ピンチはチャンス!・・【学習塾】

小学生や中学生のみなさんにも「ピンチ」な時ってあると思います。社会人になれば「大ピンチ」の2度や3度は経験するものです。

 

私なんぞは「超ウルトラスーパー零細個人塾」ですから、普段でも毎日のように「ピンチ」です。なかなか安穏無事というわけにはいきません。

 

我が人生を振り返っても「超特大スーパーDX大ピンチ」は3回ありました。その時は「さすがにもうダメかな?」とも思いましたが、怖くて死ぬこともできませんでした。

 

怖くて死ねなかったので、仕方なく生きていました。

 

しかーし!

 

人間って不思議なもので「どん底」まで落ちると、不思議な力が湧いてくるんです。

 

 

2番目の大ピンチは、それはそれは強烈でした。どん底なんてものじゃないほど落ち込みました。

 

でもね!

 

だからこそ「働きたい!」という気持ちが強くなりましたし、「誰かのお役に立ちたい!」という気持ちも凄く強くなりました。

 

だから!

 

KOSHIN学院(心を耕す学院)を作ろうと決心することができました。

 

先ほど私は「超ウルトラスーパー零細個人塾」と書きました。途中で何度か「もはやここまでかな?」と思ったこともありましたが、その度に「不思議な力」が沸いてきました。

 

 

なぜピンチはチャンスなのでしょうか?

 

例えば「あなたのお子さん」が、常にあなたが満足するような成績を取っていたとします。

 

その状態の時に「我が子を塾に入れようか?」とはなかなか思いませんよね。

 

でも「成績が下がってしまったり」「好きな先生が退職されたり」など、いろいろ問題が起こることがあります。

 

そんな時こそ「真剣に塾を選び始める」でしょうし、「自分の悪いところを直そうとする」でしょう。

 

 

 

私だってなにも問題がなければ「常に自分を変えていこう」とは思わなかったはずです。

 

いつもピンチだからこそ、「こんな時はどうしよう?」と常に考えてきましたし、「なにかヒントはないだろうか?」と他塾の見学に行ったりもします。

 

幸い今の時代はSNSの発達により、他塾の先生と簡単に知り合うことができるようになりました。

 

いろいろな先生がKOSHIN学院の授業を見学に来られますし、私も時には見学させていただくこともあります。

 

ピンチの時ほど「動く」のです。

 

どう動くかはケースバイケースですが、例えば「今通っている塾をかえてみる」なんていう方法もあるでしょう。
※やむを得ない場合以外、あまりおすすめはしませんが。でも合わない塾にしがみつてても・・。

 

通っていても意味のない塾なら、さっさとかえてみるのもありだと思います。
※良い塾ばかりではないからです。明らかに銭儲け主義の塾なんか、さっさちやめた方が良いと思います。ただしくれぐれも塾難民にならないように気をつけてください。

 

私の場合は「生徒が飽きないように」いろいろ、手を替え品を替え指導します。できれば生徒の皆さんが「いつも新鮮な気持ち」で頑張ってくれるような塾にしたいと思っています。

 

  • ピンチじゃなければ人は変われない。
  • ピンチだからこそ人は変われるのだ。

 

そう考えると「ピンチ」って満更捨てたものでもないのかもしれませんね。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】