中学1年生の学年末試験がやばい!

 

皆さんこんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下(せしも)です。

 

KOSHIN学院では中3生があと入試まで34日ですから、もちろん気合い入れて頑張っているんですけどね。

 

はっきり言っちゃおうかな!

 

今度の『学年末試験』(中1・中2)も、ものすごく大変なんです!

 

  • 試験範囲が広い
  • 学習する内容が多いし難しい
  • チンタラやってたんじゃ終わらない

 

にもかかわらず、いくら言葉でこのことを生徒の皆さんにお話ししても、なかなか本当の意味では理解してもらえません。

 

それでも「なんとしてでも」なんとかしないと、塾に来ている意味がなくなってしまいます。

 

 

保護者の皆様の協力が絶対に必要です!

 

今度の学年末試験は、先ほども申しました通り

  • 試験範囲が広い
  • 学習内容が多いし難しい
  • やらなくていけないことがすごく多い

のです。

 

毎日塾に通ってても終わらないほど多いのです。

 

しかーし!

 

やるべきことをやらなければ、大きく点数が下がってしまう試験です!

 

ですから塾で勉強するだけでなく、自宅でもかなり勉強しないと追いつきません。

 

はっきり言っちゃおうかな!

 

塾に通ってればなんとかなるだろう?

 

などという生ぬるい考えでは、次回の試験はまず絶望的です。

 

 

どこまで生徒に要求するかが難しいけど

 

塾側がどんなに焦っても、生徒本人が「のんびりマイペース」でお気楽にやっていたのでは話にならないんです。

 

さりとて実際問題「学校の授業」「部活」などもありますし、「試験勉強だけに専念させる」というのも難しい時期でもあります。

 

ここで大きな問題・・

 

もし「保護者の皆様がそんなにやらなくて良いんじゃない?」と思ってるのだとしたら、次回の学年末試験の結果はもはや・・・

 

やはり保護者の皆様の皆様も「子どもが勉強に集中するように」仕向ける必要があります。

 

それができた御家庭から順に、今度の学年末試験の結果も期待できるようになります。

 

それでは今日はこの辺で! また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】