教育評論家は叱らない教育と言いますが・・・【学習塾】

私の嫌いな職業に「評論家」というのがあります。もちろん素晴らしい評論家さんもいますが。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

なかでも一番嫌いなのは「子どもはほめて伸ばしましょう!」とか「叱ってはいけません!」とかエラソーに喋ってる人。

冗談は顔だけにしろよ!」とは故松田優作さん演ずるGパン刑事の名台詞のひとつです。
※私の顔が冗談みたいという話は置いといて・・σ(^_^;)…

生徒達の顔をよ~く見てると、叱って欲しそうな目をしていることがごく稀にあります。

今から10年以上前のことです。

かなり成績優秀な中3女子がいました。

受験生というのに吹奏楽部の部長だったこともあり、「部活・部活・部活・部活!」という日々を送っていました。

私の心のどこかにも「この子は成績優秀だから多少部活優先でも仕方ないかな?」という甘い気持ちがありました。

けれども一向に部活優先生活は止まりませんでした。受験勉強に取り組む姿勢を見せることもなく、結局この生徒はKOSHIN学院を辞めてしまいました。

しかーし!

その生徒は高校合格した時に、わざわざ私に「先生!今までありがとうございました。」と言いに来てくれました。

その後その生徒は途中でKOSHIN学院を途中で辞めたにもかかわらず、その後数年間我が塾のスタッフとして私を手伝ってくれました。

スタッフとして手伝ってくれていた頃、彼女がボソっとこんなこと言い出したのです。
先生! なんでアタシのこと叱ってくれなかかったの? 他の生徒がサボってたら叱ったのに・・

実は同じことを別のスタッフからも言われました。
なんで叱らなかったんですか?」・・・と。

あの時はまるでハンマーで頭を殴られたような気分でした。
しまった!」・・・

その後日を改めて私は彼女に謝りました。
あの時、きつく叱ってあげなくてごめんなさい!」と・・・。

その後二人でボロボロ涙を流しながら、あの時のことを振り返りました。

若い頃は厳しく叱りすぎてしまったと反省することもありました。
※当時の生徒さん本当にごめんなさい。でも私としてはそれが精一杯できる愛情のつもりでした。

しかーし!

叱らなくてごめんなさい」という言葉が、塾の先生から出るとは、私も思っていませんでした。

その後も一度「叱ってあげなくてごめんなさい」と言ったことがありました。

その生徒は、あまり「口に出して話す」のが得意な子ではなくて、何か用事があるとメールで伝えてくる子でした。

だからその生徒を「メール」で叱ったのです。成績もけっこう良い方だという私自身の甘さから、そんな行動ををしてしまいました。

数日後!

私、先生にメールじゃなくて直接叱られたかった」と言ってきたのです。話を聞くと、彼女が悪いことをしても両親は優しく見守るだけで、思いっきり叱られたことがなかったのだそうです。

この時も大変なショックを受けました。

成績じゃない、「悪いときは悪い!」としっかりと相手に伝えるのも「塾長の大切な仕事」だと反省しました。

以来私は、叱るべき時は必ず叱ることにしています。しかも「あとで!」ではなく、「なるべく早く」です。

この「なるべく早く」というのがムズカシーのです。

頭に来てその場でガンガン怒鳴ってしまうのは「叱る」という行為ではありません。

この子はどうやって叱ったら立ち直ってくれるのだろうか?」とできるだけ早く考えて叱ることがポイントです。

そのように叱ると、「今時の中学生」だって「ちゃんと分かって」くれます。
※うまく作戦通りにいった時は、心の中でおもわずガッツポーズしちゃういます(笑)

中学生をあなどってはいけません。ものすごく良く考えていると感心することがしばしばあります。
※全然考えてない子もいますけど・・・(悲しっ)

このブログを読んで下さってるお母様方!
お子さんを叱るときは「本気」で叱りましょう。でも頭に来て怒鳴り散らすのは叱ることではありません。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、心の底から立ち直って欲しいと叱ることもある学習塾です】

一回解いて終わりにしていませんか?・・・【学習塾】

けっこう真面目に勉強に取り組んでいる生徒でも、問題を一回解いて終わりにしている子が多いのです。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

平塚市のTOP高は平塚江南高校です。江南高校に進学する子は「切れ味抜群でチョー頭が良い」と思われるかも知れませんが、必ずしもそうではありません。

中には本当にスゴイ生徒もいますが、ごく一部の生徒だけなんです。
※うちにも超絶天才級に学力の高い生徒いましたけど、彼らは別格なのでここでは論じません。

TOP高に進学するような生徒でも「最初に問題を解いたときは他の生徒と同じようにできないことが多い」のです。

ですから「先生! これ分かりません! どうなってるんですか?」なんていう会話はごく当たり前にあるのです。

普通くらいの成績で終わる子とTOP高に進む子では何が違うのでしょうか?

  • この子はなんでこんなに点数があがったのだろう?
  • この子はどうしてここまでしか点数があがらないのだろう?

その違いは、私自身も知りたかったので、じっと観察してみました。

答えはわりと簡単に見つかりました。

点数の高い子は、問題を解き終わっても、すぐには次の問題には進みません
「ちょっと待ってください! もう一度自分で解いてみます!」

というのです。

反対に一生懸命頑張っているけどなかなか点数があがらない子の場合は、問題が解き終わるとすぐに次の問題に進みたがります

どういう心理なのでしょうか。とにかく早く終わらせたいという気持ちが先行するのかも知れません。

そこで私は生徒を指導するときに「ではもう一度自分でやってみようね!」と声をかけます。

しかーし!

そこまで言っても、ちゃちゃっと見ただけで次の問題に進んでしまう子が後を絶ちません。根気比べです(>_<)

もうひとつ大切なことがあります!

  • 問題は一度解いて終わりではありません。
  • 一度間違い直しをしただけで終わりでもありません!

今年の中3生が面白いことを言っていました。
昨年の入試問題(過去問)は昨年のうちに解かせて、間違い直しもさせておいたのですが、最後の一週間というタイミングで「もう一度過去問」を解いてもらいました。

すると生徒達は「先生! この前に間違え直しをした時よりも、今の方が深いところまで直しができます!」と言い出しました。

これなんです! 私が狙っていたのは!

こういう勉強方法ができるようになってくれば、もうある程度放っておいても大丈夫なんです。分からない問題があれば勝手に質問に来ますから。

他の塾の先生がブログで「同じ問題は3回解かなければ、解いたとは言わない」というニュアンスのことをおっしゃってました。

まさに私が言いたいことと内容は同じなのです。

しかーし!

その3回の意味合いが問題なのです。

ちゃんとできるようになった! 本当に分かった! 次にこのような問題ができたら大丈夫!

というところに至るまで勉強して欲しいということなのです。

KOSHIN学院の地元の中学校では明後日月曜日から学年末試験です。

生徒全員が私の言葉を肝に銘じて学習してくれるようになって欲しいです。
※そんな簡単な話ではありませんが・・・

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒に真の実力を身につけてもらう学習塾です!】

シャーペンが受かった!・・・【学習塾】

我が塾では「※ちた」という言葉は禁句にしています。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

シャーペンが地球に引きつけられた」とか「シャーペンが受かった!」と言うことにしています(笑)

いえいえ、私がルール化したわけではないのですが、中3生が勝手にそう言い出しました。

あ~あ! 消しゴムが受かっちゃった!

なんていう具合です。

このように「若い子達」といると、本当に楽しいのです。楽しくて可愛くて仕方ないので、ついつい私もオーバーワーク。

しかーし!

それも来週まで。学年末試験が終わるまで頑張らなくっちゃ!

よく中3生やバイトスタッフに「塾長はすごく体力あるんですね~!」と言われることがあります。

いやいや、実は20代の頃から「体力には自信がない」のですσ(^_^;)..

でも20代の頃からなぜか急に「負けず嫌い」になりましてね、「自分に負ける」のがすっごくイヤなのです。

だからついつい働き過ぎてしまって、あとで大変なことになります。

でもね!

本当に不思議なのですが、生徒の顔を見ていると元気が出てきちゃうのです。

そしてまたついついオーバーワーク。

すみません。というわけで、今日はここまでにさせてください。寝ます(>_<)。

それではまた明日! See you!
明日も朝から授業です! 中1・中2の学年末試験対策だぁ!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、やる時はやる学習塾です!】

KOSHIN学院に入るとどうなる?・・・【学習塾】

皆さんそうでしょうが、「一番最初」の授業はとても緊張しますよね。実は私もすぐに緊張してしまうタイプなので顔に似合わず、そのお気持ち、よ~く分かります。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

私も「初めての場所」に行ったり、「初めての人」に会ったりすると緊張してしまいます。

今振り返ると、誰も信じてくれないかも知れませんが「一番最初」に生徒の皆さんの前で授業をしたときに、足がガタガタ震えていました。それを生徒達が「あの先生、足が震えているよ!」とヒソヒソ話をしているのが聞こえてきました。

余計に緊張しちゃって、そりゃもう「ひどい授業」でした申し訳ございません。

一刻も早く授業が終わって欲しかったし、授業終了後は職員室に真っ先に戻って、部屋の隅でガタガタ震えていました。

まあ、今じゃ「エラソー」にどーんと構えていますけど(笑)。 私もそんなもんでしたσ(^_^;)アセアセ… 
一応純粋だったんです(笑)

そういうこともあって、「初めて塾に来てくれた生徒さん」には、特に気を遣ってあげます。

もうね「あの手この手」で笑いを取ったりして。
※私の場合立ってるだけで笑われるのですが、納得いきません(笑)

【授業で一番最初にすること】
最初に
KOSHIN学院は「全教科」指導するのですが、最初は全員「数学」から勉強してもらいます。

その理由としては

  • 勉強の仕方を教えるのに、一番教えやすい科目だから。
  • 初めての生徒の力量を測るのに、測りやすいから。
  • その生徒がどんな行動や思考をしているかも把握できるから。

などがあげられます。中でも「勉強の仕方の基本」は、まず数学からが一番良いと経験から判断しております。

次に
数学の勉強の仕方がある程度大丈夫だろうと思った段階で個人差があるので何時間とは言えません、今度は英語の勉強の仕方を教えます。

大まかに言うと

  1. 新出単語や分からない単語の意味調べ
  2. 新出文法の理解
  3. 教科書の本文訳(必ず私がチェックします)。
  4. ネイティブの発音をウォークマンで聞かせる。
  5. 新出単語を暗記してもらう→単語テスト
  6. 最後にワークをやってもらいます。

簡単に言うと「教科書の内容を十分に把握してから問題に取りかかる」ということです。

こうして普段の授業では数学・英語を中心に指導を進めていきます。

三番目に
中間・期末試験のおよそ一ヶ月くらい前からは、理科・社会・国語の勉強も始めます。

理科・社会・国語の勉強方法は概ね英語と同じです。
まず教科書の内容把握から始めてもらいます。

普段は英語数学を中心にしているのは意味があります。特に男子生徒などは好きな教科しかやりません。なぜか社会ばかりやる男の子が多いのです。

そこではKOSHIN学院では「普段は英語数学中心!」というルールにしました。

あと忘れちゃならないのは「実技科目」です。音楽・体育・美術・技術家庭ですね。

以前は「実技科目の勉強」は生徒の判断に任せていました。

しかーし!

一向に実技科目の点数があがってきませんでした。ちょっとやればすぐに良い点数を取れる科目なのにです。

そこで「最後の手段」として、土曜日・日曜日などを利用して実技科目しか勉強しない日」を作ったのです。

するとどうでしょう! ほとんどの生徒の実技科目の点数が大幅にアップしたのです!

ある生徒のお父さんからは「せしもマジックだ!」なんて称賛されてしまいました(笑)
※そのお父さんが喜びのあまり私にウナギをご馳走してくれました(笑)・・賄賂かな(笑)・・でもレクサスなんか要求してませんからσ(^_^;)アセアセ…

KOSHIN学院の授業はこんな感じで流れていきます。

しかも毎日通っても月謝が増えないんです!

ですから「一生懸命頑張る生徒」にとっては、とても月謝が安い塾になりますし、頑張らない生徒にとっては月謝の無駄になる塾になります。

さあ! どちらが良いですか?

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、常に生徒のことばかり考えている学習塾です!】

小中学生のお子さんをお持ちのお母さんを応援するブログ