一日に何時間勉強すれば良いですか?・・【学習塾】

 

「一日に何時間勉強したら良いですか?」

 

これもよく聞かれる質問です。そして『勉強出来る人』に対してよくされる質問でもあります。

 

結論から言うと『何時間勉強したか』ではなくて『どれだけの量を勉強したか』なんですよ。

 

もっと言っちゃえば『何問出来るようになったか?』なんじゃないでしょうか。

 

 

 

以前うちの生徒で『塾で10時間教室にいて』『一問も解かないで帰宅』した子がいました。

 

きっと本人も保護者の方も『今日は10時間も勉強したぞ!』と思っていたことでしょう。

 

しかーし!

 

実際には『一問も解いていない』ので、『勉強量はゼロ』です。

 

※もちろん途中何度も注意しましたが・・・結局『勉強している振り』を10時間続けただけ・・。

 

 

いかがでしょうか?

 

ですから『何時間勉強した』という考え方そのものが間違っているのです。

 

 

私の旧友に『一日1時間しか勉強してないけど』東大に合格した人がいました。

 

え? 少な~い!

 

って思われるかもしれませんが、彼は1時間で『人の何十倍も』勉強していたのでした。

 

  • 成績が良くてやる気に満ちあふれている子の1時間と
  • やる気がなくてダラダラ机に向かっている子の1時間では

 

全然違うということです。

 

 

 

そもそも時間の使い方が全然違うのです。

 

1時間あれば100問以上解く子と、1時間やっても一問も解けていない子がいます。この両者の決定的な違いは『時間に対する意識』です。

 

そこそこ『良い頭脳』を持っているのに点数があがらないというのは、この『時間に対する意識』の差であると言っても過言ではないでしょう。

 

【成績が良くない子の考え方】

今日は何時間勉強しようかな? と考える。酷い場合は今日は良いかって考える。

 

【成績の良い子の考え方】

今日はどこまで勉強しようか? と考える。終わるまで絶対にやめない。

 

そもそも『できるようになってやるんだ!』という意識が全然違うのです。

 

 

生まれつき意識が高い子なんて少ない

 

私の教え子の中には『生まれた時から天才だった』と思うような子もいました。確かにそういう子は元々出来が違うし、家庭環境も全然違うのです。

 

しかーし!

 

ほとんどの子は『生まれつき天才だった』のではありません。

 

  • 勉強に対する環境の違い。
  • 本人の意識の高さ。
  • 保護者の意識の高さ。

 

こうしたものが複雑に絡まって『現在の成績』となっています。

 

そして!

 

もうひとつ大きなものは

 

良き師との出会い!

 

です。

 

私自身も『良き師との出会い』で人生が大きく変わった一人ですので、このことは自信を持って言えます。

 

良き師匠と出会ったことが、今私が塾をやっている理由の1つなのかもしれません。

 

そして『私自身が』生徒の皆さんにとって『良き師匠』でありたいものです。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】