「勉強全般」カテゴリーアーカイブ

頑張ってるのに成績があがらない理由・・【学習塾】

保護者の方と面談していると「うちの子頑張ってるわりには成績があがらないんです」と言われることがあります。

これ、一番可哀想なパターンですよね。

全くやらないからできないなら理解できるけど、「やってるのにできない」のですから。

ほとんどの場合原因はこれです!

今日も授業で中3生達は「入試対策」の問題を解いていました。

中3生のひとりが「このページ全然出来なかったから、もう一度やりたいのでプリントお願いします。」とやってきました。

良いですね~! こういう心がけ(*^-^)v

しかーし!

ところがギッチョンチョン

もう一度解き直したわりには不正解がたくさん(>_<)

さすがに本人もショックを受けていました。

ちゃんとやったつもりだったんだけど・・・

とその生徒が言いました。

いやいや、その生徒はとても真面目な子なので「本当にちゃんとやり直して」いたのです。

ただし・・

1回やっただけで定着できるようになるには、かなりの訓練が必要です。そんなに簡単なものではありません。

同じことを何度も繰り返してできるようになります!

生徒達に「初めて自転車に乗れるようになった時」のことをお話しすることがあります。

今でこそ毎日自転車に乗って一生懸命通塾してくる生徒達ではありますが、初めて自転車に乗ったときに「いきなり」上手に乗れた人はいないはずです。

何度も何度も繰り返しているうちに「身体が覚えた」という感じだと思います。

勉強だって同じなんですよ!

入試の過去問ひとつとっても、1回解いただけで全て頭に叩き込むことが出来る人って少ないんです。
※少ないけどいるのも事実です。

そこで今中3生は「入試の過去問を過去3年間分」を完璧にできるようになるように指導しています。

もちろん入試の問題を解けるようにするだけでは意味がありません。

これは昨年度の神奈川県公立高校入試問題の一部です。なぜこの部分だけ切り取ったかと申しますと、勉強が出来ない子は「この画像の部分」は無視して、答えは「ア」だとか「イ」だとか書いて終わりなのです。

でもできる生徒は

なぜ「日米修好通商条約がむすばれたのか」という時代背景まで調べます。もちろんそもそも「どんな条約」で「誰と誰が」締結したのかなどは言うまでもありません。

それ以外にも

  1. 地租改正って何か。
  2. 主に綿製品や生糸を作っていた工場はどこか。
  3. 工場を作ったオカネはどこから得たのか。

とドンドン突き詰めていくのです。

特に歴史は覚える量が膨大になりますが、こうして関連付けしながら勉強すればスラスラと頭に入っていきます。

人間は忘れる生き物だから・・

頭が悪いから忘れちゃうわけではありません。そもそも人間の脳は「忘れるように」できているのです。

もし「全ての出来事」を完全に性格に全て覚えていたらどうなるでしょう?

有名なところでは「昨日の夕飯何食べたっけ? 一昨日は?」と言われたらほとんど覚えていませんよね。

しかーし!

誰か大切な人とお出かけして食べた食事のメニューって、かなりの確率で覚えてますよね?

勉強ができるようになるヒントはこの辺にあると思います。

地租改正だって・・

誰が→いつ→どうして→どんな風に→何をした

と調べていくと「記憶に残りやすく」なりますし、出題傾向を変えられても動じません。

これを単に「1873年:地租改正」とだけ覚えても意味がないし、試験ができるようになるわけでもありません。

歴史は覚える量が膨大だと書きましたが、こうして覚えていけばさほど難しくありません。

最後にもう一度繰り返します

勉強って「なぜ?」「どうして?」「とうやって?」が基本です。

分からない言葉は全て調べて頭に叩き込んでください。

そして「できるようになるまで何度も繰り返すこと」が大切です!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

暗記が苦手で困っています・・【学習塾】

暗記が苦手で困っていますという生徒は、特に中1に多いです。

原因は「小学生の頃」と比べると段違いに「覚えること」が多くなるからです。

小学生の場合学校では多くのことを暗記させる先生は少ないですが、中学校では「覚えていないことには」話になりません。

丸暗記では通用しないというけれど!

入試制度がいろいろ変わってきて「丸暗記」は通用しないと言われるんですけどね・・

覚えていないことは使えるわけがない!

のです。

丸暗記だけでは通用しなくなってきたのは事実です。

しかーし!

暗記をしなくて良いわけでは絶対にありません!

生徒によっては勝手に都合良く解釈している子もいますが、絶対にそれは違います。

丸暗記」ではダメなだけなのです。

例えば治安維持法の制定」(1925年4月公布)というのがあります。

これを単に「1925年治安維持法の制定」とだけ覚えるのがダメなのです。

なぜ治安維持法を制定する必要があったかというと、この1925年にはもう一つ大切な法律が制定されています。それが

普通選挙法の制定

です。

普通選挙法ができるまでは直接国税15円以上を納める者にだけ選挙権が与えられていました。

※参照:選挙の歴史

※参照:直接国税15円とは現在の価値でどのくらいか

要するにそれまでは「一部のお金持ち」にしか選挙権がなかったのでした。

つまり「一部の政治家とお金持ち」に都合の良い政治が行われていたとも言えます。

しかーし!

普通選挙法では「25歳以上の男子全員」に選挙権が与えられました。

ということは「誰でも政治に口を挟める」ようになったわけです。
※この時点では女性の参政権は認められていませんでした。女性の選挙権は第二次世界大戦終了後の(1945年8月15日終戦)1945年11月からになります。
※参照:女性の参政権

ただし「あまりにも自由に」政治に口を挟まれることは、当時の政府には大変都合の悪かったのです。

その頃は「社会主義」が台頭してきた頃で、明治政府にとっては認めるわけにいかない考え方でした。
※参照:資本主義・社会主義・共産主義のちがい

その都合の悪い思想や考え方を封じ込めるために「治安維持法」を制定したのでした。

という「れをちゃんと理解していれば」暗記は簡単なのです!

ですから、やはり「覚えてないことには」始まらないのです。

治安維持法・普通選挙法を知らなかったらどうにもなりませんよね。

「暗記しなさい」と言われた生徒の驚くべき行動

最近は中学校でも「憲法前文」を全て覚えなさいと指導する先生は減りました。

私が塾の先生になり立ての頃は、憲法前文を覚えるように指導している先生が多くいました。

ある日中学校で「憲法前文」を全部暗記してきなさいという宿題が出されました。

その時に当時の教え子は「驚くべき行動」に出たのです。

****憲法前文****
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ

****以上*****

これをいきなり全部「書いて」覚えようとし始めたのです。

小学生の時に教師から「漢字は何回も書いて覚えなさい」と指導されたので、それを忠実に実行しようとしらしいのです。

いやいやいや・・

この量を「何回も書いたって」覚えられるわけがありませんよね。

その生徒の親から私に電話がかかってきて「娘が学校の宿題を覚えられないと泣いているんですけど、どうしたら良いですか?」と仰るのです。

すぐに生徒に塾に来てもらって

  1. まず憲法前文の意味を教えてあげ。
  2. 書けるようになる前に言えるようにして。
  3. いきな全部言えなかったら、細かく区切って覚えて。
  4. 区切って言えるようになったら通して言えるようにして。
  5. 最後に「漢字」で書けるようにする。

と指導してあげました。するとこの生徒は1時間もかからずに全て覚えることができました。

いきなり書くのではなくて言えるようにする!

暗記のコツは「まず口で言えるように」することです。

昔はこれを「諳んじる」(そらんじる)と言いました。

私に指導して下さった先生も、よく「諳んじる」んだよと仰ってました。

そらで言えるようにすることが大切!

  1. 意味も分からない言葉は覚えられないし、覚えても意味がない。
  2. 意味が分かったら「そらで言えるように」する。
  3. 最後に書けるようにする。

このことを肝に銘じて、しっかり頑張ってください。

憲法前文のような長い文章を書く時間があれば、その間に口で言えるようにすれば何倍も何十倍も練習できるのです!

そして最後に「もうひとつ」お伝えしたいことがあります。

それは・・

暗記はすればするほど早くたくさん覚えられるようになる!

のです。

つまり訓練すればどんどん上達するということです。

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

効率の良い勉強法と言いますが・・【学習塾】

yahoo知恵袋などを見ていると、多くの生徒が・・

  • 効率よく勉強できる方法ありませんか?
  • 効率よく暗記できる方法ありませんか?

などと書いているのを目にします。

はい、効率よいやり方というのは存在します。私もたまに生徒に教えてあげることもあります。

しかーし!

例えば包丁を使ったこともない人に「効率の良い野菜の切り方」を教えたところで上手に切ることができるでしょうか。

私は大学生の時にレストランでアルバイトをした経験があります。その時に毎朝『段ボール10箱』ものキャベツを千切りにするように命じられていました。

プロのコックさん達は、さすがに切るのが速いくて綺麗です。

私が切ったものはゴツゴツと遅くて、しかも不揃いでまずまずしそうでした。

それでも数ヶ月間毎日のようにキャベツを切っていたら、そこそこ綺麗に切れるようになりました。
※それでもプロの料理人の足下にも及びませんでしたが。

たくさん数をこなしてきたからコソの効率!

毎日毎日たくさんのキャベツを切っていたからこそ、プロの方に「こうやって切ると速いよ!」と教えてもらうと「なるほどぉ!」って思えました。

実は勉強も同じです。

例えば「英語の単語や文章が覚えられない」生徒に、いきなり効率の良い覚え方を教えても覚えられません。

覚えようとして悪戦苦闘することを毎日続けていると、覚えるのが速く上手になるのです。

面倒なことを繰り返し練習することで速くなるのです。

暗記だけではありません!

今KOSHIN学院の中学1年生は学校で「反比例」を習っています。
※進み方が遅すぎる気もしますが

反比例のグラフ

これはY = ーX/6 のグラフですが反比例のグラフでは必ず

_____________________
x -6 -5  -4  -3・・・・・
____________________
y     +1 +1.2  +1.5   +2 ・・・・・
_____________________

と細かく計算して表にあらわしてもらいます。

面倒だけど、ちゃんと表を書いてからグラフを書くと「きちんと理解」することができます。

それを「効率が悪いから」といって「整数の部分だけ書けば良い」と最初から教えてしまうから反比例のグラフが分からなくなってしまいます。

小学生や中1のうちは効率の悪いことも大切

私は小学生や中1には、面倒くさい効率の悪いことを敢えてやってもらうことがあります。
※場合によっては中3生でも

面倒なことを繰り返し練習しているうちに、やはり「面倒だな~!」と生徒も感じるようになります。

こんな面倒なことやってたら終わらないなぁ・・もっと簡単なやり方無いかなぁ~?

このことに生徒が「自分で気がつく」ことが大切なのです。

自分で気がついてから「効率の良いやり方」を教われば、それはかなり身につくのです。

生徒が自分で苦しむ前から「効率の良いやり方」を教えようとするから、勉強が苦手な子が増えてしまうのです。

というよりも「自分で考えることができない子」が増えてしまうのです。

勉強時間を短くしたいと思っている人へ!

例えば神奈川県公立高校の入学試験の場合ですと

1科目解くのに50分かかります。

解いた問題のテスト直しに50分かかったとします。

これだけで100分(1時間40分)かかります。

それが5教科あるので、入試の過去問を1年間分やるだけで

500分(8時間20分)かかります。

分からない問題が多かった生徒は、もっと時間がかかります!

その絶対的必要時間を確保しなければなりません!

それなのに、一日に5分~10分程度勉強したくらいで「高校に合格したい」なんてね・・・

はっきり言ってふざけるな! ですよ。

特に「勉強する時間がありませんでした」とか言ってる子なんですけどね・・・

私はそんなことを言ってる子は大嫌いです。

しかーし! そんな子でも

  • ゲームをする時間はたくさんあった。
  • テレビを見る時間もたくさんあった。

わけですよ。

私の目から見て、確かに「これ以上は無理だな」と思える生徒って、ほんの少ししかいません。せいぜい百人に一人くらいじゃないかな。

あとの99人は優先順位が試験勉強よりもゲームやスマホなだけなんですよ。

しかーし!

この500分を本気で頑張っている子達は、最初は500分かかったことでも、次からはもっと短い時間で要領よくこなすことができるようになってきます。

これこそが「効率的な勉強法」だといえます。

どんどん一生懸命頑張っていれば、否が応でも効率的に学習できるようになってくるんですね。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾です!】

 

 

どうして勉強しなければいけないの?・・【学習塾】

私が学生だった頃は、常に親や先生から「勉強しなさい!」と言われ続けていました。

当時は「高度経済成長期」で、サラリーマンの出世争いも激化していた時代でした。

出世するには、どうしても「高学歴」が必要な時代でした。
※今でも特定の企業では学歴信奉が高いところもあります。

私の年代の人達の親」は、この学歴に悩まされる人が多かったのです。

学歴がないばかりに「年下の上司」に馬鹿にされながら働くなんていうのは日常茶飯事のことだったと聞いています。

つまり「勉強しなければいけない理由」は明確でした。

  • 良い大学にいかなければ、良い会社に就職できない。
  • 良い会社に就職しなければ、良い結婚相手を探せない。
  • だから少しでも学歴をあげる必要があった。

そんな時代だったのでした。

もちろん、今でもそういう感覚は残っていますし、だからこそ「受験戦争」「出世争い」はなくなっていません。

かくいう私も「大手塾」に勤めていた頃は「出生争い」に巻き込まれていました。

争うのが良いかどうかは人によりますが・・・

他の塾の先生はどうなのか分かりませんが、私は「他人と争う」のが大嫌いなのです。

ただ日本国は「資本主義」の国。どうしても他者と競わなければならないことがあります。競争を避けて通るわけにはいきません。

他人と争うのは大嫌い」な私ですが、常に「自分自身」とは戦い続けてきました。

  • もっと上手に教えられるようになりたい!
  • もっと周りの人を幸せにしてあげたい!
  • 他人の心の痛みが分かる人間になりたい!

そのためには、どうしても「もっともっと」私がBIGになる必要があるわけで・・・。

他人のお役に立つことが、働くということ!

私はKOSHIN学院を作る前に、そう思うようになっていきました。

例えば「親では教えられない勉強」を、「私が代わりに教えてあげる」のです。

その労働の対価として報酬を得ることが、働くということなのだと思っています。

どんな職業も似たようなものだと思うのです。

歩いて行くのはとても大変、かといってクルマの運転もできない。そんな人達のために

バスやタクシーなどは「代わりに運転」して、その対価を得ているわけです。

しかーし!

何の知識も技術もない人が、他人のお役にたつ仕事をすることができるでしょうか?

ですから、みな「生きるために」様々な知識や技術を身につける必要があるわけです。

これが「勉強する必要」がある一つ目の理由です。

勉強が楽しいと思えるようになって欲しい!

KOSHIN学院で指導する科目は「英語や数学」だけではありません。

国語・理科・社会などの主要五科目はもちろん、試験前には「体育・音楽・美術・技術・家庭科」などの実技科目も指導しています。

例えば「美術の勉強」もしておいたおかげで、美術館などに行っても「より楽しい」と感じることができます。

構図」の勉強をしておいたおかげで、「写真を撮る」時に役に立ちます。

他人と同じ景色を見ても、「他人と違う景色」を楽しむことができます。

つまり他の人よりも「景色を楽しむ」ことができるのです。

そこに「歴史」の知識が加われば、「松尾芭蕉もこの景色をみたんだな」などと思いながら景色を見ることができます。

人生に深みが感じられるようになってきます。

これも「勉強した方が良い」大きな理由です。

結局本人次第なのです・・・

たまに「勉強なんかしても意味ないじゃん!」とかいう人がいます。

はい、その通りです。「そんなこと言ってる人」には勉強はなんの役にも立ちません。

しかーし!

学んだ知識を活かそうとする人

にとって、勉強は無限の可能性を秘めているといえます。

中2の理科で「オームの法則」というのが出てきます。

電圧・電流・抵抗の関係です。

1ボルトの電圧を加えると、1アンペアーの電流が流れる抵抗の強さを1オームといいます。

このことを勉強しおいたおかげで、クルマをいじったりするときにすごく役に立っています。

というよりも、私は「自分の知識」を役立たせながら生きているのです。

もっと言っちゃえば、「若い頃に勉強しておいたおかげ」で、その知識を元に「学習塾」という仕事を何十年も続けてくることができたわけです。

勉強してきたことを活かしながら生きているのです。

  • 勉強は「活かそうとする人」には、とても役に立つ!
  • 勉強なんか「役に立たない」と思う人には、全く役に立たない!

とまあ、そんな感じのものなわけです。

しかーし!

そもそも「知識がないことには」、活かすも何もないわけです。

最後にもう一度繰り返します。

勉強は役に立たせようと思えば、すごく役に立ちます。役に立つようになってくると、すごく楽しいです!

その楽しさを味わえるように頑張って欲しいと思います。

こんなことを言っちゃったら身も蓋もないんですけどね・・・

勉強出来ないと、試験に合格できないのです・・・

それでは今日はこの辺で。次回は「明後日」更新する予定です。
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】