ノートまとめって有効なの?・・【学習塾】

 

まだKOSHIN学院を作ったばかりの頃『中3の理科』を勉強する際に『ノートまとめ』をしている子がいました。

 

この子は『女の子』で、実に綺麗なノートを書き上げていました。もはや『勉強』ではなくて『作品』と呼べるくらい綺麗なノートでした。

 

色使いも綺麗だし字も綺麗。これが『美術の作品』だったら文句なしに満点なんじゃないかというくらい。

 

しかーし!

 

彼女の『理科の成績』はというと・・・・

 

見るも無惨な結果でした・・

 

 

なぜ残念な結果だったのでしょうか

 

これって特に女の子に多いことですが、理科の『問題を解くのを嫌がって』ノート作りをして時間を潰しているからなんですね。

 

ある程度問題を解き込んで、そのうえで『微妙な違いなどを整理するためのノート作り』であれば良いのですが、彼女の場合は『問題を解くのが大変だから』ノート作りをして時間を潰していたのでした。

 

ノート作りって『ある程度出来るようになった子が、モヤモヤしているところを整理するため』のものであって、いくら綺麗にノートに書いても、それでは成績はあがりません。

 

その生徒にはそのようにお話ししたのですが、なかなか分かってもらえませんでした。ついには『入試問題』まで『綺麗なノート作り』をし始めてしまいました・・・(>_<)

 

私の『大失敗』のひとつです。あの時もっとガツーンって言って直しておけば・・。

 

 

ノート作りが100%悪いわけではなくて

 

KOSHIN学院では『今でも』ノート作りをしっかりやってもらっている科目があります。

 

それには理由があります。

 

『教科書の内容を理解するため!』

 

にノート作りをしてもらっています。

 

ただ先ほどの生徒は『綺麗なノートを作る』ことに主眼がいってしまっていました。それがいけなかったのでした。

 

勉強の基本は!

 

  • まず教科書の内容を理解する
  • 理解したことを、しっかりできるようにする

 

この2つです。いくら綺麗にノートを書いても『この2つのこと』が欠けていては全く意味がないただの『芸術作品』になってしまいます。

 

綺麗なノートを書く作業って勉強じゃないですからね!

 

ノート作りじゃゴチャゴチャしたことを整理するためのものです!

 

そのことを勘違いしないで、しっかり勉強してくださいね!

 

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】