全県模試・・・【学習塾】

普段の授業では「テスト」攻めにするのは好きではないのですが、入試前は「特殊な状況」なので「模擬試験」を行います。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

私は「塾内模試」に対しては懐疑的でして、KOSHIN学院では滅多に「模試」はやりません。(本当は模試をやるから※※円徴収しますとかすれば儲かるのですが・だから懐疑的なのですけどね。)

しかし「入試直前」は毎週土曜日に入試模試を行います。

その中でも今日は「全県模試」という業者テストを行いました。

さすがに模擬試験会社だけあって、昨年度の問題を意識した問題が出題されます。こうした業者テストがあるおかげで、KOSHIN学院のような「個人塾」でも、情報量で大手塾にひけをとることはありません。(塾の話ですね)。

さて肝心なテストの結果ですが、「例年通り惨憺たる状況」でした。

なぜ例年通りなのかと申しますと、生徒がまだ「入試形式」に慣れていないからなのです。

一教科50分で、あの問題を全て解き終わるのは「慣れないと」難しいことです。神奈川県の入試問題はこの数年難易度を増しています。ですから昔以上に慣れないといけません。

KOSHIN学院の場合ですと、土曜日の模試は全部で6回やるのですが、だいたい1回目から6回目までに平均で100点以上あがります。(ちゃんとやればです。)するとほとんどの生徒が「合格圏」に入ってきて、落ち着いて入試に臨むことが出来ます。

しかーし! 

中には点数があがらず浮き足だってしまう生徒もいます。

こんな時にこそ「塾の先生の経験の差」がでます。

模擬試験の結果は保護者の皆さんも大いに気になるところだと思います。KOSHIN学院の生徒には予め(あらかじめ)「**さんは入試で何点取れば安全圏ですよ」ということは伝えてあります。

生徒の皆さんも「具体的な点数目標」を知った方が勉強しやすいでしょう。

ところが普段の「定期試験」と同じ程度と甘くみている生徒も少なくありません。

「レベルが違うんだよ!」

ということを「模擬試験」で思い知らされるのです。そして今日がその「レベルの違いを思い知らされた日」なのでした。

塾の先生の経験が多ければ」模擬試験の点数に一喜一憂したりしません。もうそれは「計算ずく」なのです。

この時期に何をどう勉強させれば良いかを知り尽くしているからうろたえません。

しかーし!

それでも「点数が上がらない呪縛」にかかってしまう子がいます。

これを救ってあげられるのは、「お父さん・お母さん」しかいません。

私は「受験生が呪縛にかかってしまった場合」は、必ず保護者の方に生徒と一緒に塾にきていただきます。

その席で私が「#&(%”&’~△■□○×=」と呪文を掛けると、不思議なほど呪縛が解けて点数があがり始めます。

どんな呪文ですかって?

それは「企業秘密」です(笑) うそです(笑)

人によって呪文が違うんです。その子の性格や、家庭状況や、志望校、経済状態など全てが関係してきます。もはや「子どもだけじゃ決められない」状態になっているので、「親にも来てもらって」話をするのです。

プロ野球の選手でも原因不明のスランプに陥ることってありますよね。でも優秀な指導者がいれば、そのスランプから簡単に抜け出すことができます。

さて今年は「呪縛にかかってしまう子」がいないと良いのですが。でもどうしても1人~2人出てしまうのです。

今年はどんな呪文を唱えましょうか。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市にある「高校受験に強い」学習塾です】

中学の先生に「やればできるんだけど」と言われました・・・【学習塾】

私も中学生の頃「瀬下はやればできるんだけどな~・・・」と何度も言われました。父母面談(当時はそう呼んでいた)で、私の母は何度もそう言われて帰ってきました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

学校で「お宅のお子さん、やればできるんですけどね~。」と言われたことがある方は多いのではないでしょうか。

はっきり言っちゃいましょうか!

やってないから出来ないんだよ!」という意味なんです。

あ! 厳しかったですね。でも「事実」ですよね。

中学生の子達だけでなくて、「我々塾の先生」でも「やらないから出来てない人」多いんです。

数年前突然近所の塾の塾長さんからメールが来まして「KOSHIN学院の授業を見学させてください!」というのです。

私は「生徒の邪魔になるのでお断りします!」と言ったのですが、勝手に押しかけてきました。来てしまったものを無下に帰らせるのもどうかと思って、見学を許可しました。しかもその先生は私よりずっと年上でした。

若い人にはいろいろ教えてあげるの大好きなんですが、私よりベテランの塾教師に教えたくありませんでした。

しかしせっかくなので授業終了後「私のノウハウ」を惜しげも無く色々教えてあげました。

するとその爺さんは「あ! 私の知り合いもやってます!」と答えたんです。

さすがに腹が立ちまして、「ならどうしてあなたがやらないのですか!」と怒鳴ってしまいました。すると「あんじゃね、こんじゃね」と言い訳ばかり。

こりゃだめだ!」と思ったので、もう帰らせました。

「せっかく良いことを教えてもらっても。せっかく良い話を聞いてきても。」

聞いただけで満足してるオッサンって多いのです。むしろ若い人よりもオッサンの方が聞いただけで満足している人が多い気がしています。

私は「良い話を教えてもらったら、絶対にやります! やらないと気が済みません」。失敗に終わるかもしれませんが、とにかく絶対にやります。

成功するまで絶対にやります!

これは私が「若い方達」(生徒はもちろん、卒業生や、若い塾の先生、若い方全般)に是非お伝えしたいことです。

話を戻します。

やればできる!」というのは「やらないからできない!」なのです。

生徒のみなさんには「できるようになるまでやる!」という強い気持ちを持って頑張るように指導しています。

たった1度だけですけど、あるお母様から「そんなにやらなければいけないんですか?」と怒鳴られたことがありました。

当時は私も若かったので、もう頭にきちゃって、そこいらにあった電話機をぶん投げて壊してしまいました(笑)。

今だったら「はい結構ですよ。それならうちに来なくて!」って言っちゃいますけどね(笑)。

KOSHIN学院は「一生懸命頑張る子を応援する学習塾」ですから。

鉄は熱いうちに叩け!」と言います。若い方達は「熱い」から好きです。ですから「塾の仕事」が大好きです!

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある「頑張る子」をトコトン応援する学習塾です】

頑張っているのに成績があがらない・・・【学習塾】

うちの子は頑張ってるんだけど成績があがらないと悩んでいる方、意外と多いのではないでしょうか。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

実はKOSHIN学院にもそういう生徒が何名もいました。その中でも私の目から見ても本当によく勉強しているのですが、どうしても点数があがらない生徒がいました。その子は「K子」(仮称)と言います。

K子さんは中学1年生の三学期からKOSHIN学院に通い始めました。性格が明るくて、元気で、しかもスポーツもよくできる素晴らしい子でした。

そういう真面目な生徒ですから「毎日休まずに」塾に通ってきました。私が指示したワークなども、すごく頑張ってやっていたのですが、どうしても点数があがらないのでした。

K子さんのお母さんも「あまりにも娘が不憫」と言って、何度も私のところに相談しに来られました。お母様から見てもK子さんは、本当に頑張っていたのでした。

「うちの子は、本当にダメなんじゃないでしょうか? あんなに頑張ってるのにできないなんて可哀想でたまりません。」

お母様は本当に悩んでおられました。

実は点数があがらないことには「理由」がありました。問題を解いてはいるのですが、解いた内容が「頭に残っていない」のでした。

とにかく「先に進みたい!」という気持ちが強く、自分の知識として定着する前に次の問題に進んでしまうのでした。

K子さんには、何度も「そうじゃないんだよ! ちゃんと頭に入れてから進むんだよ!」と言い聞かしました。しかしなかなかK子さんはそのことを理解してくれませんでした。

時には「あんなに頑張ったのに・・・」と家で泣いていることもあったそうです。(人前では絶対に泣かない子でした)

「本当に分かる! ちゃんと理解する! 頭の中にきっちり入れる!」

あの手この手でK子さんの指導をしました。

すると中3の夏休みくらいから彼女に変化が現れました。

ちゃんと分かる!」ということがどういうことなのか分かったみたいなのです。それからのK子さんの成績はすごい勢いであがり始めました

生徒」ではありましたが、私は彼女のことを「尊敬」してしまいました。

もちろん高校も見事に「第一希望」に合格してくれました。高校進学後は「KOSHIN学院スタッフ」として後輩の面倒をみてくれています。

そういう生徒ですから、高校進学後も「学校の成績は抜群」でした。

ここがポイントです! 「高校進学後も成績抜群!」なのです。

KOSHIN学院では、中学生の時に「勉強の仕方」を徹底的に学んでもらいます。

・分からない問題があったらどうすれば良いか。
・テスト勉強はどうすれば良いか。

は塾生時代に叩き込んであります。ですから高校に進学後も困らないのです。もっと言えば「社会人になっても」困らないのです。

K子さんのような例がたくさんあるので、成績が悪いからと無下(むげ)に入塾をお断りしたりしたくないのです。

しかーし!

成績が芳しくない子が成績をあげたければ、K子さんくらい頑張らなければなりません

これはどの塾でも同じでしょうが、塾に来て座っているだけで頭が良くなるなんてことはあり得ません

もしそんなことができたら、KOSHIN学院の月謝は「百万円」にします。それでも行列ができるのではないでしょうか(笑)

でもそんなことはあり得ません。やはり「頑張って正しい努力」をしないといけませんよね。

正しい努力の仕方」を教えてくれない先生なんて、塾の先生とは呼べないですよね。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある「正しい努力の仕方」を教えてくれる学習塾です】

こんな生徒はお断りします・・・【学習塾】

KOSHIN学院って「学習塾」なんですよね。そう! すなわち「勉強するところ」なんです。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

うちは「広告」にも堂々と書いていることがあります。「こんな生徒はお断りします」と。

(1)他の生徒の迷惑になる子の入塾はお断りします。
(2)著しく学力不振で、全くやる気の見られない生徒の入塾はお断りします。
(3)学業に関して、塾長の指示に従わない生徒の入塾はお断りします。

まず(1)は絶対に譲れません。KOSHIN学院には真面目に一生懸命頑張っている生徒が多く通ってきています。私は常々「一生懸命頑張る生徒を贔屓(ひいき)する。」と言っています。

頑張っている生徒の邪魔になる子は申し訳ございませんが、KOSHIN学院ではお預かりできません

実は「むか~し私が若かった頃」に、売り上げ欲しさで、他の生徒の迷惑になる子を入塾させてしまったことがありました。案の定この子は「叱られてばかり」でした。

そしたら大変な事件が起きてしまったのです!

真面目に頑張っている生徒達が、一斉に塾を辞めるって言い出したのです。いつも私が怒ってばかりで塾の雰囲気が悪くてイヤだと言われてしまいました。

それはそうですよね! 私が怒れば。真面目に一生懸命頑張っている生徒まで嫌な気持ちになります。

はっきり言います。KOSHIN学院は「営利を目的とした個人企業」です。ですから「営利妨害」する生徒の入塾はお断りします。

(2)まったくやる気のない生徒
ごめんなさい。いくら私がベテランの塾教師だと言っても、全くやる気のない生徒はどうにもなりません。入塾しても「勉強しなければ」叱られるだけです。それは「他の生徒の迷惑になる行為」です。

(3)学業に関して私の指示に従わない生徒
先ほど私はKOSHIN学院は「営利団体」であると書きました。しかし私は「詐欺師」には絶対になりたくありません。

生徒の皆さんの学力をアップさせてあげて、それぞれの生徒が希望する高校に合格してもらって、そして「頂いた月謝以上のサービス(授業)を提供して、そして「その対価である月謝」を頂くお仕事をしています。

かつて髪を金色に染めて、タバコを胸ポケットに入れ両手をズボンのポケットに突っ込んだ生徒が「この塾に入りたんだけど・・」って来たことがありました。

人を見掛けで判断してはいけないという人もいますが、KOSHIN学院は判断します。

塾に入りたかったら、それまでに髪の毛の色を黒く戻してこい!」と言ってやりました。もちろん2度とその生徒は来ませんでした。

なにも「私の命令にはなんでも服従しなさい」ということではありません。

KOSHIN学院は「勉強して成績をあげる」場所です。その為に「あれをしなさい! これをしてはいけません!」と指示を出します。

成績をあげる為に必要な指示には必ず従っていただきます。そうでなければ「塾に来る意味」がありません。

私は成績で生徒を選びません。しかし「やる気」をすごく重視します。少々お勉強苦手でも「絶対にできるようになってやる!」という強い気持ちを持った生徒は歓迎します。

だって「やればできるようになるもん!」。 私自身も中学生の時に300番くらい順位をあげたことありますもん。

ですから「真面目に一生懸命頑張るよ!」という生徒さんを大歓迎します。

絶対にできるようになってやろうぜ!

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、他の生徒の迷惑になる子はお断りする高校受験専門学習塾です】

小中学生のお子さんをお持ちのお母さんを応援するブログ