生徒がよく間違えるパターン:分数編【学習塾】


当たり前ですが、毎年「ちがう生徒」が中3生になります。

 

しかーし!

 

毎年『同じような間違い』をする子が後を絶ちません。

 

小学校の指導がいけないのか、我々塾業界の指導がいけないのか・・

 

おそらくどれも正解なのでしょうが・・・

 

 

中1の方程式で1番間違いの多いパターン

 

きちんと「やり方」を説明してあげて、「途中の式」も綺麗に書いてもらって、それでも最後のFINISHで間違えちゃう子が後を絶ちません。

 

例えばこんな問題です。

 

 

$$5x+ 3 = x+2$$

 

 

 

$$5x-x = 2-3$$

 

 

 

$$4x = -1$$

 

 

 

問題はここからなんです。できない子はここで答えが

 

$$x = -4$$

 

 

 

になってしまうのです。

 

 

私がいつも言っている『分数』が苦手な子にはこうした傾向があります。

 

 

正解はもちろん

$$x = -\frac{1}{4}$$

 

 

 

 

ですよね!

 

こうした基本的なことが怪しい生徒が、中3で習う二次方程式で『解の公式』なんかやっちゃうとシッチャカメッチャカになっちゃうのです。

 

【解の公式】

$$x = \frac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac} }{ 2a }$$

 

 

 

こうしたことから「いかに基本がしっかりできないと大変か」がお分かりいただけるのではないかと思います。

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】