「小学生」カテゴリーアーカイブ

効率の良い勉強法と言いますが・・【学習塾】

yahoo知恵袋などを見ていると、多くの生徒が・・

  • 効率よく勉強できる方法ありませんか?
  • 効率よく暗記できる方法ありませんか?

などと書いているのを目にします。

はい、効率よいやり方というのは存在します。私もたまに生徒に教えてあげることもあります。

しかーし!

例えば包丁を使ったこともない人に「効率の良い野菜の切り方」を教えたところで上手に切ることができるでしょうか。

私は大学生の時にレストランでアルバイトをした経験があります。その時に毎朝『段ボール10箱』ものキャベツを千切りにするように命じられていました。

プロのコックさん達は、さすがに切るのが速いくて綺麗です。

私が切ったものはゴツゴツと遅くて、しかも不揃いでまずまずしそうでした。

それでも数ヶ月間毎日のようにキャベツを切っていたら、そこそこ綺麗に切れるようになりました。
※それでもプロの料理人の足下にも及びませんでしたが。

たくさん数をこなしてきたからコソの効率!

毎日毎日たくさんのキャベツを切っていたからこそ、プロの方に「こうやって切ると速いよ!」と教えてもらうと「なるほどぉ!」って思えました。

実は勉強も同じです。

例えば「英語の単語や文章が覚えられない」生徒に、いきなり効率の良い覚え方を教えても覚えられません。

覚えようとして悪戦苦闘することを毎日続けていると、覚えるのが速く上手になるのです。

面倒なことを繰り返し練習することで速くなるのです。

暗記だけではありません!

今KOSHIN学院の中学1年生は学校で「反比例」を習っています。
※進み方が遅すぎる気もしますが

反比例のグラフ

これはY = ーX/6 のグラフですが反比例のグラフでは必ず

_____________________
x -6 -5  -4  -3・・・・・
____________________
y     +1 +1.2  +1.5   +2 ・・・・・
_____________________

と細かく計算して表にあらわしてもらいます。

面倒だけど、ちゃんと表を書いてからグラフを書くと「きちんと理解」することができます。

それを「効率が悪いから」といって「整数の部分だけ書けば良い」と最初から教えてしまうから反比例のグラフが分からなくなってしまいます。

小学生や中1のうちは効率の悪いことも大切

私は小学生や中1には、面倒くさい効率の悪いことを敢えてやってもらうことがあります。
※場合によっては中3生でも

面倒なことを繰り返し練習しているうちに、やはり「面倒だな~!」と生徒も感じるようになります。

こんな面倒なことやってたら終わらないなぁ・・もっと簡単なやり方無いかなぁ~?

このことに生徒が「自分で気がつく」ことが大切なのです。

自分で気がついてから「効率の良いやり方」を教われば、それはかなり身につくのです。

生徒が自分で苦しむ前から「効率の良いやり方」を教えようとするから、勉強が苦手な子が増えてしまうのです。

というよりも「自分で考えることができない子」が増えてしまうのです。

勉強時間を短くしたいと思っている人へ!

例えば神奈川県公立高校の入学試験の場合ですと

1科目解くのに50分かかります。

解いた問題のテスト直しに50分かかったとします。

これだけで100分(1時間40分)かかります。

それが5教科あるので、入試の過去問を1年間分やるだけで

500分(8時間20分)かかります。

分からない問題が多かった生徒は、もっと時間がかかります!

その絶対的必要時間を確保しなければなりません!

それなのに、一日に5分~10分程度勉強したくらいで「高校に合格したい」なんてね・・・

はっきり言ってふざけるな! ですよ。

特に「勉強する時間がありませんでした」とか言ってる子なんですけどね・・・

私はそんなことを言ってる子は大嫌いです。

しかーし! そんな子でも

  • ゲームをする時間はたくさんあった。
  • テレビを見る時間もたくさんあった。

わけですよ。

私の目から見て、確かに「これ以上は無理だな」と思える生徒って、ほんの少ししかいません。せいぜい百人に一人くらいじゃないかな。

あとの99人は優先順位が試験勉強よりもゲームやスマホなだけなんですよ。

しかーし!

この500分を本気で頑張っている子達は、最初は500分かかったことでも、次からはもっと短い時間で要領よくこなすことができるようになってきます。

これこそが「効率的な勉強法」だといえます。

どんどん一生懸命頑張っていれば、否が応でも効率的に学習できるようになってくるんですね。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾です!】

 

 

英単語が覚えられない生徒・・【学習塾】

塾の先生になってから「どうしても英単語が覚えられない生徒」をたくさんみてきました。

  • なぜ覚えられないのだろうか?
  • どう指導したら覚えてもらえるのだろうか?

随分悩みましたし、いろいろ研究してきました。

英単語を覚えられない生徒は、当然のことながら英語の成績も悪いわけで・・・

しかーし!

そこをなんとか」してあげるのも「プロの仕事」なんですけどね・・

当時は「新米の塾教師」だった私は、上司にもいろいろ相談してみました。でも「これ!」という返事をもらうことはできませんでした。

  • 英語は読ませることが大切!
  • 書いて覚える!

と言われたのですが、その通りにやっても効果はあまりありませんでした。

十年以上悩みましたが、ようやく少し答えらしきものが見えてきました。

英単語は最初は書いて覚えようとしてはいけない!

苦手な科目を勉強するときに、いきなり「書く」という作業から入ると非常に効率が悪いのです。

最初は書かなくて良いのです!

というよりも「書く」という作業をする前に「するべきこと」があるのです。

それは・・

まず口で言えるようにすること!

です。

例えばノートに

(1)1月:
(2)2月:
(3)3月:

(12)12月:

と「日本語」だけ書いておきます。ここでいきなり

January January January January Januaryなんて書き始めてはいけません。

本来カタカナで英語を覚えるのもいかがなものかと思いますが、ここでは説明の都合上カタカナで書きます。

「1月」は「ジャニュアリー」
「2月」は「フェブラリー」

と「日本語だけ見て英語で言えるように」するのです。

こうすれば「いきなり書く」よりも、たくさん練習することもできますし。

口で言えるようになってから初めて「スペル」の練習をすれば、わりとすんなりと覚えられるようになります。

私の指導で間違っていたことは

  • 読めないものは覚えられない。
  • 意味が分からないものは覚えても意味がない。
  • そもそも「口で言えない」から、いくら書いても覚えられない。

ということを指導してあげられていなかったから、英単語を覚えられない生徒がいたのでした。

やり方を教えてあげるだけで「覚えられるようになった生徒」がたくさんいました。

しかーし!

それでもまだ「上手に覚えられなくて苦労している生徒」もいました。

それを解決してくれたのが、我が塾が誇る「卒業生スタッフ達」です。

単語を覚えられなくて苦労している生徒に、

「それでは※※先生(スタッフ)に、一緒に覚えてもらおう!」

って言ってあげると、特に中学1年生なんかすごく喜ぶんです。

お兄さん・お姉さん先生が、一緒に覚えてくれるというのは、生徒にとって「心理的ハードル」がすごく下がるみたいです。

1ヶ月もすると、あんなに苦労していた英単語の暗記が、わりとスラスラできるようになっているんです。

こういう時は、生徒もスタッフもすごく誉めてあげます!

 

おぉ! すげぇじゃん! 覚えられたじゃん!

この言葉をかけた時の生徒の笑顔はたまらんです。本当に素敵な表情をしています。

色々なタイプの生徒がいます!

たまに生徒から「たくさん書いて覚えた方が良いですか?」と質問を受けることがあります。

これは「私自身のこと」なのですが、英単語を覚えるときに実際に100回単語を書いてみました。

結果は「全然覚えられなかった」のでした。

しかもたくさんかいているうちに「別の文字」になっちゃってました(笑)

Januaryと書いているつもりが、いつのまにかJeniary(銭あり~)になっちゃったりしてました(笑)

KOSHIN学院の卒業生で英語がすごく得意な女の子がいました。

加藤さんと、志村さんと言います。(仮称)

加藤さんは単語を覚える際に「いかにラクして覚えるか」に重点をおいていました。

反対に志村さんは「なるべく反復練習する」ことに重点を置いていました。

加藤さんがまるで「写真を撮る」かのごとく頭に焼き付けていくのに対し、志村さんは「ノートが真っ黒になるほど単語を書いて」頭に入れていました。

どちらが良いと思いますか?

私は「どちらも良い」と思うのです。

ようするに覚えてくれれば良いのですから!

KOSHIN学院には卒業生スタッフが数名いるのですが、みんなそれぞれ「覚え方」が違います。

生徒達には、それぞれの先輩の覚え方を教わって「自分が一番やりやすそう」な先輩のやり方を真似するように指導しています。

ただ加藤さん、志村さん、現在のスタッフともに共通していることは

まず言えるようにすること!

意味も発音もしっかり分かった上で言えるようにして、それから各自の方法で覚えているのです。

英単語がなかなか覚えられなくて苦労している皆さん、まず「言えるように」してみてください。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

問題解いて終わりじゃない!・・【学習塾】

生徒を教えるようになって、もう三十数年も経ったんですけどね、「生徒の成績をあげるにはどうしたら良いだろう?」という悩みの連続でもありました。

いろいろと考えましたが、結論からすると

当たり前のことを確実にやろうよ!

ということなんです。

当たり前のこととはなんだろうか?

最近うちの中3生が「勉強するってどういうことなのか、やっと分かってきました!」と言い始めました。

私は何十年も生徒を指導していますが、中3生が「中3」をやるのは今年が初めてですからね。

しかも「中3」になってから入塾してきた子達もいますし。

当たり前のこと」について説明する前に、こちらの動画をごらんください。


KOSHINーTVより

新しい生徒が入ってくると、その生徒がどんな風に勉強をするのかまず見極めます。

ほとんどの生徒が

  • 机に向かって、何か問題を解くこと
  • 椅子に座って先生の話を聞くこと

が勉強だと勘違いしているんです。

問題と解いただけじゃ勉強と言わない!

机に向かって問題を解く。ここまでは間違っていません。それすらもしない子もいますから。
※中3でそんな状態だと、いくら私でも指導できません。

ただその後が問題なんです。

  1. 解いた問題の答えが正しいかどうか確認する。
  2. 間違えた問題は解き直ししてみる。
  3. それでもできなかった問題は、どうしてそういう答えになるか調べる。
  4. 調べても分からなかったら先生に質問する。
  5. 分かったと思っても、それで止めないで「できるようになったか」確認する。
  6. まだできるようになっていなければ、類題を解いて定着をはかる。

いかがですか? 言われてみれば当然のことではありませんか?

ところがギッチョンチョン

こういう「当たり前」のことができないから成績があがらないんです。

ひとくちに「」と言っても色々な塾がありますが、KOSHIN学院は「こうした当たり前のこと」を生徒が自分でできるようになるようにサポートする塾です。

もちろん「分からない問題があったら自分で調べる」んですけどね、これは「ある程度の学力」がないとできないんです。

その「ある程度」に達するまでは、もちろんこちらから色々と指示を出しますけどね。

机に向かって先生の話を聞くだけ

先生の話をボケーッと聞いてても、それは勉強とは言いません。

単なる時間つぶしです!

ところがギッチョンチョン

こういう生徒は、すごく多いのです。

学校でも塾でも、あまり頭を使わないで、ボーッと先生の話を聞いているだけで、とにかく時間が過ぎるのを待っているの。

自分で頭を使わないから、ラクといえばラクなんですけどね・・

これは勉強ではありません!

こうした「悪い習慣」がドロドロに身についちゃっている生徒が入塾してくることがあるんですけどね・・・

この悪い習慣をなおすのは、ちょっとやそっとのことではできないんです。

ハッキリ言っておきます!

ものすごく酷い状態の生徒を、できるようにする為には「どうしても苦しい思い」をしてもらわなければなりません。

ですから、そんな状態になる前に早めにKOSHIN学院に通ってくれると助かります。

最後にもう一度繰り返します!

  • ただ机に向かって問題を解いているだけ
  • ただ先生の話をなんとなく聞いているだけ

こういう行為は勉強とは言いません!

当たり前のことを確実にできる人間に成長しましょう!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

 

勉強を教えるのは、ものすごくエネルギーが必要!・・【学習塾】

小中学生に勉強を教えるときのことなんですけどね。

成績の高い子だけ集めて授業するのは、そんなにエネルギー使わないんです。

言葉が悪いけど、こちらが「知ってること」を伝えれば、相手が勝手に分かってくれますから。

ところがギッチョンチョン

勉強苦手な子」を引きずりあげようと思うと、とてつもなくエネルギーを消耗します。ウルトラマンではありませんが「3分」もするとクタクタになります。

せっかく休日のんびりして、体力を回復しても「3分」で元通りヘロヘロになっちゃうんです。

生徒だって頭がもうろう状態に!

私がまだ大学生だったらころ、いとこの女の子が当時小学校3年生でした。

軽い気持ちで、いとこの「家庭教師」を引き受けたのですが、ちょっとお勉強が大変なことになってたんです(笑)。

ある日2時間ほど徹底的に算数の問題を解いてもらったんですけどね。

最後の方は意識朦朧(もうろう)状態になってきました(笑)。

しまいには「3+5はいくつ?」なんて聞いても、もう頭が動かないんです。

えっと20?」とかもう意味不明な答え連発でした。

しかーし!

このくらい徹底的にやったことで、いとこに大きな変化が現れてきました。

あたし算数好き! わかるようになってきた!

と言い出したのです。計算力も随分ついてきましてね。

その後は高校卒業するまで「数学だけは得意だよ♪」って言ってました。

当時の私はまだ大学生でしたので、今のようなスキルがあったわけじゃありません。

ただ若さだけで、いとこと勝負してたんです。

おそらく頭を使うということを学んでくれたのかと

私のいとこ女の子でしたし、周りのオトナから随分可愛がられて育っていました。

自分のいとこを褒めるのもなんですが、いつもニコニコしている可愛い子でした。

ですから親や周りのオトナも、そんなに「勉強しなさい!」と言うこともなかったんです。

しかーし!

小学校3年生ともなると、学校の中では「かなりの学力差」がうまれてしまっているんです。

当時の私は、そんなことを知る由もなくて、とにかく「できるようにしてやろう!」とガンガン勉強させちゃったんです(笑)。

そしたら「頭を使う」ということが分かって、それが嬉しかったようで。

その後はどんどん自分から算数の問題を解くようになってくれました。

この経験が「私には大きかった」のだと、今振り返るとそう思うのです。

だから今でも時々ガンガン勉強させちゃう時があります。

お勉強が苦手で、すぐにポケーッとしちゃう子は「いつの時代」もいます。

そういう生徒に頃合いを見計らってガンガン勉強させちゃうことは、今でもよくやっています。

私がガンガンに勉強させちゃう時は、次の2つの場合です。

  1. 今ここでガンガンやれば、この子は必ず上昇できると思った時。
  2. この子には色々なことをしたけど、もう最終的にこうするしかない判断した時。

二番の場合はつらいです・・・

この2ついずれの場合も「生徒は大変」だと思います。大変なのは分かっているけど、やはり「ここぞ!」という場面があるんです。

特に「1番」の「ここぞ!」の時は、しばらく保護者の方もツラいんです。

場合によっては、塾から「泣きながら帰ってくることもある」からです。

あっ! 

言っとくけど、私は生徒を泣かして喜んでいるようなドSな人間じゃありませんからね!(笑)

生徒が涙をポロポロ流しながら勉強する場面は、年に一度くらいはあるんです。

そんな時は、私だって心の中で大泣きしているんです。

でも、そういう大変な思いを乗り越えてくれた生徒は本当に可愛いです。

私のカラータイマーは3分で点滅をしているんですけど、それでもなんとかして生徒をできるようにしてあげたいの。

正直なことを言えば、私も「できる子だけ集まってくる塾」にしたいとは思います。

でもね!

先生助けて~!」って言われたら断れないんですよ。

そしてまた大変なことになって、カラータイマーが点滅どころか、予備電池のそのまた予備の予備の予備くらいのところで戦うの。

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】