成績に2と3しかありません。・・【学習塾】

 

最初にお断りしておきます。昔は「5段階評価で3」というのは「平均点」という意味でした。

 

かつて神奈川県では『相対評価』と言って学年全体の

  • 「5」を生徒数の7%に割り当てる
  • 「4」を生徒数の24%に割り当てる
  • 「3」を生徒数の38%に割り当てる
  • 「2」を生徒数の24%に割り当てる
  • 「1」を生徒数の7%に割り当てる

 

と決まっていました。と言うことは100人の生徒がいたら7人しか「5」はもらえなかったということでした。

 

しかーし!

 

2002年の「ゆとり教育」辺りから『絶対評価』が取り入れられるようになりました。

 

これは簡単に言うと「基準を満たせば5が何人いても良くなった」ということです。

 

ということは「5段階で3というのは、必ずしも平均点ではなくなった」ということです。私の実感としては『5段階で4で平均くらい』というところです。

 

別の言い方をすると『ALL3』だったら『偏差値下位の高校』にしか行かれないっていうこと。

 

これがお父さんお母さん世代と、今の生徒達の大きな違いのひとつです。

 

 

成績に2と3しかありません!

 

成績に2と3しかないということは、平均よりかなり下だということ。すごく勉強が遅れているということになります。

 

そして!

 

『1』があるということは、提出物を出していない!

 

ということです。こういう生徒の場合は『まず提出物をしっかり期限内に提出する』ことから始めなければなりません。

 

それはおかしいじゃないかという意見もありますが、これが現実です。

 

逆に言うと『提出物さえしっかり出せば1とか2とかは付かない』ということです。

 

 

何から勉強したら良いか?

 

成績を3以上にするには、まず教科書の内容をしっかり理解すること。教科書準拠の問題集をしっかり解いていくことです。

 

分からない問題は絶対にそのままにせず、先生にしっかり教えてもらうことです。

 

あ・の・ね!

 

これだけしっかりできたら『4』は取れますから。だからやはり『4』で普通なんです。

 

このことをしっかり肝に銘じて頑張ってください♪

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】