「定期試験」カテゴリーアーカイブ

中1・非常事態宣言・・・【学習塾】

中1が非常事態になっていました。何がかと申しますと・・

これです!

この試験範囲の広さです!

試験範囲の広さもすごいのですが、「ワークをやって提出」の量が半端ではありません。

  • 英語のワーク:初め~87ページ
  • 数学のワーク:4~83ページ

英語・数学だけで166ページをやって提出しなければなりません!

もちろん、他の教科もワークなどをやって提出しなければなりません。

塾のワークどころの騒ぎじゃない!

この試験範囲表を見て、KOSHIN学院スタッフ一同凍り付きました。

うちの中1の生徒達に、この量をすべてやれるのだろうか?

私はすぐに決心しました。とりあえず「塾のワーク」は封印。

とにかく学校の宿題をやってもらおう!

実際問題、学校の宿題がこれだけあるのに「塾のワーク」までやりなさいと言っても、できっこありませんから。

本当は「学校の宿題」というのは「自宅」でやって欲しいのですが、そんなこと言ってる場合ではなくなってしまいました。

というわけで試験範囲表が出た翌日から、一週間以上徹底的に「学校の課題」をやってもらいました。

しかーし!

ところがギッチョンチョン!

今日でほぼ中1全員課題が終わりました!

確かにKOSHIN学院スタッフ総出で応援したには違いありませんが、「あの子達」が全部終わったんですよ!

中1生達の満足げな表情がたまりません

これだけの量をこなすのは、中学1年生にとっては「人生初めて」の体験だったと思います。

半泣きになりながらも、なんとか頑張ってやり遂げました。

特に、今週の土日は「朝から夕方」まで、塾に閉じこもって学校の課題をやってもらいました。

つい先日まで小学生だった「中学1年生」には、ものすごい出来事だったに違いありません。

そばで頑張って入試の勉強していた中3生に触発されたのか、中1生もフラフラになりながらも最後まで頑張りました。

これはすごいことだと思います。

中学1年生にとって「大きな自信」となったことでしょう。

もちろん、まだ「学校の課題が終わった」に過ぎません。これだけで「試験ができる」わけでもありません。

しかーし!

これだけの量をこなすことができたということは本当に素晴らしいと思いますし、今後の試験対策にもつながっていくと思います。

しかーし!

試験は明後日水曜日からです。試験が終わるまでしっかり頑張って欲しいです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

宿題はやらなくちゃいけないんだよ!・・【学習塾】

地元神田中学校・横内中学校では、来週から1~2年生の「後期中間試験」が行われます。

試験範囲表が既に配布されているのですが、学校の数学のワークだけで「70ページ近く」も宿題が出ています。

このことに早く気がついたので、中1は「塾のワーク」はSTOPして、とにかく「学校のワーク」をやらせることに全力を尽くしています。

しかーし!

考え方が甘い中学1年生の男子は、昨日の祭日でも「一問も宿題をやってない」のでした。

もう頭に来てビール瓶で・・(某横綱じゃあるまいし)・・というわけにはいきません・・
※この事件はどっちが良いか悪いか知らないけど、相撲ファン・お客さんを馬鹿にしていますよね(>_<)

確かに70ページもやれと言われても・・

お勉強が苦手な子が「数学のワーク70ページ近くやって来い!」と言われても、それはいくらなんでも厳しいとは思います。

しかーし!

やる子はやるわけですよ!

ちゃんとやっていくような生徒は、当然のことながら成績も優秀なんです。

うちの頑張るボーイは、すでに全科目の「学校から出題されたワーク」は既にやり終わっています。あとは「試験に向けて」自分の勉強をする体勢に入っています。

当然のことですが!

ちゃんとやってるから成績が良い!

のですよ。

ところがギッチョンチョン

しかーし!

残念な生徒は「宿題は終わらなくても構わないと思ってた」なんて平然と発言した子がいて・・・・
※ビール瓶はイタシマセン(笑)

ただし、まだ中1なので・・・

中3のこの時期だったら、これはもう「退塾処分」レベルの話です。理事長室に呼び出して厳重注意・・って相撲じゃありませんね・・。

しかーし!

ここで気持ちを入れ替えて、真剣に頑張るなら!

まだ、どうにかしてあげられると思います。
※もちろんかなり厳しいし、苦しいですよ! 
※暴力は使いませんのでご安心ください。なので鳥取県警は呼ばなくて大丈夫(笑)。 

お勉強が苦手な中1生達も、少しずつ「私の言っていること」を理解してくれて、なんとか「学校から出された課題」だけでも終わらせようという気持ちが芽生えてきてくれました。

こうした「意識改革」って、1回注意したくらいでできるもんじゃありません。

最短で半年。長ければ2年半かかります!

気の遠くなるような作業ですが、「小さな積み重ね」を積み重ねていくしかありません。

土日は朝から試験対策やりますよ~!

今日と明日、11月25日・26日の土曜日・日曜日は「朝から試験対策特別授業」を行います。

中1・中2の生徒には「なんとしても学校の課題は終わらせよう!」と指示を出しています。

中1・中2の試験対策をやるよ!」と言ったら・・・

中3生が「僕も行って良いですか? 私も行きたい!」と言い出してくれましてね。これは嬉しかったです。

そんな中3生でも、去年の今頃だったら「自分から土日も塾に行きたい」なんて言い出す子は、1人か2人しかいませんでしたけどね。

KOSHIN学院は「全学年同じ教室」で勉強します。教室がひとつしかないから、そうせざるを得ないのですが。

そうすると、中1・中2は「中3生の頑張る姿」を目の当たりにするわけです。

だから、中1・中2で成績の良い子達は、試験前は目の色を変えて勉強してくれます。

まだそこまで意識が高くない子も、少しずつ変化し始めています。

私はこういう「頑張る生徒」が大好きです。

生徒に限らず「一生懸命頑張る人間」が大好きです。

文句ばかり言って、自分じゃ何もしない人間は・・お付き合い・・イタシマセーン!

最初はうまくできなくても構いません。

いきなりみんなと同じくらいできなくても構いません。

しかーし!

絶対にできるようになってやる!

そういう強い気持ちをがある人間に育って欲しいです。

それでは今日はこの辺で。また来週!

※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

まず学校で出された課題をやろう!・・【学習塾】

本日で「中3生」の後期中間試験対策が全て終了しました。そして中3生達は早速「入試対策」に取り組み始めています。

入試問題は普段の中間期末試験とはちがって、なかなか難しいです。
※今日作った入試問題の解説プリントです。良かったら参考にしてください。

今度は中1・中2の後期中間試験が始まります!

地元の神田中学校では早くも「試験範囲表」が発表されました。

毎回学校の先生が「試験範囲表」を作ってくださっています。

しかーし!

範囲表を見て「これは大変!」と思うことがありました。

試験範囲がすごく広いのです!

これだけの量を試験までに全て終わらせなければならないのですから、中1・中2も大変です。

うちの中1・中2の生徒で「成績の良い子達」は、もう試験範囲となる「塾のテキスト」はほとんど終わっています。

それでも「あれだけの量の学校から出された課題」を全てやりきるのは、かなり大変!

しかーし!

大問題なのは、成績が中位以下の子達です!

塾のテキストも、まだかなり残っているにもかかわらず「あれだけの量」の学校の課題をこなさなければなりません。

これは「どこの塾に通っている生徒」も、大変なことになっているはずです。

KOSHIN学院では「とても学校の課題が終わりそうにない生徒」に対しては「学校の課題」を優先するように指導しています。

試験に併せて「提出物」もたくさんあります。

中学校の場合・・

提出物を出さないというのは致命的!

になってしまいます。

ですから、なんとしても学校の課題はやっていかなければなりません。

自宅で学習する習慣のない生徒」にとっては一大事です。

学校の課題をやっていかないというのは・・・・

  • 内申点なんか要らない!
  • 高校入試なんかどうでもよい!

と言っているのと同じことです。

それなのに「塾に通っている」などというのは、まさに本末転倒です。

そんなこと言っても自宅ではやれない!

頑張らなければいけないのは分かるけど、なかなか自宅ではやれないという生徒さんが多いと思います。

実際やろうと思っても、最初からサッパリ分からないなんでいう子もいます。

しかーし!

下手に塾に通うと、さらに塾から出された課題が増えてしまって、抜き差しならないことになってしまう場合があります。

そこはちゃんと「保護者」が見極める必要がありますね。

KOSHIN学院では「全生徒に一律に課題を出す」ということはしません。

生徒によって学力差がかなりあるので、十把一絡げな課題を出したらできる子もできない子も可哀想です。

遅れ気味の子には「学校の課題」を先に終わらせるように指導していますからご安心ください。

まず学校の課題を優先しましょう!

先ほども申し上げましたとおり、「提出物」を出さないと致命的なことになってしまいます。

これはあまり教えたくないことなのですが・・・

学校の課題を、とてもやり切れそうもない子の場合です。

先に「学校の先生」に相談しましょう!

別に「宿題を減らしてくれ」と交渉するわけではありません。

学校の先生は「どの生徒がどのくらいできるだろうか」くらいのことは絶対に把握しています。

全て完璧にやらなければ、成績「」はつかないでしょう。

しかーし!

学校の先生に相談して「最低これだけはやっておきなさい」と言われたことをやれば、「」とか「」は取らなくて済むはずです。

学校の先生によっては、「応用問題はよいから、基本問題だけでもしっかりやってきなさい!」と言ってくれる方もいらっしゃいます。

そう言ってもらったら、何が何でも「基本問題を全て」やっていって、先生に見てもらうことです。

逆に!

普段全然勉強出来ない子が、課題に出された問題を全て正解していたら、その方が怪しまれますよね!

成績中位以上の子なら、やはり「基本だけ」と言わず、やはり全部やって、さらに成績をUPできるように頑張ってください。

最後にもう一度繰り返します。

塾に通っているのに、学校の宿題・課題をやっていかないなんていうのは本末転倒です!

試験に向けて、頑張ってくださいね!

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

試験の点数があがりませんでした・・【学習塾】

一生懸命頑張ったのに試験の点数が良くなかったという経験をした生徒さんは多いのではないでしょうか。

KOSHIN学院の生徒でも「毎回必ず全員が高得点」を取れるわけではありません。

たまに「必ず成績があがります。点数があがらなかったら全額返金します」なんていう塾の広告をみかけますが、そのまま鵜呑みにしてはいけません
※なんだかんだいろいろな条件がついてますから。

試験が出来なかった主な原因としては・・

  • 一生懸命やってたけど試験期間中に風邪をひいてしまった。
  • 部活との両立で大変だった。
  • 勉強したことが試験に出たけどできなかった。

などがあげられるます。この中でも一番残念なのは

勉強したことが試験に出たけどできなかった。

これが一番多いのではないでしょうか。
※勉強してなかったなんていうのは論外!

勉強したのにできなかった原因を突き止める

テストの点数が悪かった生徒に理由を聞いてみると・・

  • 計算ミスをした
  • うっかりミスをした

と答える生徒が圧倒的に多いのですけどね、

実は「計算ミス」なのではなくて、「まだちゃんと計算ができるようになっていなかった!」のが原因の場合がほとんどなのです。

できるようになるまで練習しましたか?

あなたが試験の点数が悪かった原因は、まさにこれが一番です。

これはあまり教えたくない情報なのですが、来週地元の神田中学校では「中3生の後期中間試験」があります。

神田中学校の数学の先生は、「試験対策プリント」を作って生徒に配ってくれました。

今回は「二次関数」が主な試験範囲なのですが、この「二次関数」の問題をプリントして出してくれています。

生徒を気をつけて見ていたら、せっかくのこのプリントを「1回やっておしまい」にしている子が数名いました。

1回解いただけでできるようになると思いますか?

中3生達にそのように伝え、「何回もできるようになるまで解き直しするように」指示しました。

案の定「2回目に解いても、できない問題が続出」している生徒がほとんどでした。

中3生達は「この現実」を体験してようやく、繰り返し練習することの大切さを分かってくれました。

せっかく学校の先生が試験対策プリントを作ってくれたのですから

できるようになるまで何回も解く!

このことをしっかりやってみてください。

これも私がいつもこのブログでご紹介している

当たり前のことを確実にやりましょう!

ということなのです。

できるようになるまで練習してないからできないのです。

しかーし!

こうして文章で書くことは簡単です。生徒に口頭で伝えることも簡単です。

でも実際にやるのはすごく大変です!

しかーし!

この「大変なこと」をちゃんとやった生徒が良い点数を取ることができるのです。

しかーし!

幼い頃から「勉強ってそんなもんだ」ということが分かって、ちゃんと努力してきた子にとっては、そんなに無理難題ではありません。

KOSHIN学院でも「成績の良い子達」は、そんなことは当然だという顔をして練習しています。

ただ幼い頃から「勉強の仕方」を身につけないまま中学生になってしまった子達には、これは「かなり大変なこと」です。

しかーし!

かなり大変なことでも、ちゃんとやればできるようになります。

大変だからイヤだ!」なんて言ってるようじゃ、できるようにはなりません。
※まるで昔の自分を叱っている気分ですσ(^_^;)

最後にもう一度繰り返します。

できるようになるまで練習するという「当たり前」のことをしっかりやってみてください。

そうすれば必ず点数があがりますよ! あがらない方がおかしいもん。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】