例題をちゃんと解いてますか?・・【学習塾】

 

KOSHIN学院に長く通っている生徒ならば、言われなくても『ちゃんと例題を解いてから』演習問題に入ります。

 

【例題】

 

これは中学2年生で習う一次関数の最初の部分なんですけどね。

 

勉強出来ない子(学習習慣のない子)の場合とんでもないことをやらかします。

塾長
ちゃんと例題読んだ?
勉強出来ない子
はい読みました。

 

 

 

と返事はするのですが、『読んだ』というよりは『眺めただけ』。もちろん『内容を理解』なんか全然していないのです。

 

まあ勉強出来ない生徒が入塾してくるとほぼ100%こんな感じです。

 

あのね!

 

例題も理解しないまま問題なんか解けるわけないんだよね!

 

でも生徒は『読みました』と返事をします。そうじゃなくて・・・💢

 

 

 

例題が分からなくても良いんだけど・・・

 

例えば上の例題で『定数』という言葉が出てきます。勉強ができるようになる生徒は

 

生徒
先生! この「定数」って何でしたっけ? どこを調べたら載ってますか?

 

 

と質問してきます。

 

分からなくても構いません。まず調べてみれば良いです。それでも分からなかったら質問してください。分かるまで何度でも丁寧に説明します。

 

しかーし!

 

勉強出来ない子はそもそも『定数』という言葉に気がつきもしません。

 

塾長
この「定数」ってどういうことなの?

 

 

と生徒に聞くとほぼ100%答えられません。

 

つまり・・・

 

例題を理解するどころの騒ぎじゃないのです!

 

ここだけの話ですが、時々自分で自分が可哀想になります。あまりにも情けないですよ。

 

この子はなんでこんなになるまで放って置かれたのだろう・・・って。

 

 

この段階から抜けている生徒を指導するのは、そんな生易しいもんじゃありません。学年が上になればなるほどどうしようもありません。この例題は中2の二学期に学習するのですが、中2の二学期でこの状態では正直なところ手の施しようがありません。

 

そんなことにならないように『小学校低学年』のうちからしっかり勉強する習慣を身につけて欲しいです。

 

はっきり言っちゃおうかな?

 

実は『小学校低学年』の段階でかなりの学力差がついてしまっているのが現実です。

 

勉強が分かるってどういうことなのか!

 

そもそもここからして分かってない子が実はかなり多いのです。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】