「小学生」カテゴリーアーカイブ

勉強を教えるのは、ものすごくエネルギーが必要!・・【学習塾】

小中学生に勉強を教えるときのことなんですけどね。

成績の高い子だけ集めて授業するのは、そんなにエネルギー使わないんです。

言葉が悪いけど、こちらが「知ってること」を伝えれば、相手が勝手に分かってくれますから。

ところがギッチョンチョン

勉強苦手な子」を引きずりあげようと思うと、とてつもなくエネルギーを消耗します。ウルトラマンではありませんが「3分」もするとクタクタになります。

せっかく休日のんびりして、体力を回復しても「3分」で元通りヘロヘロになっちゃうんです。

生徒だって頭がもうろう状態に!

私がまだ大学生だったらころ、いとこの女の子が当時小学校3年生でした。

軽い気持ちで、いとこの「家庭教師」を引き受けたのですが、ちょっとお勉強が大変なことになってたんです(笑)。

ある日2時間ほど徹底的に算数の問題を解いてもらったんですけどね。

最後の方は意識朦朧(もうろう)状態になってきました(笑)。

しまいには「3+5はいくつ?」なんて聞いても、もう頭が動かないんです。

えっと20?」とかもう意味不明な答え連発でした。

しかーし!

このくらい徹底的にやったことで、いとこに大きな変化が現れてきました。

あたし算数好き! わかるようになってきた!

と言い出したのです。計算力も随分ついてきましてね。

その後は高校卒業するまで「数学だけは得意だよ♪」って言ってました。

当時の私はまだ大学生でしたので、今のようなスキルがあったわけじゃありません。

ただ若さだけで、いとこと勝負してたんです。

おそらく頭を使うということを学んでくれたのかと

私のいとこ女の子でしたし、周りのオトナから随分可愛がられて育っていました。

自分のいとこを褒めるのもなんですが、いつもニコニコしている可愛い子でした。

ですから親や周りのオトナも、そんなに「勉強しなさい!」と言うこともなかったんです。

しかーし!

小学校3年生ともなると、学校の中では「かなりの学力差」がうまれてしまっているんです。

当時の私は、そんなことを知る由もなくて、とにかく「できるようにしてやろう!」とガンガン勉強させちゃったんです(笑)。

そしたら「頭を使う」ということが分かって、それが嬉しかったようで。

その後はどんどん自分から算数の問題を解くようになってくれました。

この経験が「私には大きかった」のだと、今振り返るとそう思うのです。

だから今でも時々ガンガン勉強させちゃう時があります。

お勉強が苦手で、すぐにポケーッとしちゃう子は「いつの時代」もいます。

そういう生徒に頃合いを見計らってガンガン勉強させちゃうことは、今でもよくやっています。

私がガンガンに勉強させちゃう時は、次の2つの場合です。

  1. 今ここでガンガンやれば、この子は必ず上昇できると思った時。
  2. この子には色々なことをしたけど、もう最終的にこうするしかない判断した時。

二番の場合はつらいです・・・

この2ついずれの場合も「生徒は大変」だと思います。大変なのは分かっているけど、やはり「ここぞ!」という場面があるんです。

特に「1番」の「ここぞ!」の時は、しばらく保護者の方もツラいんです。

場合によっては、塾から「泣きながら帰ってくることもある」からです。

あっ! 

言っとくけど、私は生徒を泣かして喜んでいるようなドSな人間じゃありませんからね!(笑)

生徒が涙をポロポロ流しながら勉強する場面は、年に一度くらいはあるんです。

そんな時は、私だって心の中で大泣きしているんです。

でも、そういう大変な思いを乗り越えてくれた生徒は本当に可愛いです。

私のカラータイマーは3分で点滅をしているんですけど、それでもなんとかして生徒をできるようにしてあげたいの。

正直なことを言えば、私も「できる子だけ集まってくる塾」にしたいとは思います。

でもね!

先生助けて~!」って言われたら断れないんですよ。

そしてまた大変なことになって、カラータイマーが点滅どころか、予備電池のそのまた予備の予備の予備くらいのところで戦うの。

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

まず「ここ」を求めてから、「そこ」を求める・・【学習塾】

先日お会いした塾の先生が、結局最後は「国語力」なんですよねとおっしゃってました。

本当にその通りだと思います。

次の問題を見てください。

【例題】
ヒロシ君は、家を出て30分後の8時55分に学校に到着しました。その後3時5分に学校を出て、行きよりも10分多く時間をかけて帰宅しました。ヒロシ君が家を出てから帰宅するまで何時間何分かかりましたか。

これは「小学校3年生の問題」です。

成績が中位以下の子だと、まず解けなくてボーッとしちゃうんです。

この問題を求めるには

  1. まず家を出た時間を求める。
  2. 次に帰宅した時間を求める。
  3. 帰宅した時間から、家を出た時間を引く。

という3段階の作業をしなければなりません。

ところがギッチョンチョン

勉強が苦手な子のノートを見てみると

3時5分-8時55分= 11時間5分
※個人差があります。

と、全く「論理的」ではないことを書いています。

ただ目に入った数字を並べてるだけ!

この程度の思考回路しか持たない生徒は、すごく多いです。

なんででしょうか?

答えは簡単です。こうした訓練をしてないからです。

 

先ほどの例題で

先生:「ではヒロシ君は何時何分に家を出ましたか?」

生徒何も考えずに「9時5分です」

この「何も考えずに」が大きな問題なんです。

問題を読んでいない。読んだとしても文章が理解できていない。

だから短絡的な解答しかできないんです。

ではどうしたら良いか。

私は、「まず自分で」考える作業をしてもらいます。
※もちろん最終的にはちゃんと教えるのですが、その前に「自分で考える習慣」を身につけてもらいます。

しかーし!

上記の問題ともなると、かなりできる子でないとやはりできないものはできないんです。そこで問題を分解してあげます。

①ヒロシ君は、家を出て30分後の8時55分に学校に到着しま  した。

では、ヒロシ君が家を出たのは何時何分ですか?

ここまで分解すると、ぐっと正答率があがります。

答えは8時25分ですね。これをちゃんとノートに書いて計算してもらいます。

②その後3時5分に学校を出て、行きよりも10分多く時間をかけて帰宅しました。

  1. そもそも行きは何分かかったっけ?
  2. それより10分多くかかったから何分かかった?

まずこれを「自分で計算」してもらいます。この時に「答え」を教えては絶対にいけません。あくまで自分で計算させます。

できない子は「答えも」教わろうとしますから気をつけてください。

3.だから帰宅した時間は何時何分?

と、できればタイムラインの図を作って、自分で数字を書き込んでもらいます。

家を出た:□時○分

30分かけて学校に着く

学校到着:8時55分

学校にいる

学校を出る:3時5分

行きより10分多く時間がかかる

ということは何分かかったか?
    ↓
家に着いた時間:△時▽分

※□・○・△・▽に数字を書き込ませます。

ここで図や表に表しながら、自分でできることはできるだけ自分でやってもらいます。

ここからは計算力が問われます

上記の問題ですが、

  • 家を出た時間:8時25分
  • 家に帰ってきた時間:3時45分

そうすると家を出てから帰ってくるまで何時間何分かかるか?

ここで大概の生徒は

3時45分
-8時25分
—————————–

と計算し始めます。そして答えは11時20分になっちゃうの。

3から8が引けないから足しちゃうという短絡的なことを始めるの。

ここでも「問題の意味が分かってない」ことが露呈してしまいます。

ここでさらに「午後3時は15時である」ことを説明しなければなりません。

ちなみに、すでに「午後3時=15時」であることは学習済みなのですが、このややこしい問題を解いている最中にそんなことはスッカリ忘れちゃうんです。

こうした訓練を受けてこなかった子が中学生になったら

こうした訓練を受けてこなかった子が、そのまま中学生になり、そして「高校入試」だと言っても、もはやどうにもなりません。

その程度の学力の子が中学校に行っても、授業は全くと言って良いほど理解できません。

そうなると、その子にとって学校は、「まったくちんぷんかんぷんなことを我慢して聞いてるだけ」の大変つらい場所になってしまいます。

実はそういう生徒は少なくありません。そうならないように「小学校低学年」といえど、しっかりと「教科書レベル」のことはできるようにしておいてください。

大学入試制度が変わる!

センター試験は2019年度(2020年1月)の実施を最後に廃止され、これに代わり2020年度からスタートするのが「大学入学共通テスト」です。

これまでのセンター試験と同様、1月中旬の2日間で実施されます。今の中学3年生(2017年4月時点)から、この「共通テスト」(2021年1月実施)を受検することになります。

この共通テストでは、今まで以上に「論理的思考能力」を問う問題が増えると発表されています。

となると、先ほどの生徒ほどではないまでも、「こうした論理的思考」がすごく大切になってきます。

大学入試が変われば、必然的に高校入試も変わってきます。

まだ「小学生のうちは塾は良いかな?」と思ってるお父さん、お母さん!

ちょっと考え直してみて欲しいです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

問題を解いてもらおうとする生徒・・【学習塾】

とても困る生徒のタイプに「自分で問題を解こうとせず、スタッフのお姉さん(お兄さん)に問題を解いてもらおうとする」子がいます。

生徒本人は「先生に質問しに行ってるつもり」だけに厄介なんです。

ある程度経験を積んだスタッフなら、「自分で考えてね~!」と軽く突き放せるのですが、まだ経験の浅いスタッフだと「生徒のペース」に巻き込まれちゃうんです。

一生懸命教えてあげるのは良いのですが、気がつくと生徒は先生が解いてくれるように誘導してるの。

こういう生徒は注意されるまでは私のところには来ませんから。

自分で考えなければダメです!

実は今日ひとりそんな生徒がいました。理科の難しい単元を勉強していたので、とりあえず今日のところは様子をみてげました。

しかーし!

明日以降もそんなことをしていたら、私は許しませんよ。

だって、そんなんじゃ勉強出来るようになるワケがありませんから。

スタッフにそのことを伝えたら、本人も分かっていたようで、途中から「自分で考えておいで!」と突き放しましたと言ってました。

今日のスタッフは経験が浅いとはいえ、私が見込んだ子ですから気がついてくれていました。

しかーし!

学生講師」「新人教師」なんかだと、こういう生徒に一生懸命教えちゃうんです。

言い方が良くありませんでした。

本当に教えている」なら、むしろそれは素晴らしいことなんですけどね、

たいがいのケースでは、「生徒が自分で考えるのが嫌だから、怖くない先生に解いてもらおう」としているだけです。

  • ほとんど自分で考えてなくて講師が一方的にしゃべってる。
  • 適当に「なるほど~!」とか言ってるけど、ナニも分かってない。
  • 調べる」ことでさへ、自分で調べようとせず講師にやってもらおうとする。

じつはこういう生徒ってあちこちにいるんです。

こういう生徒は「優しくかまってくれる先生」が大好きだから始末が悪いの。

そして本人は「今日はいっぱい先生に質問した!」なんて思ってるから、もっと始末が悪いんです。

本当に勉強ができるようになりたいわけではなく、その場の苦しみから逃げたいだけですから。

くどいけど、それが証拠にそういう子は私のところには来ません。

次回そんなことをしたら、「お前さんは質問は全て私のところに来なさい!」言ってやります。

だってそれじゃできるようになるはずがありませんから!

もしこのブログを読んでくださっているのが、まだ経験の浅い「教師・講師」の方でしたら、気をつけてください。

どうすれば甘えるのが直るか?

精神的に幼い子」は自分でやるのではくて、「親や先生にやってもらおう」とします。

そこで「親や教師」が毅然とした態度で接することができるかどうかがポイントです。

そんなんじゃできるようにならない!

ということを理解してもらうように指導しなければなりません。

しかーし!

ここで大きな問題があります。

ほとんどの塾の先生は、こうしたことにすぐに気がつきます。
※ちゃんと指導をしている塾なら。

ですから、こうした生徒には、むやみやたらと、なんでも教えるようなことはしません。
※ちゃんと指導をしている塾なら。

ここで困るのが、「せっかく塾の先生が教えないで、自分で考えさせようとしているのに、親が教えてしまう」ことです。

特に小学生の問題くらいだと、親が教えられますから「教えちゃう」んです。

他塾ではどうか知りませんが、KOSHIN学院でこんなことをしたら、私は親を注意します。

それでも子どもがぐずったりしたら、すぐに私に相談してください。

これも言い方が少し良くなかったかもしれません。

本当にちゃんと教えて、ちゃんとできるようになる」のであれば、親が教えても問題ないと思います。

ただ、多くの場合は「子どもが自分で考える機会を奪ってる」だけなんです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

 

勉強出来ない子は、まず音読を!・・【学習塾】

ちょっと生徒を指導したことがある人なら、生徒に文章を読ませればすぐに「生徒の学力」が分かると言っても過言ではありません。

勉強出来る子は、ほぼ例外なく「文章を一字一句間違えずに」しかも「感情を込めて」読むことができます。

だから「ちょっと」勉強を教えただけで、その子の実力がある程度把握できてしまうのです。
※これを読んだお母さんは、背筋がぞっとしたかもしれませんね

勉強が苦手な子は音読もメチャクチャ!

もしかしたら「音読」(声を出して読む)のは「国語の時だけ」大切だと思っていませんか?

ではまずこの写真をごらんください。

これは「小学校3年生の算数」の問題です。
※私の字が下手なのがバレます(>_<)・・取り急ぎのメモなので

オレンジ色の○がついている漢字が、生徒が読めなかった漢字です。

例えば①の「朝食」ですが、生徒は「あさごはん」と読みました。

そこで漢字辞典の使い方を教えて、自分で「読み方」をしらべてもらいました。

最初は全く漢字辞典の使い方が分かってませんでしたが、ちょっと教えてあげたら自分で調べることができるようになりました。

そうですね! 答えは「ちょうしょく」です。

調べた読み方をワークに書いておくように指示し、もう一度①の問題を読ませてみました。

ところがギッチョンチョン。

ここで問題が・・・①の文章を・・

  • 「みさきさん」を「みきさん」と読んでしまう。
  • 「時こく」を「じかん」と読んでしまう。
  • 「起きた時こくは7時」を「起きた時こくは7時です」と書いてないことを勝手に発音してしまう。
  • せっかく調べた「朝食」をいつの間にか「ちゅうしょく」と読んでる。
  • 「何時何分後」の「」を抜いてしまう。反対もあり。

全てがこの調子です。

ですから、これらの問題を全然解けずに「勉強しているふり」をしてごまかしていました。

別に私は驚きませんけどね。こういう生徒は何百人も見てきましたから。

しかーし!

このまま放って置いたらと思うとぞっとします!

え? 「それは小学3年生だからでしょ?」ですって?

いやいやいやいや・・・ところがギッチョンチョン

こんな感じの中学生」も結構いるんですよ!

正直なところ「中3生」でこの状態だと、「全日制普通科高校」はあきらめてくださいと言わないといけなくなります。
※定員割れしていると合格できてしまうんですけど・・

さてこの生徒ですが、その後は・・

ここまでの文章だけ読むと、かなり問題のある生徒のようですが、私は「この生徒」が大好きでして。

それは「小学校3年生」なのに、絶対に塾を休まないで来るからなのです。

勉強がちょっとでも分からないと、すぐに泣いちゃうし、分からないと上を向いてボーッとしちゃうんですけどね。

それでも「叱られると」我に返って、涙こぼしながらでもまた一生懸命頑張るんです。

頑張らないなら、私も「知~らない!」って言っちゃうけど、こんなに一生懸命頑張る子を見捨てるなんて私にはできません。

前置きが長くなりました。(ごめんなさい)

私はこの子を私の前に座らせて「何度も音読」してもらいました。

読めない漢字は漢字辞典で調べて、それをノートに書き出させて。

そして「つっかえずにスラスラ読めるようになるまで」何度も繰り返し読んでもらいました。

何回も繰り返して読んだだけで、①~⑥番の問題は解けちゃったんです!

つまりこの子は決して頭が悪いわけじゃなくて、「勉強の仕方」がまるでなってなかっただけなのです。

その状況をそばで見ていた中学生数名が、その生徒が問題を解けたのを見てすごく驚いてました。

中学生達は「何回も繰り返し問題を読むことが、いかに大切か分かった」と言ってました。

その後中学生達も、問題の意味が分からない時は、何度も繰り返して読むようになりました。
※めでたしめでたし

少し長い文章になりましたが、それだけ「声を出して読む」ことが大切だということをお伝えしたかったのです。

もしこのブログを読んでくださってるのが、小学生のお子さんを持つお母様でしたら、ぜひあなたのお子さんに「音読」をさせてみてください。

最初は「短い文章」で構いません。今日掲載した写真の問題程度の短い文で構いませんから、「正確にスラスラ」読めるようになるまで、練習させてあげてください!

そしてスラスラ読めるようになったら、

  • 「朝食」ってナニ?
  • 「登校」「下校」ってナニ?

と質問してあげて、今度は「国語辞典」で意味を調べさせてください。

よくお母様方から、「うちの子は文章題になると手が止まるんです」という相談を受けることがあります。

そんな時は「問題の解き方を教えるのではなく」て、

まず「正しく読めてるか」チェックしてください。そして何度も読ませてあげてください。

そうです!

読めもしない問題を解けるわけがないんです!

全部文章を間違えて、しかも「意味も分からず」テキトーに読んでる生徒、意外と多いですよ!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】