてあげてください!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】