できるのに考えるのを面倒くさがる子【学習塾】

 

基本的にKOSHIN学院では生徒の皆さんに『どんどん質問するように!』と指導しています。

 

今後もこの方針は変わりません。

 

しかーし!

 

『質問しに来ること』『答えを教えてもらおうとすること』さらには『考えるが面倒くさいから教えてもらおうとすること』をごちゃ混ぜにして勘違いしている子がいます。

 

 

  • どうしてそういう答えになるのかなど気にしていない。
  • 答えが合っていればそれで良いと思っている。
  • 面倒くさい問題は答えを教えてもらおうとする。

 

こういう「変なクセ」が付いてしまっている子の指導はなかなか大変です。

 

 

そういう生徒はバイトの子には指導させません!

 

こうした『悪癖』が付いているから成績が悪いのか、成績が悪いから悪癖がついたのか。それがどちらかは分かりません。

 

いずれにしてもこの『ドロドロにこびり付いた悪癖』を取り除かないことには生徒はできるようになんかなりません。

 

こうした悪癖を取り除くのは容易ではありません。毅然と対処しないと直りません。その『毅然とした態度』をバイトスタッフに求めるのは酷というものです。

 

ここはやはり『私の出番』でしょう。

 

実は今日もひとりそんな子がいましてね・・・
※悪気がある訳ではないけど、悪癖がこびり付いているのです。

 

たいして考えもせずに『何回も丸付けに来て』それで×だと分かると『またすぐにたいして考えない』で丸付けに来るの。

 

そんなことしているから『クイズ大会やってるんじゃない!』って叱られるのです。

 

 

この悪癖を取り除くためには!?

 

例えば中学1年生でもすでに7年間も「こんな悪癖」がドロドロにこびり付いてしまっています。

 

一回注意すれば直る子もいますが、何度も言い聞かせないと直らない子もいます。

 

 

人間誰しも『他人に注意される』のは嫌なものです。

 

しかーし!

 

何度も注意してあげないと永久に直りません。それをするのも私の『責任』だと思っています。

 

そして大切なことは『悪癖を克服できたら思いっきり誉めてあげる』ことです。

 

 

何年もかけてこびり付いてしまった悪癖ですから、そう簡単には直りません。

 

しかーし!

 

だからこそ『直せたとき』はすごく誉めてあげるべきです。誉められたた時の生徒の嬉しそうな顔は本当に素晴らしい笑顔です。

 

お勉強が苦手な子の場合このように『勉強以前』のところを直してあげないといけない場合が多いのです。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】