「定期試験」カテゴリーアーカイブ

中1です! 平均点くらいしか取れません。もっと点数をあげるには?・・【学習塾】

学校によって、地域によって一概に言えない部分もあるのですが、KOSHIN学院の地元の場合について書いてみます。

はっきり言っちゃおうかな!

うちの地元で「平均点くらい」ということは、あまり勉強が分かっているとはいえません。

どう分かっていないか?

  • まず勉強の仕方が分かっていない。
  • 問題を解いても「どうしてそうなるか?」まで深く追求しない。
  • できるようになるまでやっていない。
  • 勉強の時間を意識していない。

概ねこんなところでしょう。平均点くらいは取れているので「圧倒的に基礎学力が不足」しているほどでもないのですが、その「基礎」もかなり怪しいです。

中1で油断していると!

我々学習塾の先生という立場から発言させていただくと、一番困るのが・・・

  • 小学生のうちは勉強よりお稽古事が大切と思っている
  • 中1のうちは、塾はまだいい。中3になってから

そんな風に思っている人がいるのが、一番困ります。

そもそも「分数の計算」もできない子が、こんな問題を解けるでしょうか?

パッと見ても「難しそう」でしょ?

しかーし!

実はこれは「基礎問題」の部類なんです。すなわち「練習すれば」だれでも出来るようになる問題なの。

しかーし!

小学校で習う基礎的な計算もできない子が、中3になったから「塾に行く」とか言っても、こんな問題を解けるようになるのは絶対と言っても良いくらい無理なことです。

  • 小6で習う比例 y=決まった数×x (正の数のみ)
  • 中1で習う比例 y=ax   (負の数も含む)
  • 中2で習う一次関数 y=ax+b
  • 中3で習う二次関数 y=ax^2 ←二乗の意
  • 高1で習う二次関数 y=ax^2+bx+c

例えば小6の「比例」が分からない中1生が、中学の比例を理解するには
小6+中1の勉強をしなければならないわけ。

小6の「比例」が分からない中2生が一次関数を理解するには
小6+中1+中2の勉強をしなければならないわけ。

小6の「比例」が分からない中3生が二次関数を理解するには
小6+中1+中2+中3の勉強をしなければならないわけ。

にもかかわらず「小学生レベルの計算」ができない子が、中3になってから塾に通ったって「二次関数」なんかできるようになるわけないですよ。

少なくとも他の生徒の何十倍も努力しないと無理でしょう。

そもそも何十倍も努力できるくらいなら

そもそも何十倍も努力できるくらいなら、今の状態になってないはずです。

平均点くらい取れるならば、y=ax+bくらいはできていて欲しいんですけどね、残念ながら平均点くらいの子だと、y=ax+bから教え直さないと、二次関数は解けません。

ではどうしたらよいのでしょうか?

もう答えは簡単ですよね。

  • 小学生のうちは勉強よりお稽古事が大切と思っている
  • 中1のうちは、塾はまだいい。中3になってから

なんて悠長なことを言っててはダメだということなんです。

もちろん人生は勉強だけではありません。ピアノを習ったり、部活をしたりする気は全くありません。

私も4歳から20歳くらいまで、ピアノを習っていました。
※最近は全く練習してないけど、簡単な曲なら今でも弾けます。

あまり上手ではなかったけど、中学の時は水泳部に入っていました。これは今でも懐かしいです。

それだけではありません。中学校では「体育祭」「文化祭」などの行事もあります。これらを頑張ることも中学時代の良い思い出になるでしょう。

だから「勉強だけしていろ!」なんてくだらないことを言うつもりはありません。

しかーし!

やるべきことだけはやっておきましょう!

しっかりとした基本ができていれば、あとはそんなに難しいことではありません。
※もちろん最高レベルを争うなら話は別ですが。

最後にもう一度繰り返します

  • まず勉強の仕方が分かっていない。
  • 問題を解いても「どうしてそうなるか?」まで深く追求しない。
  • できるようになるまでやっていない。
  • 勉強の時間を意識していない。

こういうところを改善していけば、道は開けるのです。つまり当たり前のことを確実にやっていきましょうということなのです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

基本が分かってないのに無理矢理問題を解こうとする・・【学習塾】

皆さんこんばんは。今日もブログをお読みいただきありがとうございます。

さて今日は

基本的なことが分かってないのに、無理矢理問題を解こうとして、結局解けないで時間ばかり経過している子

が多いということについて書いてみます。

その前にまずこちらの動画をご覧ください。

この動画では「国語」を例にしてお話ししています。

これは中3の国語のお話しなのですが、その中でも「故郷」というお話しで、教科書のページにして16ページもある大作です。

この文章には、登場人物も「ホンル」「ルントー」「シュイシュン」などと、日本人には馴染みのない名前が次々と出てきます。

かなり注意深く読まないと、誰が誰だか途中でさっぱり分からなくなります。

そして「今の中学生」には馴染みがない言葉もドンドンでてきます。

動画で紹介したとおり「蔑む」「嘲る」「恭しい」「野放図」など、読めそうで読めない漢字もポンポン出てきます。

この話を理解するには

  • 登場人物が、それぞれどういう人で、どういう立場の人なのか。
  • 馴染みのない言葉の意味をしっかりととらえる。

こういう作業をしていかないと、読んだだけではなかなか頭にイメージが湧いてきません。

英語で言えば「単語の読み方も意味も分からない状態」で、文章を訳そうとしているようなものです。

しかーし!

こういう生徒は本当に多いのです。成績が平均くらいの子だと、問題を解く前にやるべきことをしていない子が圧倒的に多いです。

つまりこれこそが「勉強の仕方」が分かっていないということなのです。

長い文章なので、時間配分も考えないと!

分からない言葉の意味を調べなさい!

なんて言うと、漢字を1個読み方を調べるだけで、平気で1時間くらいかけている子がいます。
※笑い事ではありません。十人に一人くらいはいます。

おとといのブログでも書きましたが、「時間に対する意識」が欠如しているんです。

ここ数日、毎日口を酸っぱくして「時間に対する意識」を持つように生徒達に伝えています。

そうは言っても、自分で計画的に勉強出来る生徒ばかりではありません。

そこでKOSHIN学院では「卒業生スタッフ」の中でも、特にベテランの子達が中心となって、生徒達に「勉強のスケジュール」を作ってくれています。

スタッフの子達も、生徒の人数分やるのでてんてこ舞いしてますが、さすが「卒業生」です。

可愛い後輩達のために、一生懸命頑張ってくれています。

話を戻します。

16ページ以上に渡る大作ですから、意味調べだけでも「かなり手際よく」やらないと終わりません。

だから時間に対する意識が重要なんです。

国語だけではなく、他の科目も同じです!

例えば比例のグラフが分からない子が、一次関数のグラフなんか理解できるわけがありません。

直線の式 y=ax+b の「a」ってなんだ? 「b」ってなんだ?

それも分かってないのに、問題を解こうとして結局分からなくて、何時間も「勉強しているフリ」をしている子がいます。

何時間も勉強しているフリをしているということは、何も勉強していないとの同じことです。

まず「a」とは一次関数においては「傾き」を表していて、
Xの増加量分のYの増加量であり、変化の割合(平均変化率)と同じだという基本を理解しなければなりません。
※その前にグラフを書けるようにならなければなりません。

要するに「こうした基本」を理解しないまま問題を解こうとするから、全然分からないのです。

ですから、まずしっかりと基本的な事項を理解しましょう。

基本的な事項が分からなかったら、まず

  • 教科書で調べてみる。
  • ワークの解説なども見直してみる。
  • それでも分からなかったら「先生に聞く!」

何も調べもせずに、先生に質問してしまうなら「学校の授業を聞いただけ」なのと同じです。それじゃ塾に行く意味がありません。

まず「自分で考えてみる」「自分でやってみる」ということをして、その上で先生に質問すると、教わったことがより強く頭の中に残ります。

何度も繰り返しますが、受験勉強・試験勉強で大切なことは

  • 勉強の仕方を身につける
  • 時間に対する意識をしっかり持つ

なんと言ってもこの2つです。

最後にもう一度言います!

基本的なことがらも分からないまま、問題を解こうとするから全然分からないんです!

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

試験で一番大切なのはテスト直し!・・【学習塾】

先週で前期期末試験が終わり、今週は試験の結果が返ってきました。

理想は全生徒全教科満点ではありますけどね・・実際にはそんなことを望んでいる生徒も、保護者も滅多にいません。

よくできた科目もあれば、あまりできなかった科目もあるのは仕方のないことだと思います。

しかーし!

  • やった!点数あがった!
  • あらら、こりゃひどいわぁ!

で終わっちゃいけないんですよ。

一番大切なのはどれだけテスト直しができるかなの!

試験ですから、そりゃ点数は大切ですよ。悪くいえば「点取り合戦」みたいなもんですからね。

しかーし!

次に良い点数をとるために、絶対にしなければいけないことがあります。

それはテスト直し!です。

  • これはどうしてこういう答えになるんだろう?
  • 何と何を勘違いしちゃったんだろう?
  • どうしてこの問題が解けなかったんだろう?
  • これが今度また出たら、どうすれば良いのだろう?

こういうことを、しっかりやって置かないと、次の試験でもまた似たような問題が出るのですから。

そこで今日は中3生全員「今回の試験問題」を持ってきてもらいました。

今日は徹底的にテスト直しをする日だよ~!

昨日のうちに、そう生徒達に伝えておきました。

テスト直しで絶対にやってはいけないこと!

いつも不思議に思うのですが、中学校の先生はテスト直しをさせる時に「問題文」「図やグラフ」も必ず書いて、レポート提出しなさいというのでしょうか。
※要するに宿題のための宿題なのよね。

ただこれは「学校の宿題」ですから、中学の先生の指示通りにやらなければ成績がさがってしまいます。

ですから「見やすさ」も気をつけて、綺麗なレポートの書き方のコツを生徒達に指導しました。

しかーし!

これはあくまでも「学校の宿題」だから、綺麗なレポートの作り方を教えただけです。

実は、私は生徒に「問題文を書き写す」なんてことは、絶対にやってもらいたくないんです!

そんなところに時間を費やしてどうするの?」と思うのです。

そんなもん書いてる時間があったら、どんどん問題を解けるようにしたり、分からないところを調べたりる時間にあてて欲しいんです。

図形の問題などの場合は、実際にノートに作図して考えるように指導していますけどね。

もう一度繰り返します!

なんのためにテスト直しをするのでしょうか?

答えは簡単です。

次に似たような問題が出たら、確実にその問題が解けるようにするためです。

高校入試は、どれだけテスト直しができるかだ!

KOSHIN学院では、中3生全員入試までに全部で6回入試模擬試験を行います。

高校入試の試験範囲は「中学校で習った範囲全て」なんですけどね、

ちょっと考えて欲しいのですけど、どんなに素晴らしく頭の良い子でも、中学で習った範囲全てを入試直前に全て学習するなんてことは、まず無理です。

だからテスト直しが大切なんです!

KOSHIN学院で採用している模擬試験は、専門家が工夫して作っています。

この模擬試験6回分と、入試の過去問5年分やれば、ほぼ「入試で大切なこと」は網羅できます。

そこまでやっても出来ない問題は、他の生徒もできないから無視して良いのです。

入試って「満点」を取る必要ありませんから。「合格できる点数」を取ればそれで良いのです。

では合格できる点数を取るためにどうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。

模擬試験や、入試の過去問を解いた後、「ちゃんと頭に入るまで」テスト直しをすればよいだけです。

ところがギッチョンチョン

模試の直しをしなさい!」なんて言うと、自分で考えるのが面倒くさいもんだから、全部模範解答を写してきちゃう子がいるんです。

  • 模範解答を写してくる。
  • 解説を写してくる。
  • 問題文を書いてくる。

はっきり言っちゃおうかな!

こんなことしてたら、本当に不合格になっちゃいますよ!

要するにこれじゃ「頭になにも入っていない」のですから!

最後にもう一度繰り返します!

なんのためにテスト直しをするのでしょうか?

答えは簡単です。

次に似たような問題が出たら、確実にその問題が解けるようにするためです。

みんな不合格になりたくないから、一生懸命頑張るわけじゃん。

だから面倒くさがらないで、当たり前のことを確実に頑張りましょう!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

普段の勉強と受験勉強の違い!・・【学習塾】

みなさんこんばんは! KOSHIN学院塾長の瀬下です。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

さて本日のテーマですけど

普段の勉強」と「受験勉強」の違いについて

です。

普段の勉強について

普段の勉強というのは、食事に例えると「好き嫌いをせずに、お母さんが作ってくれたものを全て食べる」というイメージです。

勉強に置き換えれば、塾や学校で配られたワークや問題集は全てちゃんとやりましょう!

と言えばお分かり頂けますでしょうか。

KOSHIN学院で配布している「塾用のワーク」をちゃんとやれば「定期試験」(中間・期末試験)は、必ずできるようになっているんです。

なぁ~んでか?

実は学校の先生は「教科書の虎の巻」(Teacher Manual)。

分かりやすく言うと「教科書ガイドの教師版」みたいな分厚い本があるのです。

ほとんどの学校の先生は、そのTeacher Manual参考にして試験問題を作成しています。

しかーし!

KOSHIN学院で使用している塾用のワークも、そのTeacher Manual参考にして作成されているのです。

実際に定期試験の問題を見てみると、塾のワークと学校で配られた問題集・プリントなど以外からの出題はほとんどありません。

ですから、KOSHIN学院で使用しているワークと、学校の先生が配った教材をしっかり勉強しておけば、必ずテストで良い点数が取れるのです。
※100点満点となると、少し意味合いが違ってきますが。

え? 「ではなぜうちの子の点数があがらないか?」ですって?

それに対する答えは明白です。

昨日のブログでも書きましたとおり、

  • 勉強の仕方が悪い
  • 時間の使い方がなってない

特に「時間を意識しないで」勉強しているので、試験範囲の問題を全て終わらせることが出来ないのです。

これをちゃんとやれば、定期試験ができない方がおかしいのです。

受験勉強について

さて今の時期の中3生にとっての最大の心配事は「高校入試に合格できるかどうか」ですよね。

これを食事に例えるならば、「全部食べる」のではなくて、「必要なものだけ食べる」というイメージです。

KOSHIN学院の中3生も日増しにプレッシャーが重くのしかかってきています。

プレッシャーがかかりすぎてしまう大きな原因は

あの難しい入試問題を全て解けないと不合格になってしまう

偉大なる勘違いをしていることが大きいです。

高校入試は「これくらい取れれば合格できる」という点数が、ある程度前もって分かります。

もちろん学校の成績(内申点)にもよるので、一概には言えませんが。
※KOSHIN学院の中3生には既に詳細をレクチャーしてあります。

でも内申点が決まれば、ある程度の計算が成り立ちます。

このホームページにも計算フォームが載っています。

推定合格基準(af+bg)と、内申点を入力すれば、入試で何点取れば良いかすぐに計算できるようになっています。
※KOSHIN学院の中3生には推定合格基準を教えてあります。

ざっくり言ってしまうと、平塚市のTOP高である、「平塚江南高校」や、あの「湘南高校」だって満点なんか取る必要ないんです。

TOP高だって8割(80平均)取れれば十分合格可能圏に入れますから。

ですから「どうにも難しくて歯が立たない問題」なんか、とっととあきらめて、「できなければいけない問題」に全力を尽くせば良いのです。

高校によっては「40点平均」(100点満点で)取れれば十分合格圏に入れるところもあります。

ということは、この40点をしっかり取ることに集中すれば良いわけ。

難しくてたまらない問題なんか、さっさとあきらめて数学なら「基礎的な計算問題」や、各設問の(ア)の問題だけ解ければ十分です。(ア)は基礎的な設問ですから
※これだけで60点以上取れます。

このように「受験勉強」というのは、「合格に必要な点数」を確実に取れるようにすれば良いだけのことです。

もちろん、ここでも「時間に対する意識」が重要になります。

神奈川県の公立高校入試は、一教科50分で行われます。

50分間で、「自分に必要な点数」を確実に取れるように練習すれば良いのですから。
※詳しいコツはまた後日お話しします。

一番良くないパターンとは

入試を控えた中3生は、ほぼ全員不安でたまらないと思います。

というよりも「不安」なのが正常だとさえ言えます。

不安になってボーっとしちゃうのではなくて、優しい基本的な問題をミスらないように練習するんです。

覚えれば良いだけの問題も出題されます。そういう問題をしっかり覚えるんです。

TOP高を狙う子だって、優しい基本的な問題をミスっているようでは話になりません。

最後にもう一度繰り返します!

時間に対する意識」をしっかり持って勉強してください。

問題を解き始める前に

START時間と目標終了時間をワークの上の方にでも書いてから、問題を解く習慣を身につけましょう。

昨日のブログでも書きましたが、9時間かけて数学の計算を2問解いただけなんていうことをしていると、本当に危険になってしまいますよ!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】