「定期試験」カテゴリーアーカイブ

そろそろ前期「期末試験」の準備を!・・・【学習塾】

 

KOSHIN学院のある平塚市の公立中学校では、一年を前期と後期に分ける二学期制を採用しています。

二学期制について、言いたいことがあるんですけどね。

しかーし!

ここでガチャガチャ言っても、急に制度が変わるわけじゃないので・・

とにかくあと1ヶ月くらいで「前期期末試験」が始まるということなんです。

地元の神田中学校・横内中学校などでは9月中旬に「運動会」があります。その準備などに気を取られていると、すぐそのあとにやってくる「期末試験」の準備ができなくなってしまいます。

ではいったい期末試験の準備はいつやれば良いのでしょうか?

今でしょう!

と、どこぞの予備校の先生のパクリで申し訳ないけど、これ本当の話です。

期末試験の準備をするためには!

うちの生徒には、毎日のように確認しているのですが・・・

学校の宿題は終わりましたか?

ということなんです。うちの生徒はほぼ全員終わっているとか、あともう少しとかいう状態のようです。

部活で関東大会まで進んだ生徒が、大会が終わって今ヒッシにやってますけどね。それでも今週中に終わらせると張り切ってます。

小学生も「もう終わった!」と言ってましたが、本当かな(笑)。

でもうちの小学生は「やるべきこと」はちゃんとやる子達なので、多分大丈夫でしょう。

試験直前になって、まだワークが終わってないなんてことのないようにしっかり勉強して欲しいです。

もう8月9日です!

だらだらしていると、今度の試験悲惨なことになりますよ!

ちゃんと計画的に勉強してください!

そうは言ってもなかなか自分では勉強出来ない・・・

これが一番問題ですよね。自分で計画的ちゃんと勉強出来る子って、本当に少ないんですよ。
※真面目な生徒でもなかなかできません。

こんな時にはやはり我々「学習塾」を利用していただくのがよろしいかと思います。

あのね! ここでちょっと衝撃の事実を!

お母様の中には、「うちの子全くやる気がないから塾じゃなくて、家庭教師にお願いしようかしら?」と軽く考えている方もいらっしゃるんですけどね・・・。

私の知人に「プロ家庭教師」をしている方が何名かいます。
※学生アルバイトではなく、家庭教師を生業としている人

そのプロ家庭教師の先生方でも

全くやる気のない生徒はどうにもなりません!

とブログやホームページで、たびたび訴えておられます。

この点は学習塾と同じなんですよね。

勉強するのは本人ですから。

やる気はあるけど、なかなか自宅では勉強出来ない!

KOSHIN学院は、そういう生徒のお役に立ちたいと思っています。

やらなくちゃ! 頑張らなくちゃ!

と思っている生徒なら、「現在の学力」は気にしません。

生徒ひとりひとりに合わせた処方をします。
※無理難題を言われても困りますけどね。オール1の生徒を湘南高校に合格させてくれとか・・・

しかーし!

KOSHIN学院は小さな個人塾ですので、すぐに定員になってしまいます。

KOSHIN学院では生徒の募集は「先着順」とさせていただいておりますので、頑張ってみようかなと思う方はお早めにお申し込みください。

現在の空き状況(8月9日現在)

  • 小学生:空席3名
  • 中1:空席2名
  • 中2:空席3名
  • 中3:空席1名

となっております。

それでは今日はこの辺で! また明日!
【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

夏休みの過ごし方を間違えると・・・【学習塾】

あと10日ほどすると、小中学校は「夏休み」になりますね。

子どもの頃は「夏休み大好き!」なんて暢気(のんき)なことを言ってました。

しかーし!

塾の先生」という立場からすると、これほど難しい時期もないんです。

まずはKOSHIN-TVで「夏休みの過ごし方」について語ってみましたので、ごらんください。

※この動画はKOSHIN-TVからも御覧いただけます。

何度もこのブログで書いてきましたが、私は中学1年生の夏休みは「プール」「野球」「遊び」だけで過ごしてしまいました。

人間って40日間何も勉強しないと、本当に頭が動かなくなるんです。もうあの失敗は二度と繰り返したくないと思って、その後の人生を送ってきました。

苦手科目を克服するには「夏休み」しかない!

勉強が遅れている生徒。苦手科目がある生徒。

そういう生徒達は「この夏休み」に、なんとしても挽回しておく必要があります。

特に「中3生」でしたら、苦手科目を作ったまま受験するのは大変不利になります。

この夏休みに何が何でも苦手を克服してください!

え? 苦手な科目の勉強方法が分からないですって?

そんなこと言ってないで、とにかく問題を解き始めてください。

え? どんな問題を解けば良いかですって?

まずは「教科書」「学校でくれたワーク」などです。

KOSHIN学院の生徒には、私から個別に指示を出しますのでご安心ください。

あのね!

何をやって良いか分かんないなんて言ってるのは何もやらないからなの!

文句言ってないで「まずやる!」ことが大切です。

ちゃんと勉強している子は・・

「先生! この問題ですが、ここまでは分かるんですけど、どうしてもこの部分が分かりません!」

というように質問が具体的になってくるんです。こうなってくればシメたものです。

そしてやはり「信頼できる学習塾」に通うことです。日本全国に、素晴らしい先生たくさんいますから。

学校の宿題は7月中に終わらせる!

KOSHIN学院の地元の中学校(神田中・横内中・大住中など)では、夏休みが終わると

  • 9月中旬に「運動会」
  • 9月後半にに「期末試験」

があります。

運動会の準備を頑張ること自体は良いことですが、そのすぐあとに「期末試験」があることを絶対に忘れてはいけません。

  • 入試に向けて準備もしなければいけない。
  • 定期試験に向けての準備もしなければいけない。

中学生には本当に過酷な季節と言えます。

もし、この夏休みをダラダラと過ごしてしまうと、あとで取り返しがつかないことになりますよ!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

長い長い中間試験対策が終わりました・・・【学習塾】

一番の地元の「神田中学校」の中間試験は「5月の末」。横内中学校6月中旬。そして大住中学校明日まで。

この時期は「修学旅行」の関係で、各中学で大きく試験の日程が違ってきます。

KOSHIN学院は「試験前の土日」は試験対策特別授業を行います。

しかーし!

どんな生徒にでも土日出勤してあげるわけじゃありません!

あくまで「普段真面目に頑張ってる生徒」にしかやりません。

私を怒らせた母親の話

中学2年生の男の子がいました。その生徒は生活態度もだらしなく、私も再三にわたって指導していました。

  • 親には「塾に行って来る」と言って家を出て
  • 私には「頭が痛いから休みます」とメールしてくるの。

こういうことが、しょっちゅうある生徒でした。

試験一週間前だと言うのに、全然塾に来ませんでした。

ですから、私はその生徒には「土日の特別授業」は行いませんでした。

先に断っておきますが、私は「土日の試験対策授業」の費用は一切もらっていません

土日に関して言えばボランティア状態です。しかもスタッフにもお給料をお支払いして来ていただいております。

要するに本当に私の誠意だけでやっています!

ところがギッチョンチョン

そのサボってばかりの生徒の母親から抗議の電話がかかってきました。

  • 母親:なんでうちの子だけ試験対策してもらえないんですか?
  • 塾長:だって普段の授業もまともに来てないじゃないですか!

結局その生徒はその後退塾しました。

ここでもう一度確認!

KOSHIN学院は一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾です!

普段頑張っている生徒のために、「私の善意」で土日出勤して、無料で試験対策をしているんです。

善意を押しつけるつもりなんか毛頭ありません。

しかーし!

土日もやって欲しかったら平日もちゃんと塾に来てください

その生徒は特に「不登校」や「病気」があったわけではありません。

塾をサボって遊びに行ってるような子でしたから。

はっきり言います!

KOSHIN学院では、そんな生徒はお預かりしません!

成績が悪くてもお断りしませんが他の生徒の迷惑になる生徒の入塾は断固お断りです。

KOSHIN学院は「更生施設」ではありません。

営利を目的とした学習塾です!

  • やる気はあるけど自宅ではなかなか頑張れないという生徒を応援する学習塾です!
  • 勉強の仕方を教えてあげることで、自分で頑張れる子になってもらう学習塾です!

先に断っておきますけど、「カネ払ってんだよ!」という態度の方のお子さんはお預かりしません!

はい! こちらも「オカネをいただいてるからこそ」どの塾よりも頑張って指導していますから。

そう思うからこそ、土日の補習の分の費用なんかいただいてないんです!

今週の土日は「ひとりの生徒」のためだけに試験対策をしました

KOSHIN学院は一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾です!

一番地元の神田中学校からは、多くの生徒が来てくれていますけど、遠方の中学だと生徒が「ひとり」しかいないこともあります。

しかーし!

この生徒は大変真面目な素晴らしい子です。

真面目だし、素直だし、ほがらかだし。模範のような生徒です。

私は、こういう生徒だったら 「ひとり」だからと切り捨てたりなんか絶対にしません!

土日はもちろん朝から晩まで勉強しましたし、今日も試験が終わったらすぐに塾に来て、LASTまでずっと頑張って勉強していました。

受験は体力勝負です!

受験生の皆さんが体力勝負になるというのは、このブログを読んでくださってる方にも、お分かりいただけると思います。

しかーし!

一番体力が要求されるのは塾長の私ではないでしょうか。

結局なんだかんだ、この1ヶ月お休みしてませんし(>_<)。

時々思うのです。

もう良い感じの年齢なんだから、もう少し手を抜いたらどうか?

ってね。

だけど、一生懸命頑張る生徒を見るとどうしても手を抜けません

それじゃKOSHIN学院じゃなくなっちゃいますからね。

え? これで一段落ですねですって?

ところがギッチョンチョン

今後も保護者面談・夏期講習・そして受験説明会とやることがたくさん。

しかーし!

休めるときはドンドン休もうと思ってます(笑)。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】

 

気持ちばかり焦って勉強が進まない・・・【学習塾】

大切な試験になればなるほど、気持ちばかり焦ってしまい勉強が手に付かないという経験をした人も多いと思います。

KOSHIN学院でも、そういう生徒を随分見てきました。

特に「高校入試」など大きな試験の直前は「重圧」に負けて、気持ちばかりが焦ってしまうことがあります。

しかーし!

これはなにも「入試」に限ったことではありません。

普段の定期試験でも、「苦手な科目」「苦手な単元」になると気持ちばかり焦ってしまい、うまく勉強できなくなってしまう生徒がいます。

一旦原点に戻ってみる勇気!

中2数学を例にしますと、「グラフの書き方」「変化の割合とは」もよく分かってないのに、無理矢理先に進もうとして、結局さっぱり分からなくて挫折してしまう生徒がいます。

こういう基本ができてないのに、無理して進もうとすると余計に分からなくなります。

そういう時は一旦最初に戻ってやり直ししてみましょう!

いつもこのブログで書いていることですが、素直で謙虚な生徒は私の指示を守って、最初に戻って再度基礎を固めようとします。

だからできるようになるのです!

ところがギッチョンチョン

勉強がめんどくさくて仕方ない子は、元に戻るのをものすごく嫌がります。

なかには元に戻るのが嫌だからと塾を辞めた子までいました。
※ごめんね、私は辞めたら知らないですから。

だからいつまで経ってもできるようにならないのです。

分からない時は一旦基本に戻る!

これ鉄則です。

しかーし!

自分ではなぜ出来ないのかって、なかなか分からないんですよ。

だから分からないまま無理矢理進めて、ドツボにはまるんです。

ただ、素直さ! 謙虚さ! 朗らかさ!を持ってる生徒は、私の指示に素直に従って、分からなくなった原因をみつけ、そこから勉強し直します。

気持ちばかり焦ってしまう時の対処法

特に入試直前などは膨大な量の勉強をしなければなりません。

あれも、これも」で頭の中がいっぱいになっちゃうんです。

普段ワークを解いていても、不正解だらけ×だらけになってしまってパニックになる生徒はすごく多いのです。

そういう時は

一問ずつ丸付けにおいで!

と指導しています。

一問ずつ確実にやることが、結局近道なんです。

これって実は勉強だけじゃなくて、人生そのものにも当てはまります。

私だって今でも一度に「あれもこれも」と仕事が集中することがあります。

時には「あああああああああああっ!!」ってわめきたい時もあります。

しかーし!

そんな時こそ、仕事の順位を見直して、ひとつずつ片付けていきます。

パニックになったままでは、結局何も進みませんからね。

  • 分からない問題だらけになったら基本に戻る勇気を持つか。
  • 面倒くさがってそのまま進んで余計分からなくなるか。

さあ、あなたはどちらの道を選びますか?

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】