「小学生」カテゴリーアーカイブ

中1・中2の勉強は中3より難しい!・・【学習塾】

厳しい言い方だが、塾は中3からで間に合うと思っている保護者が少なくない。

確かに「間に合う生徒」がいるのも事実だが・・・

しかーし!

それは、中3で入塾するまでに、ちゃんと基礎学力を身につけていた生徒の場合だ。

塾に通わず「自分のチカラ」だけで、ある程度の点数を取ってきた生徒であれば、そこに「我々塾の技術」が加味されることによって、大いに成長することがある。

私はあえてそういう生徒の為に、毎年「1名分」だけは中3生枠を残している。
※おっと!これは内緒の話だった。

分数小数の計算もできない子が中3になってから塾に来ても

この時期になって分数・小数の計算もできない中3生でも、「うちに来れば大丈夫ですよ!」と言って受け容れちゃう塾があります。

はっきり言っちゃおうかな

そんな塾は、その生徒が持ってくる月謝に用事があるんです!

え?  KOSHIN学院だって生徒が持ってくる月謝に用事があるんだろうですって??

もちろんです。KOSHIN学院は営利を目的とした個人企業です。

しかーし!

それは指導に対する正当な報酬だと考えています。

どんな生徒でも良いからと受け容れて、月謝を吸い上げるようなことは絶対にしたくありませんし、していません!

ちゃんと効果を出してあげられそうもない生徒は、お預かりしておりません。

例えばこの時期に「うちの子小学生の計算もできてないんですけど」という中3生が入塾を希望してきても、お断りします。

高校入試まで「あと187日」です。約半年で小学校の復習から全てやるのは、いくら私でも不可能です。

中1・中2の勉強は中3の範囲より難しい!

何度もこのブログで書いてきましたが、中1・中2の勉強って本当に難しいと思うのです。

中学1年生に理科の問題を一問教えただけで、ぐったりと疲れてしまうことがあります。

理科だけではありません。国語歴史地理数学英語も・・・

毎年入試直前になって受験生が苦労するのは「中3の範囲」ではありません。

かなり勉強ができる受験生でも「中1の範囲が一番難しい!」と言います。

英語なら中3で習う現在完了関係代名詞よりも、中1で習うbe動詞・一般動詞の使い分けの方が中3生を悩ませます。

社会科は中3では主に「公民」を学習するのですが、入試で大変なのは圧倒的に「地理・歴史」の範囲です。

ですから毎年受験生は死に物狂いで1・2年生の範囲を勉強します。

中1・中2の範囲はものすごく難しいし、学習することも膨大な量になります。

これを「小学校の基礎もできてない生徒」が、入試までに全てやり切るなん不可能です。

高校入試を甘く見てはいけません!

なにも小学生の時から「ガリ勉しろ!」なんていうつもりは全くありません。

しかーし!

やはり「教科書に出てくること」くらいは、しっかり勉強して欲しいです。

もし中1・中2の間は部活をしっかりやって、勉強は中3からなんて思っているなら、それは大きな間違いです!

もう一度繰り返します。

学習塾の先生を四十年近くしている私でさへも、中1・中2に勉強を教えるとクタクタになるほど大変なんです!

それなのに、全然勉強してない生徒が「有馬高校」や「高浜高校」に行きたいなんて簡単に言っちゃうんです。

有馬高校や、高浜高校なら簡単に入れるとか思ってるなら、今すぐにその考えは改めてください!

うちの卒業生が、どれほど頑張って有馬・高浜に進学したか見せてあげたいです。

現在中1・中2のみなさんは元より、小学生の子達もやがてすぐに「この現実」を突きつけられることになります。

今から「やるべきこと」はしっかりやっておきましょう!

それでは今日はこの辺で。また来週お目にかかりましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

ゲーム感覚で勉強・・・【学習塾】

今日は頭をハンマーで殴られたくらいの衝撃を受けました。

昼間平塚のららぽーとに「」を買いに行ったんですけどね。

目的は読書が苦手な生徒にも、読書を好きになってもらおうということだったんですけどね。
※この件は後日また詳しく書きます。

生徒に本を選ばせている間に、私は学参コーナーでいろいろ物色していました。するとこんな本が目に飛び込んできたのです。

なんかゲーム感覚で勉強ができるというので、試しに一冊買ってみました。スマホでこんな感じでやります。

昨日のブログで中3生が疲れているのが気になると書いたのですが、今日もどこなく中3生がどんよりしていました。

しかーし!

iPadでこのゲーム感覚のアプリを使わせてみたら、生徒達の表情が一変しました!


iPadを渡した瞬間、あっという間にこのアプリを使いこなして、どんどん楽しみながら学習し始めたではありませんか。

私が予想したのよりも、すごい反響だったので正直驚きました。

このアプリはあのGAKKENが出版している本を買うと無料で付いてくるんです。

それにしても、生徒達が「あんなに楽しそうに」生き生きと勉強している姿をみて、ものスゴくショックでした。

ゲームだけで勉強が完結するわけじゃないけれど

実は生徒達が帰ったあと、私もこっそりやってみました。

もちろんこれで試験のための勉強が完結するわけじゃありませんが、「勉強の入り口」としてはとても面白いと思いました。

どんなやり方であれ、勉強が楽しい!」と思ってもらえたら、それはそれで良いと思うのです。

なんだろう・・

ただ毎日机に向かって勉強するだけじゃなくても良いのではないかと思ったのです。

たまには、こうした「ゲーム感覚で勉強出来るもの」を取り入れるのも、面白いと思いました。

もちろん試験前などは、ひたすら問題を解かなければなりません。

しかーし!

試験に関係ない時期や、少し長い休憩時間などにゲーム感覚を取り入れるのはとても良いと思いました。

実はゲーム感覚で勉強というのは昔からあった

パソコンが普及し始めてから、ゲーム感覚で勉強するソフトっていくつかあったのですが、正直なところ「おもしろくない」ものが多かったのでした。

内容も薄っぺらく、とても試験勉強に使えるレベルではありませんでした。

しかーし!

スマホ・タブレットの時代になり、一気にこうしたソフト(アプリ)が登場してきました。

はっきり言っちゃおうかな

塾用教材」では、まだまだこうした分野はかなり遅れています。

あったとしても高額で、KOSHIN学院で導入するのは無理です。
※数百万円するものもあるのです。

ところがギッチョンチョン

市販の教材」では、どんどん「新しい試み」のものが登場しています。

今日ご紹介したアプリでは、英語の発音はもちろんネイティブの人が話していますし、有名な「声優」さんがしゃべっているので、テンポも良いし。

これはもう間違いなく、「新しい波」が押し寄せてきて「教育の概念」そのものを変えてしまうことでしょう。

もちろんKOSHIN学院は、その最先端を行きたいと思っています。
※コンピュータに勉強を任せきってしまうわけではありませんが、上手に取り入れていきたいと思っています。

う~ん。それにしても・・・

これほど短い期間で、こんなに教育が変わってくるとは思いませんでした。

もちろん!

昔ながらの勉強法がなくなるわけじゃありません。これはこれで絶対に必要ですけど、スマホやタブレットを使った勉強も当然ありだと思います。

それでは今日はこの辺で。また来週お目にかかりましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

本当にできるようになりたいと思ってますか?・・【学習塾】

こちら平塚も相変わらず毎日暑くて大変です。

しかーし!

大変なのは、なにも私達「オトナ」に限ったことではありません。小中学生だってすごく大変だと思うのです。

さあ! 夏休みだ!勉強頑張るぞ!

そう意気込んでいた中学三年生も、少し疲れているように見えます。

それでも「やらなくちゃ!」という気持ちはあるので、一応毎日休まず塾には来ているのですが・・・。

8月に入って「勉強の仕方」が、悪いときの状態に少し戻ってしまっている中3生が何名かいます。

  • 問題が分からないからとボーッとしてる子
  • 分かってないのに、先に進もうとして余計分からなくなってる子
  • 面倒くさがって「やるべきこと」なのに手を抜く子
  • 問題が解けていないのに、科目を勝手に変更しちゃう子

この子達は、「やる気がなくて手を抜いてる」わけじゃないんです。明らかに疲れているのが分かるんです。

それでも「頑張らなくっちゃ!」と塾に来ているけれど、どうしても・・・・。 なのです。

君達はなんのために塾に来ているのかい?

そんなわけで、彼らなりに一生懸命やっている中3生ではあるのですが、「このまま」では勉強出来るようになるはずありません。

そこで今日は

  • 君達はなんのために塾に来てるんだい?
  • それが、本当に勉強出来るようになりたいと思ってる子の勉強ですか?

と、この2つのことを中3生達にお話ししました。

暑くても頑張って塾に来ている子達ですから、なるべく諭すように話しました。しかも長ったらしくならないように。

この「ちょっとした言葉」で、中3生達は息を吹き返し、その後はまた一生懸命頑張って勉強してくれました。

同じように問題を解いていても、

本当にできるようになりたい!
と思って問題を解くと、身に付き方が全然ちがうんです。

本当にできるようになりたい!
と思って問題を解いていたら、分かってないのに科目を勝手に変えちゃうなんて、絶対にあり得ないんです。

本当にできるようになりたい!
と思って問題を解いていたら、なんとなく気持ちが抜けてダラダラやるなんてあり得ないんです。

しかーし!

そうは言っても、そこまで自分を律することができる中学生って少ないですよね。

そんな時こそ「私の出番」だと思っています。

私のちょっとした言葉で我に戻って、再び元気に勉強し始めるんです。

生徒に「はけ口」を作ってあげるのも大切

いくら中3生が受験生だと言っても、つい2~3年前までは小学生だった子達です。

友達と遊んだり、広い庭で走り回ったり、と楽しいこともして欲しいです。

東京都大田区東雪谷にある「松栄塾」の松本先生の趣味は「銭湯でのんびり」することなのだそうですが、銭湯に来ている子ども達は、とてものびのびしていてるとおっしゃってました。
※こちらのブログを参照してください

松本先生のおっしゃっる通り、たまには家族でスーパー銭湯でも行って、美味しい物でも食べながらのんびりするのも良いかもしれませんね。

そんな時間を取って欲しいので、KOSHIN学院では基本的に「土日祭日の授業はお休み」にしています。

中学生くらいになると、部活やら塾やらで「家族全員揃ってお出かけ」とかは、だんだんしにくくなってきます。

だからこそ家族全員揃う時間って貴重ですよね。

KOSHIN学院は

  • やると言ったら、どの塾よりもやる!
  • 遊ぶと言ったら、どの塾よりも遊ぶ!

そういうことを目指している学習塾です。

何事も一生懸命やって欲しいのです。身体を休めるなら、一生懸命ちゃんと休めて欲しいです。

そしてまた明日から元気な顔で頑張る人間に育って欲しいです。

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

楽しい授業? ちょっと待ってよ!・・【学習塾】

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

すみません、昨日は昼間に「大雨」でびしょ濡れになってしまったせいか、疲れて寝てしまいました。

さて、今日「とある小学校の先生」のブログを読んでいたら、「ちょっと待ってよ!」と思うことがありました。

一部引用します。

引用:今日の授業は大いに盛り上がって楽しかった。やはり授業は楽しくなくてはいけません。

正直なところ「この先生大丈夫だろうか?」と不安になりました。

この教師に教師として力量があって、先生の手のひらの上で生徒が盛り上がって楽しかったなら良いのですが、この先生はまだ「若手の新人」みたいなんです。

かつて私の部下だった先生も同じことを・・・

以前勤めていた塾でのできごとです。毎日授業終了後反省会をするのですが・・・当時まだ新人だった講師が・・・

「今日はすごく盛り上がって楽しかったです。生徒もみんな喜んでました!」

と私に報告してきたのです・・・

しかーし!

翌日大変なことになってしまいました。

生徒達から猛抗議がきたんです(>_<)

  • あの先生おしゃべりばかりして勉強教えてくれない!
  • つまらないギャグを言って、ひとりでウケてた!
  • これからずっとあの先生なの?

当時は、私も「教室長としては新米」だったので、生徒からの苦情に対処するのに大変困りました。

結局その講師が原因で、退塾者が出る始末。私がその講師に「きちんと指導」できなかったのも大きな原因でした。

以前勤めていた塾では、そんな経験を何度か経験してしまいました。

もちろん、塾と学校では授業スタイルは違うでしょうが、「今日の授業は盛り上がって楽しかった!」という言葉を聞くと、当時のことを思い出してしまうのです。

本当の意味での授業の楽しさとは!

特に新人教師に多いのですが、楽しい授業の意味を勘違いしている人がいるんです。

本当に楽しい授業とは

  • なるほど~! とよく分かってもらえる授業
  • 僕にもできた!と喜んでもらえる授業
  • 学問に興味をもってもらえる授業

なのだと思います(学校では)
※塾では少し違います。

例えば「電池の仕組み」について授業するとします。面白い授業をする先生は、「導入」がすごく上手なんです。

生徒達が

  • ぇ~? どうして?
  • なるほど~!
  • それで、それで次は?

と生徒を引きつける授業が「本当の意味で楽しい授業」です。

一番勘違いしているなと思う授業は・・

とにかく「はい! はい! はぁ~い!」とまるでドリフターズのコントみたいにうるさい授業です。クイズ大会じゃないんですから。
※これを意識的に使いこなしているなら全く問題ありません。

KOSHIN学院の授業のおもしろさとは

KOSHIN学院の授業で一番「おもしろい」と思ってもらえるのは、なんと言っても「自分でやったみたらできた!」という喜びを感じてもらう瞬間だと思います。

それと「自分で調べてみる楽しみ」です。

今日も中1の英語で「see・look at・watch」(いずれも見るという意味)の違いが分からないと質問しに来た生徒がいたんですけどね。

私はその生徒に「iPad」を渡して、自分で調べるように言いました。

なんか生徒達ってiPadが大好きなんですよ。

調べ方だけ教えてあげると、自分どんどん調べてきます。

しかーし!

調べさせっぱなしでは意味がありません。

ここでようやく「私の説明」が入るんです。

  •  :see・look at ・watch ってどう違った?
  • 生徒:seeは見るで、look atとwatchはじっと見るでした。
  •  :ではlook atとwatchはどう違うの?
  • 生徒:もう一回調べて来ます。

KOSHIN学院の授業は、こんな具合で進んでいきます。

ちなみに
see:自然と目に入る
look at:(静止しているものを)じっと見る
watch:(動いているものを)じっと見る

なんですけどね、これを「最初から私が言ってしまうと」、生徒達は「ふぅ~ん」で終わっちゃうんです。

だから「生徒の頭に残らない」のです。

先生がいくら分かりやすい授業をしても、生徒の頭に残らなければ意味がありませんよね。

頭に残るような指導をするには、「印象を強くする」のが一番だと思います。

ですから「まず生徒に自分で調べてもらう」方式を採用しています。

先述の「小学校の新人先生」が、果たしてそこまで考えて授業されているかどうか・・・。

彼の説によると「楽しい授業」をしておけば、不登校の生徒は減るというのですが、楽しいの意味をはき違えると真面目な子が学校を嫌いになります。

学習塾だったら、そんなウルサい授業をしてたら真面目な子はみんな辞めちゃいます。
※繰り返しますが、教師がうまくコントロールしているなら話は別です。私もたまにわざと盛り上げることがあります。ただしかなり高度な技術です。

学習塾では静かな授業が基本です

何度も繰り返しますが、力量のある先生が「コントロール」しながら盛り上がるなら構いません。

しかーし!

まだ新人の先生が「うるさい授業」をしているようでしたら、その塾に通うのはどうかと思います。

  • :今日の授業どうだった?
  • :すごく楽しかったよ!
  • :それで勉強分かったの?
  • :うん!
  • :なんの勉強したの?
  • :え~と、なんだっけ?

こんなことにならないように、しっかりと塾を選んでくださいね!
それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】