塾の景色も雰囲気も変わらないけど・・【学習塾】

 

いつものように生徒の皆さんが来てくれて、いつものように授業を行って。

 

しかーし!

 

生徒が躓く問題は40年前とほとんど変わらなくて、40年前と同じように「ノートの書き方すら知らない子」がいて・・。

 

40年前と違うのは生徒達が「スマホ」を持っていることくらいかな?

 

だから40年近く塾の先生をしてきて、KOSHIN学院を作って間もなく26年になろうとしていても、なんだか塾の雰囲気とか様子はそんなに変わらないんです。

 

せっかく「できるようになってきたな♪」と思えば、みんな卒業しちゃって新しい生徒来てくれて、しかもその子達が「ノートの書き方」から教えなければいけない子達で・・。

 

 

実は昨日9月12日は私の61回目の誕生日でした。

 

でもね!

 

「勉強出来ない子の心理って、60年前となんら変わらないんですよ。

※凡そ60年前の私(笑)

 

 

なんでだろう? と思うくらい昔とあまり変わらないのです。

 

 

風景や雰囲気は変わらないけど

 

生徒ができない問題も、できないパターンも昔とあまり変わらないのですけどね。

 

「私自身の気持ち・感情」は随分変わってきました。

 

 

 

文章を理解しないまま問題を解こうとしている生徒って、昔も今も同じようにいるんです。

 

しかーし!

 

その子にどう対処するかという時に、十年前・二十年前・三十年前・四十年前の私「今の私」ではずいぶん心境が違うんです。

 

単に優しくなったのかと言われるとそうでもなくて。

 

注意した生徒が、その後どのように変化していくのかを楽しんでいる自分がいるのです。

 

そして最も変わったことと言えば・・

 

三十年前・四十年前の私が「お前さん、よく頑張ってるな!」というのと・・・

「今の私」「お前さん、よく頑張ってるな!」というのとでは・・

 

重みが違うんです!

 

私の言葉を生徒の皆さんが、昔よりずっと重く受け止めてくれている気がするのです。

 

生徒の皆さんだけでなく、保護者の皆様や他塾の先生方も、今の私の話を重く受け止めてくれている気がするのです。

 

実際に生徒の皆さんの表情が、私が声をかけると凛々しくなります。
※亀の甲より年の功でしょうか(笑)

 

今の私の指導に「この重み」を活かさない手はありません。

 

年を取って以前より優しくなった部分もあるのかもしれないけれど、昔よりはっきりズバズバと言いたいことを言ってる気がします。
※このブログもそうですけどσ(^_^;)アセアセ…

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】